特表2016-538764(P2016-538764A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ホアウェイ・テクノロジーズ・カンパニー・リミテッドの特許一覧
<>
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000003
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000004
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000005
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000006
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000007
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000008
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000009
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000010
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000011
  • 特表2016538764-アップリンク電力制御方法及び装置 図000012
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公表特許公報(A)
(11)【公表番号】特表2016-538764(P2016-538764A)
(43)【公表日】2016年12月8日
(54)【発明の名称】アップリンク電力制御方法及び装置
(51)【国際特許分類】
   H04W 52/20 20090101AFI20161111BHJP
【FI】
   H04W52/20
【審査請求】有
【予備審査請求】未請求
【全頁数】60
(21)【出願番号】特願2016-525932(P2016-525932)
(86)(22)【出願日】2013年10月24日
(85)【翻訳文提出日】2016年5月23日
(86)【国際出願番号】CN2013085868
(87)【国際公開番号】WO2015058384
(87)【国際公開日】20150430
(81)【指定国】 AP(BW,GH,GM,KE,LR,LS,MW,MZ,NA,RW,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZM,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,RU,TJ,TM),EP(AL,AT,BE,BG,CH,CY,CZ,DE,DK,EE,ES,FI,FR,GB,GR,HR,HU,IE,IS,IT,LT,LU,LV,MC,MK,MT,NL,NO,PL,PT,RO,RS,SE,SI,SK,SM,TR),OA(BF,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GQ,GW,KM,ML,MR,NE,SN,TD,TG),AE,AG,AL,AM,AO,AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BH,BN,BR,BW,BY,BZ,CA,CH,CL,CN,CO,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DO,DZ,EC,EE,EG,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,GT,HN,HR,HU,ID,IL,IN,IR,IS,JP,KE,KG,KN,KP,KR,KZ,LA,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LY,MA,MD,ME,MG,MK,MN,MW,MX,MY,MZ,NA,NG,NI,NO,NZ,OM,PA,PE,PG,PH,PL,PT,QA,RO,RS,RU,RW,SA,SC,SD,SE,SG,SK,SL,SM,ST,SV,SY,TH,TJ,TM,TN,TR,TT,TZ,UA,UG,US
(71)【出願人】
【識別番号】504161984
【氏名又は名称】ホアウェイ・テクノロジーズ・カンパニー・リミテッド
(74)【代理人】
【識別番号】110000877
【氏名又は名称】龍華国際特許業務法人
(72)【発明者】
【氏名】シュ、ジャン
(72)【発明者】
【氏名】リウ、ボ
【テーマコード(参考)】
5K067
【Fターム(参考)】
5K067AA13
5K067AA43
5K067DD11
5K067EE02
5K067EE10
5K067GG08
(57)【要約】
本願発明の複数の実施形態は、アップリンク電力制御方法及び装置を提供する。本願発明のアップリンク電力制御方法は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数であり、第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である、決定する段階と、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する段階であって、これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する、送信する段階とを備える。本願発明の複数の実施形態は、測定リソースを節約する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
アップリンク電力制御方法であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、
前記第1アクセス数は、前記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、決定する段階と、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを前記セルの前記サービスエリア内のUEに送信する段階であって、これにより、前記セルの前記サービスエリア内の前記UEは、前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する、送信する段階とを、
備える、
方法。
【請求項2】
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階を有する、
請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である前記比(x)を計算する段階と、
前記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを
有し、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階を有する、
請求項2に記載の方法。
【請求項4】
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる前記段階は、
前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させる段階を有する、
請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である前記比(y)を計算する段階と、
前記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを、
有し、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる段階を有する、
請求項2に記載の方法。
【請求項6】
前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる前記段階は、
前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させる段階を有する、
請求項5に記載の方法。
【請求項7】
アップリンク電力制御方法であって、
基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータをユーザ機器UEによって受信する段階と、
前記UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内の前記UEに送信される前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
前記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、
方法。
【請求項8】
前記UEによって、受信された前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する前記段階は、
前記UEによって、受信された前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて、前記アップリンク信号を前記電力で送信する段階を有する、
請求項7に記載の方法。
【請求項9】
アップリンク電力制御方法であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、前記第1電力は、前記UEが前記基地局の前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、決定する段階と、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合、前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを前記UEに送信する段階であって、これにより、前記UEは前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する、送信する段階とを、
備える方法。
【請求項10】
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1電力(P)と、前記UEが前記セルにアクセスする前に前記ランダムアクセスプリアンブルを送信する前記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する段階と、
前記第2電力(P)に従って前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階とを、
有し、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、前記第2電力(P)は前記UEが前記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
請求項9に記載の方法。
【請求項11】
前記第2電力(P)に従って、前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階を有し、
前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整する段階を有し、Pue'=P−Pcellである、
請求項10に記載の方法。
【請求項12】
アップリンク電力制御方法であって、
ユーザ機器UEによって基地局により送信された、UEレベルアップリンク電力パラメータを受信する段階と、
前記UEによって、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記UEに送信される前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、前記UEが前記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、前記基地局は前記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1電力は、前記UEが前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
方法。
【請求項13】
前記UEによって、受信された前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する前記段階は、
前記UEによって、受信された前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信する段階を有する、
請求項12に記載の方法。
【請求項14】
アップリンク電力制御装置であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールであって、前記第1アクセス数は、前記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを前記セルの前記サービスエリア内のUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールであって、これにより、前記セルの前記サービスエリア内の前記UEは、前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
【請求項15】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される、
請求項14に記載の装置。
【請求項16】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である前記比(x)を計算し、
前記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される、
請求項15に記載の装置。
【請求項17】
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される、
請求項16に記載の装置。
【請求項18】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である前記比(y)を計算し、
前記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記基地局調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される、
請求項15に記載の装置。
【請求項19】
前記基地局調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される、
請求項18に記載の装置。
【請求項20】
アップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールと、
受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
前記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、前記第1アクセス数は、前記基地局の前記セルの前記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、
装置。
【請求項21】
前記アップリンク信号送信モジュールは、受信された前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信するよう特に構成される、
請求項20に記載の装置。
【請求項22】
アップリンク電力制御装置であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールであって、前記第1電力は、前記UEが前記基地局の前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを前記UEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールであって、これにより、前記UEは前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
【請求項23】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、
前記第1電力(P)と、前記UEが前記セルにアクセスする前に前記ランダムアクセスプリアンブルを送信する前記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、
前記第2電力(P)に従って、前記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成され、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、前記第2電力(P)は前記UEが前記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
請求項22に記載の装置。
【請求項24】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである、
請求項23に記載の装置。
【請求項25】
アップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールと、
受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記UEに送信される前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、ユーザ機器UEが前記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、前記基地局は前記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1電力は、前記UEが前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
装置。
【請求項26】
前記アップリンク信号送信モジュールは、受信された前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信するよう特に構成される、
請求項25に記載の装置。
【請求項27】
プロセッサおよび送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
前記プロセッサは、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成され、
前記第1アクセス数は、前記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、
前記送信機は、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを前記セルの前記サービスエリア内のUEに送信するよう構成され、これにより、前記セルの前記サービスエリア内の前記UEは、前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、
装置。
【請求項28】
前記プロセッサは、前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される、
請求項27に記載の装置。
【請求項29】
前記プロセッサは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である前記比(x)を計算し、
前記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記送信機は、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される、
請求項28に記載の装置。
【請求項30】
前記送信機は、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される、
請求項29に記載の装置。
【請求項31】
前記プロセッサは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である前記比(y)を計算し、
前記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記送信機は、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される、
請求項28に記載の装置。
【請求項32】
前記送信機は、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される、
請求項31に記載の装置。
【請求項33】
受信機及び送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
前記受信機は、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成され、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
前記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、前記第1アクセス数は、前記基地局の前記セルの前記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、
前記送信機は、受信された前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成される、
装置。
【請求項34】
前記送信機は、受信された前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信するよう特に構成される、
請求項33に記載の装置。
【請求項35】
プロセッサおよび送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
前記プロセッサは、第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成され、
前記第1電力は、前記UEが前記基地局の前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力であり、
前記送信機は、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを前記UEに送信するよう構成され、これにより、前記UEは前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、
装置。
【請求項36】
前記プロセッサは、
前記第1電力(P)と、前記UEが前記セルにアクセスする前に前記ランダムアクセスプリアンブルを送信する前記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、
前記第2電力(P)に従って、前記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成され、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、前記第2電力(P)は前記UEが前記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
請求項35に記載の装置。
【請求項37】
前記プロセッサは、前記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
前記送信機は、前記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである、
請求項36に記載の装置。
【請求項38】
受信機及び送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
前記受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成され、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、ユーザ機器である前記UEが前記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、前記基地局は前記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1電力は、前記UEが前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力であり、
前記送信機は、受信された前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成される、
装置。
【請求項39】
前記送信機は、受信された前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信するよう特に構成される、
請求項38に記載の装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本願発明の複数の実施形態は、複数の通信技術に関し、具体的にはアップリンク電力制御方法及び装置に関する。
【背景技術】
【0002】
ロングタームエボリューション(Long Term Evolution、略してLTE)システムはアップリンク電力制御を有し、この機能はネットワーク全体の干渉を減少させて、サービスのサービス品質が保証されるという条件でシステム容量を向上させることを目指している。
【0003】
従来技術において、発展型NodeB(Evolved NodeB、略してeNodeB)は、ユーザ機器(User Equipment、略してUE)の信号送信電力を絶えず測定して、信号送信電力を予め設定された目標電力と比較し、電力制御コマンドを生成してUEに送出する。これにより、UEはeNodeBによって送出された電力制御コマンドを受信した後に信号送信電力を制御するので、測定された信号送信電力と目標電力との間の差異は縮小される。例えば、測定された信号送信電力が目標電力より大きい場合に、eNodeBは、UEが信号送信電力を下げることを可能にする電力制御コマンドを送出する。しかしながら、この方法は大量の測定データに頼るので、測定リソースを消費する。更に、電力構成パラメータは、一定時間内に測定されたデータに対して統計解析が実行された後でしか最適化され得ない。
【発明の概要】
【0004】
本願発明の複数の実施形態は、アップリンク電力制御方法及び装置を提供して、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされる、従来技術のリソース消費問題を解決する。
【0005】
第1態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する段階である。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【0006】
第1態様の第1の可能な実施例において、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。
【0007】
第1態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算する段階。比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階。そして、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階である。
【0008】
第1態様の第2の可能な実装態様に従って、第3の可能な実施例では、基地局によってセルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させる段階である。
【0009】
第1態様の第1の可能な実装態様に従って、第4の可能な実施例では、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算する段階。比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階。そして、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる段階である。
【0010】
第1態様の第4の可能な実装態様に従って、第5の可能な実施例では、基地局によってセルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させる段階である。
【0011】
第2態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを、セルのサービスエリア内のユーザ機器UEによって受信する段階である。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階である。
【0012】
第2態様の第1の可能な実施例では、UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階は、以下の段階を含む。すなわち、UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値を、アップリンク信号を送信するための電力として用い、アップリンク信号をその電力で送信する段階である。
【0013】
第3態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する段階である。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0014】
第3態様の第1の可能な実施例では、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する段階であり、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、第2電力(P)に従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。
【0015】
第1態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、第2電力(P)に従って、基地局によってUEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階である。そして、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整する段階であり、Pue'=P−Pcellである。
【0016】
第4態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータをユーザ機器UEによって受信する段階である。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とUEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号をUEによって送信する段階である。
【0017】
第4態様の第1の可能な実施例では、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号をUEによって送信する段階は、以下の段階を含む。すなわち、UEによって、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信する段階である。
【0018】
第5態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールである。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリアの複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールである。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【0019】
第5態様の第1の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。第5態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算し、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される。第5態様の第2の可能な実装態様に従って、第3の可能な実施例では、電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される。第5態様の第1の可能な実装態様に従って、第4の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算し、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また基地局調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される。第5態様の第4の可能な実装態様に従って、第5の可能な実施例では、基地局調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【0020】
第6態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールである。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールである。
【0021】
第6態様の第1の可能な実施例では、アップリンク信号送信モジュールは、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0022】
第7態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールである。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールである。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【0023】
第7態様の第1の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って第2電力(P)を計算し、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定するよう特に構成され、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0024】
第7態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【0025】
第8態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールである。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールである。
【0026】
第8態様の第1の可能な実施例では、アップリンク信号送信モジュールは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0027】
第9態様に従って、本願発明の一実施形態はプロセッサおよび送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。プロセッサは、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【0028】
第9態様の第1の可能な実施例では、プロセッサは、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。第9態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、プロセッサは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算し、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される。第9態様の第2の可能な実装態様に従って、第3の可能な実施例では、送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される。第9態様の第1の可能な実装態様に従って、第4の可能な実施例では、プロセッサは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算し、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される。第9態様の第4の可能な実装態様に従って、第5の可能な実施例では、送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【0029】
第10態様に従って、本願発明の一実施形態は、受信機及び送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。受信機は、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0030】
第10態様の第1の可能な実施例では、送信機は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0031】
第11形態に従って、本願発明の一実施形態は、プロセッサおよび送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。プロセッサは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0032】
第11形態の第1の可能な実施例では、プロセッサは、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成され、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0033】
第11形態の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、プロセッサは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によってUEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成される。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【0034】
第12態様に従って、本願発明の一実施形態は、受信機及び送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0035】
第12態様の第1の可能な実施例では、送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0036】
本願発明の複数の実施形態におけるアップリンク電力制御方法及び装置によると、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されて、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータがセルのサービスエリア内のUEに送信される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【図面の簡単な説明】
【0037】
本願発明の複数の実施形態又は従来技術において、複数の技術的解決法をより明確に説明すべく、複数の実施形態又は従来技術を説明するのに必要である複数の添付図面を以下に簡潔に紹介する。以下の説明にある複数の添付図面は、単に本願発明のいくつかの実施形態を示すだけであり、それでも当業者は創造努力をすることなく、これらの添付図面から他の複数の図面を導き出し得ることは明らかである。
【0038】
図1】本願発明の実施形態1に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0039】
図2】本願発明の実施形態2に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0040】
図3】本願発明の実施形態3に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0041】
図4】本願発明の実施形態4に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0042】
図5】本願発明の実施形態5に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0043】
図6】本願発明の実施形態6に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。
【0044】
図7】本願発明の実施形態7に従うアップリンク電力制御装置700の概略構造図である。
【0045】
図8】本願発明の実施形態8に従うアップリンク電力制御装置800の概略構造図である。
【0046】
図9】本願発明の実施形態9に従うアップリンク電力制御装置900の概略構造図である。
【0047】
図10】本願発明の実施形態10に従うアップリンク電力制御装置1000の概略構造図である。
【発明を実施するための形態】
【0048】
本願発明の複数の実施形態の複数の目的、技術的解決法、及び利点をより明確にすべく、本願発明の複数の実施形態における複数の添付図面を参照して、本願発明の複数の実施形態における複数の技術的解決法を以下に明確かつ完全に説明する。説明された複数の実施形態は、本願発明の複数の実施形態の一部であって、全てではないことは明らかである。本願発明の複数の実施形態に基づいて、創造努力をすることなく当業者によって得られる他の全ての実施形態は、本願発明の保護範囲に含まれるものとする。
【0049】
図1は、本願発明の実施形態1に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。この実施形態における方法は、セルのサービスエリア内のUEに対してアップリンク電力制御が実行される場合に適用可能である。この方法は、アップリンク電力制御装置によって実行され、装置は概してハードウェア及び/又はソフトウェアの態様で実装される。この実施形態における方法は、以下の複数の段階を含む。
【0050】
110.基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。
【0051】
従来技術において、アップリンク電力制御は大量の測定データに頼るが故に、比較的大量の測定リソースが消費される。しかしながら、セルのサービスエリア内の複数のUEがセルにアクセスした後に、段階110における第1アクセス数及び第2アクセス数は、複数のUEがセルにアクセスする前に複数のUEによって報告される、ランダムアクセスプリアンブルを送信する回数に従って、基地局によって集計され得る。従って、基地局はUEがアップリンク信号を送信する際の電力を絶えず測定する必要はないので、測定リソースは節約される。この実施形態の段階110において、段階120に進むか否かを決定すべく、基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。
【0052】
120.セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局はセルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0053】
具体的には、基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0054】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定され、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合、セルレベルアップリンク電力パラメータは調整されて、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータがセルのサービスエリア内のUEに送信され、これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0055】
図2は、本願発明の実施形態2に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。図2を参照すると、この実施形態における方法は以下の段階を含み得る。
【0056】
210.基地局は、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。
【0057】
例えば、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下のやり方で実装され得る。
【0058】
基地局は、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算して、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する。
【0059】
xの値が比較的大きい場合、セルのサービスエリア内の大部分のUEは、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスすることを意味し、設定されたセルレベルアップリンク電力パラメータは比較的大きいことが決定され得る。つまり、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定すべく、セルレベルアップリンク電力パラメータが大きいか小さいかが、比(x)の値に従って決定され得る。
【0060】
220.セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局はセルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0061】
例えば、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下のやり方で実装され得る。
【0062】
例えば、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータの値は、セルレベルアップリンク電力パラメータの調整を実施すべく減少させられる。セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値が予め設定された第1調整ステップずつ減少させられるということであり得る。
【0063】
設定されたセルレベルアップリンク電力パラメータが比較的大きいと決定される場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータの値は予め設定された第1調整ステップずつ減少させられ得て、第1調整ステップは、異なるチャネルである復調性能及び干渉に従って設定され得て、例えば、第1調整ステップは1dbm又は2dbmに設定されることが留意されるべきである。セル間の干渉は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を調整することによって、減少させられる。例えば、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合、ここで第1閾値は90%に設定されているが、セルレベルアップリンク電力パラメータの値は減少させられる。セルレベルアップリンク電力パラメータの現行値、例えば、p0−NominalPUCCHが−105dbmであり、設定された第1調整ステップが2dbmである場合に、p0−NominalPUCCHの調整値は−107dbmである。
【0064】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定され、比が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させることによって調整される。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0065】
図2を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法のフローチャートは図2と同じである。この実施形態では、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下のやり方で実装され得る。
【0066】
基地局は、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算して、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する。
【0067】
この実施形態では、比(y)の値が比較的大きい場合、セルのサービスエリア内の大部分のUEは、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスすることを意味し、設定されたセルレベルアップリンク電力パラメータは比較的小さいことが決定され得る。つまり、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定すべく、セルレベルアップリンク電力パラメータが大きいか小さいかが、比(y)の値に従って決定され得る。
【0068】
この実施形態では、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局はセルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下のやり方で実装され得る。
【0069】
例えば、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、基地局は、セルレベルアップリンク電力パラメータの調整を実施すべく、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる。基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させることは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させることであり得る。
【0070】
設定されたセルレベルアップリンク電力パラメータが比較的小さいと決定される場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータの値は予め設定された第2調整ステップずつ増加させられ得て、第2調整ステップは、異なるチャネルである復調性能及び干渉に従って設定され得て、例えば、第2調整ステップは1dbm又は2dbmに設定されることが留意されるべきである。UEのアップリンク復調性能は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させることによって高められる。例えば、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合、例えば、第2閾値は40%であるが、セルレベルアップリンク電力パラメータの値は増加させられる。セルレベルアップリンク電力パラメータの現行値、例えば、「p0−NominalPUCCH」が−105dbmであり、設定された第2調整ステップが1dbmである場合に、「p0−NominalPUCCH」の調整値は−104dbmである。
【0071】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、基地局は、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、比が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させることによってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0072】
図3は、本願発明の実施形態3に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。この実施形態における方法は、以下の複数の段階を含む。
【0073】
310.セルのサービスエリア内のユーザ機器UEは、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信する。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。
【0074】
320.UEは、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0075】
UEが、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従ってアップリンク信号を送信することは、以下のやり方で実装され得る。すなわち、UEは、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信する。
【0076】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、UEは、基地局によって送信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを受信して、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0077】
図4は、本願発明の実施形態4に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。この実施形態における方法は、以下の複数の段階を含む。
【0078】
410.基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0079】
第1電力とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とは、UEがセルにアクセスした後に、UEによって基地局に報告されるデータなので、基地局は、UEが信号対干渉雑音比を報告するのを待つ必要はなく、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。従って、測定リソースが節約される。更に、調整は、UEがセルにアクセスした後に、アップリンク電力パラメータに対して実行され得て、従って、リアルタイムの調整がUEレベルアップリンク電力パラメータに対して実行され得る。
【0080】
420.UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0081】
具体的には、基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0082】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0083】
図5は、本願発明の実施形態5に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。この実施形態における方法は、以下の複数の段階を含む。
【0084】
510.基地局は、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する。ここで、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0085】
UE情報要求メッセージ及びUE情報応答メッセージが、LTEプロトコル36.331のRelease 9に導入されているので、UEの無線リソース制御接続が問題なく確立された後に、eNodeBは、UEにランダムアクセスプロセス情報を報告するよう要求すべく、UE情報要求メッセージを送信し、UEは、UE情報応答メッセージにおいて、UEが最後にセルに問題なくアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信した合計回数をフィードバックする。この実施形態では、測定データに頼るアップリンク電力制御によってもたらされた、従来技術における測定リソース消費問題を解決すべく、UEに適切なアップリンク送信電力が、プリアンブルの送信回数と、ランダムアクセスプリアンブルが初回に送信される際の電力とを用いることによって推定され、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かがさらに決定される。従って、測定データに頼ることなくアップリンク電力制御が実施され、それにより、測定リソースを節約する。
【0086】
520.基地局は、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。
【0087】
第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する。
【0088】
530.UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0089】
例えば、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整することは、以下のやり方を用いることによって実装され得る。すなわち、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整し、Pue'=P−Pcellである。
【0090】
段階510から530は、一例を参照して本明細書で説明される。例えば、第1電力(P)が−104dbmで、UEが、ランダムアクセスプリアンブルを3回送信することによってセルに問題なくアクセスし、ランダムアクセスプリアンブルの設定された電力ランプステップ、つまり、予め設定された調整ステップが2dbmである場合に、2回目にランダムアクセスプリアンブルを送信する際のUEの電力は−102dbmであり、3回目にランダムアクセスプリアンブルを送信する際のUEの電力は−100dbmである。従って、UEは、−104+2x(3−1)=−100dbmの電力でセルにアクセスし、UE電力制御パラメータ、例えば、「p0−UE−PUCCH」又は「p0−UE−PUSCH」は、それに応じて調整され得る。「p0−UE−PUCCH」及び「p0−UE−PUSCH」を調整するための方法は同じなので、本明細書では「p0−UE−PUCCH」のみが説明の一例として用いられる。セルレベルアップリンク電力パラメータの現行値「p0−NominalPUCCH」は−105dbmであり、現行では、UEに比較的適切であり、またUEがランダムアクセスプリアンブルを送信する回数及び第1電力(P)に従って決定される電力が−100dbmであることが考えられる。次に、UEレベル電力パラメータ「p0−UE−PUCCH」は、物理的なアップリンク制御チャネルの現行の電力に適応すべく、(−100)−(−105)=5に調整される必要があり、UEレベル電力パラメータは、UEが信号対干渉雑音比を報告するのを待つことなく調整され得て、調整済みUEレベル電力パラメータ「p0−UE−PUCCH」は、無線リソース制御再構成メッセージを用いることによってUEに送られる。
【0091】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、基地局は、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って第2電力(P)を計算し、基地局は、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0092】
図6は、本願発明の実施形態6に従うアップリンク電力制御方法のフローチャートである。この実施形態における方法は、以下の複数の段階を含む。
【0093】
610.ユーザ機器UEは、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信する。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とUEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0094】
620.UEは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0095】
UEが受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従ってアップリンク信号を送信することは、以下のやり方において実装され得る。すなわち、UEは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信する。
【0096】
セルレベルアップリンク電力パラメータは、システム情報ブロック(System Information Block、略してSIB)2を用いることによってUEに送信されるので、SIB2を用いることによって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信した後に、UEは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータと受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータとの合計を、アップリンク信号を送信するための目標電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信し得ることが留意されるべきである。
【0097】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、UEは、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを受信して、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、基地局が、測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0098】
図7は、本願発明の実施形態7に従うアップリンク電力制御装置700の概略構造図である。この実施形態における装置は、セルのサービスエリア内のUEに対してアップリンク電力制御が実行される場合に適用可能である。装置は概して、ハードウェア及び/又はソフトウェアの態様で実装される。図7を参照すると、装置は以下の複数のモジュールを含む。すなわち、電力パラメータ調整決定モジュール710及び電力パラメータ調整モジュール720である。
【0099】
電力パラメータ調整決定モジュール710は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、セルのサービスエリア内のUEに調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0100】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュール710は、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。
【0101】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュール710は、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算して、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される。
【0102】
さらに、電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される。
【0103】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュール720は、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算して、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また基地局調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるようさらに特に構成される。
【0104】
さらに、基地局調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【0105】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定され、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されて、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータがセルのサービスエリア内のUEに送信される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0106】
図8は、本願発明の実施形態8に従うアップリンク電力制御装置800の概略構造図である。図8を参照すると、装置は以下の複数のモジュールを含む。すなわち、電力パラメータ受信モジュール810及びアップリンク信号送信モジュール820である。
【0107】
電力パラメータ受信モジュール810は、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。またアップリンク信号送信モジュール820は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0108】
さらに、アップリンク信号送信モジュール820は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0109】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータが受信され、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号が送信される。従って、基地局が測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0110】
図7を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は、図7と同じである。この実施形態では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また電力パラメータ調整モジュールは、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0111】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って第2電力(P)を計算し、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。ここで、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0112】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュールは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【0113】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータは調整され、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータがUEに送信される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0114】
図8を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図8と同じである。この実施形態では、電力パラメータ受信モジュールは、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。またアップリンク信号送信モジュールは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0115】
さらに、アップリンク信号送信モジュールは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータと受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータとの合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0116】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータが受信され、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号が送信される。従って、基地局が測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0117】
図9は、本願発明の実施形態9に従うアップリンク電力制御装置900の概略構造図である。図9を参照すると、装置はプロセッサ910及び送信機920を含む。
【0118】
プロセッサ910は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、セルのサービスエリア内のUEに調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0119】
さらに、プロセッサ910は、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。
【0120】
さらに、プロセッサ910は、第1アクセス数(a)と第2アクセス数(b)との比(x)を、x=a/(a+b)として計算し、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される。
【0121】
さらに、送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される。
【0122】
さらに、プロセッサ910は、第1アクセス数(a)と第2アクセス数(b)との比(y)を、y=b/(a+b)として計算し、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される。
【0123】
さらに、送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【0124】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されて、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータがセルのサービスエリア内のUEに送信される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0125】
図10は、本願発明の実施形態10に従うアップリンク電力制御装置1000の概略構造図である。図10を参照すると、装置は受信機1010及び送信機1020を含む。
【0126】
受信機1010は、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機1020は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0127】
さらに、送信機1020は、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0128】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータが受信され、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号が送信される。従って、基地局が測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【0129】
図9を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図9と同じである。この実施形態では、プロセッサは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【0130】
さらに、プロセッサは、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って第2電力(P)を計算し、第2電力(P)に従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。ここで、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【0131】
さらに、プロセッサは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【0132】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータは調整され、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータがUEに送信される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0133】
図10を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図10と同じである。この実施形態では、受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【0134】
さらに、送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータと受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータとの合計を、アップリンク信号を送信するための電力として用いて、アップリンク信号をその電力で送信するよう特に構成される。
【0135】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータが受信され、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号が送信される。従って、基地局が測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【0136】
当業者は、方法の実施形態の全て又は一部の段階が、適切なハードウェアに命令するプログラムによって実装され得ることを理解し得る。先述のプログラムは、コンピュータ可読記憶媒体に格納され得る。プログラムが起動すると、方法の複数の実施形態の複数の段階が実行される。先述の記憶媒体には、ROM、RAM、磁気ディスク、又は光ディスクなど、プログラムコードを格納し得るあらゆる媒体が含まれる。
【0137】
最後に、先述の複数の実施形態は、単に本願発明の複数の技術的解決法の説明を意図するものであり、本願発明の制限を意図するものではないことが留意されるべきである。本願発明は、先述の複数の実施形態を参照して詳細に説明されているが、当業者はそれでも、先述の複数の実施形態において説明された複数の技術的解決法に対する複数の変更例、又はこれらの技術的特徴の一部又は全てに対する等価な置換例を、本願発明の複数の実施形態の複数の技術的解決法の範囲から逸脱することなく作成し得ることを、当業者は理解すべきである。
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
【手続補正書】
【提出日】2016年5月23日
【手続補正1】
【補正対象書類名】特許請求の範囲
【補正対象項目名】全文
【補正方法】変更
【補正の内容】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
アップリンク電力制御方法であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、
前記第1アクセス数は、前記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、決定する段階と、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階と
前記基地局によって、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを前記セルの前記サービスエリア内のUE送信する段階とを、
備える、
方法。
【請求項2】
前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階を有する、
請求項1に記載の方法。
【請求項3】
記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である前記比(x)を計算する段階と、
前記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを、
有し、
記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階を有する、
請求項2に記載の方法。
【請求項4】
記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を減少させる前記段階は、
前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させる段階を有する、
請求項3に記載の方法。
【請求項5】
記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である前記比(y)を計算する段階と、
前記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを、
有し、
記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる段階を有する、
請求項2に記載の方法。
【請求項6】
記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を増加させる前記段階は、
前記基地局によって、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させる段階を有する、
請求項5に記載の方法。
【請求項7】
アップリンク電力制御方法であって、
基地局によって送信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをユーザ機器UEによって受信する段階と、
前記UEによって、記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内の前記UEに送信され前記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、
方法。
【請求項8】
記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値に従って、前記アップリンク信号を送信する前記段階は、
前記UEによって、記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて、前記アップリンク信号を前記電力で送信する段階を有する、
請求項7に記載の方法。
【請求項9】
アップリンク電力制御方法であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、前記第1電力は、前記UEが前記基地局の前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、決定する段階と、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合、前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階と
前記基地局によって、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを前記UE送信する段階とを、
備える方法。
【請求項10】
前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記基地局によって、前記第1電力(P)と、前記UEが前記セルにアクセスする前に前記ランダムアクセスプリアンブルを送信する前記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する段階と、
前記第2電力(P)に従って前記基地局によって、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階とを、
有し、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、前記第2電力(P)は前記UEが前記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
請求項9に記載の方法。
【請求項11】
記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する前記段階は、
前記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階を有し、
記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する前記段階は、
前記基地局によって前記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整する段階を有し、Pue'=P−Pcellである、
請求項10に記載の方法。
【請求項12】
アップリンク電力制御方法であって、
ユーザ機器UEによって、基地局により送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを受信する段階と、
前記UEによって、記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記UEに送信され
第1電力と、前記UEが前記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、前記基地局は前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1電力は、前記UEが前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
方法。
【請求項13】
記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値に従って、前記アップリンク信号を送信する前記段階は、
前記UEによって、記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信する段階を有する、
請求項12に記載の方法。
【請求項14】
基地局の中に設置されたアップリンク電力制御装置であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定す電力パラメータ調整決定モジュールであって、前記第1アクセス数は、前記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを前記セルの前記サービスエリア内のUEに送信す電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
【請求項15】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数と前記第2アクセス数との比に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定す
請求項14に記載の装置。
【請求項16】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である前記比(x)を計算し、
前記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させ
請求項15に記載の装置。
【請求項17】
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させ
請求項16に記載の装置。
【請求項18】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第1アクセス数(a)及び前記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である前記比(y)を計算し、
前記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、前記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させ
請求項15に記載の装置。
【請求項19】
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記セルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させ
請求項18に記載の装置。
【請求項20】
ユーザ機器(UE)の中に設置されたアップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを受信す電力パラメータ受信モジュールと、
記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信すアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
前記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内の前記UEに送信され
前記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、前記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、前記第1アクセス数は、前記基地局の前記セルの前記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって前記セルにアクセスする回数であり、前記第2アクセス数は、前記セルの前記サービスエリア内の前記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって前記セルにアクセスする回数である、
装置。
【請求項21】
前記アップリンク信号送信モジュールは、記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの前記値を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信す
請求項20に記載の装置。
【請求項22】
基地局の中に設置されたアップリンク電力制御装置であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定す電力パラメータ調整決定モジュールであって、前記第1電力は、前記UEが前記基地局の前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを前記UEに送信す電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
【請求項23】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、
前記第1電力(P)と、前記UEが前記セルにアクセスする前に前記ランダムアクセスプリアンブルを送信する前記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、
前記第2電力(P)に従って、前記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、前記第2電力(P)は前記UEが前記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
請求項22に記載の装置。
【請求項24】
前記電力パラメータ調整決定モジュールは、前記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定
前記電力パラメータ調整モジュールは、前記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整、Pue'=P−Pcellである、
請求項23に記載の装置。
【請求項25】
ユーザ機器(UE)の中に設置されたアップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを受信す電力パラメータ受信モジュールと、
記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信すアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
前記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータは、前記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、前記UEに送信され
第1電力と、前記UEが前記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、前記基地局は前記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、
前記第1電力は、前記UEが前記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
装置。
【請求項26】
前記アップリンク信号送信モジュールは、記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの前記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、前記アップリンク信号を送信するための電力として用いて前記アップリンク信号を前記電力で送信す
請求項25に記載の装置。
【請求項27】
請求項1から13の何れか一項に記載の方法をコンピュータに実行させる、
プログラム。
【手続補正2】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0005
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0005】
第1態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信する段階である。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【手続補正3】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0011
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0011】
第2態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを、セルのサービスエリア内のユーザ機器UEによって受信する段階である。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階である。
【手続補正4】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0013
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0013】
第3態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する段階である。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正5】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0014
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0014】
第3態様の第1の可能な実施例では、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、第1電力(P)とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する段階であり、P=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、第2電力(P)はUEがセルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、第2電力(P)に従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階である。
【手続補正6】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0015
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0015】
態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、第2電力(P)に従って、基地局によってUEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階は、以下の段階を含む。すなわち、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階である。そして、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する段階は、以下の段階を含む。すなわち、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整する段階であり、Pue'=P−Pcellである。
【手続補正7】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0016
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0016】
第4態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下の段階を含むアップリンク電力制御方法を提供する。すなわち、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータをユーザ機器UEによって受信する段階である。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とUEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号をUEによって送信する段階である。
【手続補正8】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0018
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0018】
第5態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールである。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリアの複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。そして、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールである。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【手続補正9】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0019
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0019】
第5態様の第1の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数と第2アクセス数との比に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される。第5態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である比(x)を計算し、比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される。第5態様の第2の可能な実装態様に従って、第3の可能な実施例では、電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される。第5態様の第1の可能な実装態様に従って、第4の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算し、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される。第5態様の第4の可能な実装態様に従って、第5の可能な実施例では、電力パラメータ調整モジュールは、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【手続補正10】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0022
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0022】
第7態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールである。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールである。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【手続補正11】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0024
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0024】
第7態様の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPellと等しくない場合にUEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュールは、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【手続補正12】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0025
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0025】
第8態様に従って、本願発明の一実施形態は、以下のものを含むアップリンク電力制御装置を提供する。すなわち、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールである。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。そして、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールである。
【手続補正13】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0027
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0027】
第9態様に従って、本願発明の一実施形態はプロセッサおよび送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。プロセッサは、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータをセルのサービスエリア内のUEに送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する。
【手続補正14】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0031
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0031】
第11形態に従って、本願発明の一実施形態は、プロセッサおよび送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。プロセッサは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正15】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0033
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0033】
第11形態の第1の可能な実装態様に従って、第2の可能な実施例では、プロセッサは、第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合にUEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成される。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをP'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである。
【手続補正16】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0034
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0034】
第12態様に従って、本願発明の一実施形態は、受信機及び送信機を含むアップリンク電力制御装置を提供する。受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【手続補正17】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0050
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0050】
110.基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。
【手続補正18】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0073
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0073】
310.セルのサービスエリア内のユーザ機器UEは、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信する。セルレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。
【手続補正19】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0078
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0078】
410.基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【手続補正20】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0079
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0079】
第1電力とUEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とは、UEがセルにアクセスした後に、UEによって基地局に報告されるデータなので、基地局は、UEが信号対干渉雑音比を報告するのを待つ必要はなく、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。従って、測定リソースが節約される。更に、調整は、UEがセルにアクセスした後に、アップリンク電力パラメータに対して実行され得て、従って、リアルタイムの調整がUEレベルアップリンク電力パラメータに対して実行され得る。
【手続補正21】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0081
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0081】
具体的には、基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正22】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0082
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0082】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、基地局は、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、基地局は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信する。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【手続補正23】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0093
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0093】
610.ユーザ機器UEは、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信する。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とUEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。
【手続補正24】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0097
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0097】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御方法によると、UEは、基地局によって送信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを受信して、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、基地局が、測定結果に従ってセルレベルアップリンク電力パラメータを調整することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約する。
【手続補正25】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0099
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0099】
電力パラメータ調整決定モジュール710は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、セルのサービスエリア内のUEに調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正26】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0103
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0103】
さらに、電力パラメータ調整決定モジュール710は、第1アクセス数(a)及び第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である比(y)を計算して、比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきと決定するよう特に構成される。また電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるようさらに特に構成される。
【手続補正27】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0104
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0104】
さらに、電力パラメータ調整モジュール720は、セルレベルアップリンク電力パラメータの値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される。
【手続補正28】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0110
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0110】
図7を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は、図7と同じである。この実施形態では、電力パラメータ調整決定モジュールは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また電力パラメータ調整モジュールは、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正29】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0113
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0113】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータは調整され、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータがUEに送信される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【手続補正30】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0114
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0114】
図8を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図8と同じである。この実施形態では、電力パラメータ受信モジュールは、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。またアップリンク信号送信モジュールは、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【手続補正31】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0118
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0118】
プロセッサ910は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1アクセス数は、基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEが、ランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによってセルにアクセスする回数である。第2アクセス数は、セルのサービスエリア内の複数のUEが、ランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによってセルにアクセスする回数である。また送信機920は、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、セルのサービスエリア内のUEに調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを送信するよう構成される。これにより、セルのサービスエリア内のUEは、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正32】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0129
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0129】
図9を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図9と同じである。この実施形態では、プロセッサは、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成される。第1電力は、UEが基地局のセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータをUEに送信するよう構成される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。
【手続補正33】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0132
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0132】
この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置によると、第1電力とユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かが決定される。UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、UEレベルアップリンク電力パラメータは調整され、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータがUEに送信される。これにより、UEは、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する。従って、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すべく、UEの信号送信電力を絶えず測定することによってもたらされた、従来技術におけるリソース消費問題は解決され、それにより、測定リソースを節約し、UEレベルアップリンク電力パラメータのリアルタイムの調整を実施する。
【手続補正34】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0133
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0133】
図10を参照すると、この実施形態において提供されるアップリンク電力制御装置の概略構造図は図10と同じである。この実施形態では、受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成される。UEレベルアップリンク電力パラメータは、基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータである。基地局は、第1電力とユーザ機器UEが基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定する。第1電力は、UEがセルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である。また送信機は、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信するよう構成される。
【手続補正35】
【補正対象書類名】明細書
【補正対象項目名】0137
【補正方法】変更
【補正の内容】
【0137】
最後に、先述の複数の実施形態は、単に本願発明の複数の技術的解決法の説明を意図するものであり、本願発明の制限を意図するものではないことが留意されるべきである。本願発明は、先述の複数の実施形態を参照して詳細に説明されているが、当業者はそれでも、先述の複数の実施形態において説明された複数の技術的解決法に対する複数の変更例、又はこれらの技術的特徴の一部又は全てに対する等価な置換例を、本願発明の複数の実施形態の複数の技術的解決法の範囲から逸脱することなく作成し得ることを、当業者は理解すべきである。
(項目1)
アップリンク電力制御方法であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、
上記第1アクセス数は、上記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数である、決定する段階と、
上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを上記セルの上記サービスエリア内のUEに送信する段階であって、これにより、上記セルの上記サービスエリア内の上記UEは、上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する、送信する段階とを、
備える、
方法。
(項目2)
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、基地局によって、セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する上記段階は、
上記第1アクセス数と上記第2アクセス数との比に従って、上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階を有する、
項目1に記載の方法。
(項目3)
上記第1アクセス数と上記第2アクセス数との比に従って、上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する上記段階は、
上記基地局によって、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である上記比(x)を計算する段階と、
上記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを
有し、
上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する上記段階は
上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる段階を有する、
項目2に記載の方法。
(項目4)
上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させる上記段階は、
上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させる段階を有する、
項目3に記載の方法。
(項目5)
上記第1アクセス数と上記第2アクセス数との比に従って、上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する上記段階は、
上記基地局によって、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である上記比(y)を計算する段階と、
上記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階とを、 有し、
上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整する上記段階は
上記基地局によって上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる段階を有する、
項目2に記載の方法。
(項目6)
上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させる上記段階は、
上記基地局によって、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させる段階を有する、
項目5に記載の方法。
(項目7)
アップリンク電力制御方法であって、
基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータをユーザ機器UEによって受信する段階と、
上記UEによって、受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
上記セルレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内の上記UEに送信される上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
上記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、
上記第1アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数である、
方法。
(項目8)
上記UEによって、受信された上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する上記段階は、
上記UEによって、受信された上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて、上記アップリンク信号を上記電力で送信する段階を有する、
項目7に記載の方法。
(項目9)
アップリンク電力制御方法であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階であって、上記第1電力は、上記UEが上記基地局の上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、決定する段階と、
上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合、上記基地局によって、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを上記UEに送信する段階であって、これにより、上記UEは上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従ってアップリンク信号を送信する、送信する段階とを、
備える方法。
(項目10)
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、基地局によって、UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する上記段階は、
上記基地局によって、上記第1電力(P)と、上記UEが上記セルにアクセスする前に上記ランダムアクセスプリアンブルを送信する上記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算する段階と、
上記第2電力(P)に従って上記基地局によって、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する段階とを、
有し、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、上記第2電力(P)は上記UEが上記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
項目9に記載の方法。
(項目11)
上記第2電力(P)に従って、上記基地局によって、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定する上記段階は、
上記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、上記基地局によって上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定する段階を有し、
上記基地局によって、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整する上記段階は、
上記基地局によって上記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整する段階を有し、Pue'=P−Pcellである、
項目10に記載の方法。
(項目12)
アップリンク電力制御方法であって、
ユーザ機器UEによって基地局により送信された、UEレベルアップリンク電力パラメータを受信する段階と、
上記UEによって、受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する段階とを、
備え、
上記UEレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、上記UEに送信される上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、上記UEが上記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、上記基地局は上記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
上記第1電力は、上記UEが上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
方法。
(項目13)
上記UEによって、受信された上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信する上記段階は、
上記UEによって、受信された上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの上記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて上記アップリンク信号を上記電力で送信する段階を有する、
項目12に記載の方法。
(項目14)
アップリンク電力制御装置であって、
第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールであって、上記第1アクセス数は、上記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを上記セルの上記サービスエリア内のUEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールであって、これにより、上記セルの上記サービスエリア内の上記UEは、上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
(項目15)
上記電力パラメータ調整決定モジュールは、上記第1アクセス数と上記第2アクセス数との比に従って、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される、
項目14に記載の装置。
(項目16)
上記電力パラメータ調整決定モジュールは、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である上記比(x)を計算し、
上記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され
上記電力パラメータ調整モジュールは、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される、
項目15に記載の装置。
(項目17)
上記電力パラメータ調整モジュールは、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される、
項目16に記載の装置。
(項目18)
上記電力パラメータ調整決定モジュールは、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である上記比(y)を計算し、
上記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され
上記基地局調整モジュールは、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される、
項目15に記載の装置。
(項目19)
上記基地局調整モジュールは、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される、
項目18に記載の装置。
(項目20)
アップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールと、
受信された調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
上記セルレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
上記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、上記第1アクセス数は、上記基地局の上記セルの上記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数である、
装置。
(項目21)
上記アップリンク信号送信モジュールは、受信された上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて上記アップリンク信号を上記電力で送信するよう特に構成される、
項目20に記載の装置。
(項目22)
アップリンク電力制御装置であって、
第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成された電力パラメータ調整決定モジュールであって、上記第1電力は、上記UEが上記基地局の上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、電力パラメータ調整決定モジュールと、
上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを上記UEに送信するよう構成された電力パラメータ調整モジュールであって、これにより、上記UEは上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、電力パラメータ調整モジュールとを、
備える、
装置。
(項目23)
上記電力パラメータ調整決定モジュールは、
上記第1電力(P)と、上記UEが上記セルにアクセスする前に上記ランダムアクセスプリアンブルを送信する上記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、 上記第2電力(P)に従って、上記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成され、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、上記第2電力(P)は上記UEが上記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
項目22に記載の装置。
(項目24)
上記電力パラメータ調整決定モジュールは、上記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、上記基地局によって上記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
上記電力パラメータ調整モジュールは、上記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである、
項目23に記載の装置。
(項目25)
アップリンク電力制御装置であって、
基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成された電力パラメータ受信モジュールと、
受信された調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成されたアップリンク信号送信モジュールとを、
備え、
上記UEレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、上記UEに送信される上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、ユーザ機器UEが上記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、上記基地局は上記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
上記第1電力は、上記UEが上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
装置。
(項目26)
上記アップリンク信号送信モジュールは、受信された上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの上記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて上記アップリンク信号を上記電力で送信するよう特に構成される、
項目25に記載の装置。
(項目27)
プロセッサおよび送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
上記プロセッサは、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成され、
上記第1アクセス数は、上記基地局のセルのサービスエリア内の複数のユーザ機器UEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、
上記送信機は、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータを上記セルの上記サービスエリア内のUEに送信するよう構成され、これにより、上記セルの上記サービスエリア内の上記UEは、上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、
装置。
(項目28)
上記プロセッサは、上記第1アクセス数と上記第2アクセス数との比に従って、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成される、
項目27に記載の装置。
(項目29)
上記プロセッサは、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、x=a/(a+b)である上記比(x)を計算し、
上記比(x)が予め設定された第1閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され
上記送信機は、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を減少させるよう特に構成される、
項目28に記載の装置。
(項目30)
上記送信機は、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第1調整ステップずつ減少させるよう特に構成される、
項目29に記載の装置。
(項目31)
上記プロセッサは、上記第1アクセス数(a)及び上記第2アクセス数(b)に従って、y=b/(a+b)である上記比(y)を計算し、
上記比(y)が予め設定された第2閾値より大きい又はこれと等しい場合に、上記セルレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され
上記送信機は、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの値を増加させるよう特に構成される、
項目28に記載の装置。
(項目32)
上記送信機は、上記セルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を予め設定された第2調整ステップずつ増加させるよう特に構成される、
項目31に記載の装置。
(項目33)
受信機及び送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
上記受信機は、基地局によって送信されたセルレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成され、
上記セルレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がセルレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、セルのサービスエリア内のUEに送信される調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータであり、
上記基地局は、第1アクセス数及び第2アクセス数に従って、上記セルレベルアップリンク電力パラメータを調整するか否かを決定し、上記第1アクセス数は、上記基地局の上記セルの上記サービスエリア内の複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを1回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、上記第2アクセス数は、上記セルの上記サービスエリア内の上記複数のUEがランダムアクセスプリアンブルを少なくとも2回送信することによって上記セルにアクセスする回数であり、
上記送信機は、受信された上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成される、
装置。
(項目34)
上記送信機は、受信された上記調整済みセルレベルアップリンク電力パラメータの上記値を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて上記アップリンク信号を上記電力で送信するよう特に構成される、
項目33に記載の装置。
(項目35)
プロセッサおよび送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
上記プロセッサは、第1電力と、ユーザ機器UEがセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう構成され、
上記第1電力は、上記UEが上記基地局の上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力であり、
上記送信機は、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整することが決定された場合に、上記UEレベルアップリンク電力パラメータを調整して、調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータを上記UEに送信するよう構成され、これにより、上記UEは上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータに従って、アップリンク信号を送信する、
装置。
(項目36)
上記プロセッサは、
上記第1電力(P)と、上記UEが上記セルにアクセスする前に上記ランダムアクセスプリアンブルを送信する上記合計回数(n)とに従って、第2電力(P)を計算し、 上記第2電力(P)に従って、上記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきか否かを決定するよう特に構成され、
=P+(n−1)×Sであり、Sは予め設定された調整ステップであり、上記第2電力(P)は上記UEが上記セルにアクセスする前に最後のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力である、
項目35に記載の装置。
(項目37)
上記プロセッサは、上記第2電力(P)がセルレベルアップリンク電力パラメータPcellと等しくない場合に、上記基地局によって上記UEレベルアップリンク電力パラメータが調整されるべきであると決定するよう特に構成され、
上記送信機は、上記UEレベルアップリンク電力パラメータの値PueをPue'に調整するよう特に構成され、Pue'=P−Pcellである、
項目36に記載の装置。
(項目38)
受信機及び送信機を備えるアップリンク電力制御装置であって、
上記受信機は、基地局によって送信されたUEレベルアップリンク電力パラメータを受信するよう構成され、
上記UEレベルアップリンク電力パラメータは、上記基地局がUEレベルアップリンク電力パラメータを調整すると決定した場合に、上記UEに送信される調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータであり、
第1電力と、ユーザ機器である上記UEが上記基地局のセルにアクセスする前にランダムアクセスプリアンブルを送信する合計回数とに従って、上記基地局は上記UEレベル電力パラメータを調整するか否かを決定し、
上記第1電力は、上記UEが上記セルにアクセスする前に初回のランダムアクセスプリアンブルを送信する際の電力であり、
上記送信機は、受信された上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの値に従って、アップリンク信号を送信するよう構成される、
装置。
(項目39)
上記送信機は、受信された上記調整済みUEレベルアップリンク電力パラメータの上記値と、受信されたセルレベルアップリンク電力パラメータの値との合計を、上記アップリンク信号を送信するための電力として用いて上記アップリンク信号を上記電力で送信するよう特に構成される、
項目38に記載の装置。
【手続補正36】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図5
【補正方法】変更
【補正の内容】
図5
【手続補正37】
【補正対象書類名】図面
【補正対象項目名】図6
【補正方法】変更
【補正の内容】
図6
【国際調査報告】