知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成29(ワ)31544 特許権侵害差止等請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成29(ワ)31544特許権侵害差止等請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 一部認容 東京地方裁判所
裁判年月日 令和1年8月30日
事件種別 民事
対象物 屈折率測定方法及びその装置
法令 特許権
特許法36条6項1号5回
特許法102条2項4回
特許法44条1項2回
特許法100条1項1回
特許法36条4項1号1回
特許法36条6項2号1回
特許法100条1回
キーワード 分割11回
実施9回
進歩性7回
新規性7回
特許権6回
差止3回
損害賠償3回
侵害3回
無効2回
無効審判1回
主文 1 被告は,別紙被告製品目録記載の製品を輸入し,使用し,譲渡し,貸し渡し,又は譲渡若しくは貸渡しの申出をしてはならない。
2 被告は,前項の製品を廃棄せよ。
3 被告は,69万8451円及びうち52万0914円に対する平成2209年9月22日から,うち17万7537円に対する平成31年2月27日から各支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
4 原告のその余の請求を棄却する。
5 訴訟費用はこれを5分し,その3を原告の負担とし,その余を被告の負担とする。25
6 この判決は,第1項及び第3項に限り,仮に執行することができる。
事件の概要 1 本件は,原告が,被告は別紙被告製品目録記載の製品(以下「被告製品」とい う。)を輸入,販売等することにより原告の有する特許権を侵害していると主張10 して,被告に対し,特許法100条1項に基づく被告製品の輸入,使用,譲渡, 貸渡し並びに譲渡及び貸渡しの申出の差止め並びに同条2項に基づく被告製品 の廃棄を求めるとともに,民法709条及び特許法102条2項に基づく損害賠 償金627万2000円及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達の日の翌 日)である平成29年9月22日から支払済みまで民法所定の年5分の割合によ15 る遅延損害金の支払を求める事案である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

野本・桐山国際特許事務所

東京都港区西新橋

IPTech特許業務法人

東京都渋谷

TBK

ドイツ、ミュンヘン

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

特許業務法人 湘洋内外特許事務所

〒220-0004 横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル6階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

よしはら特許商標事務所

東京都新宿区新宿5-10-1 第2スカイビル6階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

康信国際特許事務所(北京康信知識産権代理有限責任公司)

Floor 16, Tower A, InDo Building, A48 Zhichun Road, Haidian District, Beijing 100098, P.R. China 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング