知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成3(オ)1007 民事訴訟 意匠権

この記事をはてなブックマークに追加

平成3(オ)1007民事訴訟 意匠権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 平成5年2月16日
事件種別 民事
法令 意匠権
キーワード 意匠権2回
損害賠償1回
新規性1回
主文 本件上告を棄却する。 上告費用は上告人の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 意匠権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人水野晃の上告理由について
原審は、被上告人が本件意匠について意匠登録を受ける権利を承継した者でないにもかか
わらず本件意匠について意匠登録出願をし意匠権の設定の登録を受けたとしても、このこと
は、本件意匠の創作者である上告人の本件意匠について意匠登録を受ける権利を喪失させる
ものではなく、また、上告人が本件意匠について意匠登録出願をすることの妨げとなるもの
でもないと判断した。
しかしながら、意匠の創作者でない者あるいは当該意匠について意匠登録を受ける権利を
承継したことのない者が、当該意匠について意匠登録出願をし、右権利の設定の登録がされ
た場合には、当該意匠の創作者あるいは当該意匠について意匠登録を受ける権利を承継した
者が、その後に当該意匠について意匠登録出願をしても、当該意匠は意匠公報に掲載された
ことによって公知のものとなっているため、右出願は、意匠法三条一項の意匠登録の要件を
充足しないから、同法四条一項の新規性喪失の例外規定の適用がある場合を除き、右権利の
設定の登録を受けることはできない。
したがって、原判決の前記説示部分には、意匠法三条一項の解釈適用を誤った違法がある
というべきであるが、原審は、被上告人が本件意匠について意匠登録を受ける権利を承継し
た者でないにもかかわらず本件意匠について意匠登録出願をし意匠権の設定の登録を受けた
ことによって、上告人が右権利の価値相当の損害を被ったとしても、右不法行為による損害
賠償請求権は既に時効により消滅しているとの認定判断をしており、右認定判断は、原判決
挙示の証拠関係に照らし、正当として是認することができるから、原判決の前記説示部分の
違法はその結論に影響しないものというべきである。
以上によれば、所論は、結局、理由がないことに帰する。論旨は採用することができない。
よって、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとお
り判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 園 部 逸 夫
裁判官 坂 上 壽 夫
裁判官 貞 家 克 己
裁判官 佐 藤 庄 市 郎
裁判官 可 部 恒 雄

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

今週の知財セミナー (6月1日~6月7日)

来週の知財セミナー (6月8日~6月14日)

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

薬丸特許事務所

〒567-0883 大阪府茨木市大手町2番6号 丸吉ビル202号 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

和(なごみ)特許事務所

〒550-0005 大阪市西区西本町1-8-11 カクタスビル6F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

溝上法律特許事務所

大阪府大阪市西区靱本町1丁目10番4号 本町井出ビル2F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング