特開2018-203538(P2018-203538A)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ 株式会社リコーの特許一覧
<>
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000003
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000004
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000005
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000006
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000007
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000008
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000009
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000010
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000011
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000012
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000013
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000014
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000015
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000016
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000017
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000018
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000019
  • 特開2018203538-搬送装置、及び、画像形成装置 図000020
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】公開特許公報(A)
(11)【公開番号】特開2018-203538(P2018-203538A)
(43)【公開日】2018年12月27日
(54)【発明の名称】搬送装置、及び、画像形成装置
(51)【国際特許分類】
   B65H 9/12 20060101AFI20181130BHJP
   B65H 9/00 20060101ALI20181130BHJP
   B65H 7/14 20060101ALI20181130BHJP
   B65H 5/06 20060101ALI20181130BHJP
【FI】
   B65H9/12
   B65H9/00 A
   B65H9/00 J
   B65H7/14
   B65H5/06 J
【審査請求】未請求
【請求項の数】18
【出願形態】OL
【全頁数】32
(21)【出願番号】特願2018-86718(P2018-86718)
(22)【出願日】2018年4月27日
(31)【優先権主張番号】特願2017-111992(P2017-111992)
(32)【優先日】2017年6月6日
(33)【優先権主張国】JP
(71)【出願人】
【識別番号】000006747
【氏名又は名称】株式会社リコー
(74)【代理人】
【識別番号】100117215
【弁理士】
【氏名又は名称】北島 有二
(72)【発明者】
【氏名】中村 彰吾
(72)【発明者】
【氏名】藤田 雄大
(72)【発明者】
【氏名】下平 知輝
【テーマコード(参考)】
3F048
3F049
3F102
【Fターム(参考)】
3F048AA01
3F048AB01
3F048BA20
3F048BA22
3F048BB02
3F048BB08
3F048BB09
3F048CC02
3F048DA06
3F048DB07
3F048DC15
3F048EB32
3F049AA02
3F049DA12
3F049DB01
3F049EA10
3F049EA22
3F049EA27
3F049LA01
3F049LB03
3F102AA06
3F102AA11
3F102AB01
3F102BA02
3F102BB04
3F102BB08
3F102CA03
3F102CB01
3F102CB06
3F102EA03
3F102FA03
3F102FA04
3F102FA08
(57)【要約】      (修正有)
【課題】搬送されるシートの反射率に関わりなく、シートの姿勢を高精度に補正することができる、搬送装置、及び、画像形成装置を提供する。
【解決手段】搬送経路においてシートの姿勢を光学的に検知する検知手段や、挟持ローラ対(ローラ対)によってシートが搬送されている間に所定の時間間隔で検知手段の検知結果に基いて第2駆動モータ(回動手段)や第3駆動モータ(移動手段)を稼働して挟持ローラ対の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)をおこなう制御部(制御手段)が設けられている。そして、制御部は、搬送されるシートの反射率に応じて、検知手段の発光時間、再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)、検知手段の発光強度、挟持ローラ対によってシートを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、再補正動作をおこなう。
【選択図】図10
【特許請求の範囲】
【請求項1】
搬送経路においてシートを搬送する搬送装置であって、
前記搬送経路においてシートを挟持した状態で搬送するローラ対と、
前記搬送経路においてシートの姿勢を光学的に検知する検知手段と、
前記ローラ対をシート搬送面内に平行な方向に回動可能に構成された回動手段と、
前記ローラ対によってシートが搬送されている間に、所定の時間間隔で前記検知手段の検知結果に基いて前記回動手段を稼働して前記ローラ対の姿勢を補正する補正動作をおこなう制御手段と、
を備え、
前記制御手段は、搬送されるシートの反射率に応じて、前記検知手段の発光時間、前記補正動作をおこなう前記時間間隔、前記検知手段の発光強度、前記ローラ対によってシートを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、前記補正動作をおこなうことを特徴とする搬送装置。
【請求項2】
前記制御手段は、
前記ローラ対の位置にシートが搬送される前に、前記検知手段の検知結果に基いて、当該シートのスキュー量に対応して当該シートに正対するように前記回動手段によって前記ローラ対を回動基準位置から回動して、
その後に、当該シートを挟持した状態の前記ローラ対を、前記スキュー量が補正されるように前記回動手段によって前記回動基準位置に回動することを特徴とする請求項1に記載の搬送装置。
【請求項3】
前記制御手段は、前記シートを挟持した状態の前記ローラ対を前記回動手段によって前記回動基準位置に回動した後に、前記補正動作を再補正動作として繰り返すことを特徴とする請求項2に記載の搬送装置。
【請求項4】
前記ローラ対を幅方向に移動可能に構成された移動手段を備え、
前記制御手段は、前記ローラ対によってシートが搬送されている間に、所定の時間間隔で前記検知手段の検知結果に基いて、前記回動手段を稼働して前記補正動作をおこなうとともに、前記移動手段を稼働して前記補正動作をおこなうことを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項5】
搬送経路においてシートを搬送する搬送装置であって、
前記搬送経路においてシートを挟持した状態で搬送するローラ対と、
前記搬送経路においてシートの姿勢を光学的に検知する検知手段と、
前記ローラ対を幅方向に移動可能に構成された移動手段と、
前記ローラ対によってシートが搬送されている間に、所定の時間間隔で前記検知手段の検知結果に基いて前記移動手段を稼働して前記ローラ対の姿勢を補正する補正動作をおこなう制御手段と、
を備え、
前記制御手段は、搬送されるシートの反射率に応じて、前記検知手段の発光時間、前記補正動作をおこなう前記時間間隔、前記検知手段の発光強度、前記ローラ対によってシートを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、前記補正動作をおこなうことを特徴とする搬送装置。
【請求項6】
前記制御手段は、
前記ローラ対の位置にシートが搬送される前に、前記検知手段の検知結果に基いて、当該シートの幅方向の位置ズレ量に対応して前記移動手段によって前記ローラ対を移動基準位置から幅方向に移動して、
その後に、当該シートを挟持した状態の前記ローラ対を、前記位置ズレ量が補正されるように前記移動手段によって前記移動基準位置に移動することを特徴とする請求項5に記載の搬送装置。
【請求項7】
前記制御手段は、前記シートを挟持した状態の前記ローラ対を前記移動手段によって前記移動基準位置に移動した後に、前記補正動作を再補正動作として繰り返すことを特徴とする請求項6に記載の搬送装置。
【請求項8】
前記ローラ対をシート搬送面内に平行な方向に回動可能に構成された回動手段を備え、
前記制御手段は、前記ローラ対によってシートが搬送されている間に、所定の時間間隔で前記検知手段の検知結果に基いて、前記移動手段を稼働して前記補正動作をおこなうとともに、前記回動手段を稼働して前記補正動作をおこなうことを特徴とする請求項5〜請求項7のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項9】
前記制御手段は、反射率が小さなシートが搬送される場合には、反射率が大きなシートが搬送される場合に比べて、前記発光時間を長く設定することを特徴とする請求項1〜請求項8のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項10】
前記制御手段は、反射率が小さなシートが搬送される場合には、反射率が大きなシートが搬送される場合に比べて、前記補正動作をおこなう前記時間間隔を長く設定することを特徴とする請求項1〜請求項9のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項11】
前記制御手段は、反射率が小さなシートが搬送される場合には、反射率が大きなシートが搬送される場合に比べて、前記発光強度を強く設定することを特徴とする請求項1〜請求項10のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項12】
前記制御手段は、反射率が小さなシートが搬送される場合には、反射率が大きなシートが搬送される場合に比べて、前記搬送速度を遅く設定することを特徴とする請求項1〜請求項11のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項13】
前記検知手段は、
前記ローラ対に対して搬送方向上流側の位置でシートの姿勢を光学的に検知する第1検知手段と、
前記ローラ対に対して搬送方向下流側の位置でシートの姿勢を光学的に検知する第2検知手段と、
であることを特徴とする請求項1〜請求項12のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項14】
前記ローラ対に対して搬送方向下流側の位置に配設されて、前記ローラ対によって挟持・搬送されたシートを挟持・搬送する下流側搬送ローラ対を備え、
前記制御手段は、補正されているシートが前記下流側搬送ローラ対の位置に達する直前まで前記補正動作を繰り返しおこなうことを特徴とする請求項1〜請求項13のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項15】
搬送されるシートの反射率が前記検知手段によって検知されて、その検知結果に基いて前記制御手段によって前記補正動作における設定が変更されることを特徴とする請求項1〜請求項14のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項16】
搬送されるシートの反射率がユーザーによる入力情報に基いて検知されて、その検知結果に基いて前記制御手段によって前記補正動作における設定が変更されることを特徴とする請求項1〜請求項14のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項17】
前記制御手段は、通常の搬送工程がおこなわれていないタイミングで、前記補正動作における設定を変更することを特徴とする請求項1〜請求項16のいずれかに記載の搬送装置。
【請求項18】
請求項1〜請求項17のいずれかに記載の搬送装置を備えたことを特徴とする画像形成装置。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、シートを搬送する搬送装置と、それを備えた複写機、プリンタ、ファクシミリ、又はそれらの複合機やオフセット印刷機等の画像形成装置と、に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から、複写機やプリンタ等の画像形成装置では、搬送経路において搬送方向に間隔をあけて複数のCIS(コンタクト・イメージ・センサ)などの検知手段を設置して、それらの検知結果に基いて、シートの傾き方向のスキュー(斜行)を補正したり、シートの幅方向(搬送方向に直交する方向である。)の位置(以後、適宜に「横レジスト」と呼ぶ。)のズレを正規の位置に補正する技術が知られている(例えば、特許文献1参照。)。
【0003】
詳しくは、特許文献1における画像形成装置には、シートを挟持・搬送しながら傾き方向に回動したり幅方向に移動したりできるように構成された挟持ローラ対が設けられている。また、挟持ローラ対の上流側には2つのCIS(第1検知手段)が搬送経路に沿うように並設されて、挟持ローラ対の下流側には1つのCIS(第2検知手段)が設置されている。これらのCISは、それぞれ、その位置を通過するシートの傾き方向や幅方向の姿勢を検知するものである。
そして、挟持ローラ対は、シートを挟持・搬送しながら、上流側の2つのCISによって検知された検知結果に基いて、傾き方向に回動してスキュー補正(斜行補正)をおこなうとともに、幅方向に移動して横レジスト補正をおこなっている。その後、挟持ローラ対は、スキュー補正と横レジスト補正とがされたシートを挟持・搬送しながら、挟持ローラ対に対して上流側のCISと下流側のCISとによって検知された検知結果に基いて、傾き方向に回動してさらにスキュー補正をおこなうとともに、幅方向に移動してさらに横レジスト補正をおこなっている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上述した従来の搬送装置は、挟持ローラ対でシートを挟持・搬送しながら、そのシートの傾き方向や幅方向の姿勢を1度補正した後に、再び補正(再補正)しているため、シートの姿勢が精度良く補正される効果が大いに期待できる。
しかし、従来の搬送装置は、色が異なるなどして反射率の異なるシートが搬送される場合に、シートの姿勢を精度良く補正できなくなる可能性があった。
【0005】
この発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、搬送されるシートの反射率に関わりなく、シートの姿勢を高精度に補正することができる、搬送装置、及び、画像形成装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明における搬送装置は、搬送経路においてシートを搬送する搬送装置であって、前記搬送経路においてシートを挟持した状態で搬送するローラ対と、前記搬送経路においてシートの姿勢を光学的に検知する検知手段と、前記ローラ対をシート搬送面内に平行な方向に回動可能に構成された回動手段と、前記ローラ対によってシートが搬送されている間に、所定の時間間隔で前記検知手段の検知結果に基いて前記回動手段を稼働して前記ローラ対の姿勢を補正する補正動作をおこなう制御手段と、を備え、前記制御手段は、搬送されるシートの反射率に応じて、前記検知手段の発光時間、前記補正動作をおこなう前記時間間隔、前記検知手段の発光強度、前記ローラ対によってシートを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、前記補正動作をおこなうものである。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、搬送されるシートの反射率に関わりなく、シートの姿勢を高精度に補正することができる、搬送装置、及び、画像形成装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1】この発明の実施の形態1における画像形成装置を示す全体構成図である。
図2】搬送装置を示す概略図である。
図3】搬送装置の一部を示す上面図である。
図4】搬送装置の要部を示す斜視図である。
図5】第1の補正を示す制御フローである。
図6】制御部を示すブロック図である。
図7】第2の補正を示す制御フローである。
図8】搬送装置の動作を示す概略図である。
図9図5に続く搬送装置の動作を示す概略図である。
図10】搬送装置における再補正動作時の制御を示すフローチャートである。
図11】異なる反射率(色)のシートが搬送されたときに、再補正動作時における設定を変更される状態を示す図である。
図12】異なる反射率(色)のシートが搬送されたときに、再補正動作時の搬送速度が変更される状態を示す図である。
図13】調整モード時の制御を示すフローチャートである。
図14】2つのCISと、幅方向と傾き方向とに位置ズレしたシートと、を示す概略図である。
図15】この発明の実施の形態2における搬送装置において、異なる反射率(色)のシートが搬送されたときに、再補正動作時における設定を変更される状態を示す図である。
図16】変形例としての搬送装置において、異なる反射率(色)のシートが搬送されたときに、再補正動作時における設定を変更される状態を示す図である。
図17】この発明の実施の形態3における画像形成装置を示す全体構成図である。
図18】この発明の実施の形態4における画像形成装置を示す全体構成図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、この発明を実施するための形態について、図面を参照して詳細に説明する。なお、各図中、同一又は相当する部分には同一の符号を付しており、その重複説明は適宜に簡略化ないし省略する。
【0010】
<実施の形態1>
まず、図1にて、画像形成装置における全体の構成・動作について説明する。
図1において、1は画像形成装置としての複写機、2は原稿Dの画像情報を光学的に読み込む原稿読込部、3は原稿読込部2で読み込んだ画像情報に基いた露光光Lを感光体ドラム5の表面に照射する露光部、4は像担持体としての感光体ドラム5の表面にトナー像(画像)を形成する作像部、を示す。
また、7は感光体ドラム5の表面に形成されたトナー像をシートPに転写する転写部としての転写ローラ、10はセットされた原稿Dを原稿読込部2に搬送する原稿搬送部、12〜14は用紙等のシートP(記録媒体)が収納された給紙部(給紙カセット)、20はシートP上の未定着画像を定着する定着装置、21は定着装置20に設置された定着ローラ、22は定着装置20に設置された加圧ローラ、を示す。
また、30はシートPを搬送経路に沿って搬送する搬送装置、31は転写ローラ7(転写ニップ部)に向けてシートPを搬送するレジストローラ(タイミングローラ)として機能するローラ対としての挟持ローラ対(横レジスト・スキュー補正ローラ)、を示す。
【0011】
図1を参照して、画像形成装置における、通常の画像形成時の動作について説明する。
まず、原稿Dは、原稿搬送部10の搬送ローラによって、原稿台から図中の矢印方向に搬送されて、原稿読込部2上を通過する。このとき、原稿読込部2では、上方を通過する原稿Dの画像情報が光学的に読み取られる。
そして、原稿読込部2で読み取られた光学的な画像情報は、電気信号に変換された後に、露光部3(書込部)に送信される。そして、露光部3からは、その電気信号の画像情報に基づいた露光光L(レーザ光)が、作像部4の感光体ドラム5の表面に向けて発せられる。
【0012】
一方、作像部4において、感光体ドラム5は図1の時計方向に回転しており、所定の作像プロセス(帯電工程、露光工程、現像工程)を経て、感光体ドラム5上に画像情報に対応した画像(トナー像)が形成される。
その後、感光体ドラム5の表面に形成された画像は、転写ローラ7と感光体ドラム5とが当接する転写ニップ部で、レジストローラとして機能する挟持ローラ対31(ローラ対)により搬送されたシートP上に転写される。
【0013】
一方、図1及び図2を参照して、転写ローラ7(転写ニップ部)の位置に搬送されるシートPは、次のように動作する。
まず、画像形成装置本体1の複数の給紙部12〜14のうち、1つの給紙部が自動又は手動で選択される(例えば、装置本体1に内設された給紙部12が選択されたものとする。)。
そして、給紙部12に収納されたシートPの最上方の1枚が、給紙ローラ41によって、第1搬送ローラ対42、第2搬送ローラ対43が設置された湾曲搬送経路に向けて給送される。
【0014】
その後、シートPは、湾曲搬送経路から合流部X(装置本体1の外部に設置された2つの給紙部13、14からの搬送経路が合流する部分である。)の位置を通過した後に、第3搬送ローラ対44(上流側搬送ローラ対)、整合部51が設置された直線搬送経路を通過して、整合部51を構成する挟持ローラ対31の位置に達する。そして、整合部51を構成する挟持ローラ対31によって、スキュー補正と横レジスト補正とがおこなわれて、さらに感光体ドラム5上に形成された画像と位置合わせをするためにタイミングを合わせて転写ローラ7(転写ニップ部)の位置に向けて搬送される。
なお、転写ローラ7と感光体ドラム5とは、それぞれ、矢印で示す搬送方向に沿うように回転していて、挟持ローラ対31(ローラ対)に対して搬送方向下流側に配置されてシートPを挟持・搬送する下流側搬送ローラ対としても機能することになる。
【0015】
そして、転写工程後のシートPは、転写ローラ7(転写ニップ部)の位置を通過した後に、搬送経路を経て定着装置20に達する。定着装置20に達したシートPは、定着ローラ21と加圧ローラ22との間に送入されて、定着ローラ21から受ける熱と双方の部材21、22から受ける圧力とによって画像が定着される。画像が定着されたシートPは、定着ローラ21と加圧ローラ22との間(ニップ部である。)から送出された後に、画像形成装置本体1から排出される。
こうして、一連の画像形成プロセス(画像形成動作)が完了する。
【0016】
ここで、図2を参照して、本実施の形態1における画像形成装置1は、3つの給紙部12〜14からシートPを転写ローラ7(転写ニップ部)の位置に向けて給送できるように構成されている。
また、搬送装置30に設置された搬送ローラ対42〜44(符号を付していない搬送ローラ対も含む。)は、いずれも、駆動ローラ(駆動機構によって回転駆動されるローラである。)と従動ローラ(駆動ローラとの摩擦抵抗によって従動回転するローラである。)とからなるローラ対であって、シートPを2つのローラで挟持しながら搬送できるように構成されている。また、転写ローラ7は、所定の転写バイアスが印可された状態で、転写ニップ部において感光体ドラム5に当接して、図中の反時計方向に回転して感光体ドラム5との間に挟持されたシートPを搬送しながら、感光体ドラム5に担持された画像をシートPに転写することになる。
【0017】
ここで、第1の給紙部12からの搬送経路と、第2、第3の給紙部13、14からの搬送経路と、が合流する合流部Xから、転写ローラ7(転写ニップ部)の位置までの搬送経路として、シートPの搬送方向に沿って略直線状に形成された直線搬送経路が設けられている。この直線搬送経路は、直線搬送ガイド板(搬送されるシートPの表裏面を挟むように設置されたガイド板である。)によって形成されていて、搬送方向に沿って第3搬送ローラ対44(上流側搬送ローラ対)、上流側第1CIS35、上流側第2CIS36、挟持ローラ対31(整合部51)、下流側CIS37、が設置されている。第3搬送ローラ対44と挟持ローラ対31とは、いずれも、駆動ローラと従動ローラとからなるローラ対であって、シートPを2つのローラで挟持しながら搬送することになる。そして、挟持ローラ対31は、スキュー補正(搬送方向に対して傾斜した傾き方向の位置ズレに対する補正である。)と横レジスト補正(幅方向の位置ズレに対する補正である。)との整合動作をおこなうための整合部51としても機能することになるが、これについては後で詳しく説明する。
【0018】
次に、図2図9等を用いて、搬送装置30について詳しく説明する。
以下、主として、合流部Xから転写ローラ7(転写ニップ部)に至る搬送経路における構成やそこでおこなわれる動作について説明する。
図2及び図3を参照して、搬送装置30には、シートPの直線搬送経路(合流部Xから転写ローラ7に至る搬送経路である。)に沿って、第3搬送ローラ対44(上流側搬送ローラ対)、第1検知手段としての2つのCIS(上流側第1CIS35、上流側第2CIS36)、整合部51として機能するとともにレジストローラとしても機能する挟持ローラ対31(ローラ対)、第2検知手段としての下流側CIS37、が設置されている。
3つのCIS35〜37(検知手段)は、いずれも、幅方向(図2の紙面垂直方向で合って、図3の上下方向である。)に並設された複数のフォトセンサからなるコンタクト・イメージ・センサであって、その位置を通過するシートPの側端部Pa(エッジ部)を光学的に検知するものである。
このように、本実施の形態1における搬送装置30には、搬送経路において所定の搬送方向に搬送されるシートPの側端部Paを検知するCISが、搬送方向に間隔をあけて複数設置されている。
【0019】
ここで、ローラ対としての挟持ローラ対31は、第1駆動手段としての第1駆動モータ61によって回転駆動されて、シートPをニップ部に挟持した状態で搬送する。また、挟持ローラ対31(ローラ対)は、回動手段(第2駆動手段)によってシート搬送面内に平行な方向(以下、適宜に「傾き方向」という。)に回動可能に構成されるとともに、移動手段(第3駆動手段)によって幅方向に移動可能に構成されている。
【0020】
詳しくは、ローラ対としての挟持ローラ対31は、幅方向に複数分割されたローラ部を有するローラ対であって、駆動手段(第1駆動手段)としての第1駆動モータ59(図4を参照できる。)によって回転駆動される駆動ローラ31aと、駆動ローラ31aの回転に従動して回転する従動ローラ31bと、で構成されている。挟持ローラ対31(ローラ対)は、シートPを挟持した状態で回転することによってシートPを搬送可能に形成されている。
なお、本実施の形態1では、挟持ローラ対31として、幅方向に複数分割されたローラ部を有するローラ対を用いたが、幅方向に分割されずに幅方向にわたって延在するローラ部を有するローラ対を用いることもできる。
【0021】
また、挟持ローラ対31(ローラ対)は、傾き方向に回動(図3の両矢印W方向の回動であって、シート搬送面内に平行な方向である。)できるように形成されるとともに、幅方向(図3の破線両矢印S方向である。)に移動できるように形成されている。
【0022】
さらに詳しくは、図4を参照して、ローラ対としての挟持ローラ対31(駆動ローラ31a及び従動ローラ31b)は、駆動手段(第1駆動手段)としての第1駆動モータ59によって回転駆動されて、シートPを挟持した状態で搬送する。
具体的に、第1駆動モータ59(第1駆動手段)は、搬送装置30(画像形成装置1)のフレームに固定して設置されている。第1駆動モータ59は、そのモータ軸に設置された駆動ギア59aが、ベース部71(フレーム)の起立部71bに回転可能に保持されたフレーム側回転軸76のギア部76a(幅方向に充分長い歯幅となるように形成されている。)に噛合していて、フレーム側回転軸76を図4の矢印Q方向に回転駆動する。そして、フレーム側回転軸76が回転駆動されると、その回転駆動力がカップリング75を介して、駆動ローラ31aの回転軸に伝達されて駆動ローラ31aが回転して、それに従動して従動ローラ31bも回転することになる。
ここで、駆動ローラ31aの回転軸と、フレームに保持されたフレーム側回転軸76と、の間に介在されたカップリング75は、等速ジョイント、ユニバーサルジョイント等のカップリング(軸継ぎ手)であって、後述する第2駆動モータ62の駆動によって挟持ローラ対31が保持部材72とともに回動して、駆動ローラ31aの回転軸とフレーム側回転軸76との軸角度が変化しても回転速度に変化が生じることなく回転駆動力が伝達されるものである。
【0023】
また、挟持ローラ対31は、略矩形枠体状の保持部材72(可動部材)によって、回転可能に保持されるとともに、幅方向に移動可能に保持されている。具体的に、駆動ローラ31aと従動ローラ31bとは、それぞれ、回転軸の幅方向両端部が軸受(保持部材72に固設されている。)を介して、保持部材72に回転可能に保持されている。また、駆動ローラ31aと従動ローラ31bとは、それぞれ、保持部材72において幅方向(回転軸方向)に移動可能に保持されている。特に、保持部材72の一端側の支柱部72bとギア部72aとの間には充分な空隙が設けられていて、駆動ローラ31aと従動ローラ31bとが幅方向一端側にスライド移動しても、それらの回転軸がギア部72aに干渉しないように構成されている。
また、保持部材72は、搬送装置30(画像形成装置1)のフレームの一部として機能するベース部71に対して、軸部71aを中心にして回動可能に支持されている。さらに、ベース部71の幅方向一端側には回動手段(第2駆動手段)としての第2駆動モータ62(回動モータ)が固定して設置されていて、この第2駆動モータ62のモータ軸62aに形成されたギアが、保持部材72の幅方向一端側に形成されたギア部72aに噛合するように形成されている。これにより、第2駆動モータ62の正逆方向の回転駆動によって、保持部材72とともに挟持ローラ対31が軸部71aを中心にして回動(図3図4の両矢印W方向の回動である。)することになる。この第2駆動モータ62(回動手段)は、後述するCIS35〜37の検知結果に基いて、挟持ローラ対31とともに保持部材72を傾き方向に回動可能に構成されたものである。なお、第2駆動モータ62(回動モータ)のモータ軸には、公知のエンコーダが設置されていて、挟持ローラ対31の基準位置に対する傾き方向の回動量や回動方向が間接的に検知されるように構成されている。これにより、CIS35〜37の検知結果に基いた挟持ローラ対31によるスキュー補正が可能になる。
このように、第2駆動モータ62、保持部材72などの構成部材が、ローラ対としての挟持ローラ対31をシート搬送面内において平行な方向(搬送方向に対して傾斜する傾き方向)に回動する回動手段(回動機構)として機能することになる。
なお、本実施の形態1では、挟持ローラ対31(保持部材72)が幅方向の中央位置を中心にして回動するように構成したが、挟持ローラ対31(保持部材72)が幅方向の端部側の位置を中心にして回動するように構成することもできる。
【0024】
また、ベース部71(フレーム)に回転可能に保持されたフレーム側回転軸76の幅方向他端側には、移動手段(第3駆動手段)としての第3駆動モータ63(シフトモータ)のモータ軸63aに形成されたピニオンギアに噛合するラックギア部78が、フレーム側回転軸76に対して相対的に回転可能に設置されている。ラックギア部78は、フレームに形成された案内レールに沿って、非回転で幅方向(図4の両矢印S方向である。)にフレーム側回転軸76とともにスライド移動できるように、フレームに保持されている。ここで、第3駆動モータ63(移動手段)は、第1、第2駆動モータ59、62と同様に、搬送装置30(画像形成装置1)のフレームに固定して設置されている。
一方、カップリング75と、保持部材72における他端側の支柱部と、の間には、駆動ローラ31aと従動ローラ31bとが互いに連動して幅方向に移動するように双方のローラ31a、31bを回転可能に連結した連結部材73が設けられている。具体的に、連結部材73は、駆動ローラ31aの回転軸と従動ローラ31bの回転軸とにそれぞれ形成された溝部に設置された止め輪81によって挟持されていて、駆動ローラ31aが幅方向に移動すると、それに連動して従動ローラ31bも同じ距離だけ幅方向に移動するように構成されている。
このような構成により、第3駆動モータ63の正逆方向の回転駆動によって、挟持ローラ対31が幅方向(図4の両矢印S方向であって、図2の紙面垂直方向、図3の上下方向である。)に移動することになる。この第3駆動モータ63(移動手段)は、後述するように、CIS33〜37の検知結果に基いて、フレーム側回転軸76とともに挟持ローラ対31を幅方向に移動可能に構成されたものである。
なお、第3駆動モータ63(シフトモータ)のモータ軸には、公知のエンコーダが設置されていて、挟持ローラ対31の基準位置に対する幅方向の移動量や移動方向が間接的に検知されるように構成されている。これにより、CIS35〜37の検知結果に基いた挟持ローラ対31による横レジスト補正が可能になる。
このように、第3駆動モータ63、ラックギア部78、フレーム側回転軸76、カップリング75、連結部材73、保持部材72などの構成部材が、挟持ローラ対31を幅方向に移動する移動手段(移動機構)として機能することになる。
【0025】
そして、挟持ローラ対31は、シートPを挟持した状態で搬送しながら、3つのCIS35〜37のうち2つのCISの検知結果に基いて保持部材72とともに傾き方向に回動することで、シートPの位置ズレ量を複数回にわたって補正することになる。すなわち、挟持ローラ対31は、搬送経路において搬送されるシートPを傾き方向(シート搬送面内において平行な方向)に変位させてシートPのスキュー補正(斜行補正)をおこなう手段として機能するものである。
さらに、挟持ローラ対31は、シートPを挟持した状態で搬送しながら、3つのCIS35〜37のうち2つのCISの検知結果に基いて幅方向に移動することで、シートPの幅方向の位置ズレ量を複数回にわたって補正することになる。すなわち、挟持ローラ対31は、搬送経路において搬送されるシートPを幅方向に変位させてシートPの横レジスト補正をおこなう手段としても機能するものである。
【0026】
ここで、第3搬送ローラ対44は、挟持ローラ対31に対して上流側(搬送方向上流側)の位置に設置されている。第3搬送ローラ対44は、シートPを挟持した状態で回転することによってシートPを搬送可能に形成されるとともに、シートPを挟持した状態と挟持しない状態とを切り替えられるように離間可能に形成された搬送ローラ対である。そして、第3搬送ローラ対44は、シートPが挟持ローラ対31の位置に達して挟持ローラ対31によって挟持・搬送される状態になると、シートPを挟持した状態から挟持しない状態に切り替えられることになる。
【0027】
また、本実施の形態1において、挟持ローラ対31は、下流側搬送ローラ対としての転写ローラ7(及び、感光体ドラム5)に対して搬送経路の上流側の位置に配設されていてレジストローラとしても機能する搬送ローラ対であって、シートPを挟持した状態で回転することによってシートP(挟持ローラ対31自身によってスキュー補正・横レジスト補正がされた後のシートPである。)を転写ニップ部に向けて搬送する。
ここで、挟持ローラ対31(駆動ローラ31a)を回転駆動する第1駆動モータ59は、回転数可変型の駆動モータであって、シートPの搬送速度を変更できるように形成されている。そして、紙検知センサ(フォトセンサ)によって挟持ローラ対31の位置にシートPが搬送されたタイミングが検知されると(挟持ローラ対31の位置にシートPが搬送されて、挟持ローラ対31によってシートPが挟持された状態が検知されると)、挟持ローラ対31によって所望の横レジスト補正とスキュー補正とがされて、さらに紙検知センサの検知結果(検知タイミング)に基いて挟持ローラ対31による搬送速度が変更される。すなわち、挟持ローラ対31によって転写ローラ7にシートPが搬送されるタイミングと、感光体ドラム5上に形成された画像が転写ローラ7に達するタイミングと、を合わせるように、挟持ローラ対31による搬送速度が変更される(転写ニップ部に向けて搬送されるシートPの搬送タイミングが調整される。)。これにより、挟持ローラ対31によってシートPの搬送を停止することなく、シートPの横レジスト補正とスキュー補正とをおこないながら、シートPの所望の位置に画像を転写することができる。
なお、挟持ローラ対31は、転写ニップ部にシートPの先端が達した直後に、感光体ドラム5との間に線速差が生じてシートP上に転写される画像に歪みが生じないように搬送速度が変更されることになる(感光体ドラム5との線速比が1になるように搬送速度が変更される)。
【0028】
図3を参照して、挟持ローラ対31(ローラ対)に対して搬送方向上流側の位置には、その位置でシートPの姿勢を光学的に検知する第1検知手段としての2つのCIS(上流側第1CIS35と、上流側第2CIS36と、である。)が設置されている。上流側第1CIS35は、挟持ローラ対31(ローラ対)の上流側であって、第3搬送ローラ対44の下流側に配設されている。上流側第2CIS36は、挟持ローラ対31(ローラ対)の上流側であって、上流側第1CIS35の下流側に配設されている。
また、挟持ローラ対に対して搬送方向下流側の位置には、その位置でシートPの姿勢を光学的に検知する第2検知手段としての下流側CIS37が設置されている。下流側CIS37(第2検知手段)は、挟持ローラ対31の下流側であって、転写ローラ7(下流側搬送ローラ対)の上流側に配設されている。
3つのCIS35〜37は、いずれも、幅方向に並設された複数のフォトセンサ(LED等の発光素子とフォトダイオード等の受光素子とからなる。)からなり、シートPの幅方向一端側の側端部Pa(エッジ部)の位置を検知するものである。すなわち、3つのCIS35〜37は、搬送経路においてシートPの姿勢を光学的に検知する検知手段として機能することになる。
【0029】
そして、本実施の形態1では、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)によって、搬送装置30の搬送経路において搬送されるシートPの幅方向の位置ズレ量(横レジスト量)が検知される。そして、その検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながら横レジスト補正がおこなわれる。
具体例として、図3を参照して、一点鎖線で示す正規位置(幅方向の位置ズレのない正規の位置である。)に対して、シートPが幅方向一端側(図3の下方である。)に距離αだけ位置ズレしている状態が、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)によって検知されると、制御手段としての制御部90(図6参照)によってその位置ズレ量αを補正量として、挟持ローラ対31でシートPを挟持・搬送した状態で挟持ローラ対31(保持部材72)を幅方向他端側(図3の上方である。)に距離αだけ移動させることになる(シフト制御がおこなわれる)。
【0030】
さらに詳しくは、上流側第1CIS35(又は、上流側第2CIS36)によって検知されたシートPの幅方向の位置ズレ量M1と、上流側第2CIS36(又は、下流側CIS37)によって検知されたシートPの幅方向の位置ズレ量M2と、の平均値((M1+M2)/2)に基いて、シートPの幅方向の位置ズレ量を検知する。そして、上述した平均値((M1+M2)/2)を補正すべき補正量αとして、その値αを相殺するように、挟持ローラ対31でシートPを挟持・搬送した状態で挟持ローラ対31(保持部材72)をシフト移動させることになる(シフト制御がおこなわれる)。
【0031】
さらに具体的に、演算部(制御部)では、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)による検知結果に基いて、幅方向の位置ズレ量αが計算されて、その位置ズレ量αに基いて第3駆動モータ63のエンコーダ(シフトモータエンコーダ)におけるカウント数p2(シフトモータエンコーダカウント数)が計算される。そして、このカウント数p2が第3駆動モータ63(シフトモータ)の「目標搬送エンコーダカウント数p2」として記憶される。そして、上述した「目標搬送エンコーダカウント数p2」に基いて、シフトモータエンコーダによるシフト位置の検知をおこないながら(フィードバック制御をおこないながら)、コントローラ(シフトコントローラ)によってモータドライバが制御されて第3駆動モータ63(シフトモータ)が駆動されることになる。
なお、「目標搬送エンコーダカウンタ数」の計算は、設計値からの計算などによって、1カウント(1パルス)あたりの補正量(搬送量)を予め調べておいて、それを演算部に記憶しておく。
【0032】
さらに、本実施の形態1では、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)によって、搬送装置30の搬送経路において搬送されるシートPの傾き方向の位置ズレ量(スキュー量)が検知される。そして、その検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながらスキュー補正がおこなわれる。
具体例として、図3を参照して、一点鎖線で示す正規位置(斜行のない正規の位置である。)に対して、シートPが正方向(回転方向の正方向)に角度βだけ斜行している状態が、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)によって検知されると、制御手段としての制御部90(図6参照)によってそのスキュー量βを補正量として、挟持ローラ対31によってシートPを挟持した状態で挟持ローラ対31(保持部材72)を逆方向(回転方向の逆方向であって、図3の時計方向である。)に角度βだけ回動させることになる(回動制御がおこなわれる)。
【0033】
さらに詳しくは、図14を参照して、上流側第1CIS35(又は、上流側第2CIS36)によって検知されたシートPの幅方向の位置ズレ量M1と、上流側第2CIS36(又は、下流側CIS37)によって検知されたシートPの幅方向の位置ズレ量M2と、の差(M2−M1)を、上流側第1CIS35(又は、上流側第2CIS36)と上流側第2CIS36(又は、下流側CIS37)との搬送方向の離間距離Hで除した値((M2−M1)/H)に基いて、シートPの傾き方向の位置ズレ量を検知する。そして、上述した値((M2−M1)/H)をtanβとして補正すべき補正角度βを求めて、その角度βを相殺するように、挟持ローラ対31でシートPを挟持・搬送した状態で挟持ローラ対31(保持部材72)を反対側に回動させることになる(回動制御がおこなわれる)。
なお、上述した幅方向の位置ズレ量M1、M2は、いずれも、一点鎖線Rで示す正規位置(幅方向の位置ズレのない正規の位置である。)からのズレ量である。
【0034】
さらに具体的に、演算部(制御部)では、上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36(又は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37)による検知結果に基いて、傾き方向の位置ズレ量βが計算されて、その位置ズレ量βに基いて第2駆動モータ62のエンコーダ(回動モータエンコーダ)におけるカウント数p1(回動モータエンコーダカウント数)が計算される。そして、このカウント数p1が第2駆動モータ62(回動モータ)の「目標搬送エンコーダカウント数p1」として記憶される。そして、上述した「目標搬送エンコーダカウント数p1」に基いて、回動モータエンコーダによる回動位置の検知をおこないながら(フィードバック制御をおこないながら)、コントローラ(回動コントローラ)によってモータドライバが制御されて第2駆動モータ62(回動モータ)が駆動されることになる。
【0035】
このように、本実施の形態1において、挟持ローラ対31は、シートPを搬送停止することなく、シートPを挟持した状態で、複数のCIS35〜37の検知結果に基いて、傾き方向に回動することでシートPの傾き方向のスキュー量を補正するとともに、幅方向に移動することでシートPの幅方向の位置ズレ量を補正するものである。
これにより、シートPの搬送を停止してスキュー補正や横レジスト補正を別々におこなう場合に比べて、装置の生産性を格段に向上させることができる。また、スキュー補正や横レジスト補正をおこなうときに、挟持ローラ対31において幅方向に複数設置されたローラ部同士に線速差が生じることはないため、薄紙や表面の摩擦係数が低いシートPが通紙される場合などであっても、シートPに撓みが生じたりスリップが生じたりすることはない。
【0036】
また、本実施の形態1では、搬送経路に沿うように配置された3つのCIS35〜37を用いて、挟持ローラ対31によってシートPのスキュー補正と横レジスト補正とをそれぞれ2段階でおこなっている。
詳しくは、挟持ローラ対31がシートPを挟持・搬送している状態で、上流側第1、第2CIS35、36によってシートPのスキュー量と横レジスト量が検知されて、その検知結果に基いて、シートPのスキュー補正がおこなわれ、それとほぼ同じタイミングでシートPの横レジスト補正がおこなわれる(これらの補正を適宜に「第1の補正」と呼ぶ。)。さらに、「第1の補正」がおこなわれた後に、挟持ローラ対31がシートPを挟持・搬送している状態で、上流側第2CIS36と下流側CIS37とによってシートPのスキュー量と横レジスト量が検知されて、その検知結果に基いて、シートPのスキュー補正がおこなわれ、それとほぼ同じタイミングでシートPの横レジスト補正がおこなわれる(これらの補正を適宜に「第2の補正(再補正)」と呼ぶ。)。
なお、「第2の補正(再補正)」では、第1検知手段(上流側第1CIS35、上流側第2CIS36のいずれかである。)と第2検知手段(下流側CIS37)とのそれぞれの検知結果に基いてシートPの傾き方向や幅方向の姿勢を補正する補正動作が、シートPの先端が転写ニップ部に達する直前まで可能な範囲で繰り返されるが、これについては後で詳しく説明する。
【0037】
ここで、本実施の形態1では、挟持ローラ対31の位置にシートが搬送される前に、第1検知手段(上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36)の検知結果に基いて、そのシートPのスキュー量に対応してシートPに正対するように第2駆動モータ62(回動手段)によって挟持ローラ対31を回動基準位置(傾き方向の位置ズレのない正規位置に対応する位置である。)から回動するとともに、そのシートPの幅方向の位置ズレ量に対応して第3駆動モータ63(移動手段)によって挟持ローラ対31を移動基準位置(幅方向の位置ズレのない正規位置に対応する位置である。)から幅方向に移動している。
その後に、そのシートPを挟持した状態の挟持ローラ対31を、スキュー量が補正されるように第2駆動モータ62(回動手段)によって回動基準位置に戻すように回動するとともに、幅方向の位置ズレ量が補正されるように第3駆動モータ63(移動手段)によって移動基準位置に戻すように移動している。
ここまでが、「第1の補正」となる。
【0038】
そして、その後に、「第2の補正(再補正)」として、後述する再補正動作が可能な範囲で繰り返されることになる。
すなわち、挟持ローラ対31によってシートPの姿勢(幅方向及び傾き方向の位置ズレ量)が補正された後のシートPの姿勢(幅方向及び傾き方向の位置ズレ量)が、挟持ローラ対31を上流側と下流側とで挟むように配置された第1検知手段(上流側第1CIS35と上流側第2CIS36とのいずれかである。)と第2検知手段(下流側CIS37)とによって検知される。そして、その検知結果に基いてシートPの姿勢(幅方向及び傾き方向の位置ズレ量)がさらに補正される。なお、本実施の形態1では、再補正時(第2の補正時)における第1検知手段として、上流側第1CIS35と上流側第2CIS36とのうち、上流側第2CIS36を用いている。
すなわち、再補正時(第2の補正時)において、挟持ローラ対31は、上流側第2CIS36及び下流側CIS37の検知結果に基いて、シートPの傾き方向の位置ズレ量をさらに補正するようにシートPを挟持した状態で上述した回動基準位置から回動するとともに、シートPの幅方向の位置ズレ量をさらに補正するようにシートPを挟持した状態で上述した移動基準位置から幅方向に移動することになる。
【0039】
このようにシートPが挟持ローラ対31に挟持される前の検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながら横レジスト補正とスキュー補正とを一度おこなった後に、上流側第2CIS36と下流側CIS37との検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながら横レジスト補正とスキュー補正とを再びおこなうのは、挟持ローラ対31のニップにシートPが突入するときのショックによって僅かながら横レジストの位置ズレや斜行が生じてしまう可能性があるとともに、挟持ローラ対31のローラ部に偏心があったり組み付け不良があったときなどに僅かながら横レジストの位置ズレや斜行が生じてしまう可能性があるためである。
これに対して、本実施の形態1では、挟持ローラ対31に挟持される前の検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながら横レジスト補正とスキュー補正とを一度おこなった後に、挟持ローラ対31に挟持された後の上流側第2CIS36と下流側CIS37との検知結果に基いて、挟持ローラ対31によってシートPを挟持・搬送しながら横レジスト補正とスキュー補正とを再びおこなっているため、上述したような可能性が制限されて、さらに高精度に横レジスト補正とスキュー補正とをおこなうことができる。
【0040】
ここで、本実施の形態1では、上流側第2CIS36と下流側CIS37とを第2の補正をおこなうための検知手段(第1検知手段及び第2検知手段)として機能させるときに、ほぼ連続的に検知される上流側第2CIS36と下流側CIS37との検知結果に基いてフィードバック制御によってシートPの幅方向及び傾き方向の位置ズレ量を補正している。すなわち、第2の補正は、2つのCIS36、37によってそれぞれシートPの位置情報が時々刻々と検知される。そして、それらの位置情報に基いてシートPの幅方向及び傾き方向の位置ズレ量が算出されて制御部90にフィードバックされ、シートPの幅方向及び傾き方向の位置ズレ補正量(エンコーダカウント数)が時々刻々と修正されて、その補正量に基いて第2、第3駆動モータ62、63が駆動制御される。このような再補正動作は、シートPの先端が転写ニップ部に達する直前まで可能な範囲で繰り返される。
このようにフィードバック制御をおこなうことで、再補正時(第2の補正時)に生じるシートPの位置ズレや、第2の補正時の補正誤差などを応答性よく補正することができて、さらに精度の高い横レジスト補正及びスキュー補正をおこなうことができる。
【0041】
以下、図5図6を用いて、「第1の補正」について、さらに補足して説明する。
図5は、「第1の補正」をおこなうまでの制御フローを示すフローチャートであって、図6は第1の補正(又は、第2の補正)に関する制御部90(制御手段)を示すブロック図である。
図5に示すように、まず、それぞれのCIS(第1の補正では、上流側第1CIS35と、上流側第2CIS36と、である。)がシートPを検知して(ステップS21)、シートPの幅方向の位置ズレ量αとスキュー量βとが検知される(ステップS22)。 そして、これらの検知結果に基いて、幅方向の補正量α´やスキュー補正量β´が算出され(ステップS23)、第1の補正における補正量が決定される。
そして、この補正量に基づいて、それぞれのエンコーダ(図6に示す第2、第3駆動モータエンコーダである。)によりエンコーダカウント数が算出される(ステップS24)。そして、算出されたエンコーダカウント数に応じて、それぞれのモータドライバ(図6に示す第2、第3駆動モータドライバである。)によって第2駆動モータ62や第3駆動モータ63が駆動されて、挟持ローラ対31が回動するとともにスライド移動することにより、迎え動作がおこなわれる(ステップS25)。 そして、挟持ローラ対31がシートPを挟持した後、第2、第3駆動モータ62、63の駆動により、挟持ローラ対31が基準位置に戻るように回動するとともにスライド移動して、第1の補正がおこなわれる(ステップS26)。 なお、ステップS25の迎え動作や、ステップS26の第1の補正がおこなわれるときは、第2、第3駆動モータエンコーダによって、挟持ローラ対31の位置情報が時々刻々とフィードバックされて、挟持ローラ対31が決められた移動量だけ移動するように制御される。
【0042】
図6において、制御手段としての制御部90は、画像形成装置における種々の動作を制御する。制御部90における認識部は、第1〜第3CIS35〜37から受けた情報からシートPの幅方向の位置ズレ量とスキュー量とをそれぞれカウントしたり、後述するように上流側第1CIS35の検知結果(又は、操作表示パネル100への入力情報)によってシートPの反射率を認識したりするものである。また、第2駆動モータ制御部は、認識部から得たスキュー量に基づいて、第2駆動モータ62の駆動量(回転角度及び回転方向)を決定する。また、第3駆動モータ制御部は、認識部から得た幅方向の位置ズレ量に基づいて、第3駆動モータ63の駆動量(回転角度及び回転方向)を決定する。第2、第3駆動モータドライバは、第2、第3駆動モータ制御部からそれぞれ信号を受け取り、第2、第3駆動モータ62、63をそれぞれ駆動する。第2、第3駆動モータエンコーダは、第2、第3駆動モータ62、63のそれぞれの回転量を検出する。
【0043】
図7は、「第2の補正(再補正)」の制御フローを示すフローチャートである。
図7に示すように、第2の補正では、まず、上流側第2CIS36と下流側CIS37とによってシートPが検知され(ステップS31)、第1の補正時と同様に、シートPの幅方向の位置ズレ量とスキュー量とが検知される(ステップS32)。 そして、これらの検知結果に基いて、幅方向の補正量やスキュー補正量が算出され(ステップS33)、エンコーダカウント数が算出される(ステップS34)。 そして、算出されたエンコーダカウント数に応じて、第2、第3駆動モータドライバによって第2駆動モータ62や第3駆動モータ63が駆動され、第2の補正がおこなわれる(ステップS35)。
第2の補正では、補正開始後から、上流側第2CIS36と下流側CIS37とによってシートPの位置情報が時々刻々と検知される。 そして、それらの位置情報に基いてシートPの幅方向の位置ズレ量とスキュー量とが算出されて制御部90にフィードバックされ、エンコーダカウント数(シートPの幅方向の位置ズレ補正量とスキュー補正量)が時々刻々と修正される。このようにフィードバック制御がおこなわれることにより、第2の補正時に生じるシートPの位置ズレや、第2の補正時の補正の誤差等を補正することが可能となり、より精度の高い補正をおこなうことができる。
【0044】
以下、図8及び図9にて、上述のように構成された搬送装置30の動作の一例について詳述する。
なお、図8(A1)〜(C1)、図9(A1)〜(C1)は、搬送装置30の動作をその順番にそって示す上面図であって、図8(A2)〜(C2)、図9(A2)〜(C2)は、図8(A1)〜(C1)、図9(A1)〜(C1)の動作にそれぞれ対応した搬送装置30の側面図である。また、図8(B2)、図9(A2)、(B2)にて符号Sを付した図は挟持ローラ対31の幅方向の移動方向を示す矢印を模したものである。
まず、図8(A1)及び(A2)に示すように、給紙部12から給送されたシートPは、第3搬送ローラ対44によって挟持ローラ対31の位置に向けて挟持・搬送される(白矢印方向の搬送である。)。このとき、挟持ローラ対31は、回動方向の位置が回動基準位置(斜行のないシートPに対応した正規の位置である。)にあり、幅方向の位置が移動基準位置(横レジストの位置ズレのないシートPに対応した正規の位置である。)にある。
そして、シートPが上流側第1CIS35の位置を通過して上流側第2CIS36の位置に達すると、2つのCIS35、36によってシートPの横レジストの位置ズレ量αが検知される。さらに、2つのCIS35、36によって、シートPのスキュー量βが検知される。
【0045】
その後、図8(B1)及び(B2)に示すように、挟持ローラ対31は、保持部材72とともに、上流側第1、第2CIS35、36(第1検知手段)で検知されたスキュー量βに合わせて同じ傾き方向に軸部71aを中心に角度βだけ回動基準位置から回動するとともに、上流側第1、第2CIS35、36で検知された位置ズレ量αに合わせて同じ幅方向に距離αだけ移動基準位置からシフト移動する。
そして、図8(C1)及び(C2)に示すように、シートPの先端部が挟持ローラ対31に達する直前に挟持ローラ対31の回転駆動(図の矢印方向の回転駆動である。)が開始され、シートPが挟持ローラ対31に挟持・搬送されると、第3搬送ローラ対44が搬送経路を開放してシートPを挟持しない方向(実線矢印方向である。)に離間移動する。なお、シートPの先端部が挟持ローラ対31に達するタイミングは、CIS35、36(第1検知手段)によってシートPの先端部を検知するタイミングと、シートPの搬送速度と、CIS35、36の位置から挟持ローラ対31の位置までの距離、などに基いて演算部(制御部)で求めることもできる。
【0046】
そして、図9(A1)及び(A2)に示すように、挟持ローラ対31は、シートPを挟持・搬送しながら、上流側第1、第2CIS35、36で検知されたスキュー量βを相殺するように軸部71aを中心に回動基準位置に戻るように回動するとともに、上流側第1、第2CIS35、36で検知された位置ズレ量αを相殺するように移動基準位置に戻るように幅方向に移動する。
そして、図9(B1)及び(B2)に示すように、補正後のシートPが下流側CIS37の位置に達すると、上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)とによってシートPのスキュー量βがほぼ連続的に検知される。さらに、補正後のシートPが、上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)とによって、シートPの横レジストの位置ズレ量αがほぼ連続的に検知される。そして、挟持ローラ対31は、保持部材72とともに、上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)とでほぼ連続的に検知されたスキュー量βに合わせて異なる傾斜方向(逆方向)に軸部71aを中心に角度βだけ回動基準位置から回動するとともに、上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)とでほぼ連続的に検知された位置ズレ量αに合わせて異なる幅方向(逆方向)に距離αだけ移動基準位置からシフト移動する。
こうして、シートPは、再びスキュー補正と横レジスト補正とが時々刻々とおこなわれながら、転写ローラ7(転写ニップ部)に向けて搬送されることになる。このとき、感光体ドラム5上の画像にタイミングを合わせるように、挟持ローラ対31の回転数(転写ローラ7に達するまでのシートPの搬送速度)が変更される。
【0047】
そして、図9(C1)及び(C2)に示すように、シートPが転写ローラ7(画像転写部)に向けて搬送されて、シートP上の所望の位置に画像が転写されることになる。そして、離間状態にあった第3搬送ローラ対44が当接状態(図8(A2)の状態である。)に戻されて、挟持ローラ対31によるシートPの搬送を補助するとともに、次に搬送されるシートPの搬送動作に備えることになる。
その後、シートPの後端が挟持ローラ対31の位置を通過すると、挟持ローラ対31は、次に搬送されるシートPのスキュー補正及び横レジスト補正に備えて、回動基準位置及び移動基準位置に戻されることになる。
【0048】
次に、図10図13等を用いて、本実施の形態1における搬送装置30において、特徴的な構成・動作について詳述する。
ここで、本実施の形態1における搬送装置30(画像形成装置1)は、搬送されるシートPの基準色が白色に設定されている。これは、一般的に、白色のシートPが用いられる頻度が多いためである。
そのため、搬送装置30は、主に、白色(基準色)のシートPが搬送される場面を想定して、シートPの側端部PaをCIS35〜37によって精度良く検知できるように構成されている。具体的に、搬送装置30において、搬送されるシートPが間に介在されるようにCIS35〜37に対向する部分(筐体の一部である。)は、黒色など光吸収率の高い色で形成されている。これにより、CIS35〜37における各発光素子から発光される光は、白色のシートPの側端部Paを境界にして、シートPの外側では受光素子における反射光の入射率が低くなって、シートPの内側では受光素子における反射光の入射率が相対的にとても高くなる。このようにして、CIS35〜37の全体的な出力波形は、側端部Paに対応する位置を境界にして、はっきりと高低差が生じたものになり、これによりシートPの側端部Paの位置が精度良く検知されることになる。
【0049】
しかし、基準色である白色に対して反射率の異なる異色(例えば、黒色や灰色である。)のシートPが搬送される場合、そのままでは、CIS35〜37によってシートPの側端部Paの位置を精度良く検知できなくなってしまう。
詳しくは、上述したように、CIS35〜37に対向する部分は黒色など光吸収率の高い色で形成されているため、黒色や灰色のシートPが搬送される場合には、検知手段としてのCIS35〜37における各発光素子から発光される光は、白色のシートPの側端部Paを境界にして、シートPの外側では受光素子における反射光の入射率が低くなって、シートPの内側でも受光素子における反射光の入射率が低くなってしまう。そのため、CIS35〜37の全体的な出力波形は、側端部Paに対応する位置を境界にして、はっきりと高低差が生じにくくなり、これによりシートPの側端部Paの位置が精度良く検知されなくなる。したがって、そのままでは、CIS35〜37によってシートPの傾き方向や幅方向の姿勢を精度良く検知できずに、高精度なスキュー補正や横レジスト補正がおこなわれなくなってしまう。
そのため、本実施の形態1では、図10に示すように、基準色とは異なる反射率(色)のシートPが搬送されるときに、再補正時(第2の補正時)における設定(動作条件)を、基準色のシートPが搬送されるときのもの(基準設定)から変更するように制御している。
【0050】
詳しくは、制御手段としての制御部90は、挟持ローラ対31(ローラ対)によってシートPが搬送されている間に、所定の時間間隔TでCIS35〜37(検知手段)の検知結果に基いて、第2駆動モータ62(回動手段)を稼働したり、第3駆動モータ63(移動手段)を稼働したりして、挟持ローラ対31の姿勢を補正する補正動作をおこなう。
そして、制御部90(制御手段)は、搬送されるシートPの反射率に応じて、CIS35〜37(検知手段)の発光時間、補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)、CIS35〜37(検知手段)の発光強度、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、その補正動作をおこなう。
【0051】
本実施の形態1において、制御部90(制御手段)は、挟持ローラ対31の位置にシートPが搬送される前に、CIS35〜37(検知手段)の検知結果に基いて、そのシートPのスキュー量に対応してシートPに正対するように第2駆動モータ62(回動手段)によって挟持ローラ対31を回動基準位置から回動するとともに、そのシートPの幅方向の位置ズレ量に対応して第3駆動モータ63(移動手段)によって挟持ローラ対31を移動基準位置から幅方向に移動する。そして、制御部90は、その後に、そのシートPを挟持した状態の搬送ローラ31を、スキュー量が補正されるように第2駆動モータ62(回動手段)によって回動基準位置に回動するとともに、位置ズレ量が補正されるように第3駆動モータ63(移動手段)によって移動基準位置に移動する。そして、制御部90は、その後に、その補正動作を再補正動作(第2の補正)として可能な範囲で繰り返す。
【0052】
特に、本実施の形態では、基準色である白色のシートP(光沢紙でない普通紙である。)の反射率を、上述した制御をおこなう上での基準としている。
そして、制御部90(制御手段)は、反射率が小さなシートPが搬送される場合には、反射率が大きなシートPが搬送される場合に比べて、CIS35〜37の発光時間を長く設定する。また、制御部90は、反射率が小さなシートPが搬送される場合には、反射率が大きなシートPが搬送される場合に比べて、補正動作をおこなう時間間隔T(再補正間隔)を長く設定する。また、制御部90は、反射率が小さなシートPが搬送される場合には、反射率が大きなシートPが搬送される場合に比べて、CIS35〜37の発光強度を強く設定する。さらに、制御部90は、反射率が小さなシートPが搬送される場合には、反射率が大きなシートPが搬送される場合に比べて、挟持ローラ対31によるシートPの搬送速度を遅く設定する。
【0053】
さらに詳しくは、図11(A)を参照して、基準色である白色のシートPが搬送される場合には、再補正時において、ローラ対としての挟持ローラ対31によってシートPが挟持・搬送されている間に、所定の時間間隔(再補正間隔)で上流側第2CIS36(第1検知手段)の検知結果と下流側CIS37(第2検知手段)の検知結果とに基いて第3駆動モータ63(移動手段)と第2駆動モータ62(回動手段)とを稼働して挟持ローラ対31の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)を可能な範囲で繰り返している。
これに対して、図11(B)、(C)、図12等を参照して、基準色に対して反射率の異なる異色のシートが搬送される場合には、(1)上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)とのそれぞれの発光時間、(2)再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)、(3)上流側第2CIS36(第1検知手段)と下流側CIS37(第2検知手段)のそれぞれの発光強度(各発光素子の発光強度である。)、(4)挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度(挟持ローラ対31の回転数である。)、のうち少なくとも1つを変更して、再補正動作を可能な範囲で繰り返している。
【0054】
本実施の形態1では、基準色である白色に対して反射率が小さな異色のシートPが搬送される場合には、再補正時において、その反射率の大きさに応じて、CIS36、37のそれぞれの発光時間(周期的に繰り返して発光される1回当りの発光時間である。)を、基準色のシートPが搬送されるときのCIS36、37のそれぞれの発光時間に比べて長くして、異色のシートPの姿勢を検知できるように設定するとともに、その設定した発光時間に応じて再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)を長く設定している。
【0055】
具体的に、図11(A)を参照して、白色(基準色)のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は比較的短く設定されていて、その発光時間の約4倍に相当する比較的短い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている(第2、第3駆動モータ62、63を駆動制御している)。なお、図11(A)では、4回までの再補正が図示されている。このようなCIS36、37の発光時間や時間間隔(再補正間隔)が「基準設定」として設定されている。
これに対して、図11(B)を参照して、白色(基準色)よりも反射率が小さな灰色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は基準設定時のものよりも長く設定されていて、その発光時間の約4倍に相当する比較的長い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている(第2、第3駆動モータ62、63を駆動制御している)。なお、図11(B)では、図11(A)と同じ時間間隔において、2回までの再補正が図示されている。
さらに、図11(C)を参照して、灰色よりも反射率がさらに小さな黒色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は灰色時のものよりもさらに長く設定されていて、その発光時間の約4倍に相当するさらに長い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている(第2、第3駆動モータ62、63を駆動制御している)。なお、図11(C)では、図11(A)、(B)と同じ時間間隔において、1回までの再補正が図示されている。
【0056】
このように、CIS36、37の発光時間を充分に長くして、それにともない再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)を長くすることで、シートPの反射率が小さくても、CIS35〜37の全体的な出力波形において、側端部Paに対応する位置を境界にした高低差を判別しやすくなる。そのため、反射率の小さなシートPの側端部Paの位置を比較的精度良く検知することができて、その長く設定された検知時間に合わせて1回当りの再補正動作に掛かる時間が長くなり、再補正動作を繰り返す回数は少なくなるものの、全体的に、異色のシートPの傾き方向や幅方向の姿勢が比較的精度良く補正されることになる。
【0057】
なお、図11(A)〜(C)では、反射率が異なるシートPに対する再補正動作の設定変更として、色が異なるシートPに対するものを例示したが、反射率が異なるシートPに対する再補正動作の設定変更は、同じ色のシートPであっても反射率が異なるもの(例えば、普通紙と光沢紙とである。)であれば、当然におこなわれることになる。具体的な制御としては、後で図10を用いて説明するように、シートPの反射率が検知手段によって直接的に検知されて、その検知結果に基づいて、反射率が所定の基準範囲内である場合には基準設定にて再補正動作がおこなわれ、反射率が所定の基準範囲内でない場合には、その反射率に応じて基準設定の設定を変更して再補正動作がおこなわれることになる。
【0058】
また、本実施の形態1では、基準色である白色に対して反射率が小さな異色のシートPが搬送される場合には、再補正時において、その反射率の大きさに応じて、CIS36、37(各発光素子)のそれぞれの発光強度を、白色(基準色)のシートPが搬送されるときのCIS36、37(各発光素子)のそれぞれの発光強度に比べて強く設定している。
具体的に、灰色のシートPが搬送される場合には、そのCIS36、37の発光強度が、白色(基準色)のシートPが搬送される場合のCIS36、37の発光強度に比べて強くなるように、制御部90(制御手段)によってCIS36、37の光量調整がされる。また、黒色のシートPが搬送される場合には、そのCIS36、37の発光強度が、灰色のシートPが搬送される場合のCIS36、37の発光強度に比べてさらに強くなるように、制御部90によってCIS36、37の光量調整がされる。
【0059】
このように、CIS36、37の発光強度を充分に強くすることで、シートPの反射率が小さくても、CIS35〜37の全体的な出力波形において、側端部Paに対応する位置を境界にした高低差が生じやすくなる。そのため、反射率の小さなシートPの側端部Paの位置を比較的精度良く検知することができて、異色のシートPの傾き方向や幅方向の姿勢が比較的精度良く補正されることになる。
【0060】
また、本実施の形態1では、基準色である白色に対して反射率が小さな異色のシートPが搬送される場合には、再補正時において、その反射率の大きさに応じて、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度(挟持ローラ対31の回転数である。)を、白色(基準色)のシートPが搬送されるときに挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度に比べて遅く設定して、その設定した搬送速度に応じて再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)を長く設定している。
【0061】
具体的に、図12を参照して、白色(基準色)のシートPが搬送される場合、挟持ローラ対31によるシートPの搬送速度がVsになるように、第1駆動モータ59が駆動制御される。そして、挟持ローラ対31によって、その基準設定における搬送速度Vsで白色のシートPを挟持・搬送しながら、基準設定における時間間隔Ts(再補正間隔)で再補正動作が繰り返されることになる。
これに対して、反射率が小さな異色のシートPが搬送される場合、挟持ローラ対31によるシートPの搬送速度が基準設定時の搬送速度Vsよりも遅いVb(<Vs)になるように、第1駆動モータ59が駆動制御される。そして、挟持ローラ対31によって、その減速された搬送速度Vbで異色のシートPを挟持・搬送しながら、基準設定の時間間隔Tsよりも長い時間間隔Tb(再補正間隔)で再補正動作が繰り返されることになる。
【0062】
このように、シートPの搬送速度を充分に遅くして、それにともない再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)を長くすることで、シートPの反射率が小さくても、CIS35〜37の全体的な出力波形において、側端部Paに対応する位置を境界にした高低差を判別しやすくなる。そのため、反射率の小さなシートPの側端部Paの位置を比較的精度良く検知することができて、その長く設定された検知時間に合わせて1回当りの再補正動作に掛かる時間が長くなり、再補正動作を繰り返す回数は少なくなるものの、全体的に、異色のシートPの傾き方向や幅方向の姿勢が比較的精度良く補正されることになる。
【0063】
ここで、基準設定における搬送速度Vs、基準設定における時間間隔Ts、異色シートを搬送するときの搬送速度Vb、異色シートを搬送するときの時間間隔Tb、の関係において、基準設定値Vs、Tsに加えて、異色シートを搬送したときの時間間隔Tb(補正間隔)が予め定められているような場合には、
Vs×Ts=Vb×Tb
なる関係を満足するように、異色シートを搬送するときの搬送速度Vbを求めることで、一定の距離の搬送経路において、上述したような再補正動作をスムーズにおこなうことができる。
また、そのような場合、先に図11(B)、(C)にて説明した灰色のシートPの時間間隔と黒色のシートPの時間間隔との差異により、灰色シートを搬送するときの搬送速度Vb1に比べて、黒色シートを搬送するときの搬送速度Vb2が遅く設定されることになる(Vb1>Vb2)。
【0064】
ここで、制御部90(制御手段)は、補正されているシートPが転写ローラ7(下流側搬送ローラ対)の位置(転写ニップ部)に達する直前まで補正動作を繰り返しおこなう。すなわち、「再補正動作」は、上述したシートPの色ごとの動作条件のもと、補正されているシートPが転写ローラ7(下流側搬送ローラ対)の位置(転写ニップ部)に達する直前までを「可能な範囲」として繰り返しおこなわれる。具体的に、「再補正(第2の補正)」は、先に図9(A1)、(A2)で説明したように挟持ローラ対31が移動基準位置及び回動基準位置に戻されて(第1の補正が終了して)から、シートPの先端が転写ニップ部に達する直前までの間に、設定された時間間隔(再補正間隔)に応じて可能な限り繰り返されることになる。
例えば、第2の補正が開始されてからシートPの先端が転写ニップ部に達する直前までの時間を100とした場合、時間間隔(再補正間隔)が20であれば再補正動作が5回繰り返されて、時間間隔(再補正間隔)が50であれば再補正動作が2回繰り返されることになる。
【0065】
ここで、本実施の形態1では、搬送されるシートPの反射率が検知手段(本実施の形態1では、上流側第1CIS35と上流側第2CIS36とのうち少なくとも一方である。)によって検知されて、その検知結果に基いて制御部90(制御手段)によって補正動作(再補正動作)における設定が変更される。
例えば、シートPとして普通紙が搬送されるものとすると、搬送されるシートPの色が基準色(白色)であるか、それとは異なる色であるか、が第1検知手段(上流側第1CIS35と上流側第2CIS36とのうち少なくとも一方である。)によって検知されて、その検知結果に基いて、先に説明した再補正動作における設定(動作条件)を変更する制御がおこなわれることになる。
具体的に、本実施の形態1では、最上流に位置する上流側第1CIS35を第1検知手段として、搬送されるシートPの色を早めに検知している。上流側第1CIS35によって検知されるシートPの側端Paを境界としたシート側の出力値の大きさによって、シートPの反射率が検知されることになる(色が間接的に検知されることになる)。
【0066】
なお、本実施の形態1では、搬送されるシートPの反射率(色)を、第1検知手段(上流側第1CIS35)によって検知したが、ユーザーによる入力情報に基いて検知することもできる。
すなわち、そのような場合には、搬送されるシートPの反射率がユーザーによる入力情報に基いて検知されて、その検知結果に基いて制御部90によって補正動作における設定が変更されることになる。シートPとして普通紙が搬送されるものとすると、搬送されるシートPの色が基準色(白色)であるか異なる色であるかがユーザーによる入力情報に基いて検知されて、その検知結果に基いて再補正動作における設定(動作条件)を変更する制御がおこなわれることになる。
詳しくは、ユーザーは、画像形成装置本体1の外装部に設置された操作表示パネル100(図1を参照できる。)から、給紙部12〜14にセットされるシートPの情報を入力する。この入力情報には、シートPのサイズの他に反射率に関する情報(例えば、シート表面の光沢の程度や、色に関する情報である。)も含まれていて、その色の情報が制御部90で検知(把握)されることになる。
【0067】
以下、図10に示すフロー図を用いて、再補正時(第2の補正時)における制御の流れについて、簡単にまとめる。なお、図10のステップS1、S2において括弧内の記載は、シート表面の光沢の程度が同等のシートP(例えば、普通紙である。)のみが通紙される場合の間接的な検知についてのものである。
図10に示すように、まず、上流側第1CIS35の位置にシートPが達すると、そのシートPの反射率が上流側第1CIS35(第1検知手段)によって検知される(ステップS1)。
そして、検知されたシートPの反射率が所定範囲内であるかが判別される(ステップS2)。その結果、シートPの反射率が所定の基準範囲内であるものと判別された場合には、再補正動作時の動作条件(発光時間、時間間隔、発光強度、搬送速度である。)が基準設定のまま変更されずに(ステップS3)、基準設定のまま再補正動作が可能な限り繰り返し実行される(ステップS5)。
これに対して、ステップS2にて、シートPの反射率が基準範囲内でないものと判別された場合(異色である場合である。)には、再補正動作時の動作条件(発光時間、時間間隔、発光強度、搬送速度である。)が基準設定から変更されて(ステップS4)、変更された設定にて再補正動作が可能な限り繰り返し実行される(ステップS5)。
【0068】
なお、本実施の形態1では、再補正動作における設定(動作条件)を変更する制御を、通常の搬送工程(画像形成プロセス)がおこなわれているときにおこなったが、通常の搬送工程(画像形成プロセス)がおこなわれていないタイミングでおこなうようにすることもできる。そのとき、制御部90(制御手段)は、通常の搬送工程がおこなわれていないタイミングで、上述したように、補正動作における設定を変更することになる。
詳しくは、ユーザーやサービスマンが、操作表示パネル100を操作して、通常の画像形成動作(印刷動作)とは別に、テスト用の制御(以下、「調整モード」と呼ぶ。)として再補正動作における設定を変更する制御をおこなうことができる。
【0069】
具体的に、図13に示すように、ユーザーなどの操作表示パネル100の操作によって「調整モード」が選択されると、反射率が基準範囲となる基準となるシートPに対して異なる反射率のシートP(ユーザーが使用したい異なる反射率のシートである。)を所定の給紙部にセットする旨の指示が表示されて、異なる反射率シートが設置された後に、調整モードが開始される(ステップS10)。そして、セットされたシートの反射率情報に基いて、その反射率に対する再補正動作時の標準的な動作条件(発光時間、時間間隔、発光強度、搬送速度である。)が設定される(ステップS11)。
そして、セットされた異なる反射率のシートが搬送されて、通常の画像形成動作時と同様に、シートが搬送されるとともに、シート上への画像形成がおこなわれる(ステップS12)。このとき、シート上に形成される画像は、シートに生じるスキューや幅方向の位置ズレの程度を視認するためのテスト用画像である。そして、ユーザーやサービスマンは、出力されたシート上のテスト用画像を見て、シートに生じるスキューや幅方向の位置ズレの良否を確認する。そして、その結果を操作表示パネル100(OKボタン又はNGボタン)に入力する。そして、その入力によって異なる反射率のシートの姿勢(スキュー補正、横レジスト補正)が良好であるかが判別される(ステップS13)。
その結果、異なる反射率のシートの姿勢が良好であるものと判別された場合には、ステップS11で設定した動作条件を、その異なる反射率のシートに対する動作条件として決定して(ステップS15)、調整モードを終了する(ステップS16)。そして、それ以降におこなわれる通常の画像形成動作において、調整モードで搬送したシートと同等の反射率のものが用いられる場合には、ステップS15で決定した動作条件にて再補正動作がおこなわれることになる。
これに対して、ステップS13にて、異なる反射率のシートの姿勢が良好でないものと判別された場合には、ステップS11で設定した動作条件を変更して(ステップS14)、ステップS12以降のフローを繰り返す。そして、異なる反射率のシートの姿勢が良好になったときの動作条件を、その異なる反射率のシートに対する動作条件として決定して(ステップS15)、調整モードを終了する(ステップS16)。そして、それ以降におこなわれる通常の画像形成動作において、調整モードで搬送したシートと同等の反射率のものが用いられる場合には、ステップS15で決定した動作条件にて再補正動作がおこなわれることになる。
このように「調整モード」をおこなう場合には、ユーザーの使用する異色シートに合わせて、きめの細かい動作条件の設定をおこなうことができる。
【0070】
以上説明したように、本実施の形態1における搬送装置30は、搬送経路においてシートPの姿勢を光学的に検知するCIS35〜37(検知手段)や、挟持ローラ対31(ローラ対)によってシートPが搬送されている間に所定の時間間隔でCIS35〜37の検知結果に基いて第2駆動モータ62(回動手段)や第3駆動モータ63(移動手段)を稼働して挟持ローラ対31の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)をおこなう制御部90(制御手段)が設けられている。そして、制御部90は、搬送されるシートPの反射率に応じて、CIS35〜37の発光時間、再補正動作(補正動作)をおこなう時間間隔(再補正間隔)、CIS35〜37の発光強度、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、再補正動作(補正動作)をおこなっている。
これにより、搬送されるシートPの反射率に関わりなく、シートPの姿勢を高精度に補正することができる。
【0071】
なお、本実施の形態1では、横レジスト・スキュー補正ローラとして機能する挟持ローラ対31をレジストローラとしても機能させる搬送装置30に対して本発明を適用したが、本発明を適用することができる搬送装置はこれに限定されることはなく、その他の構成の搬送装置であっても本発明を適用することができる。例えば、横レジスト・スキュー補正ローラとして機能する挟持ローラ対31の下流側にレジストローラが設置された搬送装置に対しても、当然に本発明を適用することができる。
また、本実施の形態1では、画像が形成されるシートPとしての転写紙のスキュー補正や横レジスト補正をおこなう搬送装置30に対して本発明を適用したが、シートとしての原稿のスキュー補正や横レジスト補正をおこなう搬送装置に対しても、本発明を適用することができる。
また、本実施の形態1では、モノクロの画像形成装置1に設置される搬送装置30に対して本発明を適用したが、カラーの画像形成装置に設置される搬送装置に対しても当然に本発明を適用することができる。
また、本実施の形態1では、搬送されるシートPのスキュー補正と横レジスト補正とをおこなう搬送装置30に対して本発明を適用したが、搬送されるシートに対してスキュー補正と横レジスト補正とのうちいずれか一方の補正のみをおこなう搬送装置に対しても、本発明を適用することができる。
また、本実施の形態1では、搬送経路においてシートの姿勢を光学的に検知する検知手段を、第1検知手段(上流側第1CIS35及び上流側第2CIS36)と第2検知手段(下流側CIS37)とによって構成したが、検知手段の構成はこれに限定されることなく、種々の構成のものを用いることができる。
また、本実施の形態1では、第2の補正時(再補正時)にシートPの反射率に応じて補正動作の設定(動作条件)を変更するように構成したが、第1の補正時にシートPの反射率に応じて補正動作の設定(動作条件)を変更するように構成することもできるし、第1の補正時と第2の補正時とにそれぞれシートPの反射率に応じて補正動作の設定(動作条件)を変更するように構成することもできる。
そして、それらのような場合であっても、本実施の形態1と同様の効果を得ることができる。
【0072】
<実施の形態2>
図15にて、この発明の実施の形態2について詳細に説明する。
図15は、実施の形態2における搬送装置30において、異なる反射率(色)のシートPが搬送されたときに、再補正動作時における設定(動作条件)が変更される状態を示す図であって、前記実施の形態1における図11に対応する図である。
本実施の形態2では、シートPの反射率に応じて検知手段36、37の発光時間とのみを変更している点が、シートPの反射率に応じて検知手段36、37の発光時間と再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)とを変更している前記実施の形態1のものと相違する。
【0073】
具体的に、本実施の形態2では、図15(A)を参照して、白色(基準色)のシートPが搬送される場合(基準設定時である。)、CIS36、37の1回当りの発光時間は比較的短く設定されていて、その発光時間の約4倍に相当する比較的短い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている(第2、第3駆動モータ62、63を駆動制御している)。
これに対して、図15(B)を参照して、白色(基準色)よりも反射率が小さな灰色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は基準設定時のものよりも長く設定されて、基準設定時と同じ時間間隔(その発光時間の約2倍に相当する再補正間隔である。)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている。
さらに、図15(C)を参照して、灰色よりも反射率がさらに小さな黒色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は灰色時のものよりもさらに長く設定されて、基準設定時と同じ時間間隔(その発光時間に相当する再補正間隔である。)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている。
このように制御した場合であっても、前記実施の形態1のものとほぼ同等の効果を得ることができる。
【0074】
なお、図16に示す変形例のように、シートPの反射率に応じて再補正動作をおこなう時間間隔(再補正間隔)のみを変更することもできる。
具体的に、変形例では、図16(A)を参照して、白色(基準色)のシートPが搬送される場合(基準設定時である。)、CIS36、37の1回当りの発光時間は比較的短く設定されていて、その発光時間の約4倍に相当する比較的短い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている。
これに対して、図16(B)を参照して、白色(基準色)よりも反射率が小さな灰色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は基準設定時のものから変更されず、その発光時間の約8倍に相当する比較的長い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている。
さらに、図16(C)を参照して、灰色よりも反射率がさらに小さな黒色のシートPが搬送される場合、CIS36、37の1回当りの発光時間は基準設定時のものから変更されず、その発光時間の約16倍に相当するさらに長い時間間隔(再補正間隔)ごとに、その間に取得されたCIS36、37の検知結果に基いて、シートPの姿勢の再補正をおこなっている。
このように制御した場合であっても、前記実施の形態1のものとほぼ同等の効果を得ることができる。
【0075】
以上説明したように、本実施の形態2における搬送装置30は、前記実施の形態1のものと同様に、搬送経路においてシートPの姿勢を光学的に検知するCIS35〜37(検知手段)や、挟持ローラ対31(ローラ対)によってシートPが搬送されている間に所定の時間間隔でCIS35〜37の検知結果に基いて第2駆動モータ62(回動手段)や第3駆動モータ63(移動手段)を稼働して挟持ローラ対31の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)をおこなう制御部90(制御手段)が設けられている。そして、制御部90は、搬送されるシートPの反射率に応じて、CIS35〜37の発光時間、再補正動作(補正動作)をおこなう時間間隔(再補正間隔)、CIS35〜37の発光強度、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、再補正動作(補正動作)をおこなっている。
これにより、搬送されるシートPの反射率に関わりなく、シートPの姿勢を高精度に補正することができる。
なお、本実施の形態2においても、前記実施の形態1において説明した変形例のすべてを、当然に適用することができる。
【0076】
<実施の形態3>
図17にて、この発明の実施の形態3について詳細に説明する。
図17は、実施の形態3における画像形成装置200を示す全体構成図である。本実施の形態3における画像形成装置200は、インクジェット方式のものである点が、電子写真方式のものである前記実施の形態1のものとは相違する。
図17において、200は画像形成装置としてのインクジェットプリンタ、102はシートPを搬送する搬送ドラム、103は挟持ローラ対31に対して搬送方向下流側に配置された下流側搬送ローラ対、104はシートPを搬送ドラム102に向けて搬送する搬送ローラ、105は搬送ドラム102上でシートPを把持するクリッパ、を示す。
また、106は搬送ドラム102からシートPを分離する分離部材、107は搬送ドラム102から分離されたシートPを搬送する搬送ベルト、108はプリント後のシートPが排紙・積載される排紙トレイ、を示す。
また、110Y、110M、110C、110Kはインクジェット方式により印字・印画するための画像形成部がユニット化された記録ヘッド(印字モジュール)、を示す。
そして、本実施の形態3におけるインクジェット方式の画像形成装置200にも、前記実施の形態1のものと同様に、特徴的な搬送装置30が設置されている。
【0077】
ここで、本実施の形態3における画像形成装置200は、カラー画像を形成するためのものであって、図17に示すように、黒色用の記録ヘッド110Kと、カラー用の3色(イエロー、マゼンタ、シアン)の記録ヘッド110Y、110M、110Cと、が設置されている。これらの4つの記録ヘッド110Y、110M、110C、110Kは、搬送ドラム102に対向して、搬送ドラム102の回転方向に沿うように並設されている。
なお、4つの記録ヘッド110Y、110M、110C、110Kは、プリントに用いられるインクの色(種類)が異なる以外はほぼ同一構造である。記録ヘッド110Y、110M、110C、110Kは、その主部が圧電アクチュエータやサーマルアクチュエータなどで構成されていて、液滴としてのインクを吐出するノズルや、インクが充填されたインクタンクや、制御基板(制御部)などが設けられている。
【0078】
図17を参照して、画像形成装置200の動作について簡単に説明する。
まず、パソコンなどから画像形成装置200の制御部90に画像情報とともにプリント指令が入力されると、給紙ローラ40によって給紙カセット12からシートPが給送される。給紙カセット12から給送されたシートPは、搬送装置30によって、搬送ドラム102に向けて搬送される。このとき、搬送装置30において、前記実施の形態1のものと同様に、3つのCIS35〜37(検知手段)の検知結果に基づいて、挟持ローラ対31(ローラ対)によるシートPの幅方向や回動方向の位置ズレ補正がおこなわれる。
他方、各色の記録ヘッド110Y、110M、110C、110Kでは、入力された画像情報に基づいて各色の書込み情報に変換される。
そして、搬送ドラム102に搬送されたシートPは、クリッパ105に把持された状態で搬送ドラム102上に位置決めされて、搬送ドラム102の反時計方向に回転に沿うように搬送される。
そして、搬送ドラム102の回転によって図17の矢印方向に搬送されるシートP上に、各色の記録ヘッド110Y、110M、110C、110Kから書込み情報に基づいて液滴としてのインクが順次吹き付けられて、シートP上に所望のカラー画像が形成される。
その後、所望の画像が形成されたシートPは、分離部材106によって搬送ドラム102から分離される。そして、搬送ドラム102から分離されたシートPは、搬送ベルト107によって搬送されて、排紙トレイ108上に排出されることになる。
【0079】
以上説明したように、本実施の形態3における搬送装置30(画像形成装置200)は、前記各実施の形態のものと同様に、搬送経路においてシートPの姿勢を光学的に検知するCIS35〜37(検知手段)や、挟持ローラ対31(ローラ対)によってシートPが搬送されている間に所定の時間間隔でCIS35〜37の検知結果に基いて第2駆動モータ62(回動手段)や第3駆動モータ63(移動手段)を稼働して挟持ローラ対31の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)をおこなう制御部90(制御手段)が設けられている。そして、制御部90は、搬送されるシートPの反射率に応じて、CIS35〜37の発光時間、再補正動作(補正動作)をおこなう時間間隔(再補正間隔)、CIS35〜37の発光強度、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、再補正動作(補正動作)をおこなっている。
これにより、搬送されるシートPの反射率に関わりなく、シートPの姿勢を高精度に補正することができる。
なお、本実施の形態3においても、前記実施の形態1、2において説明した変形例のすべてを、当然に適用することができる。
【0080】
<実施の形態4>
図18にて、この発明の実施の形態4について詳細に説明する。
図18は、実施の形態4における画像形成装置1Aを示す全体構成図である。本実施の形態3における画像形成装置1Aは、画像形成後のシートPに対して穿孔処理や綴じ処理や折り処理などの後処理を施す後処理装置150が設置されている点が、前記各実施の形態のものとは相違する。
図18において、150は画像形成装置本体に対して着脱可能に設置される後処理装置、151は画像形成後のシートPに対して穿孔処理を施する穿孔装置、152は画像形成後のシートPに対して綴じ処理をおこなう綴じ装置、153は画像形成後のシートPに対して折り処理をおこなう折り装置、を示す。また、155は第1排紙トレイ、156は第2排紙トレイ、157は第3排紙トレイ、を示す。また、158は挟持ローラ対31に対して搬送方向下流側に配置された下流側搬送ローラ対を示す。
そして、本実施の形態4における後処理装置150にも、前記各実施の形態のものと同様に、特徴的な搬送装置30が設置されている。
【0081】
なお、第1搬送経路K1は、穿孔装置151によって穿孔処理が施されたシートP、又は、後処理が施されないシートPを、第1排紙トレイ155に排出するための経路である。
また、第2搬送経路K2は、シートPを綴じ装置152に向けて搬送して、綴じ処理後のシート束を第2排紙トレイ156に排出するための経路である。
また、第3搬送経路K3は、シートPを折り装置153に向けて搬送して、中折り処理後のシートPを第3排紙トレイ157に排出するための経路である。
【0082】
図18を参照して、後処理装置150の動作について簡単に説明する。
まず、画像形成装置本体1Aから排出されたシートPは、後処理装置150内に搬送される。そして、搬送装置30において、前記各実施の形態のものと同様に、3つのCIS35〜37の検知結果に基づいて、挟持ローラ対31によるシートPの幅方向や回動方向の位置ズレ補正がおこなわれる。その後、位置補正されたシートPは、ユーザーが指定した後処理にしたがって、3つの搬送経路K1〜K3のいずれかに搬送されて、指定された後処理が施されて、いずれかの排紙トレイ155〜157に排出されることになる。
【0083】
以上説明したように、本実施の形態4における搬送装置30(後処理装置150)は、前記各実施の形態のものと同様に、搬送経路においてシートPの姿勢を光学的に検知するCIS35〜37(検知手段)や、挟持ローラ対31(ローラ対)によってシートPが搬送されている間に所定の時間間隔でCIS35〜37の検知結果に基いて第2駆動モータ62(回動手段)や第3駆動モータ63(移動手段)を稼働して挟持ローラ対31の姿勢を補正する再補正動作(補正動作)をおこなう制御部90(制御手段)が設けられている。そして、制御部90は、搬送されるシートPの反射率に応じて、CIS35〜37の発光時間、再補正動作(補正動作)をおこなう時間間隔(再補正間隔)、CIS35〜37の発光強度、挟持ローラ対31によってシートPを搬送する搬送速度、のうち少なくとも1つを設定して、再補正動作(補正動作)をおこなっている。
これにより、搬送されるシートPの反射率に関わりなく、シートPの姿勢を高精度に補正することができる。
特に、本実施の形態4では、後処理装置150において、シートPの位置ズレの少ない、精度の高い後処理を施すことができる。
なお、本実施の形態4においても、前記実施の形態1、2において説明した変形例のすべてを、当然に適用することができる。
【0084】
なお、前記各実施の形態では、電子写真方式の画像形成装置1に設置される搬送装置30や、インクジェット方式の画像形成装置200に対して本発明を適用したが、本発明の適用はこれに限定されることなく、その他の方式の画像形成装置(例えば、オフセット印刷機などである。)に設置される搬送装置に対しても、本発明を適用することができる。
そして、そのような場合であっても、前記各実施の形態と同様の効果を得ることができる。
【0085】
また、前記各実施の形態では、基準色が白色に設定された搬送装置30に対して本発明を適用したが、基準色がそれ以外の色に設定された搬送装置に対しても当然に本発明を適用することができる。
そして、そのような場合であっても、前記各実施の形態と同様の効果を得ることができる。
【0086】
なお、本発明が前記各実施の形態に限定されず、本発明の技術思想の範囲内において、前記各実施の形態の中で示唆した以外にも、前記各実施の形態は適宜変更され得ることは明らかである。また、前記構成部材の数、位置、形状等は前記各実施の形態に限定されず、本発明を実施する上で好適な数、位置、形状等にすることができる。
【0087】
なお、本願明細書等において、「幅方向」とは、シートの搬送方向に対して直交する方向であるものと定義する。
また、本願明細書等において、「シート」とは、通常の紙(用紙)の他に、コート紙、ラベル紙、OHPシート、フィルム、金属シート、プリプレグ等のシート状の記録媒体のすべてを含むものと定義する。
【符号の説明】
【0088】
1 画像形成装置(画像形成装置本体)、
5 感光体ドラム(下流側搬送ローラ対)、
7 転写ローラ(下流側搬送ローラ対)、
30 搬送装置、
31 挟持ローラ対(ローラ対)、
35 上流側第1CIS(検知手段、第1検知手段)、
36 上流側第2CIS(検知手段、第1検知手段)、
37 下流側CIS(検知手段、第2検知手段)、
59 第1駆動モータ、
62 第2駆動モータ(回動手段)、
63 第3駆動モータ(移動手段)、
90 制御部(制御手段)、
100 操作表示パネル、
P シート(記録媒体)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0089】
【特許文献1】特開2016−108152号公報
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
図9
図10
図11
図12
図13
図14
図15
図16
図17
図18