知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和44(オ)912 商号使用禁止等請求

この記事をはてなブックマークに追加

昭和44(オ)912商号使用禁止等請求

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第一小法廷
裁判年月日 昭和44年11月13日
事件種別 民事
原審 昭和42(ネ)1605 (昭和44年6月19日)
法令 不正競争
キーワード
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。
判示事項 不正競争防止法一条一項二号にいう、商号が類似し、営業活動の混同を生ぜしめるおそれがあり、営業上の利益を害せられるおそれがある場合にあたるとされた事例
事件の概要 上告会社と被上告会社の各商号の表示および両社の営業目的ならびに営業活動、両社の営業活動の混同された事例等原審の確定した諸般の事情のもとにおいては、上告会社の商号が被上告会社のそれと類似し、上告会社の営業活動が被上告会社のそれと混同を生ぜしめるおそれがある旨、および上告会社の商号使用によつて被上告会社が営業上の利益を害さられるおそれがある旨の原審の判断は正当である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 不正競争に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     本件上告を棄却する。
     上告費用は上告人の負担とする。
         理    由
 上告代理人奥村孝の上告理由第一点について。
 上告会社と被上告会社の各商号の表示および両社の営業目的ならびに営業活動、
両社の営業活動の混同された事例等原審の確定した諸般の事情のもとにおいては、
上告会社の商号が被上告会社のそれと類似し、上告会社の営業活動が被上告会社の
それと混同を生ぜしめるおそれがある旨、および上告会社の商号使用によつて被上
告会社が営業上の利益を害せられるおそれがある旨の原審の判断は正当である。し
たがつて、原判決に所論の違法はなく、論旨は採用することができない。
 同第二点について。
 所論の主張をもつて、上告人が不正競争防止法二条一項四号の主張をしたものと
みることはできないのみならず、原判決を通読すれば、原判決が、上告会社の設立
当時既に被上告会社の商号が兵庫県下の冷凍事業関係者およびその大口顧客間にお
いて広く認識されていた趣旨を判示していることは明らかであるから、論旨は採用
することができない。
 よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文の
とおり判決する。
     最高裁判所第一小法廷
         裁判長裁判官    長   部   謹   吾
            裁判官    入   江   俊   郎
            裁判官    松   田   二   郎
            裁判官    岩   田       誠
            裁判官    大   隅   健 一 郎

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (6月1日~6月7日)

来週の知財セミナー (6月8日~6月14日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

日本知財サービス 特許出願・商標登録事務所

〒106-6111 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 11階 横浜駅前オフィス:  〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸1丁目11ー1 水信ビル 7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

〒500-8368 岐阜県 岐阜市 宇佐3丁目4番3号 4-3,Usa 3-Chome, Gifu-City, 500-8368 JAPAN 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

羽鳥国際特許商標事務所

群馬県前橋市北代田町645-5 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング