知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和40(行ツ)8 特許願拒絶査定不服審決取消請求

この記事をはてなブックマークに追加

昭和40(行ツ)8特許願拒絶査定不服審決取消請求

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第一小法廷
裁判年月日 昭和42年11月9日
事件種別 民事
原審 昭和39(行ケ)52 (昭和39年11月10日)
法令 実用新案権
キーワード
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。
判示事項 特許出願拒絶査定に対する審判請求と特許出願を実用新案登録出願に変更する届出とが同時になされた場合における実用新案法第八条四項の適用の有無
事件の概要 特許出願拒絶査定を不服とする審判請求と特許出願を実用新案登録出願に変更する届出とが同時になされた場合においても、特許出願は取り下げたものとみなす旨の実用新案法第八条第四項の規定の適用がある。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 実用新案権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     本件上告を棄却する。
     上告費用は上告人の負担とする。
         理    由
 上告代理人松田喬の上告理由一および二について。
 特許出願に対する拒絶査定を不服とする審判の請求と右特許出願を実用新案登録
出願に変更する行為とは、それぞれ別個の手続をなすものであり、特許法も、実用
新案法も、右審判の請求のあつた場合における出願の変更を禁じてはいない。また、
両者は、いずれもそれに条件等を付してその発効を制限できる行為ではない。され
ば、本件のように、上告人によつて右両者の行為が同時になされた場合においても、
両者はそれぞれ直ちに効力を生ずるものと解するのを相当とし、出願変更の行為の
あつたときは、特許出願は取り下げたものとみなされる旨の実用新案法八条四頂の
規定がこれに適用されるのは、当然といわなければならない。
 論旨は、右両者の行為が同時になされたときは、そのいずれもが効力未発生の状
態にあるので、その一につき取下げまたは放棄等をなさしめて他を有効ならしめる
よう補正を命ぜらるべきものと主張するが、特許法一七条、一三三条等の規定に徴
するも、被上告人ないし審判長に所論のような補正を命ずべき義務あるものとは到
底認められない。
 してみれば、以上説示したところと趣旨を同じくする原判決に所論の違法は存せ
ず、論旨はすべて採用できない。
 よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文の
とおり判決する。
     最高裁判所第一小法廷
         裁判長裁判官    松   田   二   郎
            裁判官    入   江   俊   郎
            裁判官    長   部   謹   吾
            裁判官    岩   田       誠
            裁判官    大   隅   健 一 郎

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (6月21日~6月27日)

来週の知財セミナー (6月28日~7月4日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

ひので総合特許事務所

〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-205 ABCビル401 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

海嶺知財経営コンサルタント事務所

〒973-8403 福島県いわき市内郷綴町榎下16-3 内郷商工会別棟事務所2階 特許・実用新案 意匠 商標 コンサルティング 

日本知財サービス 特許出願・商標登録事務所

〒106-6111 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 11階 横浜駅前オフィス:  〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸1丁目11ー1 水信ビル 7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング