特許第5822903号(P5822903)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

知財求人 - 知財ポータルサイト「IP Force」

▶ ユニ・チャーム株式会社の特許一覧
<>
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000002
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000003
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000004
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000005
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000006
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000007
  • 特許5822903-パンツ型の使い捨て着用物品 図000008
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】5822903
(24)【登録日】2015年10月16日
(45)【発行日】2015年11月25日
(54)【発明の名称】パンツ型の使い捨て着用物品
(51)【国際特許分類】
   A61F 13/496 20060101AFI20151105BHJP
   A61F 13/15 20060101ALI20151105BHJP
   A61F 13/49 20060101ALI20151105BHJP
【FI】
   A41B13/02 U
   A41B13/02 G
【請求項の数】10
【全頁数】14
(21)【出願番号】特願2013-264536(P2013-264536)
(22)【出願日】2013年12月20日
(65)【公開番号】特開2015-119788(P2015-119788A)
(43)【公開日】2015年7月2日
【審査請求日】2015年3月18日
【早期審査対象出願】
(73)【特許権者】
【識別番号】000115108
【氏名又は名称】ユニ・チャーム株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】100066267
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 吉治
(74)【代理人】
【識別番号】100134072
【弁理士】
【氏名又は名称】白浜 秀二
(74)【代理人】
【識別番号】100131543
【弁理士】
【氏名又は名称】常光 克明
(72)【発明者】
【氏名】吉岡 稔泰
(72)【発明者】
【氏名】井上 拓也
(72)【発明者】
【氏名】長瀬 紀子
【審査官】 北村 龍平
(56)【参考文献】
【文献】 特開2014−014412(JP,A)
【文献】 特開2013−188424(JP,A)
【文献】 特開2011−172793(JP,A)
【文献】 特開2011−036502(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A61F 13/00
13/15 − 13/84
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
縦方向及び横方向と、着用者の肌に向き合う肌面及びその反対側の非肌面とを有し、前記縦方向に前ウエスト域、後ウエスト域、及び前記前後ウエスト域間に位置する股間域に区画されるとともに、前記股間域から前記前後ウエスト域へ延び出す吸収構造体を備え、前記前ウエスト域及び前記後ウエスト域がそれぞれ前記横方向に延びる前ウエスト上端縁及び後ウエスト上端縁と、前記縦方向に互いに並行して延びる一対の側縁部とを有し、前記前ウエスト域の側縁部と前記後ウエスト域の側縁部とが接合され、前記吸収構造体が、吸収コアと、前記吸収コアの前記肌面を覆う第1シート部材と、前記吸収コアの前記非肌面を覆う第2シート部材とを備えるパンツ型の使い捨て着用物品であって、
前記吸収構造体は、前記前後ウエスト域の少なくとも一方から前記前後ウエスト上端縁を越えて前記縦方向に延び出す延出部分を有し、
前記延出部分の前記横方向寸法が、前記前後ウエスト上端縁の前記横方向寸法より小さく、
前記前後ウエスト域のそれぞれに、前記横方向に延びるとともに前記縦方向に互いに離間する前ベルト及び後ベルトが含まれ、
前記前後ベルトは前記横方向に延びる前記前後ウエスト上端縁を有し、
前記股間域に前記縦方向に延びる前記吸収構造体が含まれ、前記吸収構造体の前記縦方向両端に位置する前端領域及び後端領域がそれぞれ前記前後ベルトの横方向中央部に接合されるとともに、前記前ベルトの側縁部と前記後ベルトの側縁部とが互いに接合されて前記前後ウエスト上端縁により胴回り開口縁が形成され、
前記吸収構造体は、前記前後ベルトの少なくとも一方から前記前後ウエスト上端縁を越えて前記縦方向に延び出す前記延出部分を有することを特徴とする、前記着用物品。
【請求項2】
前記吸収構造体は、前記前後ウエスト域の両方から前記前後ウエスト上端縁を越えて前記縦方向に延び出す前記延出部分を有する、請求項1に記載の着用物品。
【請求項3】
前記吸収構造体において、前記前ウエスト域から延び出す前記延出部分の縦方向寸法が、前記後ウエスト域から延び出す前記延出部分の縦方向寸法と等しい、請求項2に記載の着用物品。
【請求項4】
前記吸収構造体において、前記前ウエスト域から延び出す前記延出部分の縦方向寸法が、前記後ウエスト域から延び出す前記延出部分の縦方向寸法と異なる、請求項2に記載の着用物品。
【請求項5】
前記吸収構造体の前記延出部分の少なくとも一部に、前記第1シート部材と前記第2シート部材との間に前記吸収コアが配置されていないコア非存在域を有する、請求項1から4のいずれか1項に記載の着用物品。
【請求項6】
前記吸収構造体が前記延出部分と交差して前記縦方向に延びる一対の吸収体側縁を有し、前記延出部分に、前記吸収体側縁のそれぞれに隣接するとともに前記横方向に互いに離間する少なくとも一対の前記コア非存在域が配置される、請求項5に記載の着用物品。
【請求項7】
前記コア非存在域に含まれる前記第1及び第2シート部材どうしが互いに接合される、請求項5または6に記載の着用物品。
【請求項8】
前記第1及び第2シート部材どうしが、前記吸収構造体の前記コア非存在域を前記横方向に延びる接合域において互いに接合される、請求項7に記載の着用物品。
【請求項9】
前記延出部分の前記縦方向寸法が5mm以上である、請求項1から8のいずれか1項に記載の着用物品。
【請求項10】
前記延出部分の少なくとも非肌面に不織布が配置される、請求項1から9のいずれか1項に記載の着用物品。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、パンツ型の使い捨て着用物品に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、使い捨て着用物品は公知である。例えば、特許文献1には、腹側シート部材と、着用者の背側に配される背側シート部材と、それらに架け渡して固定された吸収性本体とを備え、腹側シート部材は、縦方向の長さが背側シート部材の同方向の長さ以上であり、腹側シート部材と背側シート部材とが、腹側シート部材が背側シート部材の上端縁より上方に延出すると共に背側シート部材が腹側シート部材の下端縁より下方に延出するように接合されているパンツ型吸収性物品が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2013−183938号公報
【0004】
特許文献1によれば、同文献に開示されたパンツ型吸収性物品は、形態による前後の判別が容易であり、また腹側部の上部を手で掴みながらスムーズに装着することができるものである(段落0011)。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1のパンツ型吸収性物品の場合、腹側のシート部材の上端縁と吸収性本体との間に不織布や弾性部材等の部材が介在するため、腹側部のシート部材の上部を掴んで引き上げたとき、吸収性本体に力が直接加わりにくい。このため、吸収性本体が着用者に適正フィットしないことがあり、未だ改良の余地がある。
【0006】
以上に鑑み、本発明は、着用時に延出部分を掴んで引き上げる際、吸収構造体に有効に力を加えることができ、吸収構造体を着用者に適正にフィットさせることが可能なパンツ型の使い捨ての着用物品を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は、縦方向及び横方向と、着用者の肌に向き合う肌面及びその反対側の非肌面とを有し、縦方向に前ウエスト域、後ウエスト域、及び前後ウエスト域間に位置する股間域に区画されるとともに、股間域から前後ウエスト域へ延び出す吸収構造体を備え、前ウエスト域及び後ウエスト域がそれぞれ横方向に延びる前ウエスト上端縁及び後ウエスト上端縁と、縦方向に互いに並行して延びる一対の側縁部とを有し、前ウエスト域の側縁部と後ウエスト域の側縁部とが接合され、吸収構造体が、吸収コアと、吸収コアの肌面を覆う第1シート部材と、吸収コアの非肌面を覆う第2シート部材とを備えるパンツ型の使い捨て着用物品に関する。
【0008】
本発明の着用物品で、吸収構造体は、前後ウエスト域の少なくとも一方から前後ウエスト上端縁を越えて縦方向に延び出す延出部分を有し、延出部分の横方向寸法が、前後ウエスト上端縁の横方向寸法より小さいことを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
本願発明では、吸収構造体の前端領域と後端領域との少なくとも一方が、前後ウエスト域の少なくとも一方から前後ウエスト上端縁を越えて縦方向に延び出す延出部分を有しているので、着用時に延出部分を掴んで引き上げることにより、延出部分を介して吸収構造体に有効に力を加えることが可能になり、吸収構造体を着用者に適正にフィットさせることができる。詳しくは、パンツ型の使い捨て着用物品では、吸収構造体は着用物品の横方向中央部に位置する。したがって、前後ウエスト上端縁の両脇を掴んで吸収構造体を引き上げようとした場合、前後ウエスト上端縁の両脇と吸収構造体との間には不織布や弾性部材等の部材が介在するため、吸収構造体には、引き上げようとする力が間接的にしか伝わらない。また、前後ウエスト上端縁の両脇を掴んで引き上げる場合、吸収構造体には、斜め上方に引き上げる力が作用する。一方、本発明の延出部分を掴んで引き上げる場合には、吸収構造体にダイレクトに力を加えることができる。さらに、本発明では、吸収構造体に含まれる延出部分の横方向寸法の方が前後ウエスト上端縁の横方向寸法よりも小さいので、吸収構造体には、斜め上方ではなく、むしろ垂直方向に引き上げる力が加わる。したがって、着用時に本発明の延出部分を掴んで引き上げれば、吸収構造体を引き上げる力を延出部分を介して有効に加えることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図面は、本発明の特定の実施の形態を示し、発明の不可欠な構成ばかりでなく、選択的及び好ましい実施の形態を含む。
図1】第1実施形態に係る使い捨て着用物品の一例のおむつの斜視図。
図2】おむつの一部破断展開図。
図3】おむつの分解斜視図。
図4】第1実施形態のおむつの変形例を表す図。
図5】おむつの延出部分の断面と、その変形例を表す図。
図6】第1実施形態のおむつの変形例を表す図。
図7】第2実施形態に係るおむつの一部破断展開図。
【発明を実施するための形態】
【0011】
下記の実施の形態は、添付の図面に示すおむつ1に関し、発明の不可欠な構成ばかりではなく、選択的及び好ましい構成を含む。
<第1実施形態>
図1に示す本願の着用物品の一例であるパンツ型のおむつ1は、横方向X及び縦方向Yと、着用者の肌に向き合う肌面及びその反対側である非肌面とを有し、前ウエスト域11と、後ウエスト域12と、前後ウエスト域11,12の間に位置する股間域13とに区画され、前後ウエスト域11,12と股間域13は、縦方向Yに並ぶ。前ウエスト域11、後ウエスト域12、及び股間域13のそれぞれに前ベルト14、後ベルト15、及び吸収構造体41が含まれ、吸収構造体41は股間域13から前後ウエスト域11,12へ延び出す。また、前ベルト14の側縁部20と後ベルト15の側縁部21の肌面どうしが、縦方向Yに延びる一対のシーム部29において互いに接合され、前ベルト14の前ウエスト上端縁16及び後ベルト15の後ウエスト上端縁17により胴回り開口縁22が形成される。さらに、前後ベルト14,15の前後ウエスト上端縁16,17のそれぞれから、後述する吸収構造体41の延出部分44が前後ウエスト域11,12に含まれる前後ベルト14,15の前後ウエスト上端縁16,17を越えて縦方向Yに延び出す。別言すれば、延出部分44は前後ベルト14,15に対し凸状に突き出す。
【0012】
図2は、図1のパンツ型おむつ1のシーム部29における前後ベルト14,15の接合を解き、平面状に伸展したときのおむつ1の平面図である。図2に示すように、おむつ1の前ベルト14と後ベルト15は同形同大の矩形であり、縦方向Yに互いに離間して横方向Xに延びる。前ベルト14と後ベルト15はそれぞれ、横方向Xに互いに並行して延びる前ウエスト上端縁16及び前ウエスト下端縁18と、横方向Xに互いに並行して延びる後ウエスト上端縁17及び後ウエスト下端縁19と、縦方向Yに互いに並行して延びる前ベルト14の一対の側縁部20及び後ベルト15の一対の側縁部21とを有する。吸収構造体41も矩形であり、縦方向Y両端に位置する前端領域42及び後端領域43と、前端領域42及び後端領域43に交差して縦方向Yに延びる一対の吸収体側縁45とを有する。吸収構造体41の前端領域42及び後端領域43がそれぞれ前後ベルト14,15の横方向中央部に接合される。また、前後ベルト14,15の側縁部20,21に沿って一対のシーム部29が縦方向Yに延び、この一対のシーム部29において前後ベルト14,15の側縁部20,21の肌面どうしが向き合わされて、例えばヒートシール加工、超音波溶着などの公知の熱溶着手段によって接合される。これにより、前後ウエスト上端縁16,17によって胴回り開口縁22が形成されるとともに、吸収構造体41の一対の吸収体側縁45と、前後ベルト14,15の前後ウエスト下端縁18,19とによって一対の脚回り開口縁23が形成される(図1参照)。
【0013】
図2,3を参照して、前後ベルト14,15は、それぞれ、1枚の前シート材24及び1枚の後シート材25をほぼ半分に折り返した中に、胴回り方向Xに延びるウエスト弾性部材30を伸長状態でホットメルト接着剤(図示せず)により接合して形成されている。これに代えて、前後ベルト14,15を別々のシート材を貼り合せて形成することもできるし、前後シート材24,25を折り返さずにウエスト弾性部材30を接合することもできる。
【0014】
前シート材24及び後シート材25は、熱可塑性樹脂製の繊維から成り、通気性を有する不織布を用いることが好ましい。熱可塑性樹脂製の繊維から成る不織布の種類は特に限定されないが、例えば、単位面積当り質量が約10〜30g/mのSMS(スパンボンド・メルトブローン・スパンボンド)不織布、又はスパンボンド不織布、エアスルー不織布を用いることができる。また、ウエスト弾性部材30には、複数条のストランド状又はストリング状の弾性糸、又は弾性を有する少なくとも1条の帯状の不織布を用いることができる。ウエスト弾性部材30の種類も特に限定されないが、例えば太さが310〜1240dtexのゴム紐等の弾性糸を用いることができる。また、ウエスト弾性部材30を前シート材24及び後シート材25に接合する際の伸長倍率に特に制限はないが、例えばウエスト弾性部材30の伸長倍率を2.0〜4.0倍にすることができる。
【0015】
吸収構造体41は、縦方向Y両端に位置する前後端領域42,43の非肌面がそれぞれ前ベルト14及び後ベルト15の横方向X中央部の肌面に接合される。また前後端領域42,43には、前後ベルト14,15の前後ウエスト上端縁16,17を越えて縦方向Yに延び出す延出部分44が含まれる。延出部分44の横方向Xにおける寸法は、前後ウエスト上端縁16,17の横方向X寸法より小さい。延出部分44の横方向X寸法は、前後ウエスト上端縁16,17の横方向X寸法の50%以下であることが好ましい。これにより、延出部分44を掴んで引き上げるとき、吸収構造体41に主として縦方向Yに力を加えることができる。なお、延出部分44及び前後ウエスト上端縁16,17の横方向X寸法は、前後ベルト14,15をウエスト弾性部材30の収縮に起因する皺がなくなるまで横方向Xに伸長させた状態で測定する。また、延出部分44が前後ウエスト上端縁16,17から延び出す長さとは、横方向Xに延びる前後ウエスト上端縁16,17から、延出部分44の外周縁において前後ウエスト上端縁16,17から最も離間する点までの最短距離を意味する。具体的には、前後ベルト14,15を皺がなくなるまで横方向Xに伸長させて前後ウエスト上端縁16,17をほぼ直線状するとともに、延出部分44が前後ウエスト上端縁16,17から縦方向Yに平面状に延び出す状態となるようにおむつ1を伸展し、前後ウエスト上端縁16,17に直交する線分に沿って、前後ウエスト上端縁16,17から延び出す各延出部分44の外周縁において最も離間する点までの寸法を測定する。
【0016】
吸収構造体41は、吸収コア46と、吸収コア46の肌面を覆う第1シート部材と、吸収コア46の非肌面を覆う第2シート部材とを備える。吸収コア46は、例えば、フラッフパルプ及び超吸収性ポリマー粒子(SAP)等の公知の体液吸収材47をティッシュペーパ等の公知の透液性シート状部材48で包むことにより形成することができる。なお、図2,3に示した例では吸収コア46の形状はほぼ長方形であるが、吸収コア46の形状はこれに限定されず、例えば砂時計型等の形状等の形状にすることもできる。
【0017】
吸収コア46の肌面を覆う第1シート部材には、液透過性と柔軟性を有するシート材を用いることが好ましい。本実施形態では、第1シート部材として不織布から成るトップシート26を用いている。トップシート26に用い得る不織布としては、例えば単位面積当たり質量が約10〜40g/mのエアスルー不織布、または単位面積当たり質量が約10〜30g/mのスパンボンド不織布及びSMSが挙げられる。吸収コア46の肌面を覆うトップシート26は、縦方向Y寸法が吸収コア46よりも大きく、吸収コア46の縦方向Y両外側に延び出して、その一部が延出部分44に含まれる。すなわち、吸収コア46の縦方向Y両外側に延び出すトップシート26の一部は、延出部分44において吸収コア46が配置されていないコア非存在域49に含まれる。
【0018】
吸収コア46の非肌面を覆う第2シート部材には、難透液性又は不透液性で、柔軟性を有するシート材を用いることができ、不透液性のプラスチックフィルムと難透液性又は不透液性の不織布とのいずれか一方、または両者の組み合わせを用いることができる。不透液性のプラスチックフィルムとしてポリエチレンフィルムやポリエステルフィルムが例示され、難透液性又は不透液性の不織布として、単位面積当たり質量が10〜40g/mのエアスルー不織布、スパンボンド不織布、ポイントボンド不織布、又はSMS不織布が例示される。本実施形態では、第2シート部材としてプラスチックフィルム製の防漏シート27と、不織布製のバックシート28とを用いている。防漏シート27は吸収コア46の非肌面に接合され、バックシート28は防漏シート27の非肌面に接合されている。吸収コア46からの体液の漏出を効果的に防止するためには、プラスチックフィルムを吸収コア46の非肌面に接合することが好ましい。
【0019】
防漏シート27の縦方向Y寸法は吸収コア46より大きい。したがって、防漏シート27の一部が吸収コア46の縦方向Y両外側に延び出し、吸収構造体41の前後端領域42,43に含まれるとともに、延出部分44の一部を構成する。すなわち、延出部分44において、防漏シート27の一部はコア非存在域49に含まれる。バックシート28の縦方向Y寸法も吸収コア46の縦方向Y寸法よりも大きく、また防漏シート27の縦方向Y寸法とほぼ同じである。吸収コア46及び防漏シート27は、バックシート28の肌面の横方向X中央部に配置される。バックシート28の一部は吸収コア46の縦方向Y両外側に延び出し、吸収構造体41の前後端領域42,43に含まれて延出部分44の一部を構成し、延出部分44においてコア非存在域49に含まれる。ここで、コア非存在域49とは第1シート部材(すなわちトップシート26)と第2シート部材(すなわち防漏シート27及びバックシート28)との間に吸収コア46が意図的に配置されていない領域を意味し、第1シート部材と第2シート部材の間に吸収コア46からこぼれ出た体液吸収材47が存在する領域は、コア非存在域49には含まれない。
【0020】
また、バックシート28を吸収コア46の横方向X両外側に延出させて縦方向Yに延びる一対の側方延出部31を設け、この側方延出部31に、脚回り開口縁23からの排泄物の漏出を防止するために、本願発明が属する技術分野で公知の立体ギャザー(図示せず)等の漏れ防止手段を設けることができる。また、側方延出部31に弾性糸(図示せず)を縦方向に伸長させた状態で接合して、脚回り開口縁23の着用者の脚に対するフィット性を高めるためのレッグ弾性部材として機能させることもできる。本願発明では、側方延出部31を設けることは必須ではない。
【0021】
本実施形態では、縦方向Yにおいて、吸収コア46の縦方向Y両端に位置するコア両端部51は、前後ウエスト上端縁16,17を越えない。すなわち、吸収構造体41の延出部分44には吸収コア46は配置されておらず、延出部分44全体がコア非存在域49になっている。コア非存在域49では、吸収コア46の肌面を覆うトップシート26の非肌面と、吸収コア46の非肌面を覆う防漏シート27の肌面とが互いに接合され、さらに、コア非存在域49に含まれるバックシート28の肌面が、防漏シート27の非肌面に接合されている(図5(a)参照)。コア非存在域49は厚みが薄いため、おむつ1を引き上げるとき、手で掴みやすい。さらに、コア非存在域49に含まれるシート材どうしを、ホットメルト接着剤又は熱溶着により互いに接合することにより、コア非存在域49が平面状に保たれ易くなり、より掴みやすくなる。なお、トップシート26と防漏シート27とを接合する際、吸収構造体41の外周縁に沿ってトップシート26と防漏シート27とを互いに接合することもできるし、吸収構造体41の外周縁から少なくとも1mmの範囲で両者を接合しないこともできる。トップシート26と防漏シート27とを吸収構造体41の外周縁に沿って互いに接合する場合、おむつ1を使用するときに、誤ってトップシート26と防漏シート27とが剥離してしまうことを防止できる。また、吸収構造体41の外周縁から少なくとも1mmの範囲でトップシート26と防漏シート27とを接合しない場合には、不織布で形成される吸収構造体41の外周縁、特に延出部分44の外周縁がホットメルト接着剤又は熱溶着により硬くなって着用者の肌を刺激することを抑制できる。
【0022】
また、縦方向Yにおいて吸収コア46の両外側に延び出す防漏シート27の肌面と、トップシート26の非肌面とが、延出部分44に含まれるコア非存在域49を横方向Xに連続的に延びる接合域32において互いに接合することが好ましい。このように、トップシート26と防漏シート27とを接合域32において互いに接合することにより、吸収コア46に含まれる体液吸収材47を吸収構造体41の中に封入することができる。接合域32におけるトップシート26と防漏シート27との接合は、ホットメルト接着剤又は前述の公知の熱溶着手段を用いて行うことができる。接合域32は、縦方向Yにおいて吸収コア46の両端に位置するコア両端部51の外周縁に沿って配置することができる。なお、本実施形態では、トップシート26と防漏シート27とを接合する接合域32は、コア非存在域49において第1及び第2シート部材どうしを接合する領域に含まれている。
【0023】
図2,3を参照して、吸収構造体41は、その前後端領域42,43の非肌面が前後ベルト14,15の横方向X中央部の肌面に接合されて、前後ベルト14,15に直交する。吸収構造体41の前端領域42及び後端領域43のそれぞれに含まれる延出部分44は、前後ベルト14,15の前後ウエスト上端縁16,17を越えて縦方向Yに延び出す。したがって、前後ベルト14,15をシーム部29において接合してパンツ型のおむつ1にしたとき、延出部分44は、前後ウエスト上端縁16,17から凸状に突き出す。パンツ型のおむつ1の着用時に、この延出部分44を掴んで引き上げることにより、吸収構造体41に有効に力を加えて吸収構造体41を着用者に適正にフィットさせることができる。
【0024】
ここで、パンツ型のおむつ1の着用時に、延出部分44ではなく前後ベルト14,15の両脇部を掴んで吸収構造体41を引き上げることもできる。しかし、前後ベルト14,15の両脇部を掴んだ場合、延出部分44の横方向Xにおける寸法が前後ウエスト上端縁16,17の横方向X寸法より小さいので、前後ベルト14,15の両脇部の方が、延出部分44よりも先に引き上げられてしまう。このため、吸収構造体41を適正な位置まで引き上げて着用者にフィットさせることは難しく、吸収構造体41の引き上げに過不足が生じることがある。一方、本願発明では延出部分44から吸収構造体41に直接力を加えることができるので、吸収構造体41の引き上げに過不足が生じることがなく、着用者に適正にフィットさせることができる。このように、本願発明は、おむつ1の前後ウエスト域11,12と股間域13とが直交する場合、特に前後ウエスト域11,12に含まれる前後ベルト14,15と、股間域13に含まれる吸収構造体41とが直交するいわゆる3ピース型である場合に、吸収構造体41を着用者に適正にフィットさせる上で特に優れた効果を発揮する。
【0025】
吸収構造体41の延出部分44は、前後端領域42,43のどちらか一方または両方に設けることができる。延出部分44を前後端領域42,43の両方に設ければ、吸収構造体41の腹側と背側を個別に引き上げ、吸収構造体41をより適正に着用者にフィットさせることができるので好ましい。延出部分44の縦方向Y寸法は、延出部分44を掴みやすくする観点から5mm以上であることが好ましく、また、上限値に特に制限はないが、実用的観点からは50mm以下であることが好ましい。さらに、延出部分44の縦方向Y寸法は、10mm〜40mmであることがより好ましく、20mm〜30mmであることが更に好ましい。吸収構造体41の前後端領域42,43それぞれの延出部分44の縦方向Y寸法は同じであっても異なっていてもよい。吸収構造体41の前後端領域42,43の延出部分44の縦方向Y寸法を等しくすれば、前後ウエスト域11,12の形状が同じになるので、おむつ1の製造が容易になる。吸収構造体41の前後端領域42,43の延出部分44の縦方向Y寸法を異ならせた場合、おむつ1の前後を見分け易くすることができる。
【0026】
上記の実施形態では、延出部分44の全部がコア非存在域49である例について説明したが、吸収コア46を縦方向Yにおいて前後ウエスト上端縁16,17のいずれか一方又は両方を越えて延出部分44まで延在させ、延出部分44の一部にコア非存在域49を設けることもできる。この場合、例えば、図4に示すように、吸収コア46を縦方向Yにおいて前後ウエスト上端縁16,17を越えて延出部分44まで延在させ、さらに縦方向Yに延びる一対の吸収体側縁45それぞれに隣接するとともに横方向Xに互いに離間する一対のコア非存在域49を設けることもできる。このように吸収コア46を縦方向Yにおいて前後ウエスト上端縁16,17を越えて延出部分44まで延在させることにより、吸収コア46により体液を吸収可能な範囲を拡張させることができる。さらに、延出部分44の中央部に位置する吸収コア46の横方向X両側にコア非存在域49を設けることにより、延出部分44の両側が掴みやすくなり、吸収構造体41を引き上げる操作を容易にすることができる。
【0027】
また、上記の第1実施形態では、縦方向Yにおいて延出部分44の末端までトップシート26、防漏シート27、及びバックシート28が存在する場合を例に説明した(図5(a)参照)。この変形例として、図5(b)に示すように、バックシート28を設けずに、トップシート26を構成する不織布と、防漏シート27を構成するプラスチックフィルムだけを用いて吸収構造体41を形成することもできる。この場合、図6に示すように、トップシート26を構成する不織布を、吸収コア46及び防漏シート27を構成するプラスチックフィルムの肌面に接合して、トップシート26と防漏シート27との間に吸収コア46を封入することができる。このようにバックシート28を設けない構成にした場合、製造コストを削減することができる。
【0028】
さらに別の変形例として、図5(c)に示すように、吸収コア46の非肌面側に防漏シート27及びバックシート28を配置するとともに、延出部分44に防漏シート27を構成するプラスチックフィルムが含まれない構成にすることもできる。この場合、延出部分44に存在するトップシート26とバックシート28の縦方向Y寸法を同じにして、トップシート26とバックシート28の対向面どうしを接合することができる。このように延出部分44に防漏シート27を構成するプラスチックフィルムが存在しないことにより、延出部分44の剛性が、防漏シート27が存在する場合よりも低くなり、着用者の肌に対する刺激が低減する。
【0029】
また、図5(d)に示すように、バックシート28の縦方向Y寸法をトップシート26より大きくするとともに、トップシート26から縦方向Yに延び出すバックシート28をトップシート26に向けて折り曲げて接合してもよい。このようにすれば、トップシート26を丸く折り曲げた部分が着用者の肌に当り、延出部分44の縦方向末端部52における着用者の肌に対する刺激を低減させることができる。また、吸収構造体41の延出部分44は、おむつ1を着用者に装着させる人の手に触れる部分なので、表面に不織布を配置して手触りをよくすることが好ましい。例えば、防漏シート27がプラスチックフィルムのみの場合、延出部分44に位置する防漏シート27の非肌面に不織布を接合することが好ましい。
【0030】
<第2実施形態>
図7に、本願の第2実施形態のおむつ1を示す。第2実施形態のおむつ1では、前後ウエスト域11,12及び股間域13に区画される一枚のシャーシ61に吸収構造体41が接合されるとともに、吸収構造体41の前後端領域42,43が、前後ウエスト域11,12のそれぞれにおいて横方向Xに延びる前後ウエスト上端縁16,17を越えて縦方向Yに延び出す延出部分44を有する。本実施形態で用いる吸収構造体41は、吸収コア46と、吸収コア46の肌面を覆う第1シート部材であるトップシート26と、吸収コア46の非肌面を覆う第2シート部材である防漏シート27とを備える。本実施形態の吸収コア46と、トップシート26及び防漏シート27は第1実施形態と同一なので、詳しい説明は省略する。
【0031】
シャーシ61は、股間域13の前ウエスト域11寄りの部分が横方向Xに括れた砂時計状の形状を有する。本実施形態のシャーシ61は、シャーシ61の外形と同一形状の内面シート62及び外面シート63と、内外面シート62,63の間に伸長状態で接合される前胴回り弾性部材64、後胴回り弾性部材65、及び脚回り弾性部材66とを備える。前後胴回り弾性部材64,65は前後ウエスト域11,12のそれぞれにおいて横方向Xに延び、脚回り弾性部材66は後ウエスト域12の側縁68から股間域13に向けて延び出して股間域13を横方向Xに横断する。内外面シート62,63はそれぞれ、一枚の不織布または複数枚の不織布の組合せから成り、前後胴回り弾性部材64,65及び脚回り弾性部材66は複数条の弾性糸から成る。
【0032】
本実施形態のおむつ1は、前ウエスト域11の側縁67と、後ウエスト域12の側縁68とを重ね合わせて、縦方向Yに延びる一対のシーム部29においてホットメルト接着剤又は熱溶着により互いに接合することにより、パンツ形状となる。おむつ1をパンツ形状にしたとき、実施形態1と同様に、吸収構造体41の延出部分44が前後ウエスト域11,12の前後ウエスト上端縁16,17を越えて縦方向Yに凸状に延び出す(図示せず)。
【0033】
おむつ1の着用時に、この延出部分44を掴んで引き上げることにより、吸収構造体41に直接力を加えて吸収構造体41を着用者に適正にフィットさせることができる。おむつ1の着用時に、延出部分44ではなく前後ウエスト上端縁16,17の両脇を掴んで吸収構造体41を引き上げることもできる。しかし前後ウエスト上端縁16,17の両脇を掴んだ場合、前後ウエスト域11,12の前後ウエスト上端縁16,17と吸収構造体41との間に不織布や弾性糸等の部材が介在するため、吸収構造体41には間接的にしか力を伝えられず、吸収構造体41を所望の位置まで引き上げられるとは限らない。本願発明では、延出部分44から吸収構造体41に直接力を加えることができるので、吸収構造体41を所望の位置まで容易に引き上げて着用者に適正にフィットさせることができる。
【0034】
以上、本願発明について説明したが、本願発明は上記の実施形態及びその変形例に限定されず、種々変更して実施することができる。例えば、延出部分44が吸収コア46を包む第1及び第2シート部材と一体である場合を例に説明した。これに代えて、吸収コア46を包む第1及び第2シート部材とは別体のシート材で延出部分44を形成することもできる。また、バックシート28と防漏シート27の縦方向Y寸法が同じである場合を例に説明したが、バックシート28と防漏シート27の縦方向Y寸法は異なっていてもよい。さらに、吸収構造体41の形状は矩形に限定されず、例えば延出部分44が丸みを帯びた形状になるよう、小判形にすることもできる。
【0035】
上記の各実施形態では、特に断りの無い限り接合はホットメルト接着剤により行っているが、ヒートシール、超音波溶着等の熱溶着により接合することもできる。おむつ1を構成する各構成部材には、本願の明細書に開示されている材料のほかに、本願発明の属する技術分野において通常用いられている各種の公知の材料を制限なく用いることができる。本願の明細書及び特許請求の範囲において、用語「第1」及び「第2」は、同様の要素、位置等を単に区別するために用いられている。
【0036】
以上に記載した本発明の着用物品に関する開示は、少なくとも下記の事項に整理することができる。
縦方向及び横方向と、着用者の肌に向き合う肌面及びその反対側の非肌面とを有し、縦方向に前ウエスト域、後ウエスト域、及び前後ウエスト域間に位置する股間域に区画されるとともに、股間域から前後ウエスト域へ延び出す吸収構造体を備え、前ウエスト域及び後ウエスト域がそれぞれ横方向に延びる前ウエスト上端縁及び後ウエスト上端縁と、縦方向に互いに並行して延びる一対の側縁部とを有し、前ウエスト域の側縁部と後ウエスト域の側縁部とが接合され、吸収構造体が、吸収コアと、吸収コアの肌面を覆う第1シート部材と、吸収コアの非肌面を覆う第2シート部材とを備えるパンツ型の使い捨て着用物品であって、吸収構造体は、前後ウエスト域の少なくとも一方から前後ウエスト上端縁を越えて縦方向に延び出す延出部分を有し、延出部分の横方向寸法が、前後ウエスト上端縁の横方向寸法より小さいことを特徴とする、着用物品。
【0037】
上記段落0036に開示した着用物品に関する本発明は、少なくとも下記の実施の形態を含むことができる。該実施の形態は、分離して又は互いに組み合わせて採択することができる。
(1)吸収構造体は、前後ウエスト域の両方から前後ウエスト上端縁を越えて縦方向に延び出す延出部分を有する。
(2)吸収構造体において、前ウエスト域から延び出す延出部分の縦方向寸法が、後ウエスト域から延び出す延出部分の縦方向寸法と等しい。
(3)吸収構造体において、前ウエスト域から延び出す延出部分の縦方向寸法が、後ウエスト域から延び出す延出部分の縦方向寸法と異なる。
(4)吸収構造体の延出部分の少なくとも一部に、第1シート部材と第2シート部材との間に吸収コアが配置されていないコア非存在域を有する。
(5)吸収構造体が延出部分と交差して縦方向に延びる一対の吸収体側縁を有し、延出部分に、吸収体側縁のそれぞれに隣接するとともに横方向に互いに離間する少なくとも一対のコア非存在域が配置される。
(6)コア非存在域に含まれる第1及び第2シート部材どうしが互いに接合される。
(7)第1及び第2シート部材どうしが、吸収構造体のコア非存在域を横方向に延びる接合域において互いに接合される。
(8)延出部分の縦方向寸法が5mm以上である。
(9)延出部分の少なくとも非肌面に不織布が配置される。
(10)前後ウエスト域のそれぞれに、横方向に延びるとともに縦方向に互いに離間する前ベルト及び後ベルトが含まれ、前後ベルトは横方向に延びる前後ウエスト上端縁を有し、股間域に縦方向に延びる吸収構造体が含まれ、吸収構造体の縦方向両端に位置する前端領域及び後端領域がそれぞれ前後ベルトの横方向中央部に接合されるとともに、前ベルトの側縁部と後ベルトの側縁部とが互いに接合されて前後ウエスト上端縁により胴回り開口縁が形成され、吸収構造体は、前後ベルトの少なくとも一方から前後ウエスト上端縁を越えて縦方向に延び出す延出部分を有する。
【符号の説明】
【0038】
1 おむつ(使い捨て着用物品)
11 前ウエスト域
12 後ウエスト域
13 股間域
14 前ベルト
15 後ベルト
16 前ウエスト上端縁
17 後ウエスト上端縁
18 前ウエスト下端縁
19 後ウエスト下端縁
20 前ベルトの側縁部
21 後ベルトの側縁部
22 胴回り開口縁
23 脚回り開口縁
24 前シート材
25 後シート材
26 トップシート(第1シート部材)
27 防漏シート(第2シート部材)
28 バックシート
29 シーム部
30 ウエスト弾性部材
31 側方延出部
32 接合域
41 吸収構造体
42 吸収構造体の前端領域
43 吸収構造体の後端領域
44 延出部分
45 吸収体側縁
46 吸収コア
47 体液吸収材
48 透液性シート状部材
49 コア非存在域
51 コア両端部
52 延出部分の縦方向末端部
61 シャーシ
62 内面シート
63 外面シート
64 前胴回り弾性部材
65 後胴回り弾性部材
66 脚回り弾性部材
67 前ウエスト域の側縁
68 後ウエスト域の側縁
X 横方向
Y 縦方向
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7