知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成10(ワ)18411 著作権存在確認等請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成10(ワ)18411著作権存在確認等請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 請求棄却 東京地方裁判所
裁判年月日 平成11年12月20日
事件種別 民事
法令 著作権
キーワード 許諾4回
差止3回
侵害1回
主文 一 「原告の請求」第一項ないし第三項に係る訴えをいずれも却下する。二 「原告の請求」第四項ないし第六項をいずれも棄却する。三 訴訟費用は原告の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 著作権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

平成一〇年(ワ)第一八四一一号 著作権存在確認等請求事件
(口頭弁論終結日 平成一一年一一月九日)
判 決
原告 A
右訴訟代理人弁護士 加藤博史
被告 B
被告 C
被告 D
被告 E
被告 F
主 文
一 「原告の請求」第一項ないし第三項に係る訴えをいずれも却下する。
二 「原告の請求」第四項ないし第六項をいずれも棄却する。
三 訴訟費用は原告の負担とする。
事 実 及 び 理 由
第一 原告の請求
一 原告が別紙著作物目録通番1ないし383記載の各著作物(以下「本件各著作
物」という。)についての著作権を有することを確認する。
二 本件各著作物について、原告と訴外G(以下「訴外人」という。)との間の昭
和四九年二月一〇日付け利用許諾契約に基づく著作物利用権を、被告らが有しない
ことを確認する。
三 本件各著作物について、原告と訴外人との間の昭和四九年二月一〇日付け著作
物利使用についての代理・媒介に関する契約に基づく著作物利用使用許諾に関する
代理・媒介権を、被告らが有しないことを確認する。
四 被告らは、本件各著作物に関して、平成一〇年七月二七日までにその著作権を
使用し製作された製品、複製物及び版画等の二次的著作物(ただし、別紙改題作品
目録記載の改題名を付した製品、複製物及び二次的著作物を除く。)の頒布、販売
を除き、新たに本件各著作物を印刷、製本、頒布、販売したり、その著作権を利
用、使用した製品及び複製物を製作、頒布、販売したり、新たにその写真、版画等
の二次的著作物を製作、頒布、販売したりするなどして、これらについての原告の
著作権を侵害する一切の行為及び本件各著作物の著作物の利用・使用許諾に関する
代理・媒介行為をしてはならない。
五 被告らは、別紙改題作品目録記載の著作物について、同目録記載の改題名を付
した製品、複製物及び写真、版画等の二次的著作物の頒布、販売をしてはならな
い。
六 被告らは、原告に対し、別紙ポジフィルム目録記載のポジフィルムを引き渡
せ。右引渡しの強制執行が不能のときは、同ポジフィルム一枚につき金五万円を支
払え。
第二 事案の概要
本件は、原告が被告らに対し、概要以下のとおり主張して、「原告の請求」記載
の請求をした事案である。
① 原告は、本件各著作物の著作権者であり、原告が著作権を有することの確認を
求めた(請求第一項)。
② 原告は、昭和四九年二月一〇日、訴外人との間で、本件各著作物についての利
用許諾契約及び著作物利使用についての代理・媒介に関する契約を締結したが、そ
の後訴外人が死亡し、各契約は既に終了しているとして、同訴外人の法定相続人で
ある被告らに対し、利用権等の不存在確認(請求第二、第三項)及び被告らによる
複製物の販売等の差止め等を求めた(請求第四項)。
③ 原告は、本件各著作物の著作者であるが、被告らが改題名を付して複製物を頒
布等しているとして、右行為の差止めを求めた(請求第五項)。
④ 原告は、訴外人に対し原告所有のポジフィルムを交付したが、返還されていな
いので、同訴外人である被告らに対し、右ポジフィルムの返還を求めた(請求第六
項)。
第三 当裁判所の判断
一 「原告の請求」第一項ないし第三項について
本件全証拠によるも、被告らにおいて、原告が確認の対象としている諸権利の帰
属を争っていると解することはできない(被告らは、単に、本件各著作物に関する
権利を相続していないことを答弁書において述べるのみである。)。
したがって、「原告の請求」第一項ないし第三項に係る訴えは、いずれも確認の
利益がなく、不適法として却下すべきことになる。
二 「原告の請求」第四項ないし第六項について
本件全証拠によるも、「原告の請求」第四、五項において差止めを求めている行
為について、現に被告らが行っていること又は行うおそれがあることを認めること
はできず、また、「原告の請求」第六項において返還を求めているポジフィルムに
ついて、被告らが占有していることを認めることはできない。
したがって、「原告の請求」第四項ないし第六項は理由がない。
東京地方裁判所民事第二九部
裁 判 長 裁 判 官 飯村敏明

裁 判 官 沖中康人

裁 判 官 石村 智

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (10月14日~10月20日)

来週の知財セミナー (10月21日~10月27日)

10月24日(木) - 神奈川 横浜市

<神奈川会場>営業秘密・知財戦略セミナー

10月25日(金) - 東京 千代田区

意匠調査・類否判断

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

あいぎ法律事務所

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目13番24号 第一はせ川ビル6階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あみ知的財産事務所

大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

芦屋国際特許事務所

659-0068 兵庫県芦屋市業平町4-1 イム・エメロードビル503 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング