特許第6255203号(P6255203)IP Force 特許公報掲載プロジェクト 2015.5.11 β版

▶ ユニ・チャーム株式会社の特許一覧
<>
  • 特許6255203-吸収性物品 図000002
  • 特許6255203-吸収性物品 図000003
  • 特許6255203-吸収性物品 図000004
  • 特許6255203-吸収性物品 図000005
  • 特許6255203-吸収性物品 図000006
  • 特許6255203-吸収性物品 図000007
  • 特許6255203-吸収性物品 図000008
< >
(19)【発行国】日本国特許庁(JP)
(12)【公報種別】特許公報(B2)
(11)【特許番号】6255203
(24)【登録日】2017年12月8日
(45)【発行日】2017年12月27日
(54)【発明の名称】吸収性物品
(51)【国際特許分類】
   A61F 13/49 20060101AFI20171218BHJP
【FI】
   A61F13/49 315A
【請求項の数】5
【全頁数】16
(21)【出願番号】特願2013-209234(P2013-209234)
(22)【出願日】2013年10月4日
(65)【公開番号】特開2015-71007(P2015-71007A)
(43)【公開日】2015年4月16日
【審査請求日】2016年7月6日
(73)【特許権者】
【識別番号】000115108
【氏名又は名称】ユニ・チャーム株式会社
(74)【代理人】
【識別番号】110000176
【氏名又は名称】一色国際特許業務法人
(72)【発明者】
【氏名】齋藤 京太
(72)【発明者】
【氏名】フィチェットキットジャワット サリニー
(72)【発明者】
【氏名】ブンロッド ナッタカーン
(72)【発明者】
【氏名】チャンチャルーン ジラパ
【審査官】 藤井 眞吾
(56)【参考文献】
【文献】 特開2011−206331(JP,A)
【文献】 特開2013−123447(JP,A)
【文献】 特開2013−169394(JP,A)
【文献】 特開2013−000304(JP,A)
【文献】 特開2012−213488(JP,A)
【文献】 特開2011−072679(JP,A)
(58)【調査した分野】(Int.Cl.,DB名)
A61F 13/15 −13/84
A61L 15/16 −15/64
(57)【特許請求の範囲】
【請求項1】
縦方向と、前記縦方向と交差する横方向と、を有した吸収性物品であって、
前記縦方向に沿って設けられ、排泄物を吸収する吸収性本体と、
前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の一端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記一端部に前記横方向の中央部が固定された腹側帯部材と、
前記腹側帯部材とは別部材として前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の他端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記他端部に前記横方向の中央部が固定された背側帯部材と、を有し、
前記吸収性本体は、液体吸収性素材を積層してなる吸収性コアと、前記吸収性コアを該吸収性コアの非肌側から覆う液不透過性の防漏シートを有し、
前記吸収性コアより前記横方向外側には、脚周り弾性部材が前記縦方向に沿って配置され、
前記背側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する背側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、
前記腹側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する腹側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記背側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さは、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記腹側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さより長く、
前記脚周り弾性部材を前記吸収性本体に張り合わせる際に前記脚周り弾性部材を前記縦方向に伸長させる割合よりも、
前記背側帯弾性部材を前記背側帯部材に張り合わせる際に前記背側帯弾性部材を前記横方向に伸長させる割合の方が大きい、ことを特徴とする吸収性物品。
【請求項2】
請求項1に記載の吸収性物品であって、
前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記背側帯弾性部材は、前記横方向において前記背側帯部材の一端部から他端部までに亘って連続して配置されている、ことを特徴とする吸収性物品。
【請求項3】
請求項1に記載の吸収性物品であって、
前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記背側帯弾性部材は、前記横方向において前記背側帯部材の一端部から他端部までの間に少なくとも非連続となる部分を有し、
前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記腹側帯弾性部材は、前記横方向において前記腹側帯部材の一端部から他端部までの間に少なくとも非連続となる部分を有する、ことを特徴とする吸収性物品。
【請求項4】
請求項3に記載の吸収性物品であって、
前記腹側帯弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記吸収性コアとが重なる部分の前記横方向の長さは、
前記背側帯弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記吸収性コアとが重なる部分の前記横方向の長さよりも長い、ことを特徴とする吸収性物品。
【請求項5】
請求項1〜4のいずれかに記載の吸収性物品であって、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の長さは、前記吸収性コアの前記縦方向の長さよりも長く、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の一端側が前記吸収性コアの腹側端部よりも前記縦方向の外側に、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の他端側が前記吸収性コアの背側端部よりも前記縦方向の外側に配置される、ことを特徴とする吸収性物品。
【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、吸収性物品に関する。
【背景技術】
【0002】
排泄物を吸収する吸収性物品として、3ピースタイプの使い捨ておむつが知られている。3ピースタイプの使い捨ておむつでは、一般に、着用者の股間にあてがわれて排泄物を吸収する吸収性本体と、着用者の腹側部を覆う腹側帯部材と、着用者の背側部を覆う背側帯部材とを有するように構成されている。このような3ピースタイプの使い捨ておむつにおいて、吸収性本体の側縁部(着用時における脚周りの位置)に糸ゴム等の弾性部材を設けて、吸収性本体の変形を促進、補助する技術がある。例えば、特許文献1には、吸収性本体の側縁部に設けられた弾性部材と、腹側帯部材及び背側帯部材に設けられた伸縮部材とによって、おむつ着用時のフィット性を向上させる技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開2009−240640号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1のような3ピースタイプの使い捨ておむつでは、着用者の脚周りに設けられた弾性部材によって着用者の脚周りにおける吸収性本体のフィット性が向上し、該吸収性本体から排泄物が漏れ出ることを抑制することができる。
【0005】
しかし、着用者の臀部の周りには弾性部材が設けられていないため、着用者が身体を動かした場合に、臀部を包み込んでいた吸収性本体及び背側帯部材の位置がずれてしまうおそれがある。すなわち、臀部側のフィット性が不十分となるおそれがあり、また、臀部側において使い捨ておむつがめくれあがってしまうおそれがある。
【0006】
本発明は、上記のような問題に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、着用者の臀部側において十分なフィット性を有する3ピースタイプの使い捨ておむつを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するための主たる発明は、
【0008】
縦方向と、前記縦方向と交差する横方向と、を有した吸収性物品であって、
前記縦方向に沿って設けられ、排泄物を吸収する吸収性本体と、
前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の一端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記一端部に前記横方向の中央部が固定された腹側帯部材と、
前記腹側帯部材とは別部材として前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の他端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記他端部に前記横方向の中央部が固定された背側帯部材と、を有し、
前記吸収性本体は、液体吸収性素材を積層してなる吸収性コアと、前記吸収性コアを該吸収性コアの非肌側から覆う液不透過性の防漏シートを有し、
前記吸収性コアより前記横方向外側には、脚周り弾性部材が前記縦方向に沿って配置され、
前記背側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する背側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、
前記腹側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する腹側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記背側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さは、
前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記腹側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さより長く、
前記脚周り弾性部材を前記吸収性本体に張り合わせる際に前記脚周り弾性部材を前記縦方向に伸長させる割合よりも、
前記背側帯弾性部材を前記背側帯部材に張り合わせる際に前記背側帯弾性部材を前記横方向に伸長させる割合の方が大きい、ことを特徴とする吸収性物品である。
【0009】
本発明の他の特徴については、本明細書及び添付図面の記載により明らかにする。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、臀部側において十分なフィット性を有する3ピースタイプの使い捨ておむつを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
図1】本実施形態に係る3ピースタイプの使い捨ておむつ(おむつ1)の概略斜視図である。
図2】展開状態の同おむつ1を肌側から見た概略平面図である。
図3】同おむつ1を非肌側から見た概略平面図である。
図4図4Aは、図2中のA−A断面図及びC−C断面図であり、図4Bは、図2中のB−B断面図である。
図5】本実施形態における吸収性本体10と腹側帯部材30a及び背側帯部材30bとの関係について説明する図である。
図6】比較例における吸収性本体10と腹側帯部材30a及び背側帯部材30bとの関係について説明する図である。
図7】中央部分ADccに弾性部材35が存在している例について説明する概略平面図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
本明細書及び添付図面の記載により、少なくとも以下の事項が明らかとなる。
【0013】
縦方向と、前記縦方向と交差する横方向と、を有した吸収性物品であって、前記縦方向に沿って設けられ、排泄物を吸収する吸収性本体と、前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の一端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記一端部に前記横方向の中央部が固定された腹側帯部材と、前記腹側帯部材とは別部材として前記横方向に沿って設けられ、前記吸収性本体の前記縦方向の他端部を前記吸収性本体の非肌側から覆いながら前記他端部に前記横方向の中央部が固定された背側帯部材と、を有し、前記吸収性本体は、液体吸収性素材を積層してなる吸収性コアと、前記吸収性コアを該吸収性コアの非肌側から覆う液不透過性の防漏シートを有し、前記吸収性コアより前記横方向外側には、脚周り弾性部材が前記縦方向に沿って配置され、前記背側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する背側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、前記腹側帯部材には、前記脚周り弾性部材の一部と交差する腹側帯弾性部材が前記横方向に沿って配置され、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記背側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さは、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記腹側帯弾性部材とが交差する領域の前記縦方向の長さより長い、ことを特徴とする吸収性物品。
【0014】
このような吸収性物品によれば、当該吸収性物品を着用した際に、着用者の臀部側において十分なフィット性を実現することができる。また、吸収性本体の腹側を横方向(幅方向)に引っ張る力を大きくしすぎないことにより、腹側において適度なフィット感を維持しつつ、着用者が足を前方に動かす動作を妨げにくくすることができる。
【0015】
かかる吸収性物品であって、前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記背側帯弾性部材は、前記横方向において前記背側帯部材の一端部から他端部までに亘って連続して配置されている、ことが望ましい。
【0016】
このような吸収性物品によれば、背側帯弾性部材による横方向の伸縮力が背側帯部材の中央部に作用することにより、背側帯部材の全体を着用者の臀部に押し当て、臀部側のフィット性を向上させることができる。また、背側帯弾性部材の弾性力によって吸収本体が横方向(幅方向)外側へ引っ張られる力が強くなるため、着用者の臀部側において吸収本体がずれにくくなる。
【0017】
かかる吸収性物品であって、前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記背側帯弾性部材は、前記横方向において前記背側帯部材の一端部から他端部までの間に少なくとも非連続となる部分を有し、前記脚周り弾性部材の一部と交差する前記腹側帯弾性部材は、前記横方向において前記腹側帯部材の一端部から他端部までの間に少なくとも非連続となる部分を有する、ことが望ましい。
【0018】
このような吸収性物品によれば、腹側帯部材及び背側帯部材において、中央部分に伸縮性が付与されないことから、該中央部分の横方向の収縮が抑制される。また、吸収性コアの横方向の収縮も抑制されるため、当該吸収性コアの皺の発生も防止することができる。
【0019】
かかる吸収性物品であって、前記背側帯弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記吸収性コアとが重なる部分の前記横方向の長さは、前記腹側帯弾性部材のうち伸長状態にある部分と前記吸収性コアとが重なる部分の前記横方向の長さよりも長い、ことが望ましい。
【0020】
このような吸収性物品によれば、背側において吸収コアを直接横方向外側に引っ張る力が強くなりすぎないようにすることで、臀部における吸収本体(吸収コア)のフィット感を維持しつつ、臀部と吸収性コアとの間に若干のスペースを形成し、また、腹側において吸収コアを直接横方向外側に引っ張る力を強くすることで、吸収本体(吸収コア)を身体により密着させ、排泄された尿が漏出することを抑制できる。
【0021】
かかる吸収性物品であって、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の長さは、前記吸収性コアの前記縦方向の長さよりも長く、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の一端側が前記吸収性コアの腹側端部よりも前記縦方向の外側に、前記脚周り弾性部材のうち伸長状態にある部分の前記縦方向の他端側が前記吸収性コアの背側端部よりも前記縦方向の外側に配置される、ことが望ましい。
【0022】
このような吸収性物品によれば、脚周り弾性部材による収縮力が働く領域がより大きく形成されるため、背側帯弾性部材(腹側帯弾性部材)によって吸収本体が横方向(幅方向)外側へ引っ張られる効果を大きくすることができる。
【0023】
かかる吸収性物品であって、前記脚周り弾性部材を前記吸収性本体に張り合わせる際に前記脚周り弾性部材を前記縦方向に伸長させる割合よりも、前記背側帯弾性部材を前記腹側帯部材に張り合わせる際に前記背側帯弾性部材を前記横方向に伸長させる割合の方が大きい、ことが望ましい。
【0024】
このような吸収性物品によれば、吸収性本体(吸収性コア)を横方向外側に広げる力がより強く働くため、着用者の臀部領域で吸収性本体(吸収性コア)を横方向に拡幅し、排泄物が漏れることを抑制することができる。
【0025】
===実施形態===
【0026】
<使い捨ておむつの構成>
図1は、本実施形態の吸収性物品の一例としての3ピースタイプの使い捨ておむつ(おむつ1)の概略斜視図である。図2は、展開状態のおむつ1を肌側から見た概略平面図である。図3は、同おむつ1を非肌側から見た概略平面図である。また、図4Aは、図2中のA−A断面図及びC−C断面図であり、図4Bは、図2中のB−B断面図である。
【0027】
図2図4A、及び図4Bに示すように、このおむつ1は、互いに直交する三方向として縦方向と横方向と厚さ方向とを有している。また、同おむつ1は、所謂3ピースタイプであることから、3つの部品10,30a,30bを有している。すなわち、このおむつ1は、第1部品として、着用者の股間部にあてがわれ尿等の排泄物を吸収する吸収性本体10を有し、第2部品として、同着用者の腹側部を覆う腹側帯部材30aを有し、第3部品として、同着用者の背側部を覆う背側帯部材30bを有している。そして、図2の展開状態では、腹側帯部材30a(図で縦方向上側)と背側帯部材30b(図で縦方向下側)とが互いに縦方向に間隔をあけて平行に並んだ状態で、これらの間に吸収性本体10が掛け渡されつつ、同吸収性本体10の長手方向の各端部10ea,10ebがそれぞれ最寄りの帯部材30a,30bに接合固定されており、その外観形状は平面視略H形状をなしている。そして、この状態から、吸収性本体10がその長手方向の略中央部C10を折り位置として二つ折りされる。この二つ折りの状態において互いに対向する腹側帯部材30aと背側帯部材30bとが、着用者の脇腹に当接すべき部分である腹側帯部材側縁部30aeと、背側帯部材側縁部30beと(つまり、横方向の各端部)にて接合・連結されると、これら帯部材30a,30b同士が環状に成形される。これにより、図1に示すような胴周り開口1HB及び一対の脚周り開口1HLが形成された着用状態のおむつ1となる。
【0028】
なお、上述の腹側帯部材側縁部30aeと背側帯部材側縁部30beとを連結する連結構造としては、種々の連結構造を採用できる。そして、例えば、溶着等の取り外し不能な連結構造を用いれば、パンツ型のおむつにすることができ、他方、ファスニングテープ部材(不図示)等の着脱自在な連結構造を用いれば、オープン型のおむつにすることができる。ちなみに、この例では、前者の連結構造を用いており、これにより、本実施形態のおむつ1はパンツ型とされている。
【0029】
また、以下の説明では、おむつ1の縦方向、横方向、厚さ方向のことを、それぞれ単に「縦方向」、「横方向」、「厚さ方向」と言う。なお、厚さ方向に関しては、着用者に接触する側のことを「肌側」とも言い、その逆側のことを「非肌側」とも言う。また、おむつ1の「横方向」は、図1のようなおむつ形状時において吸収性本体10の「幅方向」とも言えることから、以下の説明では「横方向」のことを「幅方向」とも呼ぶ場合がある。
【0030】
以下、図1乃至図4Bを参照しつつ、おむつ1の3つの構成部品10,30a,30bについて説明する。
【0031】
図2及び図4Bに示すように、吸収性本体10は、吸収性コア11と、吸収性コア11を同コア11の肌側から覆う表面シート部材13と、吸収性コア11を同コア11の非肌側から覆って吸収性本体10の外装をなす裏面シート部材15と、を備えている。
【0032】
吸収性コア11は、液体吸収性素材を積層してなる部材であり、尿等の排泄物を吸収することができる。液体吸収性素材としては、例えば、パルプ繊維等の液体吸収性繊維を使用することができる。なお、吸収性コア11は、液体吸収性粒状物として例えば高吸収性ポリマーを含有していても良いし、または、液体吸収性繊維及び液体吸収性粒状物以外の液体吸収性素材を含んでいても良い。また、吸収性コア11は、ティッシュペーパー等の液透過性シート(不図示)で被覆されていても良い。
【0033】
本実施形態の吸収性コア11は、図2における縦方向の上側端部である腹側端部11aと、図2における縦方向の下側端部である背側端部11bを有する。そして、腹側端部11aと背側端部11bとの間に、腹側端部11a及び背側端部11bよりも横方向の幅が狭いくびれ部11cを有する。これにより、吸収性コア11は図2に示されるような平面視略砂時計形状となるように構成されている。
【0034】
表面シート部材13は、吸収性コア11を肌側から覆うシート状の部材であり、例えば吸収性コア11よりも大きい平面サイズの液透過性の不織布である(図4B参照)。また、裏面シート部材15は、吸収性コア11を非肌側から覆うシート状の部材であり、吸収性コア11より大きい平面サイズのシートであり、その一例としては、ポリエチレン又はポリプロピレン等の液不透過性の防漏シート15aと、不織布等の外装シート15bとが貼り合わされた二層構造のシートが挙げられる。そして、これら裏面シート部材15と表面シート部材13との間に吸収性コア11を挟んだ状態において、吸収性コア11の四辺から外側にはみ出す部分にて、裏面シート部材15の防漏シート15aと表面シート部材13とが額縁状に貼り合わされ、これにより、吸収性本体10が概ね形成されている。
【0035】
また、おむつ1では、図1図2、及び図4Bに示すように、外装シート15bによって所謂立体ギャザーLSG及び脚回りギャザーLGが形成される。立体ギャザーLSGは、表面シート部材13の横方向の各端部にそれぞれ起立して設けられた防漏壁部であり、他方、脚回りギャザーLGは、おむつ1の各脚周り開口1HL,1HLに形成される脚周り伸縮部のことである。かかる外装シート15bについて詳説すると、先ず、図4Bに示すように、外装シート15bの横方向の寸法は、防漏シート15aよりも十分大きくされており、すなわち、外装シート15bは、防漏シート15aの横方向の両側から横方向に大きくはみ出している。そして、このはみ出した部分15bfが、吸収性本体10の横方向の端部10esをなす位置を折り返し位置として横方向の中央側に折り返されて、同折り返し位置の近傍に縦方向に沿って糸ゴム等の脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19が縦方向に伸長された状態で固定され、これにより、上記の脚回りギャザーLGが形成されている。なお、脚周り補助弾性部材19は必ず必要というわけではなく、脚周り弾性部材17のみによって脚回りギャザーLGが形成されるのであっても良い。また、折り返された部分15bgは、更に横方向の中央側へと延びていき、表面シート部材13の横方向の端部を覆う位置で、同端部に接合されている。そして、この端部に接合された部分が立体ギャザーLSGの基端部LSGbとして機能して、すなわち、当該基端部LSGbよりも更に横方向の先端側の部分が自由端部分LSGfとして表面シート部材13から起立可能となっている。また、自由端部分LSGfの先端部には、縦方向に沿って糸ゴム等のLSG弾性部材18が縦方向に伸長された状態で固定されている。よって、LSG弾性部材18の縦方向の収縮によって、表面シート部材13側が内周側となるように吸収性本体10は縦方向に湾曲するが、この湾曲時には、同LSG弾性部材18から付与される収縮力によって自由端部分LSGfは、縦方向に収縮して表面シート部材13から起立し、これにより、同自由端部分LSGfは立体ギャザーLSGとして機能する。
【0036】
なお、不図示であるが、場合によっては、表面シート部材13と吸収性コア11との間、又は、裏面シート部材15と吸収性コア11との間に、セカンドシートとしてティッシュペーパー等の液透過性シートを介装しても良い。
【0037】
図2に示すように、腹側帯部材30a及び背側帯部材30bは、いずれも、例えば不織布等の柔軟なシートを素材とした平面視略矩形形状のシート部材である。ここでは、図4A及び図4Bに示すように、不織布31,32を二枚重ねに接合することで腹側帯部材30a及び背側帯部材30bが形成されている。そして、腹側帯部材30a及び背側帯部材30bは、それぞれ横方向の中央部30ac,30bcで、吸収性本体10における縦方向の各端部10ea,10ebを吸収性本体10の非肌側から覆いながら、当該各端部10ea,10ebに帯部材30a,30bの中央部30ac,30bcが重ね合わせられて接合されている。なお、二枚の不織布31,32は互いに同じサイズでなくても良い。
【0038】
腹側帯部材30aの中央部30ac及び背側帯部材30bの中央部30bcへの吸収性本体10の重ね合わせは、腹側帯部材30aの縦方向の端部30ae2及び背側帯部材30bの縦方向の端部30be2には吸収性本体10を重ねずに、同端部30ae2,30be2よりも縦方向の中央側の部分30ac2,30bc2に吸収性本体10を重ねるようにして行われる(図2参照)。そして、これにより、腹側帯部材30a及び背側帯部材30bにおける縦方向の端部30ae2,30be2は、横方向の全長に亘って帯状に吸収性本体10が全く重ならない部分30ae2,30be2とされている。なお、この重ならない部分30ae2,30be2は、おむつ1の胴回り開口1HB(図1)を構成する部分となり、よって、当該部分30ae2,30be2には、後述する弾性部材35が、同部分30ae2,30be2における横方向の略全長に亘って連続して設けられている。
【0039】
図2図4A、及び図4Bに示すように、帯部材30a,30bに係る2枚の不織布31,32同士の間には、横方向に沿って糸ゴム等の複数本の弾性部材35,35…が介挿されつつ、横方向に伸長された状態で同不織布31,32に接合固定されており、これにより、腹側帯部材30a及び背側帯部材30bにはそれぞれ横方向の伸縮性が付与されている。また、かかる複数本の弾性部材35,35…は、縦方向に間隔をあけながら縦方向に並んで設けられている。本明細書中では、腹側帯部材30aに設けられる弾性部材35を腹側帯弾性部材35aとし、背側帯部材30bに設けられる弾性部材35を背側帯弾性部材35bとする。弾性部材35は、太さや本数、縦方向の配置位置等の詳細仕様を除けば、その基本構成は、概ね互いに同じである。そのため、以下では、腹側帯部材30aに設けられる腹側帯弾性部材35aについて説明し、背側帯部材30bに設けられる背側帯部材30bの説明については省略する場合がある。また、このことは、背側帯部材30bに関する全ての構成についても同様である。
【0040】
また、以下では、説明の都合上、図3に示すように、帯部材30aを縦方向に二つの領域AU,ADに区分し、そして、縦方向に並ぶ二つの各領域AU,ADのことを、縦方向の端側から中央側に向かうに従って、「上部領域AU」、及び「下部領域AD」と言う。なお、同図3を参照してわかるように、領域AU,ADともに、横方向に沿った帯状の領域とされている。
【0041】
上部領域AUは、おむつ1の胴回り開口1HBを構成する部分であり、また、同領域AUは、横方向の全長に亘って吸収性本体10(吸収性コア11)が全く重ね合わせられていない領域である。そして、かかる上部領域AUには、腹側帯弾性部材35a(背側帯弾性部材35b)が、同領域AUにおける横方向の一端部から他端部までの略全長に亘って連続して配置されながら、横方向に伸長された状態で固定されている。よって、当該腹側帯弾性部材35aに基づいて上部領域AUには、横方向の略全長に亘って横方向の伸縮性が付与されており、この伸縮性は、おむつ1の胴回り開口1HBの伸縮性となる。
【0042】
下部領域ADは、横方向の中央部ADcに、吸収性本体10のうちの吸収性コア11が存在する部分10pが重ね合わせられて固定される領域である。なお、かかる下部領域ADのうちで上記中央部ADcの両側に位置する各部分ADe,ADeには、吸収性本体10は重ね合わせられていない。
【0043】
また、同各部分ADe,ADeには、それぞれ、弾性部材35が、同部分ADeにおける横方向の一端部から他端部までの略全長に亘って連続して配置されながら、横方向に伸長下で固定されている。そして、これにより、当該各部分ADe,ADeには横方向の略全長に亘って横方向の伸縮性が付与されている。
【0044】
他方、上記中央部ADcには、弾性部材35が横方向に非連続に配置されている。詳しくは、この例では、上記中央部ADcのうちの横方向の両端部ADce,ADceには、上記の弾性部材35の端部が位置しているが、上記中央部ADcのうちの横方向の中央部分ADccには、弾性部材35が存在しておらず、故に、上記中央部ADcでは、弾性部材35が横方向に非連続に配置されている。そして、このように中央部ADcの中央部分ADccに弾性部材35が存在していない場合には、同中央部分ADccに伸縮性がほぼ付与されないことから、同中央部分ADccの横方向の収縮は抑制される。そして、これに伴い、吸収性コア11の横方向(幅方向)の収縮も抑制されるため、当該吸収性コア11の皺の発生も防止されて吸収性コア11の肌側面は略平坦に維持される。そして、その結果、吸収性コア11の吸液阻害を有効に防ぐことができて、また皺の発生に起因する排泄物の漏れも抑制することができる。
【0045】
なお、本実施形態では、腹側帯部材30aの横方向の両端部ADceにおいて腹側帯弾性部材35aが配置されている部分の横方向長さWaが、背側帯部材30bの横方向の両端部ADceにおいて背側帯弾性部材35bが配置されている部分の横方向長さWbよりも長い。言い換えると、腹側帯弾性部材35aのうち伸縮力を有する部分が吸収性コア11と重なる部分の横方向長さが、背側帯弾性部材35bのうち伸縮力を有する部分が吸収性コア11と重なる部分の横方向長さよりも長くなるようにしている。このような配置の効果については、後述する図5において説明する。
【0046】
また、図3に示すように、下部領域ADの上記中央部ADcには、動物等の不図示のイラストが形成されたイラストシート40が設けられているが、上記と同様の理由で、このイラストシート40の皺の発生も抑制される。よって、イラストは見えやすくなる。
【0047】
また、図3に示すように、背側帯部材30bの非肌側の表面には後処理テープ50が設けられている。後処理テープ50は粘着面を有する細長いテープ状の部材であり、粘着面を内側にして折り畳んだ状態で背側帯部材30bに固定されている。使用後のおむつ1を廃棄する際に、縦方向に丸めたおむつ1に対して、折り畳まれている後処理テープ50を伸ばして粘着面側を該おむつ1に巻き回すことにより、おむつ1を丸めた状態に保持することができる。これにより、おむつ1の内部(吸収性本体10)に付着した排泄物等を外に漏出させることなくおむつ1を廃棄することができる。
【0048】
<背側帯部材30bの配置について>
本実施形態のおむつ1では、吸収性本体10に対する背側帯部材30bの接合位置を調整することで、おむつ着用時における背側のフィット性を向上させている。以下、比較例を用いて説明する。
【0049】
図5は、本実施形態における吸収性本体10と腹側帯部材30a及び背側帯部材30bとの関係について説明する図である。図6は、比較例における吸収性本体10と腹側帯部材30a及び背側帯部材30bとの関係について説明する図である。
【0050】
上述したように、おむつ1では腹側帯部材30a(背側帯部材30b)の下部領域ADのうち横方向の両側部に位置するADeにおいて、複数の腹側帯弾性部材35a(背側帯弾性部材35b)が横方向に沿って配置されている。そして、腹側帯弾性部材35a(背側帯弾性部材35b)は領域ADeにおいて、吸収性本体10の横方向(幅方向)両端で縦方向に伸長された状態で設けられた脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19の一部と交差するように配置されている。ここで、腹側帯弾性部材35aと脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19とが交差する領域の縦方向の長さをLaとする。同様に、背側帯弾性部材35bと脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19とが交差する領域の縦方向の長さをLbとする。
【0051】
このような交差領域では、おむつ1の着用時において脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19によって吸収性本体10を縦方向に収縮させる力が働くと共に、腹側帯弾性部材35a(背側帯弾性部材35b)によって吸収性本体10を横方向(幅方向)に引っ張る力が働く。つまり、着用者の身体に対して吸収性本体10(吸収性コア11)を密着させるような力が働く。これにより、吸収性本体10(吸収性コア11)が着用者の身体の広範囲を覆うようになる。
【0052】
なお、脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19は、吸収性本体10の縦方向の全領域に亘って伸長状態で配置されているわけではなく、縦方向の所定の領域において伸張状態で配置されている。該弾性部材が伸長状態で配置されている領域では吸収性本体10に対して縦方向に収縮する力が働き、該弾性部材が伸長状態で配置されていない領域では吸収性本体10に対して縦方向に収縮する力が働かない。本明細書中では、この縦方向に収縮する力が働く領域の縦方向長さを脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19の「有効長」とも呼ぶ。図5及び図6において太破線で示される部分が脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19の有効長に相当する。
【0053】
また、本実施形態では、脚周り弾性部材17の有効長が少なくとも吸収性コア11の縦方向の長さよりも長い。そして、吸収性コア11の縦方向の一端側が腹側端部11aよりも縦方向の外側に、縦方向の他端側が背側端部11bよりも縦方向の外側になるように、脚周り弾性部材17が配置される。つまり、腹側端部11a及び背側端部11bよりも縦方向の外側まで脚周り弾性部材17による収縮力が働く領域が形成されている。これにより、La及びLbを極力長くとることが可能となる。したがって、後述する背側帯弾性部材35b(腹側帯弾性部材35a)による横方向外側への引っ張り効果を大きくすることができる。
【0054】
図6に示されるように、比較例では、腹側の交差領域であるLaの長さと、背側の交差領域であるLbの長さとがほぼ等しい。具体的には、図6の領域Laにおいて脚周り弾性部材17の有効長部分と交差する腹側帯弾性部材35aは7本であり、図6の領域Lbにおいて脚周り弾性部材17の有効長部分と交差する背側帯弾性部材35bは7本である。したがって、比較例では、背側帯弾性部材35bによって脚周り弾性部材17の有効長に作用する力(横方向外側に引っ張る力)がほぼ均等に作用する。
【0055】
ところで、比較例のような場合、おむつを着用する人間が足を動かすことにより、背側において吸収性本体10(吸収性コア11)のフィット性が悪くなるおそれがある。人間は主に前側(腹側)に足を動かすことが多いため、着用者が足を動かすたびに吸収性本体10(吸収性コア11)が前側(腹側)に引っ張られるのに対して、腹側帯弾性部材35a(背側帯弾性部材35b)による収縮力は一定であるため、着用者の臀部において吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)外側に引っ張る力よりも縦方向腹側に引っ張る力の方が支配的となり、吸収性本体10(吸収性コア11)の位置がずれやすくなる。この場合、排便等によって背側が重くなった際に吸収性本体10(吸収性コア11)がずれた部分から排泄物が外部に漏出するおそれがある。特に、着用者が赤ん坊や幼児である場合は、寝姿勢でおむつが着用されることが多いため、背側(臀部側)の股間部に隙間が生じると、排泄物が漏出しやすくなる。また、吸収性本体10(吸収性コア11)の背側において横方向(幅方向)外側に引っ張る力が弱いと、着用者が足を動かすたびに吸収性本体10の端部10ebが横方向(幅方向)の内側にずれやすくなるため、吸収性本体10(吸収性コア11)がめくれあがって臀部が露出しやすくなる。
【0056】
これに対して、図5に示されるように、本実施形態では、腹側の交差領域であるLaの長さよりも、背側の交差領域であるLbの長さが長い。言い換えると、脚周り弾性部材17(脚周り補助弾性部材19)のうち縦方向に伸長した状態にある部分(有効長)と背側帯弾性部材35bとが交差する領域の方が、脚周り弾性部材17(脚周り補助弾性部材19)のうち縦方向に伸長した状態にある部分(有効長)と腹側帯弾性部材35aと交差する領域よりも大きい。具体的には、図5の領域Laにおいて脚周り弾性部材17の有効長部分と交差する腹側帯弾性部材35aは7本であるのに対して、図6の領域Lbにおいて脚周り弾性部材17の有効長部分と交差する背側帯弾性部材35bは7本よりも多い10本である。したがって、吸収性本体10(吸収性コア11)や脚周り弾性部材17が背側帯弾性部材35bによって横方向(幅方向)外側に引っ張られる力の方が、腹側帯弾性部材35aによって横方向(幅方向)外側に引っ張られる力よりも大きくなる。これにより、本実施形態のおむつ1では背側のフィット性を高くすることができる。
【0057】
本実施形態では、おむつ1の着用者が足を動かすことにより吸収性本体10(吸収性コア11)を縦方向腹側に引っ張る力が生じた場合でも、背側において吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)に引っ張る力が大きいため、吸収性本体10(吸収性コア11)の位置が比較例の場合よりもずれにくくなる。また、背側において吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)に引っ張る力は大きくする一方で、腹側では吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)に引っ張る力を大きくしていないため、腹側においては適度なフィット感を維持することができ、着用者が足を前方に動かす動作を妨げにくい。
【0058】
なお、本実施形態のおむつ1では、腹側帯弾性部材35aのうち伸張状態にある部分(すなわち腹側帯弾性部材35aの有効長部分)と吸収性コア11とが重なる部分の横方向長さWaを、背側帯弾性部材35bのうち伸張状態にある部分(すなわち背側帯弾性部材35bの有効長部分)と吸収性コア11とが重なる部分の横方向長さWbよりも長くすることにより(図5参照)、吸収性コア11が横方向(幅方向)外側に引っ張られる力の強さを調整することができる。弾性部材が吸収性コア11と重なる部分が長いほど、該弾性部材によって吸収性コア11が横方向(幅方向)外側に強く引っ張られるため、本実施形態のように、背側帯弾性部材35bと吸収性コア11との重なり部分を短くすることで、背側において吸収性コア11を直接横方向(幅方向)外側に引っ張る力が強くなりすぎないようにしている。これにより、臀部における吸収性本体10のフィット感を維持しつつ、臀部と吸収性コア11との間に若干のスペースが形成され、排泄された便を拡散させることなく当該スペースに保持することができる。一方、腹側において吸収性コア11を直接横方向(幅方向)外側に引っ張る力を強くすることで、吸収性コア11を身体に密着させ、排泄された尿が漏出することを抑制できる。
【0059】
また、本実施形態のおむつ1では、脚周り弾性部材17または脚周り補助弾性部材19が縦方向に伸縮する際の伸縮力よりも、背側帯弾性部材35bが横方向に伸縮する際の伸縮力の方が強くなるように、各弾性部材が設けられている。すなわち、脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19を吸収性本体10に張り合わせる際に脚周り弾性部材17及び脚周り補助弾性部材19を伸長させる割合よりも、背側帯弾性部材35bを背側帯部材30bに張り合わせる際に背側帯弾性部材35bを伸長させる割合が大きくなるように、各弾性部材が配置されている。これにより、吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)外側に広げる力がより強く働くため、着用者の臀部領域等で吸収性本体10(吸収性コア11)を横方向(幅方向)に拡幅し、排泄物が漏れることを抑制しやすくしている。
【0060】
また、本実施形態のおむつ1では、おむつ着用時において後処理テープ50によって臀部側の肌触りに違和感を生じるのを抑制することができる。おむつ1では、背側帯弾性部材35bと脚周り弾性部材17とが交差する領域の縦方向長さLbが、腹側帯弾性部材35aと脚周り弾性部材17とが交差する領域の縦方向長さLaよりも長い。すなわち、背側帯部材30bと吸収性本体10との縦方向における重なり部が大きい。これにより、背側帯部材30bの非肌側表面に固定されている後処理テープ50の位置も厚さ方向において吸収性コア11の位置と重なりやすくなる(図3参照)。着用者がおむつ1を着用する際には、着用者の肌(臀部)と後処理テープ50との間に厚さ方向に厚みのある吸収性コア11が存在するため、該吸収性コア11がクッションとして機能することで、後処理テープ50の感触を着用者の肌(臀部)に伝えにくく、違和感を生じるのが抑制される。
【0061】
===その他の実施の形態===
以上、本発明の実施形態について説明したが、上記の実施形態は、本発明の理解を容易にするためのものであり、本発明を限定して解釈するためのものではない。また、本発明は、その趣旨を逸脱することなく、変更や改良され得るとともに、本発明にはその等価物が含まれるのは言うまでもない。例えば、以下に示すような変形が可能である。
【0062】
上述の実施形態では、腹側帯部材30a(背側帯部材30b)において、下部領域ADの横方向の中央部ADcの伸縮性を低くする目的で、当該中央部ADcの弾性部材35a(35b)を非連続としていた。そして、この非連続な弾性部材の一例として、図3に示すように、同中央部ADcのうちの横方向の両端部ADce,ADceには、弾性部材35a(35b)が存在しているが、同中央部ADcのうちの横方向の中央部分ADccには、同弾性部材35a(35b)が存在していない構成を例示したが、何等これに限らない。
【0063】
すなわち、下部領域ADの中央部ADcの伸縮性を下げるべく同中央部ADcに弾性部材35a(35b)が非連続に配置されているのであれば、当該中央部ADcのうちの更に中央部分ADccに弾性部材35a(35b)が存在していても良い。図7は、その一例の説明用の概略平面図である。なお、同図7では、腹側帯部材30aのうちの非肌側の不織布31を取り除いて、弾性部材35aを外部露出した状態で示している。この図7の例では、中央部分ADccに位置する弾性部材35aは、細かく分断された状態となっている。そして、かかる細切れ状態になっていれば、弾性部材35aは、中央部分ADccに対して概ね伸縮性を付与しなくなる。よって、このように細切れ状態の弾性部材35aであれば、中央部分ADccに存在していても構わない。細切れ状態の弾性部材35aの長さは、例えば0mmよりも大きく5mm以下の長さとされ、より望ましくは、0mmよりも大きく3mm以下の長さとされる。但し、細切れされた弾性部材35aが存在していると、見栄えが悪くなるので、望ましくは、中央部分ADccには弾性部材35Dが存在しない方が良い(図3)。
【0064】
また、背側帯部材30bについては、下部領域ADの横方向において背側帯部材30bの一端部から他端部までに亘って連続して配置されているのであっても良い。すなわち、
横方向全域に亘って背側帯弾性部材35bが連続的に配置されているのであっても良い(不図示)。これにより、中央部ADcに背側帯弾性部材35bによる横方向の伸縮力が働くようになる。背側帯部材30bの中央部ADcに伸縮力が作用することにより、当該部分において脚周り弾性部材17(脚周り補助弾性部材19)と背側帯部材30bとが互いに引っ張り合い、背側帯部材30bの全体を着用者の臀部に押し当てる。これによって、臀部側のフィット性を向上させることができる。なお、この場合でも腹側帯部材30aに設けられる腹側帯弾性部材35aは中央部ADcにおいて非連続な部分を有する。
【0065】
上述の実施形態では、図3の下部領域ADにおける横方向の中央部ADcに弾性部材35を非連続で配置していたが、何等これに限らない。例えば、同中央部ADcに弾性部材35を配置しなくても良い。すなわち、前述した図3の例では、中央部ADcには、横方向の各端部ADce,ADceの位置に弾性部材35の端部がかかっていたが、かかる弾性部材35の端部が中央部ADcの端部ADceの位置にかかっていなくても良い。
【0066】
上述の実施形態では、外装シート15b及び腹側帯部材30a,背側帯部材30bの素材をそれぞれ不織布としていたが、何等不織布に限らない。例えば、織布でも構わないし、織布以外のシート部材でも構わない。ちなみに、外装シート15bについては省略しても良く、その場合には、防漏シート15aが吸収性本体10の外装をなすことになる。
【0067】
上述の実施形態では、弾性部材35として糸ゴムを例示したが、何等これに限らない。例えば、弾性部材35として帯状のゴムを用いても良いし、伸縮性を有した帯状の不織布や、伸縮性を有した帯状の樹脂フィルムを用いても良い。
【符号の説明】
【0068】
1 おむつ(吸収性物品)、1HB 胴回り開口、1HL 脚周り開口、
10 吸収性本体、10ea 端部、10eb 端部、
10es 端部、10p 部分、
11 吸収性コア、
11a 腹側端部、11b 背側端部、11c くびれ部、
13 表面シート部材、
15 裏面シート部材、
15a 防漏シート、15b 外装シート、
15bf はみ出した部分、15bg 折り返された部分、
17 脚周り弾性部材、18 LSG弾性部材、19 脚周り補助弾性部材、
30a 腹側帯部材、30ac 中央部、30ac2 部分、
30ae 側縁部、30ae2 端部、
30b 背側帯部材、30bc 中央部、30bc2 部分、
30be 側縁部、30be2 端部、
31 不織布、32 不織布、
35 弾性部材、
35a 腹側帯弾性部材、35b 背側帯弾性部材、
40 イラストシート、
50 後処理テープ、
AU 上部領域、AD 下部領域、
ADc 中央部、ADcc 中央部分、ADce 端部、
ADe 部分、
LG 脚回りギャザー、
LSG 立体ギャザー(防漏壁部)、
LSGb 基端部、LSGf 自由端部分、
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7