知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成26(ネ)10117 著作物使用差止等請求控訴事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成26(ネ)10117著作物使用差止等請求控訴事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 控訴棄却 知的財産高等裁判所 東京地方裁判所
裁判年月日 平成28年2月24日
事件種別 民事
当事者 控訴人
被控訴人中国塗料株式会社
法令 その他
著作権法15条2項6回
民法114条4回
キーワード 無効4回
差止3回
抵触2回
審決1回
損害賠償1回
主文 1 本件控訴を棄却する。
2 控訴費用は控訴人の負担とする。
事件の概要 1 本件は,控訴人が,被控訴人に対し,控訴人が「船舶情報管理システム」(以 下「本件システム」という。)の著作権を有する旨主張して,控訴の趣旨第2項ない し第8項記載の請求をする事案である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ その他に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

平成28年2月24日判決言渡 同日原本受領 裁判所書記官
平成26年(ネ)第10117号 著作物使用差止等請求控訴事件
原審・東京地方裁判所平成25年(ワ)第9989号
口頭弁論終結日 平成27年10月22日
判 決

控 訴 人 X

被 控 訴 人 中 国 塗 料 株 式 会 社

同訴訟代理人弁護士 小 山 雅 男
主 文
1 本件控訴を棄却する。
2 控訴費用は控訴人の負担とする。
事実及び理由
第1 控訴の趣旨
1 原判決を取り消す。
2 本訴状送達の日の翌日から,被控訴人が管理占有する「船舶情報管理システ
ム」に対し,業務使用を目的とするデータの記入及び読み出し(システムメンテナ
ンスを目的とする場合を除く。)を禁止する。
3 本訴状送達の日の翌日から,被控訴人が管理占有する「船舶情報管理システ
ム」の稼動状況について,原判決添付訴状(写し)の別紙報告事項に記載する事項
について,毎月末日までに控訴人に対して書面にて報告せよ。
4 本訴状送達の日の翌日から,被控訴人が管理占有する「船舶情報管理システ
ム」の稼動状況について,当該システムに特別な変更を行った場合には,控訴人に
対して書面にて遅滞なく報告せよ。
5 本訴状送達の日の翌日から,被控訴人が「船舶情報管理システム」を管理占
有する場所について,控訴人又は控訴人の指定する第三者に当該システムの稼動状
況を調査するために立ち入り検証させよ。
6 本訴状送達の日の翌日から,控訴人は被控訴人に対し「船舶情報管理システ
ム」の識別又は同一性保持のために,必要な措置を命じることができる。
7 第2項ないし第6項の請求に付帯して,被控訴人は,控訴人に対し,「船舶
情報管理システム」の著作権使用料相当額として,平成5年2月1日から平成25
年2月末日までの元利合計金額である6億2494万0533円,並びに平成25
年3月1日より控訴人の死後50年が満了する月に至るまで,各月末日までに,月
額150万円及び本訴状送達の日の翌日から(期限の未到来のものについては期限
到来の翌日から)これらの金額の支払済みに至るまで年5分の利率による利息を,
損害賠償金又は不当利得金として支払え。
8 被控訴人は,控訴人の指定する日刊紙,週刊誌及び月刊誌に原判決添付訴状
(写し)の別紙記載の謝罪広告を掲載せよ。
9 仮執行宣言
第2 事案の概要
1 本件は,控訴人が,被控訴人に対し,控訴人が「船舶情報管理システム」
(以
下「本件システム」という。)の著作権を有する旨主張して,控訴の趣旨第2項ない
し第8項記載の請求をする事案である。
原判決は,控訴人と被控訴人との間において,平成22年12月22日時点で,
控訴人が本件システムの著作権を有しないことは既判力をもって確定しているとこ
ろ,上記基準時後の事情の変更も認められないとして,控訴人の請求をいずれも棄
却したため,控訴人が,これを不服として控訴したものである。
2 前提事実
(1) 当事者等
ア 被控訴人は,塗料の製造販売等を業とする株式会社である(弁論の全趣旨)。
イ 中国塗料技研株式会社(以下「中国塗料技研」という。)は,船舶の塗装情
報管理システムの開発及び運用の請負等を業とする株式会社であり,被控訴人が全
額出資する完全子会社である(乙1)。
ウ 信友株式会社(以下「信友」という。)は,被控訴人が全額出資する完全子
会社であったが,平成12年10月2日,大竹明新化学株式会社(以下「大竹明新
化学」という。)に吸収合併された(乙1)。
エ 控訴人は,昭和37年4月,被控訴人に入社し,昭和60年,信友に出向し,
昭和61年6月から平成4年5月21日まで同社の取締役であった。控訴人は,そ
の後,中国塗料技研に出向し,平成4年5月21日から平成5年1月30日まで同
社の代表取締役であった。控訴人は,平成5年1月,中国塗料技研を退職した(甲
2,6,7,甲14の1・2,乙1)。
(2) 1次訴訟
ア 第1審判決
控訴人は,大阪地方裁判所に対し,被控訴人を被告として,本件システムの著作
権確認及び本件システムに対する控訴人の開発寄与分の確認を求める訴え(以下
「1次訴訟」という。)を提起した(大阪地方裁判所平成19年(ワ)第1150
2号)。
上記訴訟において,控訴人は,本件システムは,控訴人が一人で開発作成したも
のであり,本件システムの作成について,被控訴人,信友及び中国塗料技研の「発
意」は存在せず,職務著作(著作権法15条2項)に係る著作物に当たらないから,
控訴人が著作権者となる旨主張した。これに対し,被控訴人は,被控訴人が現在使
用中の「船舶情報管理システム」なる著作物は控訴人が開発したものではなく,控
訴人の開発したものは被控訴人には存在しない,仮に控訴人主張の本件システムが
控訴人が開発したものとして存在するとしても,控訴人は信友在籍中に本件システ
ムの開発を命じられてその業務に従事し,控訴人が中国塗料技研に転社後も同業務
が継続され,さらに仮に開発を命じたのが被控訴人であるとすれば,本件システム
は,著作権法15条2項の職務著作に係る著作物であり,その著作者は信友,中国
塗料技研又は被控訴人であり,控訴人が著作権を有するものではない旨主張した。
大阪地方裁判所は,平成20年7月22日,控訴人の本件システムの著作権の確
認を求める請求について,本件システムは,信友及び中国塗料技研の発意に基づき,
両社の業務に従事する控訴人が職務上作成したものであるから,著作権法15条2
項の職務著作に当たり,その著作者は信友ないし中国塗料技研であるということが
でき,控訴人は本件システムの著作者にはなり得ないものであるから,その著作権
を有するとはいえないとして,被控訴人の職務著作の主張を認めて,控訴人の請求
を棄却した。また,本件システムに対する控訴人の開発寄与分がどれほどの割合で
あるかの確認を求める訴えは不適法であるとして,これを却下した(甲2)。
イ 第2審判決
控訴人は,第1審判決を不服として控訴し,控訴審において,控訴人が被控訴人
又は信友及び中国塗料技研との共同著作権を有することの確認を求める予備的請
求を追加した(知的財産高等裁判所平成20年(ネ)第10064号)。
知的財産高等裁判所は,平成22年12月22日口頭弁論を終結し,平成23年
3月15日,本件システムは,信友及び中国塗料技研の発意に基づき,両社におい
て開発業務に従事する控訴人が職務上作成したものであり,著作権法15条2項の
職務著作として,その著作者は,信友又は中国塗料技研あるいはその双方であって,
控訴人が共同著作権も含め著作権を有するものではないから,その著作権の確認を
求める請求は,主位的請求及び予備的請求のいずれについても理由がないとして,
控訴人の控訴を棄却し,予備的請求を棄却する判決をした(甲3)。
ウ 上告審決定
控訴人は上告するとともに上告受理を申し立てたが,最高裁判所は,平成24年
2月28日,控訴人の上告を棄却し,本件を上告審として受理しない旨の決定をし
た(最高裁判所平成23年(オ)第1066号,同年(受)第1203号。甲1)。
これにより,控訴人が本件システムの著作権を有しないことが被控訴人との間で既
判力をもって確定した。
(3) 控訴人による催告及びこれに対する中国塗料技研の回答
控訴人は,平成24年10月17日付け催告書をもって,中国塗料技研に対し,
1次訴訟の確定判決により職務著作として中国塗料技研に本件システムの著作権
が帰属したことが判示されたが,中国塗料技研が控訴人に対して発意をした当時,
控訴人は中国塗料技研の代表取締役であったから,代表取締役である控訴人が中国
塗料技研を代表して控訴人個人に対して「発意」を行うことは,旧商法265条1
項の自己取引に該当し,取締役会の承認を得なければ無権代理として無効であると
して,民法114条に基づき,上記自己取引を承認するか否かについて3週間以内
に諾否を回答するよう催告した。また,控訴人は,大竹明新化学に対しても,同日
付け催告書をもって,上記と同旨の催告をした(甲4)。
これに対して,中国塗料技研及び大竹明新化学は,いずれも同月19日付け回答
書をもって,控訴人に対し,控訴人の上記主張自体が理解困難であるから,控訴人
の催告について諾否の回答をすることはできない旨回答した(甲5の1・2)。
(4) 控訴人は,平成25年4月17日,本訴を提起した。
第3 当事者の主張
当事者双方の主張は,後記のとおり,当審における控訴人の主張を付加するほか
は,原判決添付訴状(写し)及び同答弁書(写し)のとおりであるから,これを引
用する。
〔当審における控訴人の主張〕
1 信友又は中国塗料技研の「発意」は,控訴人が信友の取締役又は中国塗料技
研の代表取締役として行ったもので,その内容は,本件システムの著作権を控訴人
が有し,これを活用する最適の設備を信友から被控訴人にリースさせ,受注,塗装
仕様発行,成績管理という被控訴人の業務活動に使用させ,かつ,それに伴い適正
な使用料を控訴人が受領するというものであるから,控訴人と信友又は中国塗料技
研との間の自己取引に当たり,旧商法265条1項が適用されるから,当該取引に
ついて取締役会の承認がなければ無権代理行為として無効となる。
そこで,1次訴訟の事実審の口頭弁論終結後に控訴人から信友及び中国塗料技研
に対して民法114条の催告をしたにもかかわらず,信友及び中国塗料技研は自己
取引の承認を拒絶したから,
「発意」は無効であることが確定し,本件システムの著
作権は信友又は中国塗料技研に移転せず,原著作者である控訴人個人の下に留まる。
以上のとおり,本件システムの著作権は控訴人の下に留まるものであるから,控
訴人は,本件システムの著作権に基づき,本件システムを控訴人に無断で使用し続
ける被控訴人に対し,その使用の差止め,本件システムの使用料相当額の支払,謝
罪広告の掲載を求めるものである。
2 1次訴訟において,控訴人が本件システムに係る著作権は控訴人に帰属する
旨主張したのに対し,被控訴人は,控訴人の上記主張を単に否認するだけであり,
本件システムが著作権法15条2項の職務著作に当たる旨の主張は一切していなか
った。
本件システムが職務著作に該当する旨の被控訴人の主張もないのに,控訴人が職
務著作の抗弁に対する再抗弁事項である前記1の自己取引に係る主張を1次訴訟に
おいて提出することは不可能であった。
したがって,上記自己取引に係る主張は,1次訴訟の事実審の口頭弁論終結時で
ある平成22年12月22日時点より後に新たに生じた事情の主張に該当する。
第4 当裁判所の判断
当裁判所も,控訴人の本訴請求はいずれも理由がないものと判断する。その理由
は,以下のとおりである。
1 本訴請求について
控訴人は,本件システムの著作権は控訴人個人が有する旨主張して,本件システ
ムの著作権に基づき,被控訴人に対し,本件システムの使用の差止め,本件システ
ムの使用料相当額の支払及び謝罪広告の掲載等を求めている。
そうすると,控訴人の本訴請求は,いずれも控訴人が本件システムの著作権を有
することを先決問題とする請求であるということになる。
しかるに,前記第2の2の前提事実のとおり,控訴人と被控訴人との間において,
1次訴訟の事実審の口頭弁論終結時である平成22年12月22日の時点で,控訴
人が本件システムの著作権を有しないことが,既判力をもって確定している。
したがって,控訴人の被控訴人に対する本訴請求は,1次訴訟の確定判決の既判
力に抵触することから,理由がない。
2 控訴人の主張について
控訴人は,信友又は中国塗料技研の「発意」は,控訴人が信友の取締役又は中国
塗料技研の代表取締役として行ったものであり,控訴人と信友又は中国塗料技研と
の間の自己取引に当たるところ,1次訴訟の事実審の口頭弁論終結後に控訴人から
信友及び中国塗料技研に対して民法114条の催告をしたにもかかわらず,信友及
び中国塗料技研は自己取引の承認を拒絶したから,
「発意」は無効であることが確定
した旨主張する。
しかし,著作権法15条2項にいう法人等の「発意」とは,著作物の作成が直接
又は間接に法人等の意図に由来するものであることであって,そもそも法律行為で
はないから,旧商法265条1項の自己取引の問題が生じるものでないことは明ら
かであり,これに関する控訴人の主張は失当というほかない。
また,この点をおいても,控訴人の主張によれば,信友又は中国塗料技研による
「発意」があった時点において,当該「発意」が,信友の取締役又は中国塗料技研
の代表取締役である控訴人と,会社である信友及び中国塗料技研との間の自己取引
に該当していたというのであるから,
「発意」が自己取引であるとの控訴人主張に係
る事実は,1次訴訟の事実審の口頭弁論終結前から存在しており,信友又は中国塗
料技研の職務著作の成否という同社らの著作権の発生原因に内在する瑕疵であるこ
とになる。
そうすると,前記第2の2(3)のとおり,控訴人の民法114条の催告並びに信友
及び中国塗料技研の回答が1次訴訟の事実審の口頭弁論終結後にされたものである
としても,なお控訴人の上記「自己取引」に係る主張は,1次訴訟の事実審の口頭
弁論終結前に主張することができたものであるといえる。
したがって,本訴において,控訴人が上記主張をすることは,1次訴訟の確定判
決の既判力に抵触し許されないというべきである。
3 結論
以上の次第で,控訴人の請求をいずれも棄却した原判決は正当であり,本件控訴
は理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり判決する。
知的財産高等裁判所第4部

裁判長裁判官 髙 部 眞 規 子


裁判官 柵 木 澄 子


裁判官 鈴 木 わ か な

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (10月21日~10月27日)

10月24日(木) - 神奈川 横浜市

<神奈川会場>営業秘密・知財戦略セミナー

10月25日(金) - 東京 千代田区

意匠調査・類否判断

来週の知財セミナー (10月28日~11月3日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

日本知財サービス 特許出願・商標登録事務所

〒106-6111 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 11階 横浜駅前オフィス:  〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸1丁目11ー1 水信ビル 7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

プロシード国際特許商標事務所

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国商標 コンサルティング 

松嶋知的財産事務所

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-4-5パレスMR201号 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング