知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成27(行ケ)10180 審決取消請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成27(行ケ)10180審決取消請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 審決取消 知的財産高等裁判所
裁判年月日 平成28年2月9日
事件種別 民事
当事者 被告株式会社アイフォーレ
原告養命酒製造株式会社
法令 商標権
商標法4条1項11号5回
商標法4条1項15号5回
キーワード 審決12回
無効5回
無効審判2回
商標権2回
実施1回
主文 1 特許庁が無効2014-890031号事件について平成27年8月3日にした審決を取り消す。
2 訴訟費用は被告の負担とする。
事件の概要 1 本件は,被告が有する商標権について,原告が商標法4条1項11号,15 号を理由に無効審判請求をしたところ,特許庁が審判請求は成り立たないとの審決 をしたため,原告が審決の取消を求めた事案である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 商標権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

平成28年2月9日判決言渡
平成27年(行ケ)第10180号 審決取消請求事件
口頭弁論終結日 平成27年12月7日
判 決

原 告 養命酒製造株式会 社

訴 訟 代 理 人 弁 理 士 松 原 伸 之
同 橋 本 千 賀 子
同 塚 田 美 佳 子
同 長 谷 玲 子
同 大 貫 絵 里 加

被 告 株式会社アイフォーレ

主 文
1 特許庁が無効2014-890031号事件について平成27年8月
3日にした審決を取り消す。
2 訴訟費用は被告の負担とする。
事 実 及 び 理 由
第1 請求
主文と同旨
第2 事案の概要
1 本件は,被告が有する商標権について,原告が商標法4条1項11号,15
号を理由に無効審判請求をしたところ,特許庁が審判請求は成り立たないとの審決
をしたため,原告が審決の取消を求めた事案である。
2 特許庁における手続の経緯等
(1) 被告は,次の商標(以下「本件商標」という)に係る商標権を有している(甲
1)。
登録 第5553789号
商標の構成 「宮古養命草」の文字を標準文字により表してなる。
登録出願日 平成24年9月10日
設定登録日 平成25年2月1日
指定商品 第5類「サプリメント」
(2) 原告は,平成26年5月7日,本件商標は,商標法4条1項11号,15号
に該当すると主張して,無効審判(無効2014-890031号事件)を請求し
た。特許庁は,平成27年8月3日,「本件審判の請求は,成り立たない。」との審
決をし,その謄本は,同月13日,原告に送達された。
3 審決の理由
審決の理由は,別紙審決書の写しに記載のとおりである。その要旨は,① 登録
第4910948号商標(以下「引用商標1」という。)及び登録第5682287
号商標(以下,引用商標1と併せて「11号引用商標」という。別掲1のとおり)
とは,その外観,称呼及び観念のいずれからみても,非類似の商標であるから,そ
の指定商品が同一又は類似のものであったとしても,本件商標は,商標法4条1項
11号に該当しない,② ややデザイン化した「養命酒」の文字を横書きしてなる
別掲2の商標(以下「15号引用商標1」という。)とは,15号引用商標1が周知
著名であるということができても,十分に区別し得る差異を有するものであるから,
出所の混同を生じることがない,また,ややデザイン化した「養命」の文字からな
る別掲3の商標(以下「15号引用商標2」といい,15号引用商標1と併せて「1
5号引用商標」という。)とは,非類似の商標であるから,原告の商品を表すもので
あると認識されるとしても,出所の混同を生じるおそれがあるということはできな
いから,本件商標は,商標法4条1項15号に該当しない,③ よって,本件商標
の登録は,商標法4条1項11号及び15号に違反してされたものではないから,
商標法46条1項により,無効とすることはできない,というものである。
第3 原告の主張
1 取消事由1(商標法4条1項11号該当性の判断の誤り)
(1) 本件商標と引用商標1の類似
本件商標は,「宮古養命草」の文字を横書きしてなる商標であるが,「宮古」部分
は,沖縄あるいは宮城県の地名を表す語であるから,
「宮古」の語に自他商品の識別
力はない(甲2,162)。また,「草」部分は,指定商品である「サプリメント」
との関係において,原料としての草あるいは薬草を意味するものといえるから,一
般需要者が「養命草」を看取した場合,
「草」部分には識別力はなく,その要部は「養
命」であると認識する(甲163)。このように,「宮古」と「草」に識別力がない
から,「宮古」と「養命」と「草」を結合させた本件商標の要部は,「養命」である
と判断されるべきである。
よって,本件商標は,「ミヤコヨウメイソウ」の称呼のほか,要部である「養命」
部分から「ヨウメイ」の称呼をも生じる。本件商標は,
「ヨウメイ」の称呼を生ずる
から,引用商標1から生じる称呼「ヨウメイ」と共通する。
以上のとおり,本件商標の要部は「養命」であり,11号引用商標に類似する商
標である(甲6)。
(2) 指定商品の類似
本件商標の指定商品「サプリメント」は,引用商標1の指定商品と類似する商品
である。また,引用商標1の指定商品の一部は,特許庁の類似商品・役務審査基準
において32F15という類似群に属するものであり,国際分類第10版において
第29類から第5類に移行されている。本件商標の指定商品「サプリメント」は,
類似群32F15に属する商品である。
よって,本件商標の指定商品と引用商標1の指定商品はいずれも類似群32F1
5に属するものであり,互いに類似する商品である。
(3) 以上によれば,本件商標が商標法4条1項11号に該当しないとした審決の
認定判断は誤りである。
2 取消事由2(商標法4条1項15号該当性の判断の誤り)
(1) 15号引用商標の「養命酒」及び「養命」の語は,本件商標の登録出願時及
び査定時において,原告の製造販売に係る薬草を原料とする「養命酒」との薬酒(以
下「原告商品」ということがある。)として周知著名であり,約400年の長期間に
わたり使用され,日本全国において,広く一般需要者に認識されていた。
1602年に,信州伊那のAが,原告商品の起源となる薬用酒を創造し,これを
「養命酒」と名付けて以来,その製造販売が継続されてきた。同人の事業を継承す
る原告は,大正12年,「養命酒」の名称で原告商品の販路を全国に広げ,その後,
テレビコマーシャルによる宣伝を中心に高い知名度を獲得し,平成24年8月に原
告が実施した調査によれば,原告商品である「養命酒」に対する一般需要者の認知
率は95.5%であり,その認知度は圧倒的に高い。
一般消費者に対するアンケート調査においても,消費者は,
「養命酒」の中で「養
命」の部分から強い印象を受けており,「養命」と聞けば原告商品である「養命酒」
を思い出すことが明らかである
また,原告の商標である15号引用商標の「養命酒」及び「養命」の語は,消費
者の間で圧倒的な著名性を有し,ユニークな造語として消費者の間で知られている。
(2) 一般需要者にとって,著名な商標である「養命酒」は,その基幹部分である
「養命」についても,原告の著名な商標であると誰もが疑う余地なく認識している
ものであり,取引者,需要者に対し,商品の出所識別標識として強く支配的な印象
を与えるものと認められるから,本件商標の要部は「養命」の部分であり,
「宮古養
命草」を全体として一体にみることはできない。そして,本件商標からは,周知・
著名な「養命」の観念が看取され,
「ヨウメイ」の称呼が生じ,本件商標をその指定
商品に使用した場合,本件商標を見た取引者及び需要者は,当該商品が原告に関連
する出所から流出したと誤認混同する。
また,原告は,
「養命酒」のほか「養命水」の商標を使用したミネラルウォーター
も販売しており(甲160),また,原告の運営するオンラインショップにおいて,
サプリメントを始め,調味料,加工食品,飲料等の広い範囲の飲食料品を販売して
いる(甲161)。このような状況からも,「養命」の語を含む本件商標を指定商品
に使用した場合,原告が多角経営の一環として新製品を販売したものと誤認され,
出所について混同を生じる。
本件商標の指定商品「サプリメント」と原告商品である薬用酒とは,いずれも広
い意味でセルフメディケーションの用途で飲用,食用される商品であり,需要者を
共通にする。
(3) 以上によれば,本件商標が商標法4条1項15号に該当しないとした審決の
認定判断は誤りである。
第4 当裁判所の判断
1 取消事由2について
(1) 被告は,適式の呼出を受けながら,本件口頭弁論期日に出頭しないし,答弁
書その他の準備書面も提出しないから,原告の主張(請求原因事実)を自白したも
のとみなされる。
したがって,15号引用商標の「養命酒」及び「養命」の語は,本件商標の登録
出願時及び査定時において,原告商品の名称として周知著名であり,日本全国にお
いて,ユニークな造語として広く一般需要者に認識されていたこと,
「養命酒」及び
「養命」の語は,取引者,需要者に対し,商品の出所識別標識として強く支配的な
印象を与えるものであり,本件商標の要部は「養命」の部分であること,原告は,
原告商品のほか「養命水」の商標を使用したミネラルウォーターや,サプリメント
等を販売していること,本件商標の指定商品「サプリメント」と原告商品である薬
用酒とは,いずれも広い意味でセルフメディケーションの用途で飲用,食用される
商品であり,需要者を共通にするものであることが認められる。
(2) 以上の事実によれば,被告が取引者及び需要者を原告商品と共通する本件商
標を指定商品に使用した場合,これに接した取引者,需要者は,高い周知著名性の
ある「養命酒」「養命」の表示を連想し,原告の出所に係るものであると誤信する

か,少なくとも,当該商品が原告との間にいわゆる親子会社や系列会社等の緊密な
営業上の関係又は同一の表示による商品化事業を営むグループに属する関係にある
営業主の業務に係る商品であると誤信させるおそれがあり,商品の出所につき誤認
を生じさせるものと認められる。
そうすると,本件商標は,商標法4条1項15号所定の「混同を生ずるおそれが
ある商標」に当たると解される。本件商標が商標法4条1項15号に該当しないと
した審決の判断には誤りがある。
2 よって,審決には,その余の点について判断するまでもなく,これを取り消
すべき違法があると認められ,原告の請求は理由があるから,認容することとし,
主文のとおり判決する。
知的財産高等裁判所第1部

裁判長裁判官 設 樂 一


裁判官 大 寄 麻 代


裁判官 岡 田 慎 吾

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (10月21日~10月27日)

10月24日(木) - 神奈川 横浜市

<神奈川会場>営業秘密・知財戦略セミナー

10月25日(金) - 東京 千代田区

意匠調査・類否判断

来週の知財セミナー (10月28日~11月3日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

特許業務法人IPアシスト特許事務所

〒060-0002 札幌市中央区北2条西3丁目1番地太陽生命札幌ビル7階 特許・実用新案 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング 

金原商標登録事務所

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 意匠 商標 外国商標 訴訟 コンサルティング 

溝上法律特許事務所

大阪府大阪市西区靱本町1丁目10番4号 本町井出ビル2F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング