知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和26(オ)745 特許願拒絶査定不服抗告審判の審決取消請求

この記事をはてなブックマークに追加

昭和26(オ)745特許願拒絶査定不服抗告審判の審決取消請求

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第二小法廷
裁判年月日 昭和28年10月16日
事件種別 民事
法令 実用新案権
キーワード 審決3回
新規性1回
主文 本件上告を棄却する。上告費用は上告人の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 実用新案権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

         主    文
     本件上告を棄却する。
     上告費用は上告人の負担とする。
         理    由
 上告代理人弁理士弁護士和久井宗次、弁理士木戸伝一郎、同山田勝三の上告理由
は別紙記載のとおりである。
 上告理由第一点について。
 論旨の縷々主張するところは、要するに、上告人の発明した製粉機が特許法一条
にいわゆる「新規ナル工業的発明」に該当するというのである。この点について、
原判決は「(一)特許第一五九九一〇号製粉機(二)特許第一七三五九三号製粉機
(三)登録実用新案第一八三七三号製粉機(四)昭和六年実用新案出願公告第一〇
六五五号製粉機の各記載事項を綜合して格別発明思想を要することなく設計によつ
て容易に連想し得る程度のものと認定する。」と判示しているのであつて、原判決
が右各製粉機及び本件製粉機について認定するところによれば、原判決の右の判示
は正当であり、本件発明は特許法一条にいわゆる「新規ナル工業的発明」に該当し
ないものと解するのが相当である。論旨は大審院の判決を引用して原判決が先例に
違反すると主張するのであるが、ある発明が特許法一条の「新規ナル工業的発明」
にあたるかどうかは、具体的場合によつて異るのであるから、引用の判決中に発明
の新規性を認めたものがあり、本件の場合これを認めなかつたからと言つて、先例
に違反するものということはできない。
 上告理由第二点について。
 論旨は、特許抗告審判の審決取消請求の訴訟においては、抗告審判の審理に際し
て提出されなかつたあらたな事実の主張、立証はゆるされないというのであるが、
原審が事実審である以上、審判の際主張されなかつた事実、審決庁が審決の基礎と
しなかつた事実を、当事者が訴訟においてあらたに主張することは違法ではなく、
またかゝる事実を判決の基礎として採用することは少しも違法ではない。
 以上説明のとおり論旨は理由がないから、本件上告はこれを棄却することとし、
民訴四〇一条、九五条、八九条を適用して、裁判官全員一致の意見をもつて主文の
とおり判決する。
     最高裁判所第二小法廷
         裁判長裁判官    霜   山   精   一
            裁判官    栗   山       茂
            裁判官    小   谷   勝   重
            裁判官    藤   田   八   郎
            裁判官    谷   村   唯 一 郎

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

弁護士法人T&N 長友国際法律事務所

〒063-0811 札幌市西区琴似1条4丁目3-18紀伊国屋ビル3階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 コンサルティング 

特許業務法人 浅村特許事務所 (東京都品川区)

〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目2番24号 天王洲セントラルタワー21F・22F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あいぎ法律事務所

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目13番24号 第一はせ川ビル6階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング