知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和53(行ツ)103 商標登録異議手続受継申立不受理処分取消

この記事をはてなブックマークに追加

昭和53(行ツ)103商標登録異議手続受継申立不受理処分取消

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 一部認容 最高裁判所第二小法廷
裁判年月日 昭和56年6月19日
事件種別 民事
原審 昭和52(行コ)59 (昭和53年5月2日)
法令 商標権
キーワード 商標権1回
主文 原判決を破棄し、第一審判決を取り消す。別紙目録一記載の商標登録出願に関する商標登録異議手続受継の申立ての不受理処分の取消を求める部分につき本件訴を却下する。被上告人のその余の請求を棄却する。訴訟の総費用は被上告人の負担とする。
判示事項 一 商標登録査定後における商標登録異議手続受継申立不受理処分の取消を求める訴の利益の有無 二 商標登録異議申立人である会社の合併による消滅と右申立人としての地位の承継の有無
事件の概要 一 商標登録出願につき登録査定がされたのちにおいては、右出願に関する商標登録異議手続受継申立不受理処分の取消を求める訴の利益はない。 二 商標登録異議申立人である会社が合併によつて消滅したときは、右異議申立は失効し、異議申立人としての地位は合併後存続する会社に承継されない。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 商標権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     原判決を破棄し、第一審判決を取り消す。
     別紙目録一記載の商標登録出願に関する商標登録異議手続受継の申立て
の不受理処分の取消を求める部分につき本件訴を却下する。
     被上告人のその余の請求を棄却する。
     訴訟の総費用は被上告人の負担とする。
         理    由
 職権をもつて調査するに、原審が適法に確定したところによれば、本件商標登録
出願のうち別紙目録一記載の出願については、既に商標登録査定がされて審査手続
は終了し、商標権設定の登録がされたというのであるから、被上告人の本件訴のう
ち右出願に関する商標登録異議手続受継の申立ての不受理処分の取消を求める部分
は、その法律上の利益を失うに至つたものと解するのが相当である。そうすると、
本件訴のうち右請求部分を適法として本案について判断した原判決には、法令の解
釈、適用を誤つた違法があり、右違法は判決の結論に影響を及ぼすことが明らかで
あるから、原判決中右請求に関する部分を破棄して第一審判決を取り消し、右部分
について本件訴を却下すべきである。
 上告代理人蓑田速夫、同渡邊剛男、同岩渕正紀、同古川悌二、同鎌田泰輝、同小
澤義彦、同飯塚実、同新関勝郎、同村岡好隆、同蔵持安治の上告理由について
 商標法一七条の規定によつて準用される特許法五五条の定める商標登録異議制度
については、異議申立ての当否につき申立てにより証拠調べ又は証拠保全をするこ
とができるものとされ、また、その手続についても当事者の対立構造を前提とした
民事訴訟法の規定が多く準用されている(商標法一七条、特許法五九条、一五〇条、
一五一条参照)ことなどに鑑みれば、これを異議申立人の経済的利益の擁護、救済
を趣旨としたものと解する余地があるかのようであるが、他方、商標法一七条、特
許法五五条一項の規定により異議申立ては何人でもすることができるものとされて
いることに徴すると、結局、右制度は、利害関係の有無にかかわらず何人でも異議
の申立てができるものとすることによつて、商標登録出願の審査の過誤を排除し、
その適正を期するという公益的見地から設けられたものであつて、異議申立人たる
会社が合併によつて消滅したときは、それによつて異議申立ては失効し、異議申立
人たる地位が合併後存続する会社に承継される余地はないものと解するのが相当で
ある。そうすると、本件商標登録出願につき異議の申立てをしていた訴外株式会社
主婦の店Dを吸収合併した被上告人が合併によつて異議申立人たる地位を承継した
ものと判断した原判決には法令の解釈、適用を誤つた違法があり、右違法は判決の
結論に影響を及ぼすことが明らかであるから、論旨は理由がある。したがつて、原
判決中、本件商標登録出願のうち別紙目録二記載の出願に関する商標登録異議手続
受継の申立ての不受理処分の取消請求に関する部分は、破棄を免れない。
 そこで、更に、原審が適法に確定した事実に基づき別紙目録二記載の商標登録出
願に関する商標登録異議手続受継の申立ての不受理処分の取消を求める部分の被上
告人の請求の当否について判断すると、上告人のした右不受理処分の通知書には異
議申立人たる地位の承継は認められないとの理由が附記されていたというのである
から、このような場合に必要とされる理由の附記として欠けるところはなく、また、
右の理由をもつてされた右不受理処分を違法ということができないことは前記説示
に照らして明らかである。そうすると、被上告人の右請求は理由がないから、これ
を認容した第一審判決を取り消して、右請求を棄却すべきである。
 よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇八条一号、三九六条、三八六条、九六
条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
     最高裁判所第二小法廷
         裁判長裁判官    木   下   忠   良
            裁判官    栗   本   一   夫
            裁判官    鹽   野   宜   慶
            裁判官    宮   崎   梧   一
 裁判官塚本重頼は、差支えにつき署名押印することができない。
         裁判長裁判官    大   下   忠   良

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

千葉市 千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (11月20日~11月26日)

来週の知財セミナー (11月27日~12月3日)

11月28日(火) - 東京 港区

特許情報活用のためのEXCEL講座

11月29日(水) - 東京 港区

損害賠償請求

11月30日(木) - 東京 港区

新興国の特許調査

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

スプリング国際特許事務所

茨城県牛久市ひたち野東4丁目3-2 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あいぎ特許事務所【名古屋・岐阜】

名古屋本部オフィス 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-13-24 第一はせ川ビル6F http://aigipat.com/ 岐阜オフィス 〒509-0124 岐阜県各務原市鵜沼山崎町3丁目146番地1 PACビル2階(旧横山ビル) http://gifu.aigipat.com/ 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

アサ国際特許事務所

〒108-0014 東京都港区芝5丁目26番20号建築会館4階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング