知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成30(ワ)39914 特許権侵害に基づく損害賠償請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成30(ワ)39914特許権侵害に基づく損害賠償請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 東京地方裁判所
裁判年月日 令和1年12月25日
事件種別 民事
当事者 被告シャープ株式会社名越秀夫
対象物 携帯電話,Rバッジ,受信装置
法令 特許権
民法709条1回
特許法102条3項1回
特許法126条1項1回
キーワード 実施26回
無効10回
特許権7回
進歩性5回
侵害3回
審決2回
無効審判2回
許諾1回
優先権1回
分割1回
損害賠償1回
主文
事件の概要 1 本件は,その発明の名称を「携帯電話,Rバッジ,受信装置」とする特許第25 4789092号(以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特 許権」という。)を有する原告が,別紙物件目録記載の各スマートフォン(以 下「被告製品」という。)は,本件特許の特許請求の範囲の請求項1に係る発 明(後記2(3)イによる訂正後のもの。以下「本件発明」という。)の技術的 範囲に属し,被告は被告製品を製造・販売等することにより本件特許権を侵害 したとして,民法709条に基づき,損害額の一部である1億円及びこれに対5 する最後の出荷日の後の日である平成30年1月1日から支払済みまで民法所 定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (6月21日~6月27日)

来週の知財セミナー (6月28日~7月4日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

溝上法律特許事務所

大阪府大阪市西区靱本町1丁目10番4号 本町井出ビル2F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

なむら特許技術士事務所

茨城県龍ヶ崎市長山6-11-11 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング 

知財テラス特許事務所

愛知県名古屋市中区平和一丁目15-30 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング