知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成8(行ツ)265 行政訴訟 特許権

この記事をはてなブックマークに追加

平成8(行ツ)265行政訴訟 特許権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 審決取消 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成11年3月9日
事件種別 民事
法令 特許権
キーワード 審決13回
無効2回
特許権1回
主文 原判決を破棄する。本件を東京高等裁判所に差し戻す。理 由上告代理人久保田穰、同増井和夫の上申書記載の上告理由について一 原審の確定した事実関係及び本件訴訟の経緯の概要は、次のとおりである。
1 上告人は、名称を「微小領域X線デイフラクトメーター」とする特許第一六〇九二二六号発明(以下「本件発明」という。)の特許権者である。被上告人は、平成四年二月三日、特許庁に対し、本件発明に係る特許(以下「本件特許」という。)を無効にすることについて審判を請求し、平成四年審判第一七七〇号事件として審理された結果、平成六年七月一五日、本件審判の請求は成り立たないとする審決(以下「本件審決」という。)がされた。被上告人は、同年九月七日、本件審決の取消しを求める本件訴訟を提起し、平成八年九月五日、本件審決を取り消すとの原判決がされた。上告人は、同月一八日、本件上告をした。
2 本件特許出願の願書に添付された明細書(以下「本件明細書」という。)の特許請求の範囲の記載は、「多数の結晶粒から成る試料と、X線源と、該X線源からのX線をコリメートして前記試料上の微小領域に照射するための手段と、前記試料上のX線照射位置を観察するための光学顕微鏡と、前記X線の光路を含む面内に前記試料によって回析されるX線の所望角度範囲をカバーするように配置された位置感応型X線検出器と、前記光学顕微鏡を用いて試料の所望の微小領域を測定位置に位置付けるため前記試料の位置を微調整するための調整機構と、前記検出器からの信号を処理し位置情報を得る回路と、この信号を一定期間積算的に記憶する手段と、該信号を積算的に記憶する測定期間中、その先端に前記試料を保持する回転軸(φ)を連続的に回転させると共に該試料を前記回転軸(φ)とは垂直なχ軸の回りに連続的に回転させるための試料駆動機構と、前記記憶された信号を読み出し、表示する手段とから構成したことを特徴とする微小領域X線デイフラクトメーター。」である。
3 原審は、本件明細書に基づく本件発明は、本件審決に引用された技術により当業者が容易に想到し得るものであるとして、本件審決を取り消した。二 上告代理人提出の特許庁平成八年審判第一九七二一号事件審決謄本写し及び本件記録によれば、次の事実が認められる。
1 上告人は、平成八年一一月一九日、本件明細書を訂正することについて審判を請求し、平成八年審判第一九七二一号事件として審理された結果、平成九年七月一四日、右訂正をすべき旨の審決(以下「本件訂正審決」という。)がされ確定した。
2 本件訂正審決は、本件明細書の特許請求の範囲中の「X線の所望角度範囲をカバーするように配置された位置感応型X線検出器」との記載を「X線の所望角度範囲をカバーするように試料の回りに半円状を成して配置された位置感応型X線検出器」と訂正するものである。三 特許を無効にすることについての審判の請求が成り立たないとする審決について、当該発明が特許を受けることができないとしてこれを取り消した第一審判決に対して上告がされ、上告審係属中に当該特許について特許出願の願書に添付された明細書(以下「明細書」という。)を訂正すべき旨の審決がされ、明細書の特許請求の範囲が減縮された場合には、原判決の基礎となった行政処分が後の行政処分により変更されたものであるから、原判決には民訴法三三八条一項八号に規定する再審事由があり、原判決につき判決に影響を及ぼすことの明らかな法令違反があるというべきである。四 これを本件について見ると、本件訂正審決の内容は、前記二2のとおりであって、特許請求の範囲の減縮に当たるから、その余の上告理由につき判断するまでもなく、原判決は破棄を免れず、更に審理を尽くさせるため本件を原審に差し戻すのが相当である。よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。最高裁判所第三小法廷裁判長裁判官 金 谷 利 廣裁判官 園 部 逸 夫裁判官 千 種 秀 夫裁判官 尾 崎 行 信裁判官 元 原 利 文
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
原判決を破棄する。
本件を東京高等裁判所に差し戻す。
理 由
上告代理人久保田穰、同増井和夫の上申書記載の上告理由について
一 原審の確定した事実関係及び本件訴訟の経緯の概要は、次のとおりである。
1 上告人は、名称を「微小領域X線デイフラクトメーター」とする特許第一六〇
九二二六号発明(以下「本件発明」という。)の特許権者である。被上告人は、
平成四年二月三日、特許庁に対し、本件発明に係る特許(以下「本件特許」とい
う。)を無効にすることについて審判を請求し、平成四年審判第一七七〇号事件
として審理された結果、平成六年七月一五日、本件審判の請求は成り立たないと
する審決(以下「本件審決」という。)がされた。被上告人は、同年九月七日、
本件審決の取消しを求める本件訴訟を提起し、平成八年九月五日、本件審決を取
り消すとの原判決がされた。上告人は、同月一八日、本件上告をした。
2 本件特許出願の願書に添付された明細書(以下「本件明細書」という。)の特
許請求の範囲の記載は、「多数の結晶粒から成る試料と、X線源と、該X線源か
らのX線をコリメートして前記試料上の微小領域に照射するための手段と、前記
試料上のX線照射位置を観察するための光学顕微鏡と、前記X線の光路を含む面
内に前記試料によって回析されるX線の所望角度範囲をカバーするように配置さ
れた位置感応型X線検出器と、前記光学顕微鏡を用いて試料の所望の微小領域を
測定位置に位置付けるため前記試料の位置を微調整するための調整機構と、前記

検出器からの信号を処理し位置情報を得る回路と、この信号を一定期間積算的に
記憶する手段と、該信号を積算的に記憶する測定期間中、その先端に前記試料を
保持する回転軸(φ)を連続的に回転させると共に該試料を前記回転軸(φ)と
は垂直なχ軸の回りに連続的に回転させるための試料駆動機構と、前記記憶され
た信号を読み出し、表示する手段とから構成したことを特徴とする微小領域X線
デイフラクトメーター。」である。
3 原審は、本件明細書に基づく本件発明は、本件審決に引用された技術により当
業者が容易に想到し得るものであるとして、本件審決を取り消した。
二 上告代理人提出の特許庁平成八年審判第一九七二一号事件審決謄本写し及び本件
記録によれば、次の事実が認められる。
1 上告人は、平成八年一一月一九日、本件明細書を訂正することについて審判を
請求し、平成八年審判第一九七二一号事件として審理された結果、平成九年七月
一四日、右訂正をすべき旨の審決(以下「本件訂正審決」という。)がされ確定
した。
2 本件訂正審決は、本件明細書の特許請求の範囲中の「X線の所望角度範囲をカ
バーするように配置された位置感応型X線検出器」との記載を「X線の所望角度
範囲をカバーするように試料の回りに半円状を成して配置された位置感応型X線
検出器」と訂正するものである。
三 特許を無効にすることについての審判の請求が成り立たないとする審決につい
て、当該発明が特許を受けることができないとしてこれを取り消した第一審判決に
対して上告がされ、上告審係属中に当該特許について特許出願の願書に添付された
明細書(以下「明細書」という。)を訂正すべき旨の審決がされ、明細書の特許請

求の範囲が減縮された場合には、原判決の基礎となった行政処分が後の行政処分に
より変更されたものであるから、原判決には民訴法三三八条一項八号に規定する再
審事由があり、原判決につき判決に影響を及ぼすことの明らかな法令違反があると
いうべきである。
四 これを本件について見ると、本件訂正審決の内容は、前記二2のとおりであっ
て、特許請求の範囲の減縮に当たるから、その余の上告理由につき判断するまでも
なく、原判決は破棄を免れず、更に審理を尽くさせるため本件を原審に差し戻すの
が相当である。
よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 金 谷 利 廣
裁判官 園 部 逸 夫
裁判官 千 種 秀 夫
裁判官 尾 崎 行 信
裁判官 元 原 利 文

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

安高特許会計事務所

東京都渋谷 ■IT系弁理士・特許技術者募集■ クライアントの多くはIT系スタートアップ企業です。 出願だけでなく、動向調査や知財コンサルもやっています。 将来の幹部候補となる、やる気溢れる方の応募をお待ちします!

千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

千葉市 千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (11月20日~11月26日)

来週の知財セミナー (11月27日~12月3日)

11月28日(火) - 東京 港区

特許情報活用のためのEXCEL講座

11月29日(水) - 東京 港区

損害賠償請求

11月30日(木) - 東京 港区

新興国の特許調査

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

リード国際特許事務所

〒102-0072  東京都千代田区飯田橋4-1-1 飯田橋ISビル8階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

特許業務法人 快友国際特許事務所

〒451-6009 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー9階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

木内国際特許事務所

〒105-0012  東京都港区芝大門1-4-10 大蔵ビル4F 交通 JR浜松町駅北口 徒歩5分    都営浅草線大門駅A4出口 徒歩1分 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング