知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 平成28(行ケ)10171 審決取消請求事件

この記事をはてなブックマークに追加

平成28(行ケ)10171審決取消請求事件

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 却下 知的財産高等裁判所
裁判年月日 平成29年3月23日
事件種別 民事
当事者 被告特許庁長官
原告
法令 特許権
キーワード 審決6回
拒絶査定不服審判1回
主文 1 本件訴えを却下する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
事件の概要 1 本件訴状に「不服2007-19402号 審決取消請求事件」と記載さ れていることから,本件訴えは,原告が,前記第1記載の本件審決の取消しを求 めるものと解される。 2 本件記録によると,本件訴えの提起に至る経緯は,以下のとおりである。

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 特許権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

平成29年3月23日判決言渡
平成28年(行ケ)第10171号 審決取消請求事件
判 決

原 告 X

被 告 特許庁長官
主 文
1 本件訴えを却下する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。
事 実 及 び 理由
第1 原告の求めた判決
特許庁が不服2007-19402号事件について平成21年6月22日にし
た審決を取り消す。
第2 事案の概要
1 本件訴状に「不服2007-19402号 審決取消請求事件」と記載さ
れていることから,本件訴えは,原告が,前記第1記載の本件審決の取消しを求
めるものと解される。
2 本件記録によると,本件訴えの提起に至る経緯は,以下のとおりである。
(1) 原告は,平成9年12月24日,発明の名称を「容積形流体モータ式ユ
ニバーサルフューエルコンバインドサイクル発電装置。」とする発明について,
特許出願(特願平9-370506号)をしたが,平成19年4月27日に拒絶
査定がされ,これに対し,同年6月14日,拒絶査定不服審判請求(不服200
7―19402号)をした。
(2) 特許庁は,平成21年6月22日,「本件審判の請求は,成り立たない。」
との本件審決をし,その謄本は,同年7月12日,原告に送達された。


第3 当裁判所の判断
本件訴えは,平成28年7月29日に提起されたものであるところ,前記第2
のとおり,本件審決の謄本の送達があった日から30日を経過した後に訴えが提
起されたことが明らかであるから,不適法でその不備を補正することができない。
よって,行政事件訴訟法7条,民訴法140条により,口頭弁論を経ないで,
判決で,本件訴えを却下することとして,主文のとおり判決する。

知的財産高等裁判所第2部


裁判長裁判官
森 義 之


裁判官
中 村 恭


裁判官
森 岡 礼 子

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

安高特許会計事務所

東京都渋谷 ■IT系弁理士・特許技術者募集■ クライアントの多くはIT系スタートアップ企業です。 出願だけでなく、動向調査や知財コンサルもやっています。 将来の幹部候補となる、やる気溢れる方の応募をお待ちします!

千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

千葉市 千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (11月20日~11月26日)

来週の知財セミナー (11月27日~12月3日)

11月28日(火) - 東京 港区

特許情報活用のためのEXCEL講座

11月29日(水) - 東京 港区

損害賠償請求

11月30日(木) - 東京 港区

新興国の特許調査

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

天城国際特許事務所

神奈川県川崎市堀川町580番地 ソリッドスクエアビル 東館 4階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あみ知的財産事務所

大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

薬丸特許事務所

〒567-0883 大阪府茨木市大手町2番6号 丸吉ビル202号 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング