知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成4(オ)364 民事訴訟 特許権

この記事をはてなブックマークに追加

平成4(オ)364民事訴訟 特許権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 控訴棄却 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成5年10月19日
事件種別 民事
法令 特許権
キーワード 実施9回
特許権3回
審決2回
損害賠償2回
差止2回
無効1回
主文 原判決を破棄する。 被上告人の本訳請求中、損害賠償請求に関する部分を東京高等裁判所に差し戻す。 その余の部分につき被上告人の控訴を棄却する。 前項の部分に関する控訴費用及び上告費用は、被上告人の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
原判決を破棄する。
被上告人の本訳請求中、損害賠償請求に関する部分を東京高等裁判所に差し戻す。
その余の部分につき被上告人の控訴を棄却する。
前項の部分に関する控訴費用及び上告費用は、被上告人の負担とする。
理 由
上告代理人雨宮定直、同吉田和彦の上告理由第三点及び第四点について
一 原審の確定した事実関係は、次のとおりである。
1 被上告人代表者は、原判決添付別紙本訴対象物件目録表示の目的機能及び構成を有す
る揺動圧入式 掘削装置( 以下「北辰式 掘削装置」 という 。 と実質的に 同一の掘削装 置に関す

る発明について特許権を取得してこれを実施することを企図し、特許出願の準備を進めて、
昭和四七年一〇月一四日、右出願をした(以下、右特許出願に係る発明を「本願発明」とい
う。 。なお、本願発明の明細書の特許請求の範囲には、インゴットの取付け位置を限定する

記載はなかった。
2 上告人と被上告人は、昭和四七年一月から四月までの間に、本願発明を実施した装置
である北辰式掘削装置の製造を被上告人が上告人に発注し、上告人はこれを製造して被上告
人に納入する 旨の契約( 以下「本件契 約」という 。)を口頭 で締結した 。その中で、 被上告人
は代表者において本願発明の特許出願を準備していたため、上告人はその製造した北辰式掘
削装置を被上告人以外には納入販売しないという義務を負う旨の合意をした。
3 被上告人代表者は、本願発明の特許出願に関して拒絶理由が通知されたことから、昭
和五二年一一月二一日、本願発明の明細書の特許請求の範囲につき、インゴットの取付け位
置を限定する旨の補正をしたところ、昭和五四年一〇月一八日、右補正された内容で出願公
告され、同五五年五月二〇日、設定登録された(以下、右特許を「本件特許」といい、右特
許に係る発明を「本件発明」という 。 。

二 本訴は、上告人が製造して昭和五五年六月に他に販売した第一審判決添付別紙目録(一)
記載の装置( 以下「被告 装置」という 。)は、 本件契約の対 象である北 辰式掘削装置 に含まれ
るとして、被上告人が上告人に対し、北辰式掘削装置の製造販売等の差止めと損害賠償を請
求するものである。
原審は、前記事実関係の下において、本件契約の対象は本願発明を実施した装置である北
辰式掘削装置であるところ、被告装置は北辰式掘削装置に含まれるとした上で、本願発明に
つき、出願の過程で明細書の特許請求の範囲が補正された結果、特許請求の範囲が減縮され
た本件発明として設定登録され、これにより発明の内容が変動しても、右補正前に締結され
た本件契約の対象となる装置が変動することはないとして、被告装置が本件発明の技術的範
囲に含まれるか否かを検討することなく、被上告人の請求を認容した。
三 しかしながら、原審の右判断は是認することができない。その理由は、次のとおりで
ある。
原審の前記認定によれば、上告人はその製造した本願発明の実施に当たる装置を被上告人
以外には納入販売しないとの義務を負っていたが、本願発明は、出願の過程で明細書の特許
請求の範囲が補正された結果、特許請求の範囲が減縮された本件発明として設定登録された
というのである。そして、本願発明は掘削装置の構成に関するものであり、右装置が製造さ
れて工事等に使用されたならば、これを現認した者は容易に発明の内容を知ることができる

ところ、右発明について特許出願をして独占権が与えられない限り、被上告人は他者の右発
明の実施を阻止することができないことは明らかである。そうであるならば、特許出願準備
中の本願発明を実施した装置を上告人に製造させる旨の本件契約は、本願発明につき特許出
願がされて将来特許権として独占権が与えられることを前提として、このような発明として
の本願発明の実施に当たる装置を対象として締結されたものと解すべきである。けだし、本
件契約が、本願発明につき特許出願がされ将来特許権として独占権が与えられるか否かにか
かわりなく締結されたとするならば、本件契約に基づいて北辰式掘削装置が製造販売され、
本願発明を他者が知るところとなり、他者がその実施をすることが可能となるに至る技術的
事項につき、契約当事者である上告人のみが実施を禁ぜられることになり、不合理であると
いわざるを得ないからである。したがって、特段の事情の認められない本件においては、本
願発明につき、出願の過程で明細書の特許請求の範囲が補正された結果、特許請求の範囲が
減縮された場合には、これに伴って本件契約によって被上告人以外に納入販売しないという
義務の対象となる装置もその範囲のものになると解するのが相当である。
これを要するに、本願発明がその出願の過程で変動しても本件契約の対象となる装置が変
動することはないとした原審の説示には、契約に関する法令の解釈適用を誤る違法があると
いわなくてはならない。
四 そうすると、原判決には右の違法があり、これが原判決の結論に影響を及ぼすことが
明らかである。この点をいう論旨は理由があり、その余の上告理由について判断するまでも
なく、原判決は破棄を免れない。そこで、後記の部分を除き、更に審理判断させるため、本
件を原審に差し戻すのが相当である。なお、昭和五七年九月三〇日に本件特許を無効とする
旨の審決があり、右審決の取消しを求める訴訟において請求棄却の判決がされ、右判決が平
成二年四月一九日に確定したことは当裁判所に顕著であるから、被上告人の、北辰式掘削装
置の製造販売等の差止めを求める部分は、被告装置が本件発明の技術的範囲に属するか否か
にかかわらず棄却すべきであり、これと同旨の第一審判決は正当であって、被上告人の控訴
は棄却すべきである。
よって、民訴法四〇七条一頃、四〇八条、三九六条、三八四条、九六条、八九条に従い、
裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 園 部 逸 夫
裁判官 佐 藤 庄 市 郎
裁判官 可 部 恒 雄
裁判官 大 野 正 男

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

安高特許会計事務所

東京都渋谷 ■IT系弁理士・特許技術者募集■ クライアントの多くはIT系スタートアップ企業です。 出願だけでなく、動向調査や知財コンサルもやっています。 将来の幹部候補となる、やる気溢れる方の応募をお待ちします!

千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

千葉市 千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (11月20日~11月26日)

来週の知財セミナー (11月27日~12月3日)

11月28日(火) - 東京 港区

特許情報活用のためのEXCEL講座

11月29日(水) - 東京 港区

損害賠償請求

11月30日(木) - 東京 港区

新興国の特許調査

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

日本知財サービス 特許出願・商標登録事務所

〒106-6111 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 11階 横浜駅前オフィス:  〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸1丁目11ー1 水信ビル 7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

IPボランチ国際特許事務所

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目35-14-202 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 鑑定 コンサルティング 

中井国際特許事務所

大阪府大阪市中央区北浜東1-12 千歳第一ビル4階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング