知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和55(行ツ)75 行政訴訟 意匠権

この記事をはてなブックマークに追加

昭和55(行ツ)75行政訴訟 意匠権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第一小法廷
裁判年月日 昭和55年10月16日
事件種別 民事
法令 意匠権
キーワード
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。理 由上告代理人高野裕士、同角田嘉宏の上告理由について所論の点に関する原審の認定判断に、原判決挙示の証拠及びその説示に照らし、正当とし論旨は、ひつきよう、原審の専権にて是認することができ、その過程に所論の違法はない。属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するか、又は原判決を正解しないでその不当をいうものにすぎず、採用することができない。よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。最高裁判所第一小法廷裁判長裁判官 中 村 治 朗裁判官 団 藤 重 光裁判官 本 山 亨裁判官 谷 口 正 孝
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 意匠権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人高野裕士、同角田嘉宏の上告理由について
所論の点に関する原審の認定判断に、原判決挙示の証拠及びその説示に照らし、正当とし
て是認することができ、その過程に所論の違法はない。論旨は、ひつきよう、原審の専権に
属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するか、又は原判決を正解しないでその不当をい
うものにすぎず、採用することができない。
よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致
の意見で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第一小法廷
裁判長裁判官 中 村 治 朗
裁判官 団 藤 重 光
裁判官 本 山 亨
裁判官 谷 口 正 孝

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

プロシード国際特許商標事務所

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 コンサルティング 

久野特許事務所

兵庫県西宮市高木西町18番5号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 コンサルティング 

牛田特許商標事務所

東京都板橋区東新町1-50-1 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許