特表-18155619IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

▶ 株式会社NTTドコモの特許一覧
<>
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000003
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000004
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000005
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000006
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000007
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000008
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000009
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000010
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000011
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000012
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000013
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000014
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000015
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000016
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000017
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000018
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000019
  • 再表WO2018155619-ユーザ端末及び無線通信方法 図000020
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
【公報種別】再公表特許(A1)
(11)【国際公開番号】WO/0
(43)【国際公開日】2018年8月30日
【発行日】2019年12月26日
(54)【発明の名称】ユーザ端末及び無線通信方法
(51)【国際特許分類】
   H04W 72/04 20090101AFI20191129BHJP
   H04W 72/12 20090101ALI20191129BHJP
【FI】
   H04W72/04 136
   H04W72/12 150
【審査請求】未請求
【予備審査請求】未請求
【全頁数】40
【出願番号】特願2019-501829(P2019-501829)
(21)【国際出願番号】PCT/0/0
(22)【国際出願日】2018年2月23日
(31)【優先権主張番号】特願2017-33355(P2017-33355)
(32)【優先日】2017年2月24日
(33)【優先権主張国】JP
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,ST,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DJ,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JO,JP,KE,KG,KH,KN,KP,KR,KW,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT
(71)【出願人】
【識別番号】392026693
【氏名又は名称】株式会社NTTドコモ
(74)【代理人】
【識別番号】100121083
【弁理士】
【氏名又は名称】青木 宏義
(74)【代理人】
【識別番号】100138391
【弁理士】
【氏名又は名称】天田 昌行
(74)【代理人】
【識別番号】100158528
【弁理士】
【氏名又は名称】守屋 芳隆
(72)【発明者】
【氏名】松村 祐輝
(72)【発明者】
【氏名】武田 一樹
(72)【発明者】
【氏名】永田 聡
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067AA21
5K067DD11
5K067EE02
5K067EE10
(57)【要約】
系列ベース上り制御チャネルを用いる場合であっても、上り制御情報を適切に通知すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、短い期間で送信されるショート上り制御チャネルと、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネルと、の一方又は両方を用いることを、所定の情報に基づいて決定する制御部と、決定された上り制御チャネルを用いて上り制御情報を送信する送信部と、を有することを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
短い期間で送信されるショート上り制御チャネルと、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネルと、の一方又は両方を用いることを、所定の情報に基づいて決定する制御部と、
決定された上り制御チャネルを用いて上り制御情報を送信する送信部と、を有することを特徴とするユーザ端末。
【請求項2】
前記所定の情報は、前記上り制御情報のサイズ、前記上り制御情報のタイプ、前記上り制御情報の再送回数及び当該ユーザ端末のカテゴリの少なくとも1つであることを特徴とする請求項1に記載のユーザ端末。
【請求項3】
前記送信部は、前記ショート上り制御チャネル及び前記ロング上り制御チャネルの両方を用いると決定された場合に、これらの上り制御チャネルの両方にわたって同一の前記上り制御情報を送信することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のユーザ端末。
【請求項4】
前記送信部は、前記ショート上り制御チャネル及び前記ロング上り制御チャネルの両方を用いると決定された場合に、これらの上り制御チャネルのそれぞれで異なる前記上り制御情報を送信することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のユーザ端末。
【請求項5】
前記送信部は、前記ショート上り制御チャネル及び前記ロング上り制御チャネルの両方を用いると決定された場合に、前記ロング上り制御チャネルと重複しない周波数リソースにおいて、前記ショート上り制御チャネルを用いて前記上り制御情報を送信することを特徴とする請求項1から請求項4のいずれかに記載のユーザ端末。
【請求項6】
前記送信部は、前記ショート上り制御チャネル及び前記ロング上り制御チャネルの両方を用いると決定された場合に、前記ショート上り制御チャネルでは前記上り制御情報の復調用参照信号を送信しないことを特徴とする請求項1から請求項5のいずれかに記載のユーザ端末。
【請求項7】
ユーザ端末の無線通信方法であって、
短い期間で送信されるショート上り制御チャネルと、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネルと、の一方又は両方を用いることを、所定の情報に基づいて決定する工程と、
決定された上り制御チャネルを用いて上り制御情報を送信する工程と、を有することを特徴とする無線通信方法。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、次世代移動通信システムにおけるユーザ端末及び無線通信方法に関する。
【背景技術】
【0002】
UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)ネットワークにおいて、更なる高速データレート、低遅延などを目的としてロングタームエボリューション(LTE:Long Term Evolution)が仕様化された(非特許文献1)。また、LTE(LTE Rel.8又は9ともいう)からの更なる広帯域化及び高速化を目的として、LTE−A(LTEアドバンスト、LTE Rel.10、11又は12ともいう)が仕様化され、LTEの後継システム(例えば、FRA(Future Radio Access)、5G(5th generation mobile communication system)、5G+(plus)、NR(New Radio)、NX(New radio access)、FX(Future generation radio access)、LTE Rel.13、14又は15以降などともいう)も検討されている。
【0003】
既存のLTEシステム(例えば、LTE Rel.8−13)では、1msのサブフレーム(伝送時間間隔(TTI:Transmission Time Interval)などともいう)を用いて、下りリンク(DL:Downlink)及び/又は上りリンク(UL:Uplink)の通信が行われる。当該サブフレームは、チャネル符号化された1データパケットの送信時間単位であり、スケジューリング、リンクアダプテーション、再送制御(HARQ:Hybrid Automatic Repeat reQuest)などの処理単位となる。
【0004】
また、既存のLTEシステム(例えば、LTE Rel.8−13)では、ユーザ端末(UE:User Equipment)は、上り制御チャネル(例えば、PUCCH(Physical Uplink Control Channel))及び/又は上りデータチャネル(例えば、PUSCH(Physical Uplink Shared Channel))を用いて、上り制御情報(UCI:Uplink Control Information)を送信する。当該上り制御チャネルの構成(フォーマット)は、PUCCHフォーマットなどとも呼ばれる。
【0005】
UCIは、スケジューリング要求(SR:Scheduling Request)、DLデータ(DLデータチャネル(PDSCH:Physical Downlink Shared Channel))に対する再送制御情報(HARQ−ACK(Hybrid Automatic Repeat reQuest-Acknowledge)、ACK/NACK(Negative ACK)などとも呼ばれる)、チャネル状態情報(CSI:Channel State Information)の少なくとも一つを含む。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0006】
【非特許文献1】3GPP TS 36.300 V8.12.0 “Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA) and Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network (E-UTRAN); Overall description; Stage 2 (Release 8)”、2010年4月
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
将来の無線通信システム(例えば、5G、NR)は、様々な無線通信サービスを、それぞれ異なる要求条件(例えば、超高速、大容量、超低遅延など)を満たすように実現することが期待されている。
【0008】
例えば、NRでは、eMBB(enhanced Mobile Broad Band)、mMTC(massive Machine Type Communication)、URLLC(Ultra Reliable and Low Latency Communications)などと呼ばれる無線通信サービスの提供が検討されている。
【0009】
ところで、NRでは、互いに異なるシンボル数を有する複数のPUCCHを用いることが検討されている。しかしながら、これらのPUCCHをどのように使い分けるかについては、まだ検討されていない。適切なPUCCHを用いてUCIが送信されなければ、通信スループット、周波数利用効率などの劣化が生じるおそれがある。
【0010】
本発明はかかる点に鑑みてなされたものであり、互いに異なるシンボル数を有する複数のPUCCHを用いる場合であっても、UCIを適切に通知できるユーザ端末及び無線通信方法を提供することを目的の1つとする。
【課題を解決するための手段】
【0011】
本発明の一態様に係るユーザ端末は、短い期間で送信されるショート上り制御チャネルと、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネルと、の一方又は両方を用いることを、所定の情報に基づいて決定する制御部と、決定された上り制御チャネルを用いて上り制御情報を送信する送信部と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、互いに異なるシンボル数を有する複数のPUCCHを用いる場合であっても、UCIを適切に通知できる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
図1図1は、NRスロットのリソースマッピングの一例を示す図である。
図2図2A−2Cは、PUCCHタイプの一例を示す図である。
図3図3A及び3Bは、PUCCHタイプ3で送信するUCIの一例を示す図である。
図4図4A及び4Bは、PUCCHタイプ3のRS構成の一例を示す図である。
図5図5A及び5Bは、PUCCHタイプ3のRS構成の別の一例を示す図である。
図6図6A及び6Bは、PUCCHタイプ3のRS構成のさらに別の一例を示す図である。
図7図7は、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHのRSの有無の一例を示す図である。
図8図8A及び8Bは、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHの帯域幅とRSの有無との関係の一例を示す図である。
図9図9A及び9Bは、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHに系列ベースPUCCHを利用する場合のUCIの一例を示す図である。
図10図10A及び10Bは、位相回転量セットの一例を示す図である。本例では、UCIが2ビットの情報とする。
図11図11は、系列ベースPUCCHの一例を示す図である。
図12図12A及び12Bは、系列ベースPUCCHの生成処理の一例を示す図である。
図13図13は、本発明の一実施形態に係る無線通信システムの概略構成の一例を示す図である。
図14図14は、本発明の一実施形態に係る無線基地局の全体構成の一例を示す図である。
図15図15は、本発明の一実施形態に係る無線基地局の機能構成の一例を示す図である。
図16図16は、本発明の一実施形態に係るユーザ端末の全体構成の一例を示す図である。
図17図17は、本発明の一実施形態に係るユーザ端末の機能構成の一例を示す図である。
図18図18は、本発明の一実施形態に係る無線基地局及びユーザ端末のハードウェア構成の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0014】
将来の無線通信システム(例えば、LTE Rel.14、15以降、5G、NRなど)では、単一のニューメロロジーではなく、複数のニューメロロジーを導入することが検討されている。
【0015】
ここで、ニューメロロジーとは、あるRAT(Radio Access Technology)における信号のデザイン、RATのデザインなどを特徴付ける通信パラメータのセットを意味してもよく、サブキャリア間隔(SCS:SubCarrier-Spacing)、シンボル長、サイクリックプレフィックス長、サブフレーム長、送信時間間隔(TTI:Transmission Time Interval)長などの、周波数方向及び/又は時間方向に関するパラメータであってもよい。例えば、将来の無線通信システムでは、15kHz、30kHz、60kHz、120kHz、240kHzなどの複数のSCS間隔がサポートされてもよい。
【0016】
また、将来の無線通信システムでは、複数のニューメロロジーのサポートなどに伴い、既存のLTEシステム(LTE Rel.13以前)と同一及び/又は異なる時間単位(例えば、サブフレーム、スロット、ミニスロット、サブスロット、TTI、ショートTTI、無線フレームなどともいう)を導入することが検討されている。
【0017】
なお、TTIとは、送受信データのトランスポートブロック、コードブロック、及び/又はコードワードなどを送受信する時間単位のことを表してもよい。TTIが与えられたとき、実際にデータのトランスポートブロック、コードブロック、及び/又はコードワードがマッピングされる時間区間(シンボル数)は、当該TTIよりも短くてもよい。
【0018】
例えば、TTIが所定数のシンボル(例えば、14シンボル)で構成される場合、送受信データのトランスポートブロック、コードブロック、及び/又はコードワード、などは、その中の1から所定数のシンボル区間で送受信されるものとすることができる。送受信データのトランスポートブロック、コードブロック、及び/又はコードワードを送受信するシンボル数がTTIを構成するシンボル数よりも小さい場合、TTI内でデータをマッピングしないシンボルには、参照信号、制御信号などをマッピングすることができる。
【0019】
サブフレームは、ユーザ端末(例えば、UE:User Equipment)が利用する(及び/又は設定された)ニューメロロジーに関係なく、所定の時間長(例えば、1ms)を有する時間単位としてもよい。
【0020】
一方、スロットは、UEが利用するニューメロロジーに基づく時間単位であってもよい。例えば、サブキャリア間隔が15kHz又は30kHzである場合、1スロットあたりのシンボル数は、7又は14シンボルであってもよい。サブキャリア間隔が60kHz以上の場合、1スロットあたりのシンボル数は、14シンボルであってもよい。また、スロットには、複数のミニ(サブ)スロットが含まれてもよい。
【0021】
一般に、サブキャリア間隔とシンボル長とは逆数の関係にある。このため、スロット(又はミニ(サブ)スロット)あたりのシンボル数が同一であれば、サブキャリア間隔が高く(広く)なるほどスロット長は短くなるし、サブキャリア間隔が低く(狭く)なるほどスロット長が長くなる。なお、「サブキャリア間隔が高い」は、「サブキャリア間隔が広い」と言い換えられてもよく、「サブキャリア間隔が低い」は、「サブキャリア間隔が狭い」と言い換えられてもよい。
【0022】
このような将来の無線通信システムでは、既存のLTEシステム(例えば、LTE Rel.8−13)のPUCCH(Physical Uplink Control Channel)フォーマットよりも短い期間(short duration)で構成されるUL制御チャネル(以下、ショートPUCCHともいう)、及び/又は、当該短い期間よりも長い期間(long duration)で構成されるUL制御チャネル(以下、ロングPUCCHともいう)をサポートすることが検討されている。
【0023】
ショートPUCCH(short PUCCH、shortened PUCCH)は、あるSCSにおける所定数のシンボル(例えば、1又は2シンボル)で構成される。当該ショートPUCCHでは、上り制御情報(UCI:Uplink Control Information)と参照信号(RS:Reference Signal)とが時分割多重(TDM:Time Division Multiplexing)されてもよいし、周波数分割多重(FDM:Frequency Division Multiplexing)されてもよい。RSは、例えば、UCIの復調に用いられる復調用参照信号(DMRS:DeModulation Reference Signal)であってもよい。
【0024】
ショートPUCCHの各シンボルのSCSは、データチャネル用のシンボル(以下、データシンボルともいう)のSCSと同一であってもよいし、より高くてもよい。データチャネルは、例えば、下りデータチャネル(PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)、上りデータチャネル(PUSCH:Physical Uplink Shared Channel)などであってもよい。
【0025】
ショートPUCCHは、より高い(大きい、広い)SCS(例えば、60kHz)のPUCCHと呼ばれてもよい。なお、1つのショートPUCCHが送信される時間単位は、ショートTTIと呼ばれてもよい。
【0026】
ショートPUCCHでは、マルチキャリア波形(例えば、サイクリックプレフィックスOFDM(CP−OFDM:Cyclic Prefix Orthogonal Frequency Division Multiplexing)ベースの波形)が用いられてもよいし、シングルキャリア波形(例えば、DFT拡散OFDM(DFT−S−OFDM:Discrete Fourier Transform Spread Orthogonal Frequency Division Multiplexing)ベースの波形)が用いられてもよい。
【0027】
なお、波形は、伝送方式、多重方式、変調方式、アクセス方式、波形方式などと呼ばれてもよい。また、波形は、OFDM波形に対するDFTプリコーディング(スプレッディング)の適用有無で特徴付けられてもよい。例えば、CP−OFDMはDFTプリコーディングを適用しない波形(信号)と呼ばれてもよいし、DFT−S−OFDMはDFTプリコーディングを適用する波形(信号)と呼ばれてもよい。また、「波形」は「波形の信号」、「波形に従う信号」、「信号の波形」、「信号」などで読み替えられてもよい。
【0028】
一方、ロングPUCCHは、ショートPUCCHよりもカバレッジを向上させる及び/又はより多くのUCIを伝送するために、スロット内の複数のシンボルに渡って配置される。当該ロングPUCCHでは、UCIとRS(例えば、DMRS)とがTDMされてもよいし、FDMされてもよい。ロングPUCCHは、より低い(小さい、狭い)SCS(例えば、15kHz)のPUCCHと呼ばれてもよい。なお、1つのロングPUCCHが送信される時間単位は、ロングTTIと呼ばれてもよい。
【0029】
ロングPUCCHは、ショートPUCCHと等しい数の周波数リソースで構成されてもよいし、電力増幅(power boosting)効果を得るため、ショートPUCCHよりも少ない数の周波数リソース(例えば、1又は2つの物理リソースブロック(PRB:Physical Resource Block))で構成されてもよい。また、ロングPUCCHは、ショートPUCCHと同一のスロット内に配置されてもよい。
【0030】
ロングPUCCHでは、シングルキャリア波形(例えば、DFT−s−OFDM波形)が用いられてもよいし、マルチキャリア波形(例えば、OFDM波形)が用いられてもよい。また、ロングPUCCHには、スロット内の所定期間(例えば、ミニ(サブ)スロット)ごとに周波数ホッピングが適用されてもよい。
【0031】
なお、ロングPUCCHは、既存のLTEシステム(例えば、LTE Rel.8−13)で規定されるPUCCHと異なるPUCCH(異なるフォーマットのPUCCH)であってもよい。
【0032】
以下、単なる「PUCCH」という表記は、「ショートPUCCH及び/又はロングPUCCH」と読み替えられてもよい。
【0033】
PUCCHは、スロット内でULデータチャネル(以下、PUSCHともいう)とTDM及び/又はFDMされてもよい。また、PUCCHは、スロット内でDLデータチャネル(以下、PDSCHともいう)及び/又はDL制御チャネル(以下、PDCCH:Physical Downlink Control Channelともいう)とTDM及び/又はFDMされてもよい。
【0034】
図1は、NRスロットのリソースマッピングの一例を示す図である。NRでは、データが送信される期間(領域)をUL期間(UL領域)と定義し、少ないシンボル数でUL送信を行える期間(領域)をショートUL期間(UL領域)と定義することが検討されている。なお、UL期間(UL領域)はロングUL期間(UL領域)と呼ばれてもよい。
【0035】
図1では、NRスロット先頭にPDCCH領域が含まれ、その後無送信期間(ガード期間(GP:Guard Period)ともいう)があり、UL領域/ショートUL領域がある例が示されるが、NRスロット(NRサブフレーム)の構成はこれに限られない。例えば、各領域の順番はこれに限られない。
【0036】
図1では、UL領域において特定のUE(UE1)に対するPUSCHがスケジューリングされており、さらに当該UEがPUSCHに隣接する周波数リソースでPUCCHを送信する例が示されている。UEは、ロングUL期間においてロングPUCCHを送信してもよく、ショートUL期間においてショートPUCCHを送信してもよい。
【0037】
しかしながら、ロングPUCCH及びショートPUCCHをどのように使い分けるかについては、まだ検討されていない。適切なPUCCHを用いてUCIが送信されなければ、通信スループット、周波数利用効率などの劣化が生じるおそれがある。
【0038】
そこで、本発明者らは、互いに異なるシンボル数を有する複数のPUCCHを用いる場合であっても、UCIを適切に通知するための方法を検討し、本発明に至った。
【0039】
以下、本発明に係る実施形態について、図面を参照して詳細に説明する。各実施形態に係る無線通信方法は、それぞれ単独で適用されてもよいし、組み合わせて適用されてもよい。
【0040】
(無線通信方法)
本発明の一実施形態では、UEは、所定の情報に基づいて、1つ又は複数のPUCCHタイプの中からUCIの送信に用いるPUCCHタイプを決定する。PUCCHタイプは、UCIの送信に用いる1つ又は複数のPUCCHの組み合わせ(例えば、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCH)に対応している。
【0041】
図2A−2Cは、PUCCHタイプの一例を示す図である。PUCCHタイプ1の場合、UCIはショートPUCCHを用いて送信され、ロングPUCCHでは送信されない(図2A)。PUCCHタイプ2の場合、UCIはロングPUCCHを用いて送信され、ショートPUCCHでは送信されない(図2B)。PUCCHタイプ3の場合、UCIはショートPUCCH及びロングPUCCHの両方を用いて送信される(図2C)。
【0042】
なお、PUCCHタイプの数字とPUCCHとの対応関係は、図2A−2Cの例に限られない。また、「PUCCHタイプ」という呼称は一例であってこれに限られず、「PUCCHフォーマット」などと呼ばれてもよい。
【0043】
また、本例では、ショートPUCCHは図示される時間領域(例えば、サブフレーム)の最終シンボルに5PRB分マッピングされるものとしたが、ショートPUCCHに対応するリソースはこれに限られない。また、ロングPUCCHは10シンボルにわたって5シンボルごとに周波数ホッピングしてマッピングされるものとしたが、ロングPUCCHに対応するリソースはこれに限られない。
【0044】
また、図2Cにおいて、ショートPUCCH及びロングPUCCHの時間リソースが重複しないものとしたが、ショートPUCCH及びロングPUCCHの時間リソースは重複してもよい。
【0045】
UEは、PUCCHタイプに関する情報が、上位レイヤシグナリング(例えば、RRCシグナリング、ブロードキャスト情報)、物理レイヤシグナリング(例えば、DCI)又はこれらの組み合わせにより、通知(及び/設定)されると想定してもよい。この場合、UEは、基地局から通知された情報にPUCCHタイプに関する情報に基づいて、UCI送信に用いるPUCCHタイプを決定してもよい。
【0046】
UEは、送信するUCIのサイズ(例えば、ペイロードサイズ、UCIビット数)及び/又はUCIタイプに基づいて、UCI送信に用いるPUCCHタイプを決定してもよい。ここで、UCIタイプは、UCIの内容(どのUCIが送信されるか)を示す情報を含んでもよい。
【0047】
例えば、UCIタイプは、UCIが、DLデータに対する再送制御情報(HARQ−ACK、ACK/NACK、A/Nなどともいう)、スケジューリングリクエスト(SR:Scheduling Request)、チャネル状態情報(CSI)、ビーム識別情報、バッファステータスレポート(BSR:Buffer Status Report)、パワーヘッドルームレポート(PHR:Power Headroom Report)及びその他の制御情報の少なくとも1つを含むことを示す情報であってもよい。
【0048】
なお、ビーム識別情報は、ビームインデックス(BI:Beam Index)、プリコーディング行列指標(PMI:Precoding Matrix Indicator)、TPMI(Transmitted PMI)、所定の参照信号のポートインデックス(例えば、DMRSポートインデックス(DPI:DMRS Port Index)、SRSポートインデックス(SPI:SRS Port Index))、所定の参照信号のリソース指標(例えば、CSI−RSリソース指標(CRI:CSI-RS Resource Indicator)、DMRSリソースインデックス、SRSリソースインデックス)などで特定されてもよい。
【0049】
また、UCIタイプは、UCIに求められる性能及び/又は品質に関する情報を含んでもよい。例えば、UCIタイプは、遅延(低遅延など)、信頼性(高信頼性など)、スループット(高スループットなど)のいずれか又はこれらの組み合わせを示してもよい。
【0050】
UEは、UCIのサイズが比較的小さい及び/又は低遅延が要求される場合、PUCCHタイプ1を選択してもよい。例えば、UEは、UCIビット数が所定の閾値(例えば、4)以下である場合、HARQ−ACKを送信する場合などに、PUCCHタイプ1を用いてもよい。
【0051】
UEは、自己完結型(self-contained)の動作をサポートする/行う場合にPUCCHタイプ1を用いてもよい。ここで、自己完結型の動作とは、例えば所定の期間(サブフレーム、スロットなど)内で所定のDL信号(データ信号など)の受信と、当該DL信号に基づくUL信号(HARQ−ACKなど)の送信(フィードバック)を完了する動作のことであってもよい。つまり、自己完結型の動作をサポートするUEは、高い処理能力を有すると想定される。
【0052】
UEは、UCIのサイズが比較的大きい及び/又は低遅延が要求されない場合、PUCCHタイプ1を選択してもよい。例えば、UEは、UCIビット数が所定の閾値(例えば、4)より大きい場合、CSIを送信する場合などに、PUCCHタイプ2を用いてもよい。
【0053】
UEは、UCIのサイズが大きい及び/又は高信頼性が要求される場合、PUCCHタイプ3を選択してもよい。例えば、UEは、UCIビット数が所定の閾値(例えば、30)より大きい場合、CSI及びHARQ−ACKの両方を送信する場合などに、PUCCHタイプ3を用いてもよい。
【0054】
また、UEは、HARQ再送回数(送信回数でもよい)に基づいて、UCI送信に用いるPUCCHタイプを決定してもよい。例えば、UEは、UCIの送信回数が第1の閾値(例えば、2)以下である場合にはPUCCHタイプ1を用い、当該送信回数が第2の閾値(例えば、3)以下である場合にはPUCCHタイプ2を用い、当該送信回数が第3の閾値(例えば、4)以下である場合にはPUCCHタイプ3を用いてもよい。PUCCHタイプ1に比べて、タイプ2及びタイプ3ではより多くのPUCCHリソースを利用でき、UCIの符号化率及び/又は拡散率を小さくできるため、PUCCHの誤り率を低減できる。
【0055】
上記所定の閾値、第1−第3の閾値などは、仕様で定められてもよいし、上位レイヤシグナリング(例えば、RRCシグナリング、ブロードキャスト情報)、物理レイヤシグナリング(例えば、DCI)又はこれらの組み合わせにより、UEに通知(及び/設定)されてもよい。
【0056】
UEは、自端末のUEカテゴリに基づいて、UCI送信に用いるPUCCHタイプを決定してもよい。例えば、UEは、自端末の性能をUEカテゴリから判断し、判断した自端末の性能に基づいてPUCCHタイプを決定してもよい。
【0057】
UEは、自端末が高性能UE(例えば、URLLCに対応可能なUE、高性能eMBBに対応可能なUE)であると判断する場合にはPUCCHタイプ1を用いてもよい。
【0058】
UEは、自端末が中程度性能のUE(例えば、中程度性能eMBBに対応可能なUE、LTE/LTE−AのMBBに対応可能なUE)であると判断する場合にはPUCCHタイプ2を用いてもよい。
【0059】
UEは、自端末が低性能UE(例えば、mMTCに対応可能なUE、NB−IoTに対応可能なUE、低コストMTCに対応可能なUE)であると判断する場合にはPUCCHタイプ3を用いてもよい。
【0060】
UEは、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、UEカテゴリに関する情報及び/又はキャリアのサービスタイプ(例えば、eMBB、URLLCなど)の情報を通知されてもよい。UEは、通知されたUEカテゴリに関する情報及び/又はキャリアのサービスタイプに基づいて、UCI送信に用いるPUCCHタイプを決定してもよい。
【0061】
基地局は、全てのPUCCHタイプを想定して対応する全てのPUCCHリソースをモニタしてもよいし、UEがUCI送信に用いると想定されるPUCCHタイプを特定し、特定したPUCCHリソースのみをモニタしてもよい。例えば、UEがHARQ再送回数に基づいてPUCCHタイプを決定する場合、基地局は、HARQ−ACKの受信回数に基づいて、次回のHARQ再送で利用されるPUCCHタイプを特定してもよい。
【0062】
[PUCCHタイプ3で送信するUCI]
UEは、PUCCHタイプ3を利用する場合、ロングPUCCH及びショートPUCCHの両方のPUCCHリソース全体で、1つのUCI(UCIペイロード)を送信してもよいし、複数のUCI(UCIペイロード)を送信してもよい。ここで、複数のUCIは同一の情報に対応してもよいし、それぞれ異なる情報に対応してもよい。例えば、ロングPUCCHで送信するUCIと、ショートPUCCHで送信するUCIと、は異なってもよい。
【0063】
1つのUCIは、ロングPUCCH及びショートPUCCHの両方にわたって拡散、繰り返し及び/又はエンコードされてもよい。ロングPUCCHにおけるUCIペイロードとショートPUCCHにおけるUCIペイロードとの比(ペイロード比と呼ばれてもよい)は、ロングPUCCHのPUCCHリソースとショートPUCCHのPUCCHリソースとの比(リソース比と呼ばれてもよい)に対応してもよい。
【0064】
なお、上記ペイロード比は、リソース比に基づいて求められてもよく、リソース比に所定のオフセットを適用して求められてもよい。例えば、ペイロード比は、ロングPUCCH(又はショートPUCCH)で送信されるUCIが多くなるように調整されてもよい。
【0065】
基地局は、複数のPUCCH(例えば、ロングPUCCH及びショートPUCCH)を受信すると、これらのPUCCHを合成してもよい。これにより、性能、信頼性及びUCIビット数の少なくとも1つを改善できる。
【0066】
図3A及び3Bは、PUCCHタイプ3で送信するUCIの一例を示す図である。本例では、図2Cと同様のPUCCHリソースが示されている。図3Aは、ロングPUCCH及びショートPUCCHの両方を用いて1つのUCI(UCI#1)が送信される例を示す。図3Bは、ロングPUCCHで1つのUCI(UCI#1)が送信され、ショートPUCCHで別のUCI(UCI#2)が送信される例を示す。
【0067】
なお、図3Bの構成によれば、ロングPUCCHを受信した基地局はショートPUCCHの受信を待たずにUCI#1の受信処理(復調、復号など)を行うことができるため、処理遅延を低減できる。
【0068】
UEは、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、PUCCHタイプ3を利用する場合にロングPUCCH及びショートPUCCHで1つのUCIを送信するか複数のUCIを送信するかに関する情報を通知されてもよい。当該情報は、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCHに含むことができるUCIの数であってもよい。UEは、通知された情報に基づいて、各PUCCHで送信するUCIを決定してもよい。
【0069】
UEは、送信するUCIのサイズ(例えば、ペイロードサイズ、UCIビット数)及び/又はUCIタイプに基づいて、PUCCHタイプ3を利用する場合にロングPUCCH及びショートPUCCHで1つのUCIを送信するか複数のUCIを送信するかを決定してもよい。
【0070】
UEは、UCIのサイズが比較的小さい及び/又は高信頼性が要求される場合、ロングPUCCH及びショートPUCCHで1つのUCIを送信すると判断してもよい。例えば、UEは、UCIビット数が所定の閾値(例えば、4)以下である場合、HARQ−ACKを送信する場合などに、ロングPUCCH及びショートPUCCHを用いて1つのUCIを送信すると判断してもよい。
【0071】
UEは、UCIのサイズが比較的大きい及び/又は高信頼性が要求されない場合、ロングPUCCH及びショートPUCCHで複数のUCIを送信すると判断してもよい。例えば、UEは、UCIビット数が所定の閾値(例えば、4)より大きい場合、CSIを送信する場合などに、ロングPUCCH及びショートPUCCHを用いて複数のUCIを送信すると判断してもよい。
【0072】
[PUCCHタイプのRS構成]
各PUCCHタイプのRS構成(例えば、RSをどの無線リソースにマッピングするか)は、PUCCHタイプに予め関連付けられてもよいし、基地局からUEに対して設定されてもよい。UEは、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、所定のPUCCHタイプのRS構成に関する情報(RS構成情報と呼ばれてもよい)を通知されてもよい。
【0073】
RS構成情報は、PUCCHの長さを示す情報を含んでもよい。また、RS構成情報は、UCI及びRSの多重方法(例えば、TDM、FDM)を示す情報を含んでもよい。なお、PUCCHタイプ3に関するRS構成情報は、ショートPUCCHのRS構成情報及びロングPUCCHのRS構成情報を含んでもよい。
【0074】
また、全てのPUCCHタイプのRS構成情報が明示的に通知されなくてもよい。この場合、所定のPUCCHタイプのRS構成情報は、他のPUCCHタイプのRS構成情報に基づいて判断されてもよい。
【0075】
例えば、UEに対して、PUCCHタイプ1及び2のRS構成情報が通知され、PUCCHタイプ3のRS構成情報が通知されない場合を想定する。この場合、UEは、PUCCHタイプ1のRS構成情報に基づいてPUCCHタイプ3のショートPUCCHにおけるRSをマッピングし、PUCCHタイプ2のRS構成情報に基づいてPUCCHタイプ3のロングPUCCHにおけるRSをマッピングしてもよい。
【0076】
別の例として、UEに対して、PUCCHタイプ3のRS構成情報が通知され、PUCCHタイプ1及びタイプ2のRS構成情報が通知されない場合を想定する。この場合、UEは、PUCCHタイプ3のショートPUCCHに関するRS構成情報に基づいてPUCCHタイプ1のRSをマッピングし、PUCCHタイプ3のロングPUCCHに関するRS構成情報に基づいてPUCCHタイプ2のRSをマッピングしてもよい。
【0077】
以降、図4図8を参照してPUCCHタイプ3のRS構成の例について説明する。PUCCHタイプ1及び2のRS構成は、それぞれ各例におけるショートPUCCH及びロングPUCCHの領域のRS構成で読み替えられてもよい。
【0078】
図4A及び4Bは、PUCCHタイプ3のRS構成の一例を示す図である。本例では、ロングPUCCHにおいてRS及びUCIがTDMされ、ショートPUCCHにおいてRS及びUCIがFDMされている。ショートPUCCHの周波数リソース(例えば、送信帯域幅、PRB、リソースエレメント、サブバンドなど)は、ロングPUCCHの周波数リソースと同じであってもよいし(図4A)、ロングPUCCHの周波数リソースより大きくてもよい(図4B)し、ロングPUCCHの周波数リソースより小さくてもよい(図8で後述)。
【0079】
図4Bでは、ショートPUCCHの周波数リソース(PRB数)が3PRBであり、PRBごとにRSの相対的位置が同じになるように構成されているが、PRBごとにRSの相対的位置は異なってもよい。
【0080】
図5A及び5Bは、PUCCHタイプ3のRS構成の別の一例を示す図である。本例では、ロングPUCCHにおいてRS及びUCIがTDMされ、ショートPUCCHにおいてもRS及びUCIがTDMされている。ショートPUCCHの時間リソースが2シンボル以上である場合、ショートPUCCHにおいてRS及びUCIは異なるシンボルにマッピングされてもよい(図5A)。
【0081】
ショートPUCCHの時間リソースが1シンボル以下である場合、ショートPUCCHにおけるRS及びUCIは、スロットの1シンボル(例えば、ロングシンボルと呼ばれてもよい)内に、より高いSCSの複数のシンボル(例えば、ショートシンボルと呼ばれてもよい)を用いてマッピングされてもよい(図5B)。図5Bでは、ショートPUCCH及びロングPUCCHはそれぞれ1PRB(同じサブキャリア数)で構成されているが、ショートPUCCHが占める送信帯域幅はロングPUCCHより大きい。
【0082】
図6A及び6Bは、PUCCHタイプ3のRS構成のさらに別の一例を示す図である。本例では、図4Aの例と同様に、ロングPUCCHにおいてRS及びUCIがTDMされ、ショートPUCCHにおいてRS及びUCIがFDMされている。一方で、本例では、ロングPUCCHは周波数ホッピングを適用してマッピングされている。
【0083】
ショートPUCCHの周波数リソースは、ロングPUCCHでホッピングされる周波数リソースのいずれかと同じであってもよいし(図6A)、ロングPUCCHでホッピングされる周波数リソースとは異なる(重複しない)リソースであってもよい(図6B)。図6Bのような構成によれば、UCIの送信について周波数ダイバーシティのゲインをより高めることができ、UCI誤り率の改善が期待できる。
【0084】
図7は、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHのRSの有無の一例を示す図である。本例では、ロングPUCCH及びショートPUCCHは図6Aと同様の周波数リソースにマッピングされている。一方で、ショートPUCCHにおいてUCIはマッピングされているが、RSはマッピングされていない(RSはパンクチャされている)。UEは、ショートPUCCHにおけるUCIを、ロングPUCCHにおけるRSに基づいて復調してもよい。RSをパンクチャすることで、送信可能なUCIのサイズを増大できる及び/又はUCIの符号化率を小さくできるので、UCI誤り率を改善できる。
【0085】
UEは、特定の条件に基づいて、ショートPUCCHのRSをマッピング(又はパンクチャ)するか否かを判断してもよい。例えば、UEは、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、ショートPUCCHのRSをマッピング(又はパンクチャ)することを示す情報が通知された場合、ショートPUCCHのRSをマッピング(又はパンクチャ)してもよい。
【0086】
また、UEは、ショートPUCCHの周波数リソース及び/又はロングPUCCHの周波数リソースに基づいて、ショートPUCCHのRSをパンクチャするか否かを判断してもよい。例えば、UEは、ショートPUCCHの帯域幅がロングPUCCHの帯域幅と比べて同じ又はより狭い場合に、当該ショートPUCCHのRSをパンクチャすると判断してもよい。
【0087】
UEは、ショートPUCCHの帯域幅がロングPUCCHの帯域幅と比べてより広い場合に、当該ショートPUCCHのRSをパンクチャすると判断してもよい。チャネルの周波数選択性が小さい場合(例えば、高周波数帯でPUCCHを送信する場合、UE周辺の散乱体が少ない場合)には、ロングPUCCHの帯域幅より広い帯域幅を有するショートPUCCHのRSをパンクチャしても、チャネル推定精度の劣化が小さいと想定される。
【0088】
ショートPUCCHの帯域幅がロングPUCCHの帯域幅と比べて同じ(及び/又はより狭い及び/又はより広い)場合にショートPUCCHのRSをパンクチャするか否か(又はパンクチャしてよいか否か)に関する情報が、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、ネットワークからUEに対して通知(設定)されてもよい。UEは、当該情報が通知された場合、当該情報及び各PUCCHの帯域幅に基づいて、ショートPUCCHのRSをパンクチャするか否かを判断してもよい。
【0089】
図8A及び8Bは、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHの帯域幅とRSの有無との関係の一例を示す図である。図8Aの場合、ショートPUCCHの帯域幅がロングPUCCHの帯域幅と比べてより狭いため、当該ショートPUCCHのRSがパンクチャされている。一方、図8Bの場合、ショートPUCCHの帯域幅がロングPUCCHの帯域幅と比べてより広いため、当該ショートPUCCHのRSはパンクチャされない(当該ショートPUCCHではRS及びUCIがTDM及び/又はFDMされる)。
【0090】
[系列ベースPUCCH]
NRでは、PUCCHの送信方法として、DMRSベース送信(DMRS-based transmission)及び系列ベース送信(Sequence-based transmission)が検討されている。
【0091】
DMRSベース送信は、UCIの復調のためのDMRSを含む上り制御チャネル(以下、DMRSベースPUCCHともいう)でUCIを通知するため、コヒーレント送信(coherent transmission)、コヒーレントデザインなどと呼ばれてもよい。
【0092】
系列ベース送信は、UCIの復調のためのDMRSを含まない上り制御チャネル(以下、系列ベースPUCCHともいう)でUCIを通知するため、ノンコヒーレント送信(non-coherent transmission)、ノンコヒーレントデザインなどと呼ばれてもよい。系列ベースPUCCHの詳細については後述する。
【0093】
本明細書において、ここまで、各PUCCHタイプはDMRSベースPUCCHに対応するものとして説明してきたが、これに限られない。例えば、ロングPUCCH及びショートPUCCHの一方又は両方が、系列ベースPUCCHであってもよい。
【0094】
UEは、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHに系列ベースPUCCHを利用する場合、ロングPUCCH及びショートPUCCHの両方のPUCCHリソース全体で、1つのUCI(UCIペイロード)を送信してもよいし、複数のUCI(UCIペイロード)を送信してもよい。ここで、複数のUCIは同一の情報に対応してもよいし、それぞれ異なる情報に対応してもよい。例えば、ロングPUCCHで送信するUCIと、ショートPUCCHで送信するUCIと、は異なってもよい。
【0095】
1つのUCIは、ロングPUCCH及びショートPUCCHの両方にわたって拡散、繰り返し及び/又はエンコードされてもよい。ロングPUCCHにおけるUCIペイロードとショートPUCCHにおけるUCIペイロードとの比(ペイロード比と呼ばれてもよい)は、ロングPUCCHのPUCCHリソースとショートPUCCHのPUCCHリソースとの比(リソース比と呼ばれてもよい)に対応してもよい。
【0096】
なお、上記ペイロード比は、リソース比に基づいて求められてもよく、リソース比に所定のオフセットを適用して求められてもよい。例えば、ペイロード比は、ロングPUCCH(又はショートPUCCH)で送信されるUCIが多くなるように調整されてもよい。
【0097】
また、系列ベースPUCCHについて、送信可能なUCIの最大ビット数(例えば、X)がUEに設定される場合、ショートPUCCHで全UCIビットのうちXビットを送信し、ロングPUCCHで全UCIビットのうち上記Xビットを除いた残りのビットを送信してもよい。送信可能なUCIの最大ビット数に関する情報は、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、UEに通知されてもよい。
【0098】
図9A及び9Bは、PUCCHタイプ3におけるショートPUCCHに系列ベースPUCCHを利用する場合のUCIの一例を示す図である。本例では、図2Cと同様のPUCCHリソースが示されている。図9Aは、ロングPUCCH(DMRSベース)及びショートPUCCH(系列ベース)の両方を用いて1つのUCI(UCI#1)が送信される例を示す。図9Bは、ロングPUCCH(DMRSベース)で1つのUCI(UCI#1)が送信され、ショートPUCCH(系列ベース)で別のUCI(UCI#2)が送信される例を示す。
【0099】
UEは、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCHで系列ベースPUCCHを用いるかに関する情報を通知されてもよい。UEは、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCHとして、DMRSベースPUCCHを用いるか系列ベースPUCCHを用いるかを決定してもよい。
【0100】
以降で、系列ベースPUCCHについて詳細に説明する。系列ベースPUCCHにより通知されるUCIは、ネットワークによりDMRSを必要とせずに検出されるため、RS不要UCI(RS w/o UCI)と呼ばれてもよい。また、系列ベースPUCCHにより通知されるUCIは、所定のRSの送信に用いられる直交リソースにより通知されてもよいため、RS上のUCI(RS on UCI)、UCI通知用RSなどと呼ばれてもよい。
【0101】
なお、直交リソースは、基準系列(直交系列)、位相回転量、巡回シフト(CS:Cyclic Shift)、直交符号(例えば、OCC(Orthogonal Cover Code)と呼ばれてもよい)、時間及び/又は周波数リソースなどの少なくとも1つであってもよい。
【0102】
系列ベースPUCCHの基準系列(base sequence)は、CAZAC(Constant Amplitude Zero Auto-Correlation)系列(例えば、Zadoff−Chu系列)であってもよいし、3GPP TS 36.211 §5.5.1.2(特に、Table 5.5.1.2−1、Table 5.5.1.2−2)などで与えられるようなCAZAC系列に準ずる系列(CG−CAZAC(computer generated CAZAC)系列)であってもよい。
【0103】
基準系列の情報は、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、ネットワーク(例えば基地局)からUEに設定(通知)されてもよい。また、系列ベース送信のための送信リソースの複数の候補が、通知するUCIの複数の候補値にそれぞれ関連付けられてもよい。当該送信リソースは、符号分割多重(CDM:Code Division Multiplexing)されることができる直交リソース(拡散符号リソースと呼ばれてもよい)であってもよい。
【0104】
上記複数の候補を示す情報は、上位レイヤシグナリング、物理レイヤシグナリング又はこれらの組み合わせにより、ネットワークからUEへ通知されてもよい。UEは、通知するUCIの値に応じて複数の候補の中から1つの直交リソースを選択し、選択されたリソースを用いて系列ベースPUCCHを送信してもよい。
【0105】
以下、UCIの通知のための送信リソースが位相回転量である場合について説明する。1つのUEに割り当てられる位相回転量の複数の候補は、位相回転量セットと呼ばれてもよい。ここでは、系列ベースPUCCHが1PRB(サブキャリア数Mが12)を用いて送信される場合を想定するが、これに限られない。
【0106】
図10A及び10Bは、位相回転量セットの一例を示す図である。本例では、UCIが2ビットの情報とする。2ビットのUCIは4値を取るため、位相回転量セットは4個の位相回転量を含む。
【0107】
系列ベースPUCCHに用いる基準系列の系列長は、サブキャリア数MとPRB数とによって定まる。ここでは、1PRBを想定しているため、例えばZadoff−Chu系列を基準系列とする場合、系列長は12以下の最大の素数(=11)−1=10個であり、利用できる位相回転は12個である。例えば、2π/12の位相間隔を持つ12の位相回転量α−α11が定義されてもよい。
【0108】
基準系列を位相回転量α−α11でそれぞれ位相回転(巡回シフト)させることにより得られる12個の系列は、互いに直交する。なお、位相回転量α−α11は、サブキャリア数M、PRB数、基準系列の系列長の少なくとも1つに基づいて定義されればよい。位相回転量セットは、当該位相回転量α−α11の中から選択される2以上の位相回転量で構成されてもよい。
【0109】
図10Aに示す系列タイプ0の位相回転量セットは、隣接する(連続する)複数の位相回転量で構成される。この位相回転量セットは、π/6ずつ離れた4個の位相回転量α、α、α、αを含む。図10Bに示す系列タイプ1の位相回転量セットは、互いに離れた複数の位相回転量で構成される。この位相回転量セットは、π/2ずつ離れた4個の位相回転量α、α、α、αを含む。
【0110】
周波数選択性が小さい環境では、系列タイプ0も系列タイプ1も相互相関が小さい(各系列タイプで生成した系列間は干渉しない)。したがって、周波数選択性が小さい環境では、系列タイプ0も系列タイプ1もUCIの誤り率は同等である。なお、系列タイプ0を用いれば、12個の位相回転量を密に詰めて3個のUEがそれぞれ4つの位相回転量を使用して、より効率的に位相回転量を使用できる。
【0111】
一方、周波数選択性が厳しい環境では、隣接する位相回転量で生成した系列同士の相互相関が大きいため、UCIの誤りが大きくなってしまう。したがって、周波数選択性が強い場合は、系列タイプ1を用いる方が、系列タイプ0を用いる場合に比べてUCIの誤り率を下げることができる。
【0112】
UEは、PUCCHに割り当てられた送信帯域幅が所定値以上なら系列タイプ0を使用し、所定値未満なら系列タイプ1を選択すると想定してもよい。これにより、ネットワークから系列タイプを通知せずに、UEは所定の誤り率を満たす系列タイプを選択できる。
【0113】
図11は、系列ベースPUCCHの一例を示す図である。図11に示すように、図10Aの位相回転量セットを割り当てられたUEが、通知する2ビットのUCIとして「11」を選択する場合、対応するαを用いて基準系列を位相回転させ、系列ベースPUCCHを生成する。
【0114】
図12A及び12Bは、系列ベースPUCCHの生成処理の一例を示す図である。UEは、系列長Mの基準系列X−XM−1を、選択された位相回転量αで位相回転させ、位相回転された基準系列に対して、OFDM又はDFT−S−OFDM処理を行う。UEは、OFDM又はDFT−S−OFDM処理された出力信号を送信する(図12A)。
【0115】
図12Bは、系列ベースPUCCHのリソースマッピングの一例を示す図である。系列ベースPUCCHが所定のシンボル(例えば、1シンボル)内の1PRB(サブキャリア数Mが12)を用いて送信される場合、基準系列X−XM−1を、所定の情報に関連付けられる位相回転量αを用いて位相回転し、1PRB内のサブキャリアにそれぞれの基準系列をマッピングする。なお、基準系列は、一部の基準系列が再利用されたり拡張されたりして用いられてもよい。
【0116】
なお、αはUEが選択可能な任意の位相回転量を表し、例えば、図10Aの位相回転量セットを割り当てられたUEであれば、UCIに応じて選択されるα、α、α、αのいずれかである。
【0117】
次に、系列ベースUCIの受信判定動作について説明する。受信装置(例えば、ネットワーク(基地局))は、受信された信号から、最尤検出(ML検出:Maximum Likelihood Detection)(相関検出と呼ばれてもよい)を用いて系列ベースUCIを検出(UCIの内容を判断)してもよい。
【0118】
具体的には、受信装置は、系列ベースUCIの基準系列(送信信号系列)を生成する。また、送信装置(例えば、UE)に割り当てた位相回転量のレプリカ(UCI位相回転量レプリカ)を生成し(例えば、系列ベースUCIが2ビットの場合4パターンを生成し)、生成した基準系列及びUCI位相回転量レプリカを用いて、送信装置と同様に送信信号波形を生成してもよい。
【0119】
また、受信装置は、得られた送信信号波形と送信装置から受信した受信信号波形との相関を、全てのUCI位相回転量レプリカに対して計算し、最も相関の高いUCI位相回転量レプリカが送信されたと推定してもよい。
【0120】
例えば、受信装置は、基準系列にUCI位相回転量レプリカの位相回転を施すことにより送信信号系列(M個の複素数系列)を生成する。受信装置は、サイズMのDFT後の受信信号系列(M個の複素数系列)と、当該送信信号系列の複素共役と、を要素ごとに乗算し、得られたM個の系列に基づく尤度を算出する。
【0121】
尤度は、受信信号系列と送信信号系列との要素ごとの乗算結果の絶対値(又は絶対値の二乗)の合計であってもよい。受信装置は、全てのUCI位相回転量レプリカのうち、尤度が最大になるUCI位相回転量レプリカに対応する系列ベースUCIが送信されたと推定してもよい。
【0122】
また、受信装置は、UCI位相回転量レプリカを用いてチャネル推定を行い(例えば、UCIが2ビットの場合4回行う)、当該チャネル推定の結果に基づいてUCIを復調及び誤り検出(又は誤り訂正)を行い、誤りが検出されない(又は誤りが検出されたビットの数が少ない)UCIの位相回転量レプリカを特定して系列ベースUCIを検出してもよい。
【0123】
受信装置は、位相回転量の最大割り当て数(例えば、2PRBなら24個)分の送信信号レプリカを生成し、上述の動作と同様の動作により最も受信信号との相関の高い位相回転量を推定してもよい。割り当てた位相回転量以外の位相回転量が推定された場合は、割り当てた位相回転量の中で最も推定値と近いものが送信されたと推定してもよい。
【0124】
受信装置は、位相回転量=0の基準系列から生成した時間領域送信信号波形と、受信した時間領域受信信号波形と、の遅延時間の相関を検出し、相関値が最大になる遅延時間量に応じて位相回転量を推定してもよい。
【0125】
複数のUEが多重されている場合であっても、複数のUEからの受信信号が互いに直交しているため、ネットワークは、特定のUEに割り当てられた位相回転量を用いて系列ベースUCIを検出することができる。
【0126】
なお、ここでは系列ベースUCIが基準系列に位相回転を適用して生成される場合を主に例に挙げて説明したが、これに限られない。「位相回転量」は、「直交リソース」、他の直交リソース(例えば、直交符号、直交系列、巡回シフト、時間及び/又は周波数リソースなど)などで読み替えられてもよい。
【0127】
以上、説明したように、本発明の一実施形態によれば、UEは、UCIの送信に用いるPUCCHタイプを適切に決定できる。
【0128】
(無線通信システム)
以下、本発明の一実施形態に係る無線通信システムの構成について説明する。この無線通信システムでは、本発明の上記各実施形態に係る無線通信方法のいずれか又はこれらの組み合わせを用いて通信が行われる。
【0129】
図13は、本発明の一実施形態に係る無線通信システムの概略構成の一例を示す図である。無線通信システム1では、LTEシステムのシステム帯域幅(例えば、20MHz)を1単位とする複数の基本周波数ブロック(コンポーネントキャリア)を一体としたキャリアアグリゲーション(CA)及び/又はデュアルコネクティビティ(DC)を適用することができる。
【0130】
なお、無線通信システム1は、LTE(Long Term Evolution)、LTE−A(LTE-Advanced)、LTE−B(LTE-Beyond)、SUPER 3G、IMT−Advanced、4G(4th generation mobile communication system)、5G(5th generation mobile communication system)、NR(New Radio)、FRA(Future Radio Access)、New−RAT(Radio Access Technology)などと呼ばれてもよいし、これらを実現するシステムと呼ばれてもよい。
【0131】
無線通信システム1は、比較的カバレッジの広いマクロセルC1を形成する無線基地局11と、マクロセルC1内に配置され、マクロセルC1よりも狭いスモールセルC2を形成する無線基地局12(12a−12c)と、を備えている。また、マクロセルC1及び各スモールセルC2には、ユーザ端末20が配置されている。各セル及びユーザ端末20の配置、数などは、図に示すものに限られない。
【0132】
ユーザ端末20は、無線基地局11及び無線基地局12の双方に接続することができる。ユーザ端末20は、マクロセルC1及びスモールセルC2を、CA又はDCにより同時に使用することが想定される。また、ユーザ端末20は、複数のセル(CC)(例えば、5個以下のCC、6個以上のCC)を用いてCA又はDCを適用してもよい。
【0133】
ユーザ端末20と無線基地局11との間は、相対的に低い周波数帯域(例えば、2GHz)で帯域幅が狭いキャリア(既存キャリア、legacy carrierなどとも呼ばれる)を用いて通信を行うことができる。一方、ユーザ端末20と無線基地局12との間は、相対的に高い周波数帯域(例えば、3.5GHz、5GHzなど)で帯域幅が広いキャリアが用いられてもよいし、無線基地局11との間と同じキャリアが用いられてもよい。なお、各無線基地局が利用する周波数帯域の構成はこれに限られない。
【0134】
無線基地局11と無線基地局12との間(又は、2つの無線基地局12間)は、有線接続(例えば、CPRI(Common Public Radio Interface)に準拠した光ファイバ、X2インターフェースなど)又は無線接続する構成とすることができる。
【0135】
無線基地局11及び各無線基地局12は、それぞれ上位局装置30に接続され、上位局装置30を介してコアネットワーク40に接続される。なお、上位局装置30には、例えば、アクセスゲートウェイ装置、無線ネットワークコントローラ(RNC)、モビリティマネジメントエンティティ(MME)などが含まれるが、これに限定されるものではない。また、各無線基地局12は、無線基地局11を介して上位局装置30に接続されてもよい。
【0136】
なお、無線基地局11は、相対的に広いカバレッジを有する無線基地局であり、マクロ基地局、集約ノード、eNB(eNodeB)、送受信ポイント、などと呼ばれてもよい。また、無線基地局12は、局所的なカバレッジを有する無線基地局であり、スモール基地局、マイクロ基地局、ピコ基地局、フェムト基地局、HeNB(Home eNodeB)、RRH(Remote Radio Head)、送受信ポイントなどと呼ばれてもよい。以下、無線基地局11及び12を区別しない場合は、無線基地局10と総称する。
【0137】
各ユーザ端末20は、LTE、LTE−Aなどの各種通信方式に対応した端末であり、移動通信端末(移動局)だけでなく固定通信端末(固定局)を含んでもよい。
【0138】
無線通信システム1においては、無線アクセス方式として、下りリンクに直交周波数分割多元接続(OFDMA:Orthogonal Frequency Division Multiple Access)が適用され、上りリンクにシングルキャリア−周波数分割多元接続(SC−FDMA:Single Carrier Frequency Division Multiple Access)及び/又はOFDMAが適用される。
【0139】
OFDMAは、周波数帯域を複数の狭い周波数帯域(サブキャリア)に分割し、各サブキャリアにデータをマッピングして通信を行うマルチキャリア伝送方式である。SC−FDMAは、システム帯域幅を端末毎に1つ又は連続したリソースブロックからなる帯域に分割し、複数の端末が互いに異なる帯域を用いることで、端末間の干渉を低減するシングルキャリア伝送方式である。なお、上り及び下りの無線アクセス方式は、これらの組み合わせに限らず、他の無線アクセス方式が用いられてもよい。
【0140】
無線通信システム1では、下りリンクのチャネルとして、各ユーザ端末20で共有される下り共有チャネル(PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)、ブロードキャストチャネル(PBCH:Physical Broadcast Channel)、下りL1/L2制御チャネルなどが用いられる。PDSCHにより、ユーザデータ、上位レイヤ制御情報、SIB(System Information Block)などが伝送される。また、PBCHにより、MIB(Master Information Block)が伝送される。
【0141】
下りL1/L2制御チャネルは、PDCCH(Physical Downlink Control Channel)、EPDCCH(Enhanced Physical Downlink Control Channel)、PCFICH(Physical Control Format Indicator Channel)、PHICH(Physical Hybrid-ARQ Indicator Channel)などを含む。PDCCHにより、PDSCH及び/又はPUSCHのスケジューリング情報を含む下り制御情報(DCI:Downlink Control Information)などが伝送される。
【0142】
なお、DCIによってスケジューリング情報が通知されてもよい。例えば、DLデータ受信をスケジューリングするDCIは、DLアサインメントと呼ばれてもよいし、ULデータ送信をスケジューリングするDCIは、ULグラントと呼ばれてもよい。
【0143】
PCFICHにより、PDCCHに用いるOFDMシンボル数が伝送される。PHICHにより、PUSCHに対するHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の送達確認情報(例えば、再送制御情報、HARQ−ACK、ACK/NACKなどともいう)が伝送される。EPDCCHは、PDSCH(下り共有データチャネル)と周波数分割多重され、PDCCHと同様にDCIなどの伝送に用いられる。
【0144】
無線通信システム1では、上りリンクのチャネルとして、各ユーザ端末20で共有される上り共有チャネル(PUSCH:Physical Uplink Shared Channel)、上り制御チャネル(PUCCH:Physical Uplink Control Channel)、ランダムアクセスチャネル(PRACH:Physical Random Access Channel)などが用いられる。PUSCHにより、ユーザデータ、上位レイヤ制御情報などが伝送される。また、PUCCHにより、下りリンクの無線品質情報(CQI:Channel Quality Indicator)、送達確認情報、スケジューリングリクエスト(SR:Scheduling Request)などが伝送される。PRACHにより、セルとの接続確立のためのランダムアクセスプリアンブルが伝送される。
【0145】
無線通信システム1では、下り参照信号として、セル固有参照信号(CRS:Cell-specific Reference Signal)、チャネル状態情報参照信号(CSI−RS:Channel State Information-Reference Signal)、復調用参照信号(DMRS:DeModulation Reference Signal)、位置決定参照信号(PRS:Positioning Reference Signal)などが伝送される。また、無線通信システム1では、上り参照信号として、測定用参照信号(SRS:Sounding Reference Signal)、復調用参照信号(DMRS)などが伝送される。なお、DMRSはユーザ端末固有参照信号(UE-specific Reference Signal)と呼ばれてもよい。また、伝送される参照信号は、これらに限られない。
【0146】
(無線基地局)
図14は、本発明の一実施形態に係る無線基地局の全体構成の一例を示す図である。無線基地局10は、複数の送受信アンテナ101と、アンプ部102と、送受信部103と、ベースバンド信号処理部104と、呼処理部105と、伝送路インターフェース106と、を備えている。なお、送受信アンテナ101、アンプ部102、送受信部103は、それぞれ1つ以上を含むように構成されればよい。
【0147】
下りリンクにより無線基地局10からユーザ端末20に送信されるユーザデータは、上位局装置30から伝送路インターフェース106を介してベースバンド信号処理部104に入力される。
【0148】
ベースバンド信号処理部104では、ユーザデータに関して、PDCP(Packet Data Convergence Protocol)レイヤの処理、ユーザデータの分割・結合、RLC(Radio Link Control)再送制御などのRLCレイヤの送信処理、MAC(Medium Access Control)再送制御(例えば、HARQの送信処理)、スケジューリング、伝送フォーマット選択、チャネル符号化、逆高速フーリエ変換(IFFT:Inverse Fast Fourier Transform)処理、プリコーディング処理などの送信処理が行われて送受信部103に転送される。また、下り制御信号に関しても、チャネル符号化、逆高速フーリエ変換などの送信処理が行われて、送受信部103に転送される。
【0149】
送受信部103は、ベースバンド信号処理部104からアンテナ毎にプリコーディングして出力されたベースバンド信号を無線周波数帯に変換して送信する。送受信部103で周波数変換された無線周波数信号は、アンプ部102により増幅され、送受信アンテナ101から送信される。送受信部103は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるトランスミッター/レシーバー、送受信回路又は送受信装置から構成することができる。なお、送受信部103は、一体の送受信部として構成されてもよいし、送信部及び受信部から構成されてもよい。
【0150】
一方、上り信号については、送受信アンテナ101で受信された無線周波数信号がアンプ部102で増幅される。送受信部103はアンプ部102で増幅された上り信号を受信する。送受信部103は、受信信号をベースバンド信号に周波数変換して、ベースバンド信号処理部104に出力する。
【0151】
ベースバンド信号処理部104では、入力された上り信号に含まれるユーザデータに対して、高速フーリエ変換(FFT:Fast Fourier Transform)処理、逆離散フーリエ変換(IDFT:Inverse Discrete Fourier Transform)処理、誤り訂正復号、MAC再送制御の受信処理、RLCレイヤ及びPDCPレイヤの受信処理がなされ、伝送路インターフェース106を介して上位局装置30に転送される。呼処理部105は、通信チャネルの呼処理(設定、解放など)、無線基地局10の状態管理、無線リソースの管理などを行う。
【0152】
伝送路インターフェース106は、所定のインターフェースを介して、上位局装置30と信号を送受信する。また、伝送路インターフェース106は、基地局間インターフェース(例えば、CPRI(Common Public Radio Interface)に準拠した光ファイバ、X2インターフェース)を介して他の無線基地局10と信号を送受信(バックホールシグナリング)してもよい。
【0153】
送受信部103は、複数の異なる長さのTTI(TTI長)を用いて信号を送信及び/又は受信してもよい。例えば、送受信部103は、1つ又は複数のキャリア(セル、CC)において、第1のTTI(例えば、ロングTTI)及び当該第1のTTIよりTTI長が短い第2のTTI(例えば、ショートTTI)を用いて、信号の受信を行ってもよい。
【0154】
例えば、送受信部103は、ユーザ端末20から、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCH)を用いて送信されたUCIを受信してもよい。
【0155】
送受信部103は、ロングPUCCHと重複しない周波数リソースにおいて、ショートPUCCHを用いてUCIを受信してもよい。送受信部103は、ショートPUCCHでは参照信号(例えば、UCIの復調用参照信号)を含まないUCIを受信してもよい。
【0156】
また、送受信部103は、PUCCHタイプに関する情報、UCIに求められる性能及び/又は品質に関する情報、PUCCHタイプを判断するためのHARQ再送回数の閾値の情報、UEカテゴリに関する情報、キャリアのサービスタイプに関する情報、ロングPUCCH及びショートPUCCHで1つのUCIを送信するか複数のUCIを送信するかに関する情報、所定のPUCCHタイプのRS構成情報、送信可能なUCIの最大ビット数に関する情報、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCHで系列ベースPUCCHを用いるか否かに関する情報の少なくとも1つを、ユーザ端末20に対して送信してもよい。
【0157】
図15は、本発明の一実施形態に係る無線基地局の機能構成の一例を示す図である。なお、本例では、本実施形態における特徴部分の機能ブロックを主に示しており、無線基地局10は、無線通信に必要な他の機能ブロックも有しているものとする。
【0158】
ベースバンド信号処理部104は、制御部(スケジューラ)301と、送信信号生成部302と、マッピング部303と、受信信号処理部304と、測定部305と、を少なくとも備えている。なお、これらの構成は、無線基地局10に含まれていればよく、一部又は全部の構成がベースバンド信号処理部104に含まれなくてもよい。
【0159】
制御部(スケジューラ)301は、無線基地局10全体の制御を実施する。制御部301は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるコントローラ、制御回路又は制御装置から構成することができる。
【0160】
制御部301は、例えば、送信信号生成部302による信号の生成、マッピング部303による信号の割り当てなどを制御する。また、制御部301は、受信信号処理部304による信号の受信処理、測定部305による信号の測定などを制御する。
【0161】
制御部301は、システム情報、下りデータ信号(例えば、PDSCHで送信される信号)、下り制御信号(例えば、PDCCH及び/又はEPDCCHで送信される信号。送達確認情報など)のスケジューリング(例えば、リソース割り当て)を制御する。また、制御部301は、上りデータ信号に対する再送制御の要否を判定した結果などに基づいて、下り制御信号、下りデータ信号などの生成を制御する。また、制御部301は、同期信号(例えば、PSS(Primary Synchronization Signal)/SSS(Secondary Synchronization Signal))、下り参照信号(例えば、CRS、CSI−RS、DMRS)などのスケジューリングの制御を行う。
【0162】
また、制御部301は、上りデータ信号(例えば、PUSCHで送信される信号)、上り制御信号(例えば、PUCCH及び/又はPUSCHで送信される信号。送達確認情報など)、ランダムアクセスプリアンブル(例えば、PRACHで送信される信号)、上り参照信号などのスケジューリングを制御する。
【0163】
制御部301は、第1のTTI(例えば、ロングTTI、サブフレーム、スロットなど)と、第1のTTIよりTTI長が短い第2のTTI(例えば、ショートTTI、sTTI、ミニスロットなど)と、を用いた1つ又は複数のCCにおける信号の送信及び/又は受信を制御する。
【0164】
例えば、制御部301は、短い期間で送信されるショート上り制御チャネル(ショートPUCCH)と、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネル(ロングPUCCH)と、の一方又は両方を、所定のユーザ端末20から送信される上り制御情報(例えば、UCI)の受信に用いることを、所定の情報に基づいて決定してもよい。
【0165】
ここで、当該所定の情報は、UCIのサイズ、UCIのタイプ、UCIの再送回数及び当該ユーザ端末20のUEカテゴリの少なくとも1つであってもよい。また、当該所定の情報は、UCIの送信に用いる1つ又は複数のPUCCHの組み合わせを示すPUCCHタイプに関する情報であってもよい。
【0166】
制御部301は、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCHで送信されたUCIに対する受信信号処理部304における受信処理を制御してもよい。制御部301は、例えば、ショートPUCCH及びロングPUCCHで同じUCIが送信されたと想定して受信処理を制御してもよいし、互いに異なる(別々の)UCIが送信されたと想定して受信処理を制御してもよい。
【0167】
制御部301は、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCHで用いられるRS構成を判断してもよい。
【0168】
送信信号生成部302は、制御部301からの指示に基づいて、下り信号(下り制御信号、下りデータ信号、下り参照信号など)を生成して、マッピング部303に出力する。送信信号生成部302は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される信号生成器、信号生成回路又は信号生成装置から構成することができる。
【0169】
送信信号生成部302は、例えば、制御部301からの指示に基づいて、下りデータの割り当て情報を通知するDLアサインメント及び/又は上りデータの割り当て情報を通知するULグラントを生成する。DLアサインメント及びULグラントは、いずれもDCIであり、DCIフォーマットに従う。また、下りデータ信号には、各ユーザ端末20からのチャネル状態情報(CSI:Channel State Information)などに基づいて決定された符号化率、変調方式などに従って符号化処理、変調処理が行われる。
【0170】
マッピング部303は、制御部301からの指示に基づいて、送信信号生成部302で生成された下り信号を、所定の無線リソースにマッピングして、送受信部103に出力する。マッピング部303は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるマッパー、マッピング回路又はマッピング装置から構成することができる。
【0171】
受信信号処理部304は、送受信部103から入力された受信信号に対して、受信処理(例えば、デマッピング、復調、復号など)を行う。ここで、受信信号は、例えば、ユーザ端末20から送信される上り信号(上り制御信号、上りデータ信号、上り参照信号など)である。受信信号処理部304は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される信号処理器、信号処理回路又は信号処理装置から構成することができる。
【0172】
受信信号処理部304は、受信処理により復号された情報を制御部301に出力する。例えば、HARQ−ACKを含むPUCCHを受信した場合、HARQ−ACKを制御部301に出力する。また、受信信号処理部304は、受信信号及び/又は受信処理後の信号を、測定部305に出力する。
【0173】
測定部305は、受信した信号に関する測定を実施する。測定部305は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される測定器、測定回路又は測定装置から構成することができる。
【0174】
例えば、測定部305は、受信した信号に基づいて、RRM(Radio Resource Management)測定、CSI(Channel State Information)測定などを行ってもよい。測定部305は、受信電力(例えば、RSRP(Reference Signal Received Power))、受信品質(例えば、RSRQ(Reference Signal Received Quality)、SINR(Signal to Interference plus Noise Ratio))、信号強度(例えば、RSSI(Received Signal Strength Indicator))、伝搬路情報(例えば、CSI)などについて測定してもよい。測定結果は、制御部301に出力されてもよい。
【0175】
(ユーザ端末)
図16は、本発明の一実施形態に係るユーザ端末の全体構成の一例を示す図である。ユーザ端末20は、複数の送受信アンテナ201と、アンプ部202と、送受信部203と、ベースバンド信号処理部204と、アプリケーション部205と、を備えている。なお、送受信アンテナ201、アンプ部202、送受信部203は、それぞれ1つ以上を含むように構成されればよい。
【0176】
送受信アンテナ201で受信された無線周波数信号は、アンプ部202で増幅される。送受信部203は、アンプ部202で増幅された下り信号を受信する。送受信部203は、受信信号をベースバンド信号に周波数変換して、ベースバンド信号処理部204に出力する。送受信部203は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるトランスミッター/レシーバー、送受信回路又は送受信装置から構成することができる。なお、送受信部203は、一体の送受信部として構成されてもよいし、送信部及び受信部から構成されてもよい。
【0177】
ベースバンド信号処理部204は、入力されたベースバンド信号に対して、FFT処理、誤り訂正復号、再送制御の受信処理などを行う。下りリンクのユーザデータは、アプリケーション部205に転送される。アプリケーション部205は、物理レイヤ及びMACレイヤより上位のレイヤに関する処理などを行う。また、下りリンクのデータのうち、ブロードキャスト情報もアプリケーション部205に転送されてもよい。
【0178】
一方、上りリンクのユーザデータについては、アプリケーション部205からベースバンド信号処理部204に入力される。ベースバンド信号処理部204では、再送制御の送信処理(例えば、HARQの送信処理)、チャネル符号化、プリコーディング、離散フーリエ変換(DFT:Discrete Fourier Transform)処理、IFFT処理などが行われて送受信部203に転送される。送受信部203は、ベースバンド信号処理部204から出力されたベースバンド信号を無線周波数帯に変換して送信する。送受信部203で周波数変換された無線周波数信号は、アンプ部202により増幅され、送受信アンテナ201から送信される。
【0179】
送受信部203は、複数の異なる長さのTTI(TTI長)を用いて信号を送信及び/又は受信してもよい。例えば、送受信部203は、1つ又は複数のキャリア(セル、CC)において、第1のTTI(例えば、ロングTTI)及び当該第1のTTIよりTTI長が短い第2のTTI(例えば、ショートTTI)を用いて、信号の送信を行ってもよい。
【0180】
例えば、送受信部203は、後述の制御部401によりUCI送信に用いると決定された上り制御チャネル(例えば、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCH)を用いて、無線基地局10に対してUCIを送信してもよい。
【0181】
送受信部203は、後述の制御部401により、ショートPUCCH及びロングPUCCHの両方をUCI送信に用いると決定された場合に、ショートPUCCH及びロングPUCCHの両方にわたって同一のUCIを送信してもよいし、ショートPUCCH及びロングPUCCHのそれぞれで異なるUCIを送信してもよい。
【0182】
送受信部203は、後述の制御部401により、ショートPUCCH及びロングPUCCHの両方をUCI送信に用いると決定された場合に、ロングPUCCHと重複しない周波数リソースにおいて、ショートPUCCHを用いてUCIを送信してもよい。
【0183】
送受信部203は、後述の制御部401により、ショートPUCCHでは参照信号(例えば、UCIの復調用参照信号)を送信しなくてもよい。
【0184】
また、送受信部203は、PUCCHタイプに関する情報、UCIに求められる性能及び/又は品質に関する情報、PUCCHタイプを判断するためのHARQ再送回数の閾値の情報、UEカテゴリに関する情報、キャリアのサービスタイプに関する情報、ロングPUCCH及びショートPUCCHで1つのUCIを送信するか複数のUCIを送信するかに関する情報、所定のPUCCHタイプのRS構成情報、送信可能なUCIの最大ビット数に関する情報、ロングPUCCH及び/又はショートPUCCHで系列ベースPUCCHを用いるか否かに関する情報の少なくとも1つを、無線基地局10から受信してもよい。
【0185】
図17は、本発明の一実施形態に係るユーザ端末の機能構成の一例を示す図である。なお、本例においては、本実施形態における特徴部分の機能ブロックを主に示しており、ユーザ端末20は、無線通信に必要な他の機能ブロックも有しているものとする。
【0186】
ユーザ端末20が有するベースバンド信号処理部204は、制御部401と、送信信号生成部402と、マッピング部403と、受信信号処理部404と、測定部405と、を少なくとも備えている。なお、これらの構成は、ユーザ端末20に含まれていればよく、一部又は全部の構成がベースバンド信号処理部204に含まれなくてもよい。
【0187】
制御部401は、ユーザ端末20全体の制御を実施する。制御部401は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるコントローラ、制御回路又は制御装置から構成することができる。
【0188】
制御部401は、例えば、送信信号生成部402による信号の生成、マッピング部403による信号の割り当てなどを制御する。また、制御部401は、受信信号処理部404による信号の受信処理、測定部405による信号の測定などを制御する。
【0189】
制御部401は、無線基地局10から送信された下り制御信号及び下りデータ信号を、受信信号処理部404から取得する。制御部401は、下り制御信号及び/又は下りデータ信号に対する再送制御の要否を判定した結果などに基づいて、上り制御信号及び/又は上りデータ信号の生成を制御する。
【0190】
制御部401は、第1のTTI(例えば、ロングTTI、サブフレーム、スロットなど)と、第1のTTIよりTTI長が短い第2のTTI(例えば、ショートTTI、sTTI、ミニスロットなど)と、を用いた1つ又は複数のCCにおける信号の送信及び/又は受信を制御する。
【0191】
例えば、制御部401は、短い期間で送信されるショート上り制御チャネル(ショートPUCCH)と、当該ショート上り制御チャネルより長い期間で送信されるロング上り制御チャネル(ロングPUCCH)と、の一方又は両方を上り制御情報(例えば、UCI)の送信に用いることを、所定の情報に基づいて決定してもよい。
【0192】
ここで、当該所定の情報は、UCIのサイズ、UCIのタイプ、UCIの再送回数及び当該ユーザ端末20のUEカテゴリの少なくとも1つであってもよい。また、当該所定の情報は、UCIの送信に用いる1つ又は複数のPUCCHの組み合わせを示すPUCCHタイプに関する情報であってもよい。
【0193】
制御部401は、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCHで送信するUCIの生成及び/又はマッピングを制御してもよい。制御部401は、例えば、ショートPUCCH及びロングPUCCHで同じUCIを送信する制御を行ってもよいし、互いに異なる(別々の)UCIを送信する制御を行ってもよい。
【0194】
制御部401は、ショートPUCCH及び/又はロングPUCCHのPUCCHリソースを判断してもよい。また、制御部401は、PUCCHリソースに対してUCI及びRSをマッピングする制御を行ってもよいし、RSをマッピングしない(系列ベースPUCCH(UCI)をマッピングする)制御を行ってもよい。
【0195】
また、制御部401は、無線基地局10から通知された各種情報を受信信号処理部404から取得した場合、当該情報に基づいて制御に用いるパラメータを更新してもよい。
【0196】
送信信号生成部402は、制御部401からの指示に基づいて、上り信号(上り制御信号、上りデータ信号、上り参照信号など)を生成して、マッピング部403に出力する。送信信号生成部402は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される信号生成器、信号生成回路又は信号生成装置から構成することができる。
【0197】
送信信号生成部402は、例えば、制御部401からの指示に基づいて、送達確認情報、チャネル状態情報(CSI)などに関する上り制御信号を生成する。また、送信信号生成部402は、制御部401からの指示に基づいて上りデータ信号を生成する。例えば、送信信号生成部402は、無線基地局10から通知される下り制御信号にULグラントが含まれている場合に、制御部401から上りデータ信号の生成を指示される。
【0198】
マッピング部403は、制御部401からの指示に基づいて、送信信号生成部402で生成された上り信号を無線リソースにマッピングして、送受信部203へ出力する。マッピング部403は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明されるマッパー、マッピング回路又はマッピング装置から構成することができる。
【0199】
受信信号処理部404は、送受信部203から入力された受信信号に対して、受信処理(例えば、デマッピング、復調、復号など)を行う。ここで、受信信号は、例えば、無線基地局10から送信される下り信号(下り制御信号、下りデータ信号、下り参照信号など)である。受信信号処理部404は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される信号処理器、信号処理回路又は信号処理装置から構成することができる。また、受信信号処理部404は、本発明に係る受信部を構成することができる。
【0200】
受信信号処理部404は、受信処理により復号された情報を制御部401に出力する。受信信号処理部404は、例えば、ブロードキャスト情報、システム情報、RRCシグナリング、DCIなどを、制御部401に出力する。また、受信信号処理部404は、受信信号及び/又は受信処理後の信号を、測定部405に出力する。
【0201】
測定部405は、受信した信号に関する測定を実施する。測定部405は、本発明に係る技術分野での共通認識に基づいて説明される測定器、測定回路又は測定装置から構成することができる。
【0202】
例えば、測定部405は、受信した信号に基づいて、RRM測定、CSI測定などを行ってもよい。測定部405は、受信電力(例えば、RSRP)、受信品質(例えば、RSRQ、SINR)、信号強度(例えば、RSSI)、伝搬路情報(例えば、CSI)などについて測定してもよい。測定結果は、制御部401に出力されてもよい。
【0203】
(ハードウェア構成)
なお、上記実施形態の説明に用いたブロック図は、機能単位のブロックを示している。これらの機能ブロック(構成部)は、ハードウェア及び/又はソフトウェアの任意の組み合わせによって実現される。また、各機能ブロックの実現手段は特に限定されない。すなわち、各機能ブロックは、物理的及び/又は論理的に結合した1つの装置により実現されてもよいし、物理的及び/又は論理的に分離した2つ以上の装置を直接的及び/又は間接的に(例えば、有線及び/又は無線)で接続し、これら複数の装置により実現されてもよい。
【0204】
例えば、本発明の一実施形態における無線基地局、ユーザ端末などは、本発明の無線通信方法の処理を行うコンピュータとして機能してもよい。図18は、本発明の一実施形態に係る無線基地局及びユーザ端末のハードウェア構成の一例を示す図である。上述の無線基地局10及びユーザ端末20は、物理的には、プロセッサ1001、メモリ1002、ストレージ1003、通信装置1004、入力装置1005、出力装置1006、バス1007などを含むコンピュータ装置として構成されてもよい。
【0205】
なお、以下の説明では、「装置」という文言は、回路、デバイス、ユニットなどに読み替えることができる。無線基地局10及びユーザ端末20のハードウェア構成は、図に示した各装置を1つ又は複数含むように構成されてもよいし、一部の装置を含まずに構成されてもよい。
【0206】
例えば、プロセッサ1001は1つだけ図示されているが、複数のプロセッサがあってもよい。また、処理は、1のプロセッサで実行されてもよいし、処理が同時に、逐次に、又はその他の手法で、1以上のプロセッサで実行されてもよい。なお、プロセッサ1001は、1以上のチップで実装されてもよい。
【0207】
無線基地局10及びユーザ端末20における各機能は、例えば、プロセッサ1001、メモリ1002などのハードウェア上に所定のソフトウェア(プログラム)を読み込ませることで、プロセッサ1001が演算を行い、通信装置1004による通信を制御したり、メモリ1002及びストレージ1003におけるデータの読み出し及び/又は書き込みを制御したりすることで実現される。
【0208】
プロセッサ1001は、例えば、オペレーティングシステムを動作させてコンピュータ全体を制御する。プロセッサ1001は、周辺装置とのインターフェース、制御装置、演算装置、レジスタなどを含む中央処理装置(CPU:Central Processing Unit)で構成されてもよい。例えば、上述のベースバンド信号処理部104(204)、呼処理部105などは、プロセッサ1001で実現されてもよい。
【0209】
また、プロセッサ1001は、プログラム(プログラムコード)、ソフトウェアモジュール、データなどを、ストレージ1003及び/又は通信装置1004からメモリ1002に読み出し、これらに従って各種の処理を実行する。プログラムとしては、上述の実施形態で説明した動作の少なくとも一部をコンピュータに実行させるプログラムが用いられる。例えば、ユーザ端末20の制御部401は、メモリ1002に格納され、プロセッサ1001で動作する制御プログラムによって実現されてもよく、他の機能ブロックについても同様に実現されてもよい。
【0210】
メモリ1002は、コンピュータ読み取り可能な記録媒体であり、例えば、ROM(Read Only Memory)、EPROM(Erasable Programmable ROM)、EEPROM(Electrically EPROM)、RAM(Random Access Memory)、その他の適切な記憶媒体の少なくとも1つで構成されてもよい。メモリ1002は、レジスタ、キャッシュ、メインメモリ(主記憶装置)などと呼ばれてもよい。メモリ1002は、本発明の一実施形態に係る無線通信方法を実施するために実行可能なプログラム(プログラムコード)、ソフトウェアモジュールなどを保存することができる。
【0211】
ストレージ1003は、コンピュータ読み取り可能な記録媒体であり、例えば、フレキシブルディスク、フロッピー(登録商標)ディスク、光磁気ディスク(例えば、コンパクトディスク(CD−ROM(Compact Disc ROM)など)、デジタル多用途ディスク、Blu−ray(登録商標)ディスク)、リムーバブルディスク、ハードディスクドライブ、スマートカード、フラッシュメモリデバイス(例えば、カード、スティック、キードライブ)、磁気ストライプ、データベース、サーバ、その他の適切な記憶媒体の少なくとも1つで構成されてもよい。ストレージ1003は、補助記憶装置と呼ばれてもよい。
【0212】
通信装置1004は、有線及び/又は無線ネットワークを介してコンピュータ間の通信を行うためのハードウェア(送受信デバイス)であり、例えばネットワークデバイス、ネットワークコントローラ、ネットワークカード、通信モジュールなどともいう。通信装置1004は、例えば周波数分割複信(FDD:Frequency Division Duplex)及び/又は時分割複信(TDD:Time Division Duplex)を実現するために、高周波スイッチ、デュプレクサ、フィルタ、周波数シンセサイザなどを含んで構成されてもよい。例えば、上述の送受信アンテナ101(201)、アンプ部102(202)、送受信部103(203)、伝送路インターフェース106などは、通信装置1004で実現されてもよい。
【0213】
入力装置1005は、外部からの入力を受け付ける入力デバイス(例えば、キーボード、マウス、マイクロフォン、スイッチ、ボタン、センサなど)である。出力装置1006は、外部への出力を実施する出力デバイス(例えば、ディスプレイ、スピーカー、LED(Light Emitting Diode)ランプなど)である。なお、入力装置1005及び出力装置1006は、一体となった構成(例えば、タッチパネル)であってもよい。
【0214】
また、プロセッサ1001、メモリ1002などの各装置は、情報を通信するためのバス1007で接続される。バス1007は、単一のバスで構成されてもよいし、装置間で異なるバスで構成されてもよい。
【0215】
また、無線基地局10及びユーザ端末20は、マイクロプロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP:Digital Signal Processor)、ASIC(Application Specific Integrated Circuit)、PLD(Programmable Logic Device)、FPGA(Field Programmable Gate Array)などのハードウェアを含んで構成されてもよく、当該ハードウェアにより、各機能ブロックの一部又は全てが実現されてもよい。例えば、プロセッサ1001は、これらのハードウェアの少なくとも1つで実装されてもよい。
【0216】
(変形例)
なお、本明細書で説明した用語及び/又は本明細書の理解に必要な用語については、同一の又は類似する意味を有する用語と置き換えてもよい。例えば、チャネル及び/又はシンボルは信号(シグナリング)であってもよい。また、信号はメッセージであってもよい。参照信号は、RS(Reference Signal)と略称することもでき、適用される標準によってパイロット(Pilot)、パイロット信号などと呼ばれてもよい。また、コンポーネントキャリア(CC:Component Carrier)は、セル、キャリア、キャリア周波数、サイト、ビームなどと呼ばれてもよい。
【0217】
また、無線フレームは、時間領域において1つ又は複数の期間(フレーム)で構成されてもよい。無線フレームを構成する当該1つ又は複数の各期間(フレーム)は、サブフレームと呼ばれてもよい。さらに、サブフレームは、時間領域において1つ又は複数のスロットで構成されてもよい。サブフレームは、ニューメロロジーに依存しない固定の時間長(例えば、1ms)であってもよい。
【0218】
さらに、スロットは、時間領域において1つ又は複数のシンボル(OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)シンボル、SC−FDMA(Single Carrier Frequency Division Multiple Access)シンボルなど)で構成されてもよい。また、スロットは、ニューメロロジーに基づく時間単位であってもよい。また、スロットは、複数のミニスロットを含んでもよい。各ミニスロットは、時間領域において1つ又は複数のシンボルで構成されてもよい。また、ミニスロットは、サブスロットと呼ばれてもよい。
【0219】
無線フレーム、サブフレーム、スロット、ミニスロット及びシンボルは、いずれも信号を伝送する際の時間単位を表す。無線フレーム、サブフレーム、スロット、ミニスロット及びシンボルは、それぞれに対応する別の呼称が用いられてもよい。例えば、1サブフレームは送信時間間隔(TTI:Transmission Time Interval)と呼ばれてもよいし、複数の連続したサブフレームがTTIと呼ばれてよいし、1スロット又は1ミニスロットがTTIと呼ばれてもよい。つまり、サブフレーム及び/又はTTIは、既存のLTEにおけるサブフレーム(1ms)であってもよいし、1msより短い期間(例えば、1−13シンボル)であってもよいし、1msより長い期間であってもよい。なお、TTIを表す単位は、サブフレームではなくスロット、ミニスロットなどと呼ばれてもよい。
【0220】
ここで、TTIは、例えば、無線通信におけるスケジューリングの最小時間単位のことをいう。例えば、LTEシステムでは、無線基地局が各ユーザ端末に対して、無線リソース(各ユーザ端末において使用することが可能な周波数帯域幅、送信電力など)を、TTI単位で割り当てるスケジューリングを行う。なお、TTIの定義はこれに限られない。
【0221】
TTIは、チャネル符号化されたデータパケット(トランスポートブロック)、コードブロック、及び/又はコードワードの送信時間単位であってもよいし、スケジューリング、リンクアダプテーションなどの処理単位となってもよい。なお、TTIが与えられたとき、実際にトランスポートブロック、コードブロック、及び/又はコードワードがマッピングされる時間区間(例えば、シンボル数)は、当該TTIよりも短くてもよい。
【0222】
なお、1スロット又は1ミニスロットがTTIと呼ばれる場合、1以上のTTI(すなわち、1以上のスロット又は1以上のミニスロット)が、スケジューリングの最小時間単位となってもよい。また、当該スケジューリングの最小時間単位を構成するスロット数(ミニスロット数)は制御されてもよい。
【0223】
1msの時間長を有するTTIは、通常TTI(LTE Rel.8−12におけるTTI)、ノーマルTTI、ロングTTI、通常サブフレーム、ノーマルサブフレーム、又はロングサブフレームなどと呼ばれてもよい。通常TTIより短いTTIは、短縮TTI、ショートTTI、部分TTI(partial又はfractional TTI)、短縮サブフレーム、ショートサブフレーム、ミニスロット、又は、サブスロットなどと呼ばれてもよい。
【0224】
なお、ロングTTI(例えば、通常TTI、サブフレームなど)は、1msを超える時間長を有するTTIで読み替えてもよいし、ショートTTI(例えば、短縮TTIなど)は、ロングTTIのTTI長未満かつ1ms以上のTTI長を有するTTIで読み替えてもよい。
【0225】
リソースブロック(RB:Resource Block)は、時間領域及び周波数領域のリソース割当単位であり、周波数領域において、1つ又は複数個の連続した副搬送波(サブキャリア(subcarrier))を含んでもよい。また、RBは、時間領域において、1つ又は複数個のシンボルを含んでもよく、1スロット、1ミニスロット、1サブフレーム又は1TTIの長さであってもよい。1TTI、1サブフレームは、それぞれ1つ又は複数のリソースブロックで構成されてもよい。なお、1つ又は複数のRBは、物理リソースブロック(PRB:Physical RB)、サブキャリアグループ(SCG:Sub-Carrier Group)、リソースエレメントグループ(REG:Resource Element Group)、PRBペア、RBペアなどと呼ばれてもよい。
【0226】
また、リソースブロックは、1つ又は複数のリソースエレメント(RE:Resource Element)で構成されてもよい。例えば、1REは、1サブキャリア及び1シンボルの無線リソース領域であってもよい。
【0227】
なお、上述した無線フレーム、サブフレーム、スロット、ミニスロット及びシンボルなどの構造は例示に過ぎない。例えば、無線フレームに含まれるサブフレームの数、サブフレーム又は無線フレームあたりのスロットの数、スロット内に含まれるミニスロットの数、スロット又はミニスロットに含まれるシンボル及びRBの数、RBに含まれるサブキャリアの数、並びにTTI内のシンボル数、シンボル長、サイクリックプレフィックス(CP:Cyclic Prefix)長などの構成は、様々に変更することができる。
【0228】
また、本明細書で説明した情報、パラメータなどは、絶対値で表されてもよいし、所定の値からの相対値で表されてもよいし、対応する別の情報で表されてもよい。例えば、無線リソースは、所定のインデックスで指示されるものであってもよい。さらに、これらのパラメータを使用する数式などは、本明細書で明示的に開示したものと異なってもよい。
【0229】
本明細書においてパラメータなどに使用する名称は、いかなる点においても限定的なものではない。例えば、様々なチャネル(PUCCH(Physical Uplink Control Channel)、PDCCH(Physical Downlink Control Channel)など)及び情報要素は、あらゆる好適な名称によって識別できるので、これらの様々なチャネル及び情報要素に割り当てている様々な名称は、いかなる点においても限定的なものではない。
【0230】
本明細書で説明した情報、信号などは、様々な異なる技術のいずれかを使用して表されてもよい。例えば、上記の説明全体に渡って言及され得るデータ、命令、コマンド、情報、信号、ビット、シンボル、チップなどは、電圧、電流、電磁波、磁界若しくは磁性粒子、光場若しくは光子、又はこれらの任意の組み合わせによって表されてもよい。
【0231】
また、情報、信号などは、上位レイヤから下位レイヤ、及び/又は下位レイヤから上位レイヤへ出力され得る。情報、信号などは、複数のネットワークノードを介して入出力されてもよい。
【0232】
入出力された情報、信号などは、特定の場所(例えば、メモリ)に保存されてもよいし、管理テーブルで管理してもよい。入出力される情報、信号などは、上書き、更新又は追記をされ得る。出力された情報、信号などは、削除されてもよい。入力された情報、信号などは、他の装置へ送信されてもよい。
【0233】
情報の通知は、本明細書で説明した態様/実施形態に限られず、他の方法で行われてもよい。例えば、情報の通知は、物理レイヤシグナリング(例えば、下り制御情報(DCI:Downlink Control Information)、上り制御情報(UCI:Uplink Control Information))、上位レイヤシグナリング(例えば、RRC(Radio Resource Control)シグナリング、ブロードキャスト情報(マスタ情報ブロック(MIB:Master Information Block)、システム情報ブロック(SIB:System Information Block)など)、MAC(Medium Access Control)シグナリング)、その他の信号又はこれらの組み合わせによって実施されてもよい。
【0234】
なお、物理レイヤシグナリングは、L1/L2(Layer 1/Layer 2)制御情報(L1/L2制御信号)、L1制御情報(L1制御信号)などと呼ばれてもよい。また、RRCシグナリングは、RRCメッセージと呼ばれてもよく、例えば、RRC接続セットアップ(RRCConnectionSetup)メッセージ、RRC接続再構成(RRCConnectionReconfiguration)メッセージなどであってもよい。また、MACシグナリングは、例えば、MAC制御要素(MAC CE(Control Element))で通知されてもよい。
【0235】
また、所定の情報の通知(例えば、「Xであること」の通知)は、明示的に行うものに限られず、暗示的に(例えば、当該所定の情報の通知を行わないことによって又は別の情報の通知によって)行われてもよい。
【0236】
判定は、1ビットで表される値(0か1か)によって行われてもよいし、真(true)又は偽(false)で表される真偽値(boolean)によって行われてもよいし、数値の比較(例えば、所定の値との比較)によって行われてもよい。
【0237】
ソフトウェアは、ソフトウェア、ファームウェア、ミドルウェア、マイクロコード、ハードウェア記述言語と呼ばれるか、他の名称で呼ばれるかを問わず、命令、命令セット、コード、コードセグメント、プログラムコード、プログラム、サブプログラム、ソフトウェアモジュール、アプリケーション、ソフトウェアアプリケーション、ソフトウェアパッケージ、ルーチン、サブルーチン、オブジェクト、実行可能ファイル、実行スレッド、手順、機能などを意味するよう広く解釈されるべきである。
【0238】
また、ソフトウェア、命令、情報などは、伝送媒体を介して送受信されてもよい。例えば、ソフトウェアが、有線技術(同軸ケーブル、光ファイバケーブル、ツイストペア、デジタル加入者回線(DSL:Digital Subscriber Line)など)及び/又は無線技術(赤外線、マイクロ波など)を使用してウェブサイト、サーバ、又は他のリモートソースから送信される場合、これらの有線技術及び/又は無線技術は、伝送媒体の定義内に含まれる。
【0239】
本明細書で使用する「システム」及び「ネットワーク」という用語は、互換的に使用される。
【0240】
本明細書では、「基地局(BS:Base Station)」、「無線基地局」、「eNB」、「gNB」、「セル」、「セクタ」、「セルグループ」、「キャリア」及び「コンポーネントキャリア」という用語は、互換的に使用され得る。基地局は、固定局(fixed station)、NodeB、eNodeB(eNB)、アクセスポイント(access point)、送信ポイント、受信ポイント、フェムトセル、スモールセルなどの用語で呼ばれる場合もある。
【0241】
基地局は、1つ又は複数(例えば、3つ)のセル(セクタとも呼ばれる)を収容することができる。基地局が複数のセルを収容する場合、基地局のカバレッジエリア全体は複数のより小さいエリアに区分でき、各々のより小さいエリアは、基地局サブシステム(例えば、屋内用の小型基地局(RRH:Remote Radio Head)によって通信サービスを提供することもできる。「セル」又は「セクタ」という用語は、このカバレッジにおいて通信サービスを行う基地局及び/又は基地局サブシステムのカバレッジエリアの一部又は全体を指す。
【0242】
本明細書では、「移動局(MS:Mobile Station)」、「ユーザ端末(user terminal)」、「ユーザ装置(UE:User Equipment)」及び「端末」という用語は、互換的に使用され得る。基地局は、固定局(fixed station)、NodeB、eNodeB(eNB)、アクセスポイント(access point)、送信ポイント、受信ポイント、フェムトセル、スモールセルなどの用語で呼ばれる場合もある。
【0243】
移動局は、当業者によって、加入者局、モバイルユニット、加入者ユニット、ワイヤレスユニット、リモートユニット、モバイルデバイス、ワイヤレスデバイス、ワイヤレス通信デバイス、リモートデバイス、モバイル加入者局、アクセス端末、モバイル端末、ワイヤレス端末、リモート端末、ハンドセット、ユーザエージェント、モバイルクライアント、クライアント又はいくつかの他の適切な用語で呼ばれる場合もある。
【0244】
また、本明細書における無線基地局は、ユーザ端末で読み替えてもよい。例えば、無線基地局及びユーザ端末間の通信を、複数のユーザ端末間(D2D:Device-to-Device)の通信に置き換えた構成について、本発明の各態様/実施形態を適用してもよい。この場合、上述の無線基地局10が有する機能をユーザ端末20が有する構成としてもよい。また、「上り」及び「下り」などの文言は、「サイド」と読み替えられてもよい。例えば、上りチャネルは、サイドチャネルと読み替えられてもよい。
【0245】
同様に、本明細書におけるユーザ端末は、無線基地局で読み替えてもよい。この場合、上述のユーザ端末20が有する機能を無線基地局10が有する構成としてもよい。
【0246】
本明細書において、基地局によって行われるとした特定動作は、場合によってはその上位ノード(upper node)によって行われることもある。基地局を有する1つ又は複数のネットワークノード(network nodes)から成るネットワークにおいて、端末との通信のために行われる様々な動作は、基地局、基地局以外の1つ以上のネットワークノード(例えば、MME(Mobility Management Entity)、S−GW(Serving-Gateway)などが考えられるが、これらに限られない)又はこれらの組み合わせによって行われ得ることは明らかである。
【0247】
本明細書で説明した各態様/実施形態は単独で用いてもよいし、組み合わせて用いてもよいし、実行に伴って切り替えて用いてもよい。また、本明細書で説明した各態様/実施形態の処理手順、シーケンス、フローチャートなどは、矛盾の無い限り、順序を入れ替えてもよい。例えば、本明細書で説明した方法については、例示的な順序で様々なステップの要素を提示しており、提示した特定の順序に限定されない。
【0248】
本明細書で説明した各態様/実施形態は、LTE(Long Term Evolution)、LTE−A(LTE-Advanced)、LTE−B(LTE-Beyond)、SUPER 3G、IMT−Advanced、4G(4th generation mobile communication system)、5G(5th generation mobile communication system)、FRA(Future Radio Access)、New−RAT(Radio Access Technology)、NR(New Radio)、NX(New radio access)、FX(Future generation radio access)、GSM(登録商標)(Global System for Mobile communications)、CDMA2000、UMB(Ultra Mobile Broadband)、IEEE 802.11(Wi−Fi(登録商標))、IEEE 802.16(WiMAX(登録商標))、IEEE 802.20、UWB(Ultra-WideBand)、Bluetooth(登録商標)、その他の適切な無線通信方法を利用するシステム及び/又はこれらに基づいて拡張された次世代システムに適用されてもよい。
【0249】
本明細書で使用する「に基づいて」という記載は、別段に明記されていない限り、「のみに基づいて」を意味しない。言い換えれば、「に基づいて」という記載は、「のみに基づいて」と「に少なくとも基づいて」の両方を意味する。
【0250】
本明細書で使用する「第1の」、「第2の」などの呼称を使用した要素へのいかなる参照も、それらの要素の量又は順序を全般的に限定するものではない。これらの呼称は、2つ以上の要素間を区別する便利な方法として本明細書で使用され得る。したがって、第1及び第2の要素の参照は、2つの要素のみが採用され得ること又は何らかの形で第1の要素が第2の要素に先行しなければならないことを意味しない。
【0251】
本明細書で使用する「判断(決定)(determining)」という用語は、多種多様な動作を包含する場合がある。例えば、「判断(決定)」は、計算(calculating)、算出(computing)、処理(processing)、導出(deriving)、調査(investigating)、探索(looking up)(例えば、テーブル、データベース又は別のデータ構造での探索)、確認(ascertaining)などを「判断(決定)」することであるとみなされてもよい。また、「判断(決定)」は、受信(receiving)(例えば、情報を受信すること)、送信(transmitting)(例えば、情報を送信すること)、入力(input)、出力(output)、アクセス(accessing)(例えば、メモリ中のデータにアクセスすること)などを「判断(決定)」することであるとみなされてもよい。また、「判断(決定)」は、解決(resolving)、選択(selecting)、選定(choosing)、確立(establishing)、比較(comparing)などを「判断(決定)」することであるとみなされてもよい。つまり、「判断(決定)」は、何らかの動作を「判断(決定)」することであるとみなされてもよい。
【0252】
本明細書で使用する「接続された(connected)」、「結合された(coupled)」という用語、又はこれらのあらゆる変形は、2又はそれ以上の要素間の直接的又は間接的なあらゆる接続又は結合を意味し、互いに「接続」又は「結合」された2つの要素間に1又はそれ以上の中間要素が存在することを含むことができる。要素間の結合又は接続は、物理的なものであっても、論理的なものであっても、或いはこれらの組み合わせであってもよい。例えば、「接続」は「アクセス」と読み替えられてもよい。本明細書で使用する場合、2つの要素は、1又はそれ以上の電線、ケーブル及び/又はプリント電気接続を使用することにより、並びにいくつかの非限定的かつ非包括的な例として、無線周波数領域、マイクロ波領域及び/又は光(可視及び不可視の両方)領域の波長を有する電磁エネルギーなどを使用することにより、互いに「接続」又は「結合」されると考えることができる。
【0253】
本明細書又は特許請求の範囲で「含む(including)」、「含んでいる(comprising)」、及びそれらの変形が使用されている場合、これらの用語は、用語「備える」と同様に、包括的であることが意図される。さらに、本明細書あるいは特許請求の範囲において使用されている用語「又は(or)」は、排他的論理和ではないことが意図される。
【0254】
以上、本発明について詳細に説明したが、当業者にとっては、本発明が本明細書中に説明した実施形態に限定されるものではないということは明らかである。本発明は、特許請求の範囲の記載により定まる本発明の趣旨及び範囲を逸脱することなく修正及び変更態様として実施することができる。したがって、本明細書の記載は、例示説明を目的とするものであり、本発明に対して何ら制限的な意味を有するものではない。
【0255】
本出願は、2017年2月24日出願の特願2017−033355に基づく。この内容は、全てここに含めておく。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18
【国際調査報告】