特表-17145722IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ソニー株式会社の特許一覧
再表2017-145722情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラム
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO/0
(43)【国際公開日】2017年8月31日
【発行日】2018年12月13日
(54)【発明の名称】情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラム
(51)【国際特許分類】
   G11B 20/10 20060101AFI20181116BHJP
   G11B 20/12 20060101ALI20181116BHJP
   H04N 5/91 20060101ALI20181116BHJP
   H04N 5/93 20060101ALI20181116BHJP
【FI】
   G11B20/10 321Z
   G11B20/10 E
   G11B20/12
   H04N5/91
   H04N5/93
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】54
【出願番号】特願2018-501119(P2018-501119)
(21)【国際出願番号】PCT/0/0
(22)【国際出願日】2017年2月6日
(31)【優先権主張番号】特願2016-35129(P2016-35129)
(32)【優先日】2016年2月26日
(33)【優先権主張国】JP
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,ST,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DJ,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JP,KE,KG,KH,KN,KP,KR,KW,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ
(71)【出願人】
【識別番号】000002185
【氏名又は名称】ソニー株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100093241
【弁理士】
【氏名又は名称】宮田 正昭
(74)【代理人】
【識別番号】100101801
【弁理士】
【氏名又は名称】山田 英治
(74)【代理人】
【識別番号】100086531
【弁理士】
【氏名又は名称】澤田 俊夫
(74)【代理人】
【識別番号】100095496
【弁理士】
【氏名又は名称】佐々木 榮二
(74)【代理人】
【識別番号】110000763
【氏名又は名称】特許業務法人大同特許事務所
(72)【発明者】
【氏名】内村 幸一
(72)【発明者】
【氏名】浜田 俊也
【テーマコード(参考)】
5C053
5D044
【Fターム(参考)】
5C053FA23
5C053GA06
5C053GA14
5C053GB02
5C053GB06
5C053GB38
5C053JA21
5C053LA06
5D044AB05
5D044AB07
5D044BC03
5D044CC04
5D044DE01
5D044DE15
5D044DE17
5D044DE22
5D044DE49
5D044FG18
5D044GK12
5D044HL04
(57)【要約】
情報記録媒体に格納された画像のタイプと、表示装置の表示機能情報に応じて、記録媒体から表示可能な画像を取得して表示装置に出力する。情報記録媒体からのデータ再生を実行するデータ処理部が、再生データ表示処理を行なう表示装置からHDR1、HDR2、SDR各画像の表示機能情報を入力し、情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR1、HDR2、SDR各画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、取得した表示装置機能情報とHDR識別情報との対比結果に基づいて、表示装置において表示可能な画像データを情報記録媒体から読み取り、表示装置に出力する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理装置。
【請求項2】
前記表示装置情報は、
画像タイプの異なるHDR1画像とHDR2画像、さらに、SDR(Standard Dynamic Range)画像各々についての表示機能を表示装置が有するか否かの情報を含む情報であり、
前記HDR識別情報は、
前記情報記録媒体に、HDR1画像、HDR2画像、SDR画像のいずれのタイプの画像データが記録されているかを示す情報を含む情報であり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能なHDR画像、またはSDR画像のいずれかを出力する請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項3】
前記HDR2画像は、SDR画像のみ表示可能な表示装置においても擬似SDR画像として表示可能な画像データであり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報に基づいて、前記表示装置がSDR画像のみ表示可能な表示装置であることが確認され、
前記HDR識別情報に基づいて、情報記録媒体に記録された画像がSDR画像、またはHDR2画像であることが確認された場合、
情報記録媒体に記録されたSDR画像、またはHDR2画像を前記表示装置に出力する請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項4】
前記HDR1画像は、SDR画像のみ表示可能な表示装置においては、正常な表示ができない画像データであり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報に基づいて、前記表示装置がSDR画像のみ表示可能な表示装置であることが確認され、
前記HDR識別情報に基づいて、情報記録媒体に記録された画像がHDR1画像であることが確認された場合、
情報記録媒体から読み取ったHDR1画像をSDR画像に変換して前記表示装置に出力する請求項2に記載の情報処理装置。
【請求項5】
前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項6】
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体に記録された画像データの表示処理に適用する再生データ情報を前記表示装置に送信する構成であり、
前記再生データ情報には、画像データの表示処理に適用する信号変換関数識別情報を含む請求項1に記載の情報処理装置。
【請求項7】
情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理装置。
【請求項8】
前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである請求項7に記載の情報処理装置。
【請求項9】
前記データ処理部は、
インデックスファイルには、情報記録媒体の記録データ全体に関するHDR識別情報を記録し、
プレイリストファイルには、プレイリストファイルによる再生対象データ単位のHDR識別情報を記録し、
クリップ情報ファイルには、クリップ情報ファイルに対応付けられた再生データ単位のHDR識別情報を記録する請求項8に記載の情報処理装置。
【請求項10】
画像データを格納した再生データファイルと、
前記再生データファイルに格納された画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを記録データとして含み、
再生装置が、前記HDR識別情報を参照して、再生データを表示する表示装置の表示機能に適合したタイプの画像データを選択再生することを可能とした情報記録媒体。
【請求項11】
前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである請求項10に記載の情報記録媒体。
【請求項12】
前記インデックスファイルは、情報記録媒体の記録データ全体に関するHDR識別情報を格納し、
前記プレイリストファイルは、プレイリストファイルによる再生対象データ単位のHDR識別情報を格納し、
クリップ情報ファイルは、クリップ情報ファイルに対応付けられた再生データ単位のHDR識別情報を格納した構成である請求項11に記載の情報記録媒体。
【請求項13】
情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部は、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する表示装置。
【請求項14】
前記表示装置情報は、
画像タイプの異なるHDR1画像とHDR2画像、さらに、SDR(Standard Dynamic Range)画像各々についての表示機能を表示装置が有するか否かの情報を含む情報である請求項13に記載の表示装置。
【請求項15】
情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理方法。
【請求項16】
情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理方法。
【請求項17】
表示装置において実行する情報処理方法であり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部が、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する情報処理方法。
【請求項18】
情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力する処理と、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得する処理と、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する処理を実行させるプログラム。
【請求項19】
情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する処理を実行させるプログラム。
【請求項20】
表示装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する処理を実行させるプログラム。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本開示は、情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラムに関する。さらに詳細には、高ダイナミックレンジ画像であるHDR(High Dynamic Range)画像を表示するための制御を行う情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
現在、放送規格の策定機関であるITU−R(International Telecommunication Union−Radio communications sector)では、テレビ等のディスプレイに出力する画像等の色域やコントラスト比(ダイナミックレンジ)を拡張したHDR(High Dynamic Range)画像についての規格策定を進めている。
【0003】
HDRは、現在、広く利用されているSDR(Standard Dynamic Range)画像に比較して、表現可能な色域が広く、またコントラスト比もより大きく設定可能であり、肉眼で見た現実に近い画像表現が可能である。
【0004】
現在、規格化予定のHDR画像出力方式として、少なくとも2種類の方式が規格化される見込みである。
具体的には、以下の2つの方式についての規格化予定がある。
(a)アプリケーション1(Application1)
(b)アプリケーション2(Application2)
【0005】
(a)アプリケーション1(Application1)は、SMPTE(米国映画テレビ技術者協会)の規格として規定されたSMPTE 2084曲線を信号変換関数(光電変換関数/電光変換関数)として用いたHDR方式である。
一方、(b)アプリケーション2(Application2)は、ガンマ曲線と、対数(log)曲線とを組み合わせたHLG(Hybrid Log−Gamma)曲線を信号変換関数(光電変換関数/電光変換関数)として用いたHDR方式である。
【0006】
一方、SDR画像やHDR画像の記憶媒体として利用可能な情報記録媒体(メディア)として、例えばBD(Blu−ray(登録商標) Disc)がある。
BD(Blu−ray(登録商標) Disc)の規格化団体であるBDA(Blu−ray(登録商標) Disc Association)は、既に、HDR画像に相当する超高精細画像[UHD(Ultra High Defintion)画像]の記録、再生規格を規定している。
なお、BDを利用した超高精細画像データの記録再生処理については、例えば特許文献1(特開2011−023071号公報)等に記載がある。
【0007】
既に策定済みのBD規格では、上記の2つのHDR方式中、
(a)アプリケーション1(Application1)
上記の1つのHDR方式のみを規定している。
ただし、将来的には、上記の(b)アプリケーション2(Application2)についての規格化について検討される可能性がある。
【0008】
アプリケーション1タイプと、アプリケーション2タイプでは、テレビ等の表示装置において実行する信号処理が異なる。従って、例えば、BDに記録されたHDR画像を再生するBDプレーヤとテレビを接続し、テレビにBD再生データを表示する場合、テレビは再生データがアプリケーション1タイプであるか、アプリケーション2タイプであるかを予め知る必要がある。
また、BDプレーヤも、接続されたテレビがHDRのどのタイプを再生可能なテレビであるかを予め把握した上で、テレビの表示可能な画像データを出力するといった処理が必要となる。
【0009】
しかし、現在、これらの情報をBDプレーヤとテレビ等の表示装置間で把握するための方法や規定は存在しない。
従って、BDプレーヤとテレビを接続して、BDからの再生データをテレビに表示しようとしても、正常な画像表示がなされない可能性がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0010】
【特許文献1】特開2011−023071号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0011】
本開示は、例えば、上記の問題点に鑑みてなされたものであり、BD等の情報記録媒体からデータ再生を実行する再生装置と、再生データを表示する表示装置との間で、正常なHDR画像の再生および表示に必要となる情報を相互に取得し、正常な画像の再生および表示を実現する情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0012】
本開示の第1の側面は、
情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理装置にある。
【0013】
さらに、本開示の第2の側面は、
情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理装置にある。
【0014】
さらに、本開示の第3の側面は、
画像データを格納した再生データファイルと、
前記再生データファイルに格納された画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを記録データとして含み、
再生装置が、前記HDR識別情報を参照して、再生データを表示する表示装置の表示機能に適合したタイプの画像データを選択再生することを可能とした情報記録媒体にある。
【0015】
さらに、本開示の第4の側面は、
情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部は、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する表示装置にある。
【0016】
さらに、本開示の第5の側面は、
情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理方法にある。
【0017】
さらに、本開示の第6の側面は、
情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理方法にある。
【0018】
さらに、本開示の第7の側面は、
表示装置において実行する情報処理方法であり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部が、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する情報処理方法にある。
【0019】
さらに、本開示の第8の側面は、
情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力する処理と、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得する処理と、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する処理を実行させるプログラムにある。
【0020】
さらに、本開示の第9の側面は、
情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する処理を実行させるプログラムにある。
【0021】
さらに、本開示の第10の側面は、
表示装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する処理を実行させるプログラムにある。
【0022】
なお、本開示のプログラムは、例えば、様々なプログラム・コードを実行可能な情報処理装置やコンピュータ・システムに対して、コンピュータ可読な形式で提供する記憶媒体、通信媒体によって提供可能なプログラムである。このようなプログラムをコンピュータ可読な形式で提供することにより、情報処理装置やコンピュータ・システム上でプログラムに応じた処理が実現される。
【0023】
本開示のさらに他の目的、特徴や利点は、後述する本開示の実施例や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。なお、本明細書においてシステムとは、複数の装置の論理的集合構成であり、各構成の装置が同一筐体内にあるものには限らない。
【発明の効果】
【0024】
本開示の一実施例の構成によれば、情報記録媒体に格納された画像のタイプと、表示装置の表示機能情報に応じて、記録媒体から表示可能な画像を取得して表示装置に出力する構成が実現される。
具体的には、情報記録媒体からのデータ再生を実行するデータ処理部が、再生データ表示処理を行なう表示装置からHDR1、HDR2、SDR各画像の表示機能情報を入力し、情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR1、HDR2、SDR各画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、取得した表示装置機能情報とHDR識別情報との対比結果に基づいて、表示装置において表示可能な画像データを情報記録媒体から読み取り、表示装置に出力する。
本構成により、情報記録媒体に格納された画像のタイプと、表示装置の表示機能情報に応じて、記録媒体から表示可能な画像を取得して表示装置に出力する構成が実現される。
なお、本明細書に記載された効果はあくまで例示であって限定されるものではなく、また付加的な効果があってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0025】
図1】複数の画像タイプについて説明する図である。
図2】情報記録媒体、再生せ装置、表示装置の組み合わせについて説明する図である。
図3】BDMVフォーマットに従ってメディアに記録されるデータのディレクトリ構成例について説明する図である。
図4】BDMVフォーマットにおいて規定されるプレイリストと、再生データとの対応について説明する図である。
図5】HDR識別情報の格納ファイルと格納データについて説明する図である。
図6】インデックスファイルのデータ構成について説明する図である。
図7】インデックスファイルの拡張データ記録領域に記録される拡張データ対応の識別子について説明する図である。
図8】インデックスファイルの拡張データ記録領域のデータ構成について説明する図である。
図9】インデックスファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報の例について説明する図である。
図10】プレイリストファイルのデータ構成について説明する図である。
図11】プレイリストファイルの拡張データ記録領域のデータ構成について説明する図である。
図12】プレイリストファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報の例について説明する図である。
図13】プレイリストファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報について説明する図である。
図14】プレイリストファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報について説明する図である。
図15】プレイリストファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報について説明する図である。
図16】プレイリストファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報について説明する図である。
図17】クリップ情報ファイルの拡張データ記録領域のデータ構成について説明する図である。
図18】クリップ情報ファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報の例について説明する図である。
図19】クリップ情報ファイルの拡張データ記録領域に記録されるHDR識別情報について説明する図である。
図20】再生装置と表示装置間で転送されるデータについて説明する図である。
図21】表示装置から再生装置に送信される表示装置機能情報(EDID)の具体例について説明する図である。
図22】表示装置から再生装置に送信される表示装置機能情報(EDID)の具体例について説明する図である。
図23】再生装置における表示装置機能情報(EDID)の記憶部(PSR)に対する記録例について説明する図である。
図24】再生装置から表示装置に送信される再生データ情報としてのインフォフレームのデータ構成について説明する図である。
図25】再生装置から表示装置に送信される再生データ情報としてのインフォフレームに格納されるプレイリスト記録情報について説明する図である。
図26】情報記録媒体に対するデータ記録を実行する情報処理装置の構成について説明する図である。
図27】情報記録媒体に対するデータ記録を実行する情報処理装置の実行する処理シーケンスを説明するフローチャートを示す図である。
図28】情報記録媒体からのデータ再生を実行する情報処理装置の構成について説明する図である。
図29】情報記録媒体からのデータ再生を実行する情報処理装置の実行する処理シーケンスを説明するフローチャートを示す図である。
図30】本開示の処理に適用される報処理装置のハードウェア構成例について説明する図である。
【発明を実施するための形態】
【0026】
以下、図面を参照しながら本開示の情報処理装置、表示装置、情報記録媒体、および情報処理方法、並びにプログラムの詳細について説明する。なお、説明は以下の項目に従って行なう。
1.HDR画像の信号方式とHDR画像の再生処理構成について
2.情報記録媒体に記録された画像データの識別情報記録構成例について
2−1.情報記録媒体の記録データの概要について
2−2.インデックスファイルに対するHDR識別情報の記録例について
2−3.プレイリストファイルに対するHDR識別情報の記録例について
2−4.クリップ情報ファイルに対するHDR識別情報の記録例について
3.再生装置と表示装置間の情報入出力構成例について
3−1.表示装置が再生装置に送信する表示装置情報について
3−2.再生装置が表示装置に送信する再生データ情報について
4.情報記録媒体に対するデータ記録処理を実行する情報処理装置の構成と処理について
5.情報記録媒体からのデータ再生処理を実行する情報処理装置の構成と処理について
6.情報処理装置の構成例について
7.本開示の構成のまとめ
【0027】
[1.HDR画像の信号方式とHDR画像の再生処理構成について]
まず、HDR画像の信号方式とHDR画像の再生処理構成について説明する。
前述したように、現在、放送規格の策定機関であるITU−R(International Telecommunication Union−Radio communications sector)では、テレビ等のディスプレイに出力する画像等の色域やコントラスト比(ダイナミックレンジ)を拡張したHDR(High Dynamic Range)画像についての規格策定を進めている。
【0028】
HDRは、現在、広く利用されているSDR(Standard Dynamic Range)画像に比較して、表現可能な色域が広く、またコントラスト比もより大きく設定可能であり、肉眼で見た現実に近い画像表現が可能である。
【0029】
HDR画像の撮影、伝送、画像出力を行なう場合、撮影装置や放送局側で、撮影画像に相当する光信号を電気信号に変換して伝送し、さらに、テレビ等の表示装置で電気信号を光信号に変換して出力する処理が必要となる。
これらの処理に必要となる信号変換関数として、光信号を電気信号に変換する光電変換関数(OETF:Optical−Electro Transfer Function)、さらに、電気信号を光信号に変換する電光変換関数(EOTF:Electro−Optical Transfer Function)が利用される。
【0030】
この光電変換関数(OETF)や、電光変換関数(EOTF)等の信号変換関数として、どのような関数を用いるかによって、テレビ等の表示部に出力される画像の態様が決定される。
上記の放送規格策定機関であるITU−Rは、HDR画像の伝送や出力に適用する信号変換関数(OETF/EOTF)として、異なる関数を利用した複数の異なる方式を規格化する予定としている。
具体的には、以下の2つの方式についての規格化予定がある。
(a)アプリケーション1(Application1)
(b)アプリケーション2(Application2)
【0031】
(a)アプリケーション1(Application1)は、SMPTE(米国映画テレビ技術者協会)の規格として規定されたSMPTE 2084曲線を信号変換関数として用いたHDR方式である。
一方、(b)アプリケーション2(Application2)は、ガンマ曲線と、対数(log)曲線とを組み合わせたHLG(Hybrid Log−Gamma)曲線を信号変換関数として用いたHDR方式である。
【0032】
(a)アプリケーション1(Application1)は、表示部において、撮影環境の輝度の絶対値を表現できるいわゆる絶対値方式であり、最大で1万cd/mの絶対輝度を表現できる。
一方、(b)アプリケーション2(Application2)は、表示部の表示特性に応じた相対的な輝度レベルで画像を表示可能とした相対値方式であり、例えば、予め規定される基準白色の12倍の相対輝度を表現できる。
【0033】
なお、相対値方式である(b)アプリケーション2(Application2)に従ったHDR画像は、HDRテレビ、SDRテレビ双方において各テレビの表示可能な輝度範囲で視聴可能な表示画像を出力することができるという特徴を持つ。
すなわち、出力輝度の上限が高いHDR画像出力に対応したHDRテレビではダイナミックレンジの広いHDR画像が出力可能となる。
一方、出力輝度の上限が低い従来型のSDRテレビにおいても、SDRテレビが出力可能な輝度範囲内の擬似的なSDR画像として表示して視聴することが可能となる。
【0034】
一方、絶対値方式である(a)アプリケーション1(Application1)は、出力輝度の上限が高いHDR画像出力に対応したHDRテレビでは、ダイナミックレンジの広いHDR画像を出力可能であるが、出力輝度の上限が低い従来型のSDRテレビでは、自然な画像が表示できない。
【0035】
図1は、テレビ等の表示装置に表示される可能性のある画像の例を示す図である。
図1に示すように、今後、テレビ等の表示装置に表示される可能性のある画像のタイプとして、以下の3種類がある。
(1)HDR1
(2)HDR2
(3)SDR
【0036】
(1)画像タイプ=HDR1は、上述したITU−R規格のアプリケーション1(Application1)に対応するHDR画像であり、信号変換(OETF/EOTF)に適用する変換関数は、例えばSMPTE ST2084曲線によって規定される関数である。
【0037】
(2)画像タイプ=HDR2は、上述したITU−R規格のアプリケーション2(Application2)に対応するHDR画像であり、信号変換(OETF/EOTF)に適用する変換関数は、例えばハイブリッド−ログーガンマ(HLG:Hybrid Log−Gamma)曲線によって規定される関数である。
なお、HDR2画像は、前述したようにHDR2画像の表示機能を持つHDRテレビでは高ダイナミックレンジのHDR画像を表示できる。また、HDR2画像の表示機能を持たないSDRテレビでは擬似的なSDR画像として表示することができる。
【0038】
(3)画像タイプ=SDRは、HDR画像よりダイナミックレンジの小さい従来型の画像データであり、信号変換(OETF/EOTF)に適用する変換関数は、例えばガンマ2.2(Gamma2.2)曲線によって規定される関数である。
【0039】
例えば、テレビ等の表示装置が入力信号に基づいて表示画像を生成する場合、入力信号が、図1に示すどの信号であるかを判別し、判別信号に応じた信号処理を実行することが必要となる。
図1に示す3種類の画像タイプは、各々、出力画像の生成に必要となる信号処理が異なっており、表示装置は、各タイプに応じた信号処理を行なわなければ、正常な画像表示を行うことができない。
【0040】
一方、SDR画像やHDR画像の記憶媒体として利用可能な情報記録媒体(メディア)として、例えばBD(Blu−ray(登録商標) Disc)がある。
BD(Blu−ray(登録商標) Disc)の規格化団体であるBDA(Blu−ray(登録商標) Disc Association)は、既に、HDR画像等の超高精細画像[UHD(Ultra High Defintion)画像]の記録、再生規格を規定している。
【0041】
既に策定済みのBD規格では、上記の2つのHDR方式中、
(a)HDR1[アプリケーション1(Application1)]
上記の1つのHDR方式のみを規定している。
ただし、将来的には、上記の(b)HDR2[アプリケーション2(Application2)]についての規格化について検討される可能性はある。
【0042】
前述したように、HDR1(アプリケーション1)タイプと、HDR2(アプリケーション2)タイプでは、テレビ等の表示装置において実行する信号処理が異なる。従って、例えば、BDに記録されたHDR画像を再生するBDプレーヤとテレビを接続し、テレビにBD再生データを表示する場合、テレビはBDプレーヤから入力するデータが、HDR1(アプリケーション1)タイプであるか、HDR2(アプリケーション2)タイプであるかを予め知る必要がある。
また、BDプレーヤも、接続されたテレビがHDRのどのタイプを再生可能なテレビであるかを予め把握した上で、テレビの表示可能な画像データを出力するといった処理が必要となる。
【0043】
しかし、現在、これらの情報をBDプレーヤとテレビ等の表示装置間で把握するための方法や規定は存在しない。
従って、BDプレーヤとテレビを接続して、BDからの再生データをテレビに表示しようとしても、正常な画像表示がなされない可能性がある。
【0044】
テレビ等の表示装置として、例えば以下のような複数の異なる表示装置が混在することが想定される。
(1)SDR画像のみ出力可能な表示装置
(2)SDR画像とHDR1(アプリケーション1)画像のみを出力可能な表示装置
(3)SDR画像と、HDR2(アプリケーション2)画像のみを出力可能な表示装置
(4)SDR画像と、HDR1画像,HDR2画像、すべて出力可能な表示装置
【0045】
SDR画像やHDR画像を記録したBD(Blu−ray(登録商標) Disc)を装着したBD再生装置(BDプレーヤ)は、例えば、このように様々なタイプの表示装置に接続される可能性がある。
例えば、BDにHDR1(アプリケーション1)画像が記録されている場合、HDR1画像を表示可能な表示装置は、上記の(1)〜(4)の各表示装置中、(2),(4)の表示装置のみである。
例えばBDプレーヤ(再生装置)に接続された表示装置が、上記の(1),または(3)タイプの表示装置である場合、BDプレーヤ(再生装置)が表示装置にHDR1画像を出力しても表示装置は、正常なHDR画像の表示ができないという問題が発生する。
【0046】
図2に情報記録媒体10と、再生装置20と、テレビ等の表示装置30a〜30cの接続例を示す。
情報記録媒体10は、例えば、BD(Blu−ray(登録商標) Disc)であり、以下のいずれかのタイプの画像を格納している。
(1)SDR画像コンテンツ
(2)HDR1画像コンテンツ
(3)HDR2画像コンテンツ
【0047】
再生装置20に接続される表示装置30a〜30cは、
(1)HDR非対応テレビ(SDRテレビ)30a
(2)HDR1対応テレビ30b
(3)HDR2対応テレビ30c
表示装置30a〜30cは、上記の機能を持つテレビである。
【0048】
(1)HDR非対応テレビ(SDRテレビ)30aはSDR画像を表示可能である。さらに、HDR2画像についても、擬似的なSDR画像として表示可能である。
前述したように、HDR2画像は、出力可能なダイナミックレンジ幅の狭いSDRテレビに出力した場合、通常のSDR画像と大差ない画像として表示することができるように工夫された画像であるためである。
【0049】
HDR2画像は、前述したように相対値方式である(b)アプリケーション2(Application2)に相当する画像方式であり、出力輝度の上限が高いHDR画像出力に対応したHDRテレビではダイナミックレンジの広いHDR画像を出力可能であり、出力輝度の上限が低い従来型のSDRテレビにおいても、SDRテレビが出力可能な輝度範囲で、自然な画像を表示可能となるという特徴がある。
すなわち、HDR2画像は、HDR2対応テレビではHDR2画像として表示可能であり、SDRテレビでもSDR画像として表示可能な画像である。
ただし、HDR1画像は、SDRテレビでは視聴可能な画像表示はできない。
【0050】
図2に示す(2)HDR1対応テレビ30bはHDR1画像と、SDR画像のみ表示可能である。
(3)HDR2対応テレビ30cはHDR2画像と、SDR画像のみ表示可能である。
【0051】
このような設定で、例えば、HDR2対応テレビ30cに対して、再生装置20が情報記録媒体10に記録されたHDR1画像を再生して出力した場合、HDR2対応テレビ30cは、再生装置20からの入力信号をHDR2画像であるものと判断し、HDR2画像対応の信号処理を実行してしまう。
【0052】
具体的には、先に図1を参照して説明したHDR対応の信号変換関数であるハイブリッド−ログーガンマ(HLG:Hybrid Log−Gamma)曲線を適用した信号変換を実行して表示画像を生成してしまう。
この結果、本来のHDR1画像の輝度や色と異なる輝度や色を持つ誤った出力値の設定された不自然な画像が表示されてしまうことになる。
【0053】
図2に示す構成において、BD(Blu−ray(登録商標) Disc)等の情報記録媒体10に記録された画像データを再生装置(BDプレーヤ)20が再生し、表示装置30a〜30cにおいて正常な画像表示を行うために必要な処理は、例えば以下の処理である。
(1)再生装置20が、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認すること。
(2)再生装置20が、再生装置に接続された表示装置が表示可能な画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が表示可能であるかを確認すること。
(3)表示装置30a〜30cが、再生装置20から入力するデータが、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像データであるかを確認すること。
【0054】
これら(1)〜(3)の確認処理を、再生装置20から表示装置30a〜30cに対する画像データの出力前に実行することで、各画像タイプに応じた正常な、再生、表示処理が可能となる。
なお、上記(1)〜(3)の確認処理によって、再生装置20の装着したBD10の格納データの画像タイプが、再生装置20に接続された表示装置30a〜30cの表示可能な画像タイプと一致しないことが確認された場合は、再生装置20は、表示装置30a〜30cに対して、正常な画像表示が実行できないことを示すメッセージ等を出力するといった対応を行うことができる。
以下、上記(1)〜(3)の確認処理を実現可能とするための具体的な構成例について説明する。
【0055】
[2.情報記録媒体に記録された画像データの識別情報記録構成例について]
まず、情報記録媒体に記録された画像データの識別情報記録構成例について説明する。
先に図2を参照して説明したように、表示装置30において画像の正常な表示を実現するためには、再生装置20が、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認することが必要である。
以下、この確認処理を可能とするための構成として、情報記録媒体に記録された画像データの識別情報を情報記録媒体に記録する構成例について説明する。
【0056】
[2−1.情報記録媒体の記録データの概要について]
まず、情報記録媒体の記録データの概要について説明する。
図3は、例えばROM型のBD(Blu−ray(登録商標) Disc)である情報記録媒体(メディア)10に記録されたBDMVフォーマットに従った記録データのディレクトリを示す図である。
【0057】
ディレクトリは図3に示すように管理情報設定部51(AACSディレクトリ)と、データ部52(BDMVディレクトリ)に分離されている。
管理情報設定部51(AACSディレクトリ)には、データの暗号化鍵であるCPSユニットキーファイルや、利用制御情報ファイルなどが格納される。
【0058】
CPSユニットキーファイルには、クリップAVストリームファイルに格納された再生対象データである暗号化データの復号に適用するCPSユニットキーが暗号化鍵データとして格納されている。
再生装置は、再生装置に格納されたデバイスキーや、ディスクに格納されたデータを適用した処理によって、CPSユニットキーファイルからCPSユニットキーを取得し、取得したCPSユニットキーを適用してクリップAVストリームファイルに格納された暗号化データを復号して再生処理を行なう。
【0059】
一方、データ部52のBDMVディレクトリ以下には、
インデックスファイル、
プレイリストファイル、
クリップ情報ファイル、
クリップAVストリームファイル、
BDJOファイル、
例えば、これらのファイルが記録される。
【0060】
インデックスファイルには、再生処理に適用するインデックス情報としてのタイトル情報等、ディスク格納データ全体に対応した管理情報等が格納される。
プレイリストファイルは、タイトルによって指定される再生プログラムのプログラム情報に従ってコンテンツの再生順等を規定したファイルであり、例えば、再生位置情報等を記録したクリップ情報ファイルの指定情報等を有する。
クリップ情報ファイルは、プレイリストファイルによって指定されるファイルであり、クリップAVストリームファイルの再生位置情報等を有する。
クリップAVストリームファイルは、再生対象となるAVストリームデータを格納したファイルである。クリップAVストリームファイルは、再生対象となる画像、音声、字幕等の各データを格納したパケットによって構成される。
BDJOファイルは、JAVA(登録商標)プログラム、コマンド等を格納したファイルの実行制御情報を格納したファイルである。
【0061】
なお、インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル、これらのデータファイルは、クリップAVストリームファイルに格納された再生データである画像、音声、字幕等の再生処理に適用する管理情報、再生制御情報、再生データ属性情報等を格納したファイルであり、データベースファイルと呼ばれる。
【0062】
情報処理装置が情報記録媒体に記録されたコンテンツを再生するシーケンスは以下の通りである。
(a)まず、再生アプリケーションによってインデックスファイルから特定のタイトルを指定する。
(b)指定されたタイトルに関連付けられた再生プログラムが選択される。
(c)選択された再生プログラムのプログラム情報に従ってコンテンツの再生順等を規定したプレイリストが選択される。
(d)選択されたプレイリストに規定されたクリップ情報によって、コンテンツ実データとしてのAVストリームあるいはコマンドが読み出されて、AVストリームの再生や、コマンドの実行処理が行われる。
【0063】
図4は、情報記録媒体(メディア)10に記録される以下のデータ、すなわち、
プレイリストファイル、
クリップ情報ファイル、
クリップAVストリームファイル、
これらのデータの対応関係を説明する図である。
【0064】
実際の再生対象データである画像、音声、字幕等の再生対象データからなるAVストリームはクリップAVストリーム(Clip AV Stream)ファイルとして記録され、さらに、これらのAVストリームの管理情報、再生制御情報ファイルとして、プレイリスト(PlayList)ファイルと、クリップ情報(Clip Information)ファイルが規定される。
【0065】
これら複数のカテゴリのファイルは、図4に示すように、
プレイリスト(PlayList)ファイルを含むプレイリストレイヤ、
クリップAVストリーム(Clip AV Stream)ファイルと、クリップ情報(Clip Information)ファイルからなるクリップレイヤ、
これらの2つのレイヤに区分できる。
【0066】
なお、一つのクリップAVストリーム(Clip AV Stream)ファイルには一つのクリップ情報(Clip Information)ファイルが対応付けられ、これらのペアを一つのオブジェクトと考え、これらをまとめてクリップ(Clip)、あるいはクリップファイルと呼ぶ。
クリップAVストリームファイルに含まれるデータの詳細情報、例えばMPEGデータのIピクチャ位置情報などを記録したEPマップなどの管理情報がクリップ情報ファイルに記録される。
【0067】
クリップAVストリーム(Clip AV Stream)ファイルは、MPEG−2TS(トランスポートストリーム)をBDMVフォーマットの規定構造に従って配置したデータを格納している。
【0068】
また、クリップ情報(Clip Information)ファイルは、例えば、クリップAVストリームファイルのバイト列データのデータ位置と、時間軸上に展開した場合の再生開始ポイントである(エントリポイント:EP)等の再生時間位置等の対応データ等、クリップAVストリームファイルの格納データの再生開始位置などを取得するための管理情報を格納している。
【0069】
プレイリストは、クリップ(Clip)の再生開始位置や再生終了位置に対応するアクセスポイントを時間軸上の情報であるタイムスタンプで指し示す情報を有する。
例えば、コンテンツの開始点からの再生時間経過位置を示すタイムスタンプに基づいてクリップ情報ファイルを参照して、クリップAVストリームファイルのデータ読み出し位置、すなわち再生開始点としてのアドレスを取得することが可能となる。
クリップ情報ファイル(Clip Information file)は、このタイムスタンプから、クリップAVストリームファイル中のストリームのデコードを開始すべきアドレス情報を見つけるために利用される。
【0070】
このように、プレイリスト(PlayList)ファイルは、クリップ(=クリップ情報ファイル+クリップAVストリームファイル)レイヤに含まれる再生可能データに対する再生区間の指定情報を有する。
プレイリスト(PlayList)ファイルには、1つ以上のプレイアイテム(PlayItem)が設定され、プレイアイテムの各々が、クリップ(=クリップ情報ファイル+クリップAVストリームファイル)レイヤに含まれる再生可能データに対する再生区間の指定情報を有する。
【0071】
図3を参照して説明したように、データ部52のBDMVディレクトリ以下に格納されるデータとして、
インデックスファイル、
プレイリストファイル、
クリップ情報ファイル、
クリップAVストリームファイル、
これらのファイルがある。
【0072】
例えばHDR画像データやSDR画像データ等の再生対象データは、クリップAVストリームファイルに格納される。
インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルは、クリップAVストリームファイルに格納された再生対象データの再生処理に適用する様々なデータを格納したファイルであり、クリップAVストリームファイルに格納されたデータの属性情報等を記録することができる。
【0073】
以下、情報記録媒体記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認可能とした画像情報を、インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルに記録した実施例について説明する。
図5は、インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイルに対する格納する画像情報としてのHDR識別情報の具体例を説明する図である。
【0074】
インデックスファイルには、情報記録媒体全体の記録データに関する情報が記録可能であり、インデックスファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「情報記録媒体の記録データとしてHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、記録データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0075】
プレイリストファイルには、そのプレイリストを適用して再生されデータに関する情報が記録可能であり、プレイリストファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「プレイリストによる再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0076】
クリップ情報ファイルには、そのクリップ情報ファイルを適用して再生されデータに関する情報が記録可能であり、クリップ情報ファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「クリップ情報ファイルに対応づけられた再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0077】
以下、インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル、各々に対する具体的なHDR識別情報の記録例について、順次、説明する。
【0078】
[2−2.インデックスファイルに対するHDR識別情報の記録例について]
まず、図6以下を参照してインデックスファイルに対するHDR識別情報の記録例について説明する。
【0079】
図5を参照して説明したように、インデックスファイルには、情報記録媒体全体の記録データに関する情報が記録可能であり、インデックスファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「情報記録媒体の記録データとしてHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、記録データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0080】
図6は、インデックスファイルのデータ構成例(シンタックス)を示す図である。
インデックスファイルには、情報記録媒体全体の記録データに関する情報、例えばタイトル情報等が記録される。
インデックスファイルには、図6に示すように、様々な拡張データを記録可能な拡張データ記録領域[ExtensionData()]101が設定される。
【0081】
なお、拡張データ記録領域[ExtensionData()]には、様々な拡張データが記録されるため、拡張データ各々がどのようなデータであるかを示す拡張データ識別子が、各拡張データに対応付けられて拡張データとともに記録される。
【0082】
拡張データ識別子の例を図7に示す。
拡張データ識別子は2つのID(ID1,ID2)によって構成される。
インデックスファイルの拡張データ識別子として、既にいくつかの識別子は定義済みである。例えば、
ID1=0x0001
ID2=0x0002
この拡張データ識別子は、LPCM(リニアPCM)のダウンコンバート情報の記録領域として定義されている。
【0083】
拡張データ識別子としての、
ID1=0x0004
ID2=0x0001
この識別子の組み合わせは未定義であり、この拡張データ識別子をHDR識別情報、すなわち以下のHDR識別情報を記録する拡張データ記録領域を示す識別子とする。
「情報記録媒体の記録データとしてHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、記録データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0084】
なお、図7に示す拡張データ識別子の設定、すなわち、
ID1=0x0004
ID2=0x0001
これらのID設定は一例であり、この他のIDをHDR識別情報の記録領域を示すIDとして利用する構成も可能である。
【0085】
図8は、図6に示すインデックスファイルの拡張データ記録領域[ExtensionData()]101に記録されるHDR識別情報のデータ記録領域の構成例(シンタックス)を示す図である。
図8に示すように、インデックスファイルの拡張データ記録領域101には、拡張データ識別子(ID)記録領域102と、データブロック(data_block)103が設定される。
【0086】
拡張データ識別子(ID)記録領域102には、上述したHDR識別情報の記録領域を示すID(ID1=0x0004,ID2=0x0001)が記録される。
この拡張データ識別子(ID)記録領域102の後にHDR識別情報の記録領域であるデータブロック(data_block)103が設定される。
【0087】
データブロック(data_block)103に記録される具体的なデータについて、図9を参照して説明する。
図9(a)は、図8に示すデータブロック(data_block)103の詳細構成を示す図である。すなわち、インテックスファイルに記録されるHDR識別情報の具体的なデータ例を示している。
【0088】
図9(a)に示すようにデータブロックには、以下のデータ記録領域が設定される。
(1)イニシャル・ダイナミックレンジ(initial_dynamic_range)記録領域104、
(2)HDRコンテンツ有無フラグ(HDR_content_exist_flag)記録領域105、
【0089】
(1)イニシャル・ダイナミックレンジ(initial_dynamic_range)記録領域104の記録データ例を図9(b)に示す。
イニシャル・ダイナミックレンジ(initial_dynamic_range)記録領域104には、このインデックスファイルの記録された情報記録媒体(ディスク)の再生開始時に表示部に最初に表示される画像データ(初期画像)の種類(SDR/HDR1/HDR2)を示す情報が記録される。
【0090】
なお、最初に表示される画像の種類に関する情報は、例えばテレビ等の表示装置における表示モードの初期設定に必要な情報となる。
例えば初期画像がHDR1画像であれば、表示装置は、表示モードをHDR1画像対応の表示モードに設定するといった処理を行なう。
【0091】
このイニシャル・ダイナミックレンジ(initial_dynamic_range)記録領域104は、例えば4ビットデータであり、図9(b)に示すように、この領域に記録された値(0,1,2)に応じて、初期画像の種類が以下のように識別可能となる。
イニシャル・ダイナミックレンジ設定値=0:初期画像はSDR画像である。
イニシャル・ダイナミックレンジ設定値=1:初期画像はHDR1画像である。
イニシャル・ダイナミックレンジ設定値=2:初期画像はHDR2画像である。
【0092】
また、(2)HDRコンテンツ有無フラグ(HDR_content_exist_flag)記録領域105の記録データ例を図9(c)に示す。
HDRコンテンツ有無フラグ(HDR_content_exist_flag)記録領域105には、このインデックスファイルの記録された情報記録媒体(ディスク)に記録されている画像データの種類(SDR/HDR1/HDR2)を示す情報が記録される。
【0093】
このHDRコンテンツ有無フラグ(HDR_content_exist_flag)記録領域105は、例えば、16ビットデータである。
図9(c)に示すように、HDRコンテンツ有無フラグ(HDR_content_exist_flag)記録領域105に記録された16ビットの構成ビット(bit0〜bit15)の値に応じて、情報記録媒体(ディスク)に記録されている画像データの種類(SDR/HDR1/HDR2)を、以下のように識別することができる。
【0094】
HDRコンテンツ有無フラグ記録領域の16ビット中のbit0=1:情報記録媒体の記録データ中にSDR画像が含まれる。
HDRコンテンツ有無フラグ記録領域の16ビット中のbit1=1:情報記録媒体の記録データ中にHDR1画像が含まれる。
HDRコンテンツ有無フラグ記録領域の16ビット中のbit4=1:情報記録媒体の記録データ中にHDR2画像が含まれる。
【0095】
[2−3.プレイリストファイルに対するHDR識別情報の記録例について]
次に、図10以下を参照してプレイリストファイルに対するHDR識別情報の記録例について説明する。
【0096】
図5を参照して説明したように、プレイリストファイルには、そのプレイリストを適用して再生されデータに関する情報が記録可能であり、プレイリストファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「プレイリストによる再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0097】
図10は、プレイリストファイルのデータ構成例(シンタックス)を示す図である。
プレイリストファイルには、そのプレイリストを適用して再生されデータに関する情報が記録される。
プレイリストファイルには、図10に示すように、様々な拡張データを記録可能な拡張データ記録領域[ExtensionData()]121が設定される。
【0098】
なお、先に説明したインデックスファイルと同様、拡張データ記録領域[ExtensionData()]には、様々な拡張データが記録されるため、拡張データがどのようなデータであるかを示す拡張データ識別子が、各拡張データに対応付けられて拡張データとともに記録される。
【0099】
拡張データ識別子は2つのID(ID1,ID2)によって構成される。
本実施例では、プレイリストファイルにおけるHDR識別情報格納領域を示す拡張データ識別子として未定義の以下の識別子、
ID1=0x0004
ID2=0x0002
この拡張データ識別子を利用する。
この識別情報に対応付けられた拡張データ記録領域にHDR識別情報、すなわち以下のHDR識別情報を記録する。
「プレイリストによる再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0100】
なお、この拡張データ識別子の設定、すなわち、
ID1=0x0004
ID2=0x0002
これらのID設定は、一例であり、この他のIDをHDR識別情報の記録領域を示すIDとして利用する構成も可能である。
【0101】
図11は、図10に示すプレイリストファイルの拡張データ記録領域[ExtensionData()]121に記録されるHDR識別情報のデータ記録領域の構成例(シンタックス)を示す図である。
図11に示すように、プレイリストファイルの拡張データ記録領域121には、拡張データ識別子(ID)記録領域122と、データブロック(data_block)123が設定される。
【0102】
拡張データ識別子(ID)記録領域122には、上述したHDR識別情報の記録領域を示すID(ID1=0x0004,ID2=0x0002)が記録される。
この拡張データ識別子(ID)記録領域122の後にHDR識別情報の記録領域であるデータブロック(data_block)123が設定される。
【0103】
データブロック(data_block)123に記録される具体的なデータについて、図12以下を参照して説明する。
図12は、図11に示すデータブロック(data_block)123の詳細構成を示す図である。すなわち、プレイリストファイルに記録されるHDR識別情報の具体的なデータ例を示している。
【0104】
図12に示すようにデータブロックには、以下のデータ記録領域が設定される。
(1)ダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type_ref)124、
(2)基準白レベル(reference_white_revel)125、
(3)ディスプレイ色特性126[X座標(display_primaries_x),Y座標(display_primaries_y)]
(4)基準白座標127[X座標(white_point_x),Y座標(white_point_y)]
(5)ディスプレイ最高最低輝度情報128[最高輝度(max_display_mastering_luminance),最低輝度(min_display_mastering_luminance)]
(6)コンテンツ輝度情報129[最高輝度(maxCLL),平均輝度(maxFALL)]
以下、これらの各情報について、順次、説明する。
【0105】
(1)ダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type_ref)124の記録データ例を図13に示す。
ダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type_ref)124には、このプレイリストによる再生対象データの種類(SDR/HDR1/HDR2)を示す情報が記録される。
【0106】
このダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type_ref)124は、例えば4ビットデータであり、ビット値の設定と、その意味は図13に示す対応となる。
【0107】
ダイナミックレンジタイプ情報4ビット中のbit0=1:このプレイリストによる再生対象データ中にSDR画像が含まれる。
ダイナミックレンジタイプ情報4ビット中のbit1=1:このプレイリストによる再生対象データ中にHDR1画像が含まれる。
ダイナミックレンジタイプ情報4ビット中のbit4=1:このプレイリストによる再生対象データ中にHDR2画像が含まれる。
【0108】
次に、図12に示すプレイリストファイルの構成データである(3)ディスプレイ色特性126について、図14を参照して説明する。
ディスプレイ色特性126には、このプレイリストによる再生対象データとなる画像データを生成した際に適用したディスプレイの色特性情報が記録される。
例えば、図13に示すコンテンツ生成適用ディスプレイ130の色特性情報である。
【0109】
ディスイプレイの特性は個体差があり、コンテンツ生成時に利用したディスプレイの特性を把握することで、コンテンツ表示を実行する場合に的確な出力色調整が可能となる。
このディスプレイ色特性126は、このような処理のために記録されるデータであり、コンテンツ生成時に利用したディスプレイの色特性が記録される。
具体的には、例えば図14に示すディスプレイ色特性データ例131内に示すP1,P2,P3のxy座標情報(x1,y1),(x2,y2),(x3,y3)を記録する。
【0110】
図14に示すディスプレイ色特性データ例131に示すP1,P2,P3で定義される三角形は、コンテンツ生成適用ディスプレイ130の出力可能な色領域を示す。
なお、図14には、CIE色空間と、一般的なSDR画像に適用されるBT.709色空間と、HDR画像に適用されるBT.2020色空間を示している。
【0111】
図14に示すP1,P2,P3はBT.2020色空間に一致しており、例えばこのP1,P2,P3の座標情報が図12に示すプレイリストファイルのディスプレイ色特性126として記録されている場合、このプレイリストによる再生画像データは、BT.2020色空間対応の出力可能色領域を持つディスプレイを利用して制作されたことを示す。
【0112】
次に、図12に示すプレイリストファイルの構成データである(4)基準白座標127[X座標(white_point_x),Y座標(white_point_y)]について、図15を参照して説明する。
基準白座標127は、このプレイリストによる再生対象データとなる画像データに適用すべき基準となる白色(基準白色)を示す情報である。
図15に示すように例えばCIE色空間における基準白位置の座標(x,y)が記録される。
【0113】
次に、図12に示すプレイリストファイルのその他の構成データについて、図16を参照して説明する。
基準白レベル(reference_white_revel)125は、このプレイリストによる再生画像データに適用される基準白のコード値、または基準み白レベルの想定表示輝度(cd/m)の少なくともいずれか、あるいは両データを記録する領域である。
【0114】
ディスプレイ最高最低輝度情報128[最高輝度(max_display_mastering_luminance),最低輝度(min_display_mastering_luminance)]には、このプレイリストによる再生画像データを含むコンテンツの制作時に利用されたディスプレテの最高輝度と最低輝度情報が記録される。
【0115】
コンテンツ輝度情報129[最高輝度(maxCLL),平均輝度(maxFALL)]には、このプレイリストによる再生画像データの再考機器度と平均輝度情報が記録される。
【0116】
プレイリストファイルにはこれらの情報が記録され、プレイリストを利用して画像再生を行なう場合、これらの情報を参照して、参照情報に応じて画像特性に応じた適正な処理を行なうことができる。
【0117】
[2−4.クリップ情報ファイルに対するHDR識別情報の記録例について]
次に、図17以下を参照してクリップ情報ファイルに対するHDR識別情報の記録例について説明する。
【0118】
図5を参照して説明したように、クリップ情報ファイルには、そのクリップ情報ファイルに対応づけられた再生対象データに関する情報が記録可能であり、クリップ情報ファイルに記録するHDR識別情報は、以下の情報となる。
「クリップ情報ファイルに対応づけられた再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0119】
図17は、クリップ情報ファイルのデータ構成例(シンタックス)を示す図である。
クリップ情報ファイルには、そのクリップ情報に対応付けられた再生データに関する情報が記録される。
クリップ情報ファイルには、図17に示すように、様々な拡張データを記録可能な拡張データ記録領域[ExtensionData()]141が設定される。
【0120】
なお、先に説明したインデックスファイルやプレイリストファイルと同様、拡張データ記録領域[ExtensionData()]には、様々な拡張データが記録されるため、拡張データがどのようなデータであるかを示す拡張データ識別子が、各拡張データに対応付けられて拡張データとともに記録される。
【0121】
拡張データ識別子は2つのID(ID1,ID2)によって構成される。
本実施例では、クリップ情報ファイルにおけるHDR識別情報格納領域を示す拡張データ識別子として未定義の以下の識別子、
ID1=0x0004
ID2=0x0003
この拡張データ識別子を利用する。
この識別情報に対応付けられた拡張データ記録領域にHDR識別情報、すなわち以下のHDR識別情報を記録する。
「クリップ情報ファイルに対応付けられた再生対象データにHDR画像が含まれているか否か、含まれている場合は、再生対象データがHDR1画像であるか、HDR2画像であるかを示すHDRタイプ情報」
【0122】
なお、この拡張データ識別子の設定、すなわち、
ID1=0x0004
ID2=0x0003
これらのID設定は、一例であり、この他のIDをHDR識別情報の記録領域を示すIDとして利用する構成も可能である。
【0123】
図18は、図17に示すクリップ情報ファイルの拡張データ記録領域[ExtensionData()]141に記録されるHDR識別情報のデータ記録領域の構成例(シンタックス)を示す図である。
図18に示すように、クリップ情報ファイルの拡張データ記録領域141には、拡張データ識別子(ID)記録領域142と、データブロック(data_block)143が設定される。
【0124】
拡張データ識別子(ID)記録領域142には、上述したHDR識別情報の記録領域を示すID(ID1=0x0004,ID2=0x0003)が記録される。
この拡張データ識別子(ID)記録領域142の後にHDR識別情報の記録領域であるデータブロック(data_block)143が設定される。
【0125】
データブロック(data_block)143に記録される具体的なデータについて、図19を参照して説明する。
図19は、図18に示すデータブロック(data_block)143の詳細構成を示す図である。すなわち、クリップ情報ファイルに記録されるHDR識別情報の具体的なデータ例を示している。
【0126】
図19(a)に示すようにデータブロックには、以下のデータ記録領域が設定される。
(1)ダイナミックレンジタイプ(dynamic_range_type)144
【0127】
図19(b)は、ダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type_ref)144の記録データ例を説明する図である。
このダイナミックレンジタイプ情報(dynamic_range_type)144は、例えば16ビットデータであり、各ビット(bit0〜bit15)のビット値設定と、その意味は図19(b)に示す対応となる。
【0128】
ダイナミックレンジタイプ情報16ビット中のbit0=1:このクリップ情報ファイルに対応付けられた再生対象データ中にSDR画像が含まれる。
ダイナミックレンジタイプ情報4ビット中のbit1=1:このクリップ情報ファイルに対応付けられた再生対象データ中にHDR1画像が含まれる。
ダイナミックレンジタイプ情報4ビット中のbit4=1:このクリップ情報ファイルに対応付けられた再生対象データ中にHDR2画像が含まれる。
【0129】
クリップ情報ファイルにはこのHDR識別情報が記録され、クリップ情報を利用して画像再生を行なう場合、この情報を参照し、参照情報から得られる画像特性等に応じた適正な再生処理を行なうことができる。
【0130】
[3.再生装置と表示装置間の情報入出力構成例について]
先に図2等を参照して説明したように、例えば、BD(Blu−ray(登録商標) Disc)等の情報記録媒体10に記録された画像データを再生装置(BDプレーヤ)20が再生し、表示装置30a〜30cにおいて正常な画像表示を行うために必要な処理は、例えば以下の処理である。
(1)再生装置20が、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認すること。
(2)再生装置20が、再生装置に接続された表示装置が表示可能な画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が表示可能であるかを確認すること。
(3)表示装置30a〜30cが、再生装置20から入力するデータが、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像データであるかを確認すること。
【0131】
これら(1)〜(3)の確認処理を、再生装置20から表示装置30a〜30cに対する画像データの出力前に実行することで、各画像タイプに応じた正常な、再生、表示処理が可能となる。
【0132】
上記(1)の処理は、再生装置が、上述した情報記録媒体に記録されたHDR識別情報、すなわち、インデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルに記録されたHDR識別情報を参照することで実現される。
【0133】
一方、上記の(2),(3)の確認処理を行なうためには、再生装置と表示装置間で、情報を入出力する必要がある。
以下、この処理について説明する。
【0134】
図20には、BD等の情報記録媒体10を装着した再生装置20と、再生装置20の再生データを表示するテレビ等の表示装置30を示している。
再生装置20と表示装置30は、例えばHDMI(登録商標)ケーブル等によって接続され、相互に様々なデータを送受信することができる。
なお、再生装置20と表示装置30との接続構成はHDMI(登録商標)ケーブルに限らず、その他の様々な接続構成が可能である。例えば無線ネットワークを介した通信を行う構成等としてもよい。
【0135】
再生装置20と表示装置30の通信接続が確立されると、表示装置30は、再生装置20に対して、表示装置の機能情報等を出力する。
具体的には、図20に示すように、例えばHDMI(登録商標)規定のEDID(Extended Display Identification Data)201を出力する。
このEDIDには、表示装置30がどのようなタイプの画像を出力可能であるか等の表示装置機能情報が含まれる。
【0136】
再生装置20は、表示装置30から受信した表示装置機能情報を記憶部に格納する。具体的には、例えばPSR(Player Status Resister)に、格納する。
【0137】
一方、再生装置20は、情報記録媒体10に格納されたコンテンツの再生処理に際して、再生処理データに関する再生データ情報を図20に示すインフォフレーム(info frame)に格納して表示装置30に通知する。
【0138】
以下、表示装置30が再生装置20に送信する表示装置情報であるEDID201と、再生装置20が表示装置30に送信する再生データ情報を格納したインフォフレーム202の具体的構成例について、順次、説明する。
【0139】
[3−1.表示装置が再生装置に送信する表示装置情報について]
まず、図21以下を参照して表示装置30が再生装置20に送信する表示装置情報について説明する。
【0140】
図21は、表示装置30が再生装置20に送信する表示装置機能情報であるEDID(Extended Display Identification Data)のデータ構成例を示す図である。
EDIDとは、規格化団体であるCEA(Consumer Electronics Association)の規格であるCEA861によって定義される256バイトのデータブロックである。
【0141】
表示装置30は、EDIDに、表示装置30が、どのタイプの画像データ(SDR/HDR1/HDR2)を再生可能であるかを示すHDR再生機能情報(HDR Static metadata)221を格納して、再生装置20に送信する。
例えば、図21に示すようにEDID中の、EDIDタグコード[0x6]の項目にHDR再生機能情報(HDR Static metadata)221を格納して、再生装置20に送信する。
【0142】
HDR再生機能情報(HDR Static metadata)221の具体例を図22に示す。
HDR再生機能情報(HDR Static metadata)221は、例えば図22に示す8ビットデータによって構成される。
【0143】
図22(a)に示すように、HDR再生機能情報を構成する8ビット(bit0〜bit7)中のbit1=1の設定の場合、表示装置30がHDR1タイプのHDR画像再生機能を有することを示す。
また、図22(b)に示すように、HDR再生機能情報を構成する8ビット(bit0〜bit7)中のbit3=1の設定の場合、表示装置30がHDR2タイプのHDR画像再生機能を有することを示す。
また、図22(c)に示すように、HDR再生機能情報を構成する8ビット(bit0〜bit7)中のbit1=1、bit3=1の設定の場合、表示装置30がHDR1タイプ、およびHDR2タイプ双方のHDR画像再生機能を有することを示す。
また、図22(d)に示すように、HDR再生機能情報を構成する8ビット(bit0〜bit7)中の全bit=0の設定の場合、表示装置30がHDR画像再生機能を有さず、SDR画像再生機能を有することを示す。
【0144】
再生装置20は、このHDR再生機能情報を含むEDIDを表示装置30から受信すると、受信EDIDに含まれるデータを記憶部(PSR:プレーヤステータスレジスタ)に格納する。
【0145】
再生装置20の記憶部(PSR)に格納される表示装置機能情報の例を図23に示す。
再生装置20は、記憶部(PSR)の一部領域、例えば32ビットデータの記録領域を有するPSR26に表示装置機能情報を格納する。
データ記録領域である32ビット領域の下位2ビット(bit1,bit0)に、表示装置の表示機能に応じたビット値を格納する。
【0146】
例えば、図23に示すように、ビット値の設定と、表示装置の機能との対応関係は以下の通りである。
(a)(bit1,bit0)=(0,0):表示装置はHDR画像の表示機能を有していない。
(b)(bit1,bit0)=(0,1):表示装置はHDR1画像のみの表示機能を有する。
(c)(bit1,bit0)=(1,0):表示装置はHDR2画像のみの表示機能を有していない。
(d)(bit1,bit0)=(1,1):表示装置はHDR1画像,およびHDR2画像の表示機能を有する。
【0147】
再生装置20は表示装置30から受信したEDIDに基づいて、図23に示すように記憶部(PSR)に表示装置の表示機能情報を格納する。
再生装置20は、この記憶部格納情報を参照することで、再生装置20に接続された表示装置30の表示機能、すなわち表示可能画像がHDR1であるか、HDR2であるか、SDRであるかを判別することが可能となる。
【0148】
なお、ここでは、表示装置30が再生装置20に送信する表示装置情報をEDIDとした例について説明したが、その他の形式を持つデータを送受信して表示装置情報を送信する構成としてもよい。例えば無線通信パケットに表示装置情報を格納して送信する構成等が可能である。
【0149】
[3−2.再生装置が表示装置に送信する再生データ情報について]
次に、図20に示す再生装置20が表示装置30に送信する再生データ情報であるインフォフレーム202の具体的構成例について説明する。
【0150】
図24は、再生装置20が表示装置30に送信するインフォフレーム202の具体的データ構成例を示す図である。
図24に示すように、インフォフレーム202には、複数のフィールドが設けられ、各フィールド単位で記録された様々な情報が再生装置20から表示装置30に提供される。
この情報は、表示装置30が、再生装置20から入力する再生コンテンツの表示処理等に適用するための再生データ情報である。
【0151】
EOTFフィールド231には、表示処理に適用するEOTF(電光変換関数)情報が記録される。
例えばSDR画像対応のEOTFの適用が要求される場合は、EOTFフィールド設定値が0、HDR1画像対応のEOTFの適用が要求される場合は、EOTFフィールド設定値が1、HDR2画像対応のEOTFの適用が要求される場合は、EOTFフィールド設定値が3、このような設定となる。
【0152】
スタティックメタデータタイプ(Static metadata type)フィールド232には、再生コンテンツの再生処理に適用するプレイリストに記録された情報が格納される。
具体的には、図25に示すプレイリストファイルに記録された情報が格納される。
図25に示すプレイリストファイルは、先に図12を参照して説明したプレイリストファイルの一部に相当する。
【0153】
再生装置20は、表示装置30におけるコンテンツの出力に必要となる情報をプレイリストファイルから抽出して、インフォフレーム202のスタティックメタデータタイプ(Static metadata type)フィールド232に格納して表示装置30に提供する。
表示装置30は、インフォフレーム202に格納されたデータを参照することで、再生装置20から入力するコンテンツに対して、コンテンツ種類(SDR/HDR1/HDR2)に応じた適切な処理を行なうことが可能となり、適切な画像表示を実行することができる。
【0154】
[4.情報記録媒体に対するデータ記録処理を実行する情報処理装置の構成と処理について]
次に、図26図27を参照して情報記録媒体に対するデータ記録処理を実行する情報処理装置の構成と処理について説明する。
【0155】
先に図2を参照して説明したように、図2に示す表示装置30において画像の正常な表示を実現するためには、再生装置20が、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認することが必要である。
【0156】
この確認処理を可能とするために、前述したように、画像データ等の管理情報や、属性情報、あるいは再生制御情報を格納したデータファイル中にHDR識別情報等を記録する。
情報記録媒体がBD(Blu−ray(登録商標) Disc)である場合、BDフォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルにHDR識別情報等を記録する。
【0157】
以下、このようなHDR識別情報を記録した情報記録媒体の生成処理、具体的には、BD等の情報記録媒体に対するデータ記録処理を実行する情報処理装置の構成と、処理シーケンスについて説明する。
【0158】
図26は、BD等の情報記録媒体に対するデータ記録処理を実行する情報処理装置300の構成を示す図である。
情報処理装置300は、図26に示す情報記録媒体(記録メディア)320に、HDR1画像、またはHDR2画像、またはSDR画像等の画像ファイルを格納したストリームファイル(クリップAVストリームファイル)を記録し、さらに先に説明したHDR識別情報等を格納したインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルを記録し、BDフォーマットに従ったデータ記録ディスクを生成する。
【0159】
データ入力部301は、情報記録媒体320に対する記録用データ331、すなわち画像データ、音声データ、字幕データ等の記録用データ331を入力する。これらの記録用データ331はコンテンツ製作者によって制作されたデータであり、例えば1つのメディア、あるいは個別の複数メディアに記録され、メディアを介して情報処理装置300に入力される。あるいは、ネットワーク等を介して入力する構成としてもよい。
【0160】
記録用データ331は、制御部303の制御によって、記憶部304に格納され、その後、多重化処理部305に入力される。
【0161】
多重化処理部305は、字幕データ取得部311、画像データ取得部312、音声データ取得部313、およびマルチプレクサ(MUX)314を有する。
字幕データ取得部311は、データ入力部301が入力し、記憶部304に格納された記録用データ331から、字幕データを取得する。
画像データ取得部312は、データ入力部301が入力し、記憶部304に格納された記録用データ331から、画像データを取得する。
音声データ取得部313は、データ入力部301が入力し、記憶部304に格納された記録用データ331から、音声データを取得する。
【0162】
マルチプレクサ(MUX)314は、字幕データ取得部311、画像データ取得部312、音声データ取得部313の取得した字幕、画像、音声各データを入力し、これらのデータを格納したトランスポートストリームファイル(TSファイル)を生成する。具体的には、例えば、先に図3等を参照して説明したクリップAVストリームファイルである。
このクリップAVストリームファイルが、制御部303の制御の下、記録部306によって、ドライブ307を介して情報記録媒体320に出力され、記録される。
クリップAVストリームファイルは、図26に示す記録データ332の構成データである。
【0163】
ユーザ入力部302は、例えば情報記録媒体320に対するデータ記録の開始要求等を入力する。
さらに、記録データの種類、具体的には、SDR画像、HDR1画像、HDR2画像等が含まれるか否か等の情報を入力する。
制御部401は、これらの入力情報に基づいて、情報記録媒体520に記録するための管理データや再生制御情報ファイルを生成する。具体的には、前述したHDR識別情報を記録したインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルを含む記録データ332を生成する。
【0164】
HDR識別情報を記録したインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルを含む記録データ332は、制御部303の制御の下、記録部306によって、ドライブ307を介して情報記録媒体320に出力され、記録される。
【0165】
なお、記録データの種類、具体的には、SDR画像、HDR1画像、HDR2画像等が含まれるか否か等の情報について、ユーザ入力部302を介して入力する例を説明したが、これらの情報は、制御部303が、例えば、データ入力部301から入力する記録用データ331に併せて入力されるメタデータから取得する構成としてもよい。
あるいは、制御部303が、データ入力部301から入力する記録用データ331を解析して、画像種類情報を取得する構成としてもよい。
【0166】
次に、図26に示す情報処理装置300が実行する情報記録媒体320に対するデータ記録処理のシーケンスについて、図27に示すフローチャートを参照して説明する。
【0167】
図27に示すフローに従った処理は、例えば情報処理装置の記憶部に格納されたプログラムに従って、プログラム実行機能を有するCPUを備えたデータ処理部(制御部)の制御の下で実行することができる。
以下、図27のフローに示す各ステップの処理について、順次、説明する。
【0168】
(ステップS101)
まず、情報処理装置300は、ステップS101において、データ入力部301を介して記録用データを入力する。
記録用データには画像データ、音声データ、字幕データ等が含まれる。
画像データは例えばSDR画像、HDR1画像、HDR2画像等によって構成される。
【0169】
(ステップS102)
次に、ステップS102において、制御部303は、ユーザ入力部302から入力される画像タイプ情報を検出する。
すなわち、記録データの画像タイプが、HDR1,HDR2,SDRのいずれを含むものであるかを検出する。
なお、前述したように画像タイプ情報は、メタデータから取得してもよいし、入力画像データを解析して取得する構成としてもよい。
【0170】
(ステップS103)
次に、ステップS103において、記録データとしての画像、音声、字幕各データの多重化処理[TS(トランスポートストリーム)生成処理]を実行する。
これは、図26に示す多重化処理部305において実行する処理である。
【0171】
多重化処理部305のマルチプレクサ(MUX)314は、字幕データ取得部311、画像データ取得部312、音声データ取得部313の取得した字幕、画像、音声各データを入力し、これらのデータを格納したトランスポートストリームファイル(TSファイル)を生成する。具体的には、例えば、先に図3等を参照して説明したクリップAVストリームファイルである。
【0172】
(ステップS104)
ステップS104において、制御部303は、全ての記録データの多重化処理が終了したか否かを判定する。未処理データがある場合は、ステップS101からの処理を繰り返す。
全ての記録データの多重化処理が終了したと判定するとステップS105に進む。
【0173】
(ステップS105)
次に、ステップS105において、制御部303は、生成したTS(トランスポートストリーム)に対応するクリップ情報ファイルを生成し、クリップ情報ファイルにHDR識別情報等を記録する。
具体的には、例えば、先に図17図19を参照して説明したHDR識別情報等を記録したクリップ情報ファイルを生成する。
【0174】
(ステップS106)
ステップS106において、制御部303は、全てのクリップ情報ファイルの生成処理が完了したか否かを判定する。完了していない場合は、ステップS105の処理を繰り返す。
全てのクリップ情報ファイルの生成処理が完了したと判定するとステップS107に進む。
【0175】
(ステップS107)
次に、ステップS107において、制御部303は、生成したTS(トランスポートストリーム)の再生制御情報ファイルであるプレイリストファイルを生成し、プレイリストファイルにHDR識別情報等を記録する。
具体的には、例えば、先に図10図16を参照して説明したHDR識別情報等を記録したプレイリストファイルを生成する。
【0176】
(ステップS108)
次に、ステップS108において、制御部303は、全てのプレイリストファイルの生成処理が完了したか否かを判定する。完了していない場合は、ステップS107の処理を繰り返す。
全てのプレイリストファイルの生成処理が完了したと判定するとステップS109に進む。
【0177】
(ステップS109)
次に、ステップS109において、制御部303は、生成したプレイリストファイルに記録されたHDR識別情報を参照して、情報記録媒体の全記録データ対応のHDR識別情報を生成し、生成したHDR識別情報を記録したインデックスファイルを生成する。
具体的には、例えば、先に図6図9を参照して説明したHDR識別情報等を記録したインデックスファイルを生成する。
【0178】
(ステップS110)
次に、ステップS110において、制御部303は、生成したインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイル、およびTSファイル(クリップAVストリームファイル)を、情報記録媒体に記録する。
【0179】
図26を参照して説明したように、制御部303の制御の下、記録部306によって、ドライブ307を介して情報記録媒体320に出力され、記録される。
【0180】
これらの一連の処理によって、HDR識別情報等を記録したインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルと、SDR画像、またはHDR1画像、またはHDR2画像等のいずれかの画像データを格納したTSファイル(クリップAVストリームファイル)の記録された情報記録媒体が完成する。
【0181】
[5.情報記録媒体からのデータ再生処理を実行する情報処理装置の構成と処理について]
次に、図28図29を参照して情報記録媒体からのデータ再生処理を実行する情報処理装置の構成と処理について説明する。
【0182】
先に図2を参照して説明したように、図2に示す表示装置30において画像の正常な表示を実現するためには、再生装置20は、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかを確認し、さらに、表示装置の表示機能情報を取得する処理等が必要である。
【0183】
本開示の再生装置20は、装着した情報記録媒体(BD)10に記録された画像データの種類、すなわち、HDR1,HDR2,SDR、これらのどのタイプの画像が記録されているのかをインデックスファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルに記録されたHDR識別情報等に基づいて確認する。
さらに、先に図20を参照して説明したように、再生装置20は、表示装置30から、EDID等の表示装置機能情報を入力し、さらに、表示装置30に対して、インフォフレーム等の再生データ情報を出力する。
これらの処理を実行することで、表示装置30において画像の正常な表示が実現される。
【0184】
以下、この正常な画像表示処理を実現する情報記録媒体再生装置である情報処理装置の構成と、処理シーケンスについて説明する。
【0185】
図28は、BD等の情報記録媒体に記録されたデータの再生処理を実行する情報処理装置400の構成を示す図である。
情報処理装置400は、図28に示す情報記録媒体(記録メディア)510に記録されたデータを読み取り、表示装置520に出力する。なお、表示装置20は、例えばテレビ等であり、ディスプレイ、スピーカ等を備えた表示装置である。
【0186】
情報記録媒体(記録メディア)510は、例えば、BDフォーマットに従ったデータを記録したディスクであり、画像、音声、字幕各データの多重化データであるクリップAVストリームファイル(=トランスポートストリームファイル)の他、インデックススファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイル等が記録されている。
【0187】
クリップAVストリームファイルにはSDR画像、HDR1画像、HDR2画像、少なくともいずれかのタイプの画像から構成される画像データが格納されている。また、インデックススファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイルの各々には、前述したHDR識別情報が記録されている。
【0188】
制御部401は、例えば、ユーザ入力部402からの再生指示情報の入力に基づいて、情報記録媒体510の記録データを、記録再生部404、ドライブ403を介して読み取り、データバッファとしての記憶部405に格納し、その格納データを再生処理部406に出力する。
【0189】
また、制御部401は、入出力インタフェース407を介して表示装置520との通信を実行する。
情報処理装置400の制御部401は、例えば図20図24を参照して説明したEDID等の表示装置機能情報を表示装置520から受信する。
また、制御部401は、情報記録媒体510から読み出したインデックススファイル、プレイリストファイル、クリップ情報ファイル等のデータベースファイルに記録されたHDR識別情報を解析し、表示装置520における再生データの表示処理に必要となる再生データ情報をインフォフレームに格納して表示装置520に送信する。
【0190】
再生処理部406は、制御部401の制御の下、情報記録媒体510から読み出された再生データ、すなわち、画像、音声、字幕等の各データを格納したクリップAVストリームファイルから各データを取得して再生データを生成する。
【0191】
デマルチプレクサ(DeMUX)411は、画像、音声、字幕等の各データを格納したクリップAVストリームファイルを構成するデータ格納パケットを取得し、データ種別のパケットに分類し、各パケットを、データ種類に応じて、字幕データ生成部412、画像データ生成部413、音声データ生成部414に出力する。
【0192】
字幕データ生成部412、画像データ生成部413、音声データ生成部414は、パケットに格納されたデータの復号処理等を実行し、復号データを出力データ生成部415に出力する。
出力データ生成部415は、字幕、画像、音声の各データを、入出力インタフェース407を介して表示装置520に出力する。
【0193】
なお、出力データ生成部415は、制御部401の制御の下、必要に応じて画像変換、例えばHDR1画像をSDR画像に変換する処理を実行する。
具体的には、表示装置520がSDRテレビである場合、HDR1画像を出力すると、表示装置520では表示することができない。
このような場合、出力データ生成部415は、HDR1画像をSDR画像に変換する処理を実行して生成してSDR画像データを表示装置520に出力する。
【0194】
表示装置520は、情報処理装置400から入力する字幕、画像、音声等の各データを表示装置520の特性や機能に応じた出力データ生成処理、例えば画像の出力値を生成するEOTF変換等を実行し、表示装置520の特性に適合した出力データを生成して出力する。
【0195】
なお、情報処理装置400の制御部401は、表示装置520から受信する表示装置機能情報に応じて、再生処理部406において生成する再生データの制御を行う。
また、表示装置520から受信する表示装置機能情報が、情報記録媒体510のデータを再生できない、例えば表示できないことが明らかになった場合には、再生データ生成を実行することなく処理を停止する。なお、この場合、情報処理装置400の制御部401は、表示装置520に対して再生不可であることを示す通知メッセージの出力処理を行なう構成としてもよい。
【0196】
次に、図28に示す情報処理装置400が実行する情報記録媒体510からのデータ再生処理のシーケンスについて、図29に示すフローチャートを参照して説明する。
【0197】
図29に示すフローに従った処理は、例えば情報処理装置400の記憶部に格納されたプログラムに従って、プログラム実行機能を有するCPUを備えたデータ処理部(制御部)の制御の下で実行することができる。
以下、図29のフローに示す各ステップの処理について、順次、説明する。
【0198】
(ステップS201)
まず、情報処理装置400は、ステップS201において、表示装置520から表示装置機能情報(EDID)を入力し、記憶部(PSR)に格納する。
【0199】
この処理は、先に図20図23を参照して説明した処理である。情報処理装置(再生装置)400と表示装置520の通信接続が確立されると、表示装置520は、情報処理装置400に対して、表示装置520の機能情報等を出力する。具体的には、図20に示すように、例えばHDMI(登録商標)規定のEDID(Extended Display Identification Data)201を出力する。このEDIDには、表示装置520がどのようなタイプの画像を出力可能であるか等の表示装置機能情報が含まれる。
【0200】
表示装置機能情報は、図22を参照して説明したように、例えば、表示装置520がHDR1画像、HDR2画像、SDR画像、これらのどの画像の再生機能を有するかについての情報が含まれる。
情報処理装置400は、表示装置520から受信した再生機能情報を記憶部(PSR)に格納する。例えば図23を参照して説明したように記憶部(PSR)に格納する。
【0201】
(ステップS202)
次に、情報処理装置400は、ステップS202において、情報記録媒体からインデックスファイルを取得する。
インデックスファイルには、例えば、先に図6図9を参照して説明したHDR識別情報が記録されている。
【0202】
(ステップS203)
次に、情報処理装置400は、ステップS203において、情報記録媒体510から読み出したインデックスファイルに記録されたHDR識別情報と、先のステップS201において表示装置520から受信した表示装置機能情報(EDID)に基づいて、表示装置520の表示可能なHDR画像が、情報記録媒体510に記録されているか否かを判定する。
【0203】
表示装置520の表示可能なHDR画像が、情報記録媒体510に記録されていると判定した場合は、ステップS204に進み、表示装置520の表示可能なHDR画像が、情報記録媒体510に記録されていないと判定した場合は、ステップS211に進む。
【0204】
(ステップS204)
ステップS203の判定処理において、表示装置520の表示可能なHDR画像が、情報記録媒体510に記録されていると判定した場合は、ステップS204に進む。
ステップS204では、表示装置の表示可能なHDR画像の再生用プレイリストを選択取得する。
【0205】
表示装置の表示可能なHDR画像は、例えばHDR1画像、またはHDR2画像である。いずれが表示装置520において表示可能かについては、ステップS201において表示装置520から受信した表示装置機能情報によって確認済みである。
情報処理装置400は、表示装置520において表示可能なHDR画像を格納したストリームファイルの再生制御情報であるプレイリストを選択取得する。。
【0206】
(ステップS205)
次に、情報処理装置400は、ステップS205において、選択取得したプレイリストの格納データに基づいて、再生データ情報(インフォフレーム)を生成して、表示装置520に送信する。
【0207】
再生データ情報(インフォフレーム)は、先に図20図24図25を参照して説明した再生データ情報(インフォフレーム)である。
図24に示すように、インフォフレームには、複数のフィールドが設けられ、各フィールド単位で記録された様々な情報が情報処理装置(再生装置)400から表示装置520に提供される。この情報は、表示装置520が、情報処理装置(再生装置)400から入力する再生コンテンツの表示処理等に適用するための再生データ情報であり、例えば画像表示処理に適用するEOTF(電光変換関数)情報が記録される。
【0208】
(ステップS221)
図29に示す点線枠で示すステップ(ステップS221〜S223)の処理は表示装置520において実行する処理である。
表示装置520は、ステップS221において、情報処理装置400から受信した再生データ情報(インフォフレーム)に基づいて、表示モードを設定し、設定した表示モードに従ってHDR画像を表示する。
【0209】
(ステップS211)
次に、ステップS203において、示装置520の表示可能なHDR画像が、情報記録媒体510に記録されていないと判定した場合に実行するステップS211以下の処理について説明する。
【0210】
情報処理装置400は、ステップS211において、情報記録媒体510にSDR画像が記録されているか否かを判定する。
この判定処理は、ステップS202で情報記録媒体510から読み出したインデックスファイルのHDR識別情報に基づいて行われる。
情報記録媒体510にSDR画像が記録されていないことが確認された場合は、ステップS212に進む。
一方、情報記録媒体510にSDR画像が記録されていることが確認された場合は、ステップS215に進む。
【0211】
(ステップS212)
ステップS211の判定処理において、情報記録媒体510にSDR画像が記録されていないことが確認された場合は、ステップS212に進む。
情報処理装置400は、ステップS212において、画像再生に利用されるプレイリストがHDR2画像の再生用プレイリストであるか否かを判定する。
これは、先に図10図16を参照して説明したプレイリストファイルに記録されたHDR識別情報等に基づいて判定する。
【0212】
再生用プレイリストがHDR2画像再生用プレイリストであることが確認された場合は、ステップS213に進む。
一方、再生用プレイリストがHDR2画像再生用プレイリストでないことが確認された場合は、ステップS214に進む。この場合、その再生用プレイリストはHDR1画像の再生用プレイリストである。
【0213】
(ステップS213)
ステップS212の判定処理において、再生用プレイリストがHDR2画像再生用プレイリストであることが確認された場合は、ステップS213に進む。
情報処理装置400は、ステップS213において、再生用プレイリストによる再生対象データであるHDR2画像データを表示装置520にそのまま出力する。
【0214】
なお、先に図2を参照して説明したように、HDR2画像は、HDR非対応テレビ(SDRテレビ)30aにおいても出力可能な画像データとして生成された画像データである。
【0215】
HDR2画像は、前述したように相対値方式である(b)アプリケーション2(Application2)に相当する画像方式であり、出力輝度の上限が高いHDR画像出力に対応したHDRテレビではダイナミックレンジの広いHDR画像を出力可能であり、出力輝度の上限が低い従来型のSDRテレビにおいても、SDRテレビが出力可能な輝度範囲で、自然な画像を表示可能となるという特徴がある。
すなわち、HDR2画像は、HDR2対応テレビではHDR2画像として表示可能であり、SDRテレビでもSDR画像として表示可能な画像である。
【0216】
ステップS203において、Noの判定処理がなされていることから、表示装置は、HDR2画像を出力可能ではないSDRテレビ等であることが確認されている。しかし、HDR2画像については、SDRテレビでもSDR画像としての表示が可能であり、情報処理装置400は、HDR2画像データを表示装置520にそのまま出力する。
【0217】
(ステップS222)
ステップS222の処理は表示装置520の実行する処理である。
表示装置520は、ステップS222において、情報処理装置400から入力したHDR2画像を適用して、SDR画像として表示処理を実行する。
【0218】
(ステップS214)
ステップS212の判定処理において、再生用プレイリストがHDR2画像再生用プレイリストでないことが確認された場合は、ステップS214に進む。
すなわち、再生用プレイリストがHDR1画像再生用プレイリストである場合の処理である。
【0219】
先に図2等を参照して説明したように、HDR1画像は、SDR表示装置では、表示できない画像データである。
この場合、情報処理装置400は、ステップS214において、再生用プレイリストによる再生対象データであるHDR1画像データを、SDR画像データに変換して、表示装置520に出力する。
【0220】
(ステップS223)
ステップS223の処理は表示装置520の実行する処理である。
表示装置520は、ステップS223において、情報処理装置400から入力したSDR画像の表示処理を実行する。
【0221】
(ステップS215)
ステップS211において、情報記録媒体510にSDR画像が記録されていることが確認された場合には、ステップS215に進む。
情報処理装置400は、ステップS215において、SDR画像データを表示装置に出力する。
【0222】
(ステップS223)
ステップS215の処理の後も、表示装置520は、ステップS223の処理を実行する。
表示装置520は、ステップS223において、情報処理装置400から入力したSDR画像の表示処理を実行する。
【0223】
なお、このフローチャートでは、情報処理装置400が、HDR1画像をSDR画像に変換する機能を持つ構成を前提としているが、情報処理装置400が、このようなデータ変換機能を持たない場合は、表示装置520に表示可能なデータがないことを示す通知メッセージを出力する構成としてもよい。
【0224】
[6.情報処理装置の構成例について]
次に、情報記録媒体に対するデータ記録、情報記録媒体からのデータ再生を実行する情報処理装置、情報記録媒体からの再生データを表示する表示装置、あるいは情報記録媒体製造装置として適用可能な情報処理装置のハードウェア構成例について、図30を参照して説明する。
【0225】
CPU(Central Processing Unit)601は、ROM(Read Only Memory)602、または記憶部608に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行するデータ処理部として機能する。例えば、上述した実施例において説明したシーケンスに従った処理を実行する。RAM(Random Access Memory)603には、CPU601が実行するプログラムやデータなどが記憶される。これらのCPU601、ROM602、およびRAM603は、バス604により相互に接続されている。
【0226】
CPU601はバス604を介して入出力インタフェース605に接続され、入出力インタフェース605には、各種スイッチ、キーボード、マウス、マイクロホンなどよりなる入力部606、ディスプレイ、スピーカなどよりなる出力部607が接続されている。CPU601は、入力部606から入力される指令に対応して各種の処理を実行し、処理結果を例えば出力部607に出力する。
【0227】
入出力インタフェース605に接続されている記憶部608は、例えばハードディスク等からなり、CPU601が実行するプログラムや各種のデータを記憶する。通信部609は、インターネットやローカルエリアネットワークなどのネットワークを介したデータ通信の送受信部、さらに放送波の送受信部として機能し、外部の装置と通信する。
【0228】
入出力インタフェース605に接続されているドライブ610は、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、あるいはメモリカード等の半導体メモリなどのリムーバブルメディア611を駆動し、データの記録あるいは読み取りを実行する。
【0229】
[7.本開示の構成のまとめ]
以上、特定の実施例を参照しながら、本開示の実施例について詳解してきた。しかしながら、本開示の要旨を逸脱しない範囲で当業者が実施例の修正や代用を成し得ることは自明である。すなわち、例示という形態で本発明を開示してきたのであり、限定的に解釈されるべきではない。本開示の要旨を判断するためには、特許請求の範囲の欄を参酌すべきである。
【0230】
なお、本明細書において開示した技術は、以下のような構成をとることができる。
(1) 情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理装置。
【0231】
(2) 前記表示装置情報は、
画像タイプの異なるHDR1画像とHDR2画像、さらに、SDR(Standard Dynamic Range)画像各々についての表示機能を表示装置が有するか否かの情報を含む情報であり、
前記HDR識別情報は、
前記情報記録媒体に、HDR1画像、HDR2画像、SDR画像のいずれのタイプの画像データが記録されているかを示す情報を含む情報であり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能なHDR画像、またはSDR画像のいずれかを出力する(1)に記載の情報処理装置。
【0232】
(3) 前記HDR2画像は、SDR画像のみ表示可能な表示装置においても擬似SDR画像として表示可能な画像データであり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報に基づいて、前記表示装置がSDR画像のみ表示可能な表示装置であることが確認され、
前記HDR識別情報に基づいて、情報記録媒体に記録された画像がSDR画像、またはHDR2画像であることが確認された場合、
情報記録媒体に記録されたSDR画像、またはHDR2画像を前記表示装置に出力する(2)に記載の情報処理装置。
【0233】
(4) 前記HDR1画像は、SDR画像のみ表示可能な表示装置においては、正常な表示ができない画像データであり、
前記データ処理部は、
前記表示装置情報に基づいて、前記表示装置がSDR画像のみ表示可能な表示装置であることが確認され、
前記HDR識別情報に基づいて、情報記録媒体に記録された画像がHDR1画像であることが確認された場合、
情報記録媒体から読み取ったHDR1画像をSDR画像に変換して前記表示装置に出力する(2)に記載の情報処理装置。
【0234】
(5) 前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである(1)〜(4)いずれかに記載の情報処理装置。
【0235】
(6) 前記データ処理部は、
前記情報記録媒体に記録された画像データの表示処理に適用する再生データ情報を前記表示装置に送信する構成であり、
前記再生データ情報には、画像データの表示処理に適用する信号変換関数識別情報を含む(1)〜(5)いずれかに記載の情報処理装置。
【0236】
(7) 情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部は、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理装置。
【0237】
(8) 前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである(7)に記載の情報処理装置。
【0238】
(9) 前記データ処理部は、
インデックスファイルには、情報記録媒体の記録データ全体に関するHDR識別情報を記録し、
プレイリストファイルには、プレイリストファイルによる再生対象データ単位のHDR識別情報を記録し、
クリップ情報ファイルには、クリップ情報ファイルに対応付けられた再生データ単位のHDR識別情報を記録する(8)に記載の情報処理装置。
【0239】
(10) 画像データを格納した再生データファイルと、
前記再生データファイルに格納された画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを記録データとして含み、
再生装置が、前記HDR識別情報を参照して、再生データを表示する表示装置の表示機能に適合したタイプの画像データを選択再生することを可能とした情報記録媒体。
【0240】
(11) 前記データベースファイルは、
Blu−ray(登録商標)ディスク・フォーマットにおいて規定されるインデックスファイル、またはプレイリストファイル、またはクリップ情報ファイルのいずれかのデータファイルである(10)に記載の情報記録媒体。
【0241】
(12) 前記インデックスファイルは、情報記録媒体の記録データ全体に関するHDR識別情報を格納し、
前記プレイリストファイルは、プレイリストファイルによる再生対象データ単位のHDR識別情報を格納し、
クリップ情報ファイルは、クリップ情報ファイルに対応付けられた再生データ単位のHDR識別情報を格納した構成である(11)に記載の情報記録媒体。
【0242】
(13) 情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部は、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する表示装置。
【0243】
(14) 前記表示装置情報は、
画像タイプの異なるHDR1画像とHDR2画像、さらに、SDR(Standard Dynamic Range)画像各々についての表示機能を表示装置が有するか否かの情報を含む情報である(13)に記載の表示装置。
【0244】
(15) 情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力し、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する情報処理方法。
【0245】
(16) 情報処理装置において実行する情報処理方法であり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記データ処理部が、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する情報処理方法。
【0246】
(17) 表示装置において実行する情報処理方法であり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記データ処理部が、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する情報処理方法。
【0247】
(18) 情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体からの再生データの表示処理を行なう表示装置から、HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を入力する処理と、
前記情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得する処理と、
前記表示装置情報と、前記HDR識別情報との対比結果に基づいて、前記表示装置に表示可能な画像データを前記情報記録媒体から読み取り、前記表示装置に出力する処理を実行させるプログラム。
【0248】
(19) 情報処理装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記情報処理装置は、情報記録媒体に対するデータ記録を実行するデータ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
前記情報記録媒体の記録画像データとして、画像タイプの異なるHDR(High Dynamic Range)1画像、HDR2画像、SDR(Standard Dynamic Range)画像のいずれが含まれるかを示すHDR識別情報を格納したデータベースファイルを生成して情報記録媒体に記録する処理を実行させるプログラム。
【0249】
(20) 表示装置において情報処理を実行させるプログラムであり、
前記表示装置は、情報記録媒体の記録データの再生処理を実行する再生装置とのデータ送受信を実行する通信部と、
データ処理部を有し、
前記プログラムは、前記データ処理部に、
HDR(High Dynamic Range)画像の表示機能情報を含む表示装置情報を生成して、前記再生装置に出力する処理を実行させるプログラム。
【0250】
また、明細書中において説明した一連の処理はハードウェア、またはソフトウェア、あるいは両者の複合構成によって実行することが可能である。ソフトウェアによる処理を実行する場合は、処理シーケンスを記録したプログラムを、専用のハードウェアに組み込まれたコンピュータ内のメモリにインストールして実行させるか、あるいは、各種処理が実行可能な汎用コンピュータにプログラムをインストールして実行させることが可能である。例えば、プログラムは記録媒体に予め記録しておくことができる。記録媒体からコンピュータにインストールする他、LAN(Local Area Network)、インターネットといったネットワークを介してプログラムを受信し、内蔵するハードディスク等の記録媒体にインストールすることができる。
【0251】
なお、明細書に記載された各種の処理は、記載に従って時系列に実行されるのみならず、処理を実行する装置の処理能力あるいは必要に応じて並列的にあるいは個別に実行されてもよい。また、本明細書においてシステムとは、複数の装置の論理的集合構成であり、各構成の装置が同一筐体内にあるものには限らない。
【産業上の利用可能性】
【0252】
以上、説明したように、本開示の一実施例の構成によれば、情報記録媒体に格納された画像のタイプと、表示装置の表示機能情報に応じて、記録媒体から表示可能な画像を取得して表示装置に出力する構成が実現される。
具体的には、情報記録媒体からのデータ再生を実行するデータ処理部が、再生データ表示処理を行なう表示装置からHDR1、HDR2、SDR各画像の表示機能情報を入力し、情報記録媒体に記録されたデータベースファイルから、情報記録媒体に記録された画像データにHDR1、HDR2、SDR各画像が含まれるか否かを示すHDR識別情報を取得し、取得した表示装置機能情報とHDR識別情報との対比結果に基づいて、表示装置において表示可能な画像データを情報記録媒体から読み取り、表示装置に出力する。
本構成により、情報記録媒体に格納された画像のタイプと、表示装置の表示機能情報に応じて、記録媒体から表示可能な画像を取得して表示装置に出力する構成が実現される。
【符号の説明】
【0253】
10 情報記録媒体(ディスク)
20 再生装置
30 表示装置
51 管理情報設定部
52 データ部
300 情報処理装置
301 データ入力部
302 ユーザ入力部
303 制御部
304 記憶部
305 多重化処理部
306 記録部
307 ドライブ
308 情報記録媒体
311 字幕データ取得部
312 画像データ取得部
313 音声データ取得部
314 マルチプレクサ
400 情報処理装置
401 制御部
402 ユーザ入力部
403 ドライブ
404 記録再生部
405 記憶部
406 再生処理部
407 入出力I/F
411 デマルチプレクサ
412 字幕データ生成部
413 画像データ生成部
414 音声データ生成部
415 出力データ生成部
510 情報記録媒体
520 表示装置
601 CPU
602 ROM
603 RAM
604 バス
605 入出力インタフェース
606 入力部
607 出力部
608 記憶部
609 通信部
610 ドライブ
611 リムーバブルメディア
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
図19
図20
図21
図22
図23
図24
図25
図26
図27
図28
図29
図30
【国際調査報告】