特許事務所への転職~知財未経験者向けコラム~

ホーム > 特許事務所など知財の求人 > 特許事務所への転職 > 特許事務所への転職に弁理士資格は必要なの?

特許事務所への転職
この記事をはてなブックマークに追加

未経験者新卒者向け知財転職・就職お役立ち情報

特許事務所への転職に弁理士資格は必要なの?

弁理士資格は必要?

未経験者が特許事務所に転職する場合、弁理士資格は必ずしも必須というわけではなく、弁理士資格を取得していない状態でも採用OKの特許事務所も多いようです。もっとも、弁理士法の規定により弁理士しかできない業務があるため、弁理士の業務補助という形で仕事に携わることになります。

特許事務所に転職してからの弁理士資格の取得

特許事務所に転職してから弁理士資格を取得するべきか否かについては以前から賛否両論あるようです。否定的な意見としては「弁理士資格を取得することよりも特許事務所での実務能力を身に着ける方が重要だ」という意見があるようです。積極的な意見としては「特許事務所の中核人材として育ってほしいので、できるだけ早く弁理士資格を取ってほしい」という意見があるようです。

当サイト「知財ポータルサイト IP Force」のユーザーの方のお話しを聞いていると、実際のところとしては、知的財産の仕事に携わっていると必然的に法律の知識が必要になるし、必要になるために自然と身に着けていくことも多いことから、「それならば弁理士試験の勉強をしよう」と勉強を始める方が多いように見受けられます。(もちろん、転職当初から弁理士になることを決意していて転職してすぐに勉強を始める方も多くいらっしゃいます。)

特許事務所で働きながら弁理士試験の勉強をするメリット・デメリット

特許事務所に転職してから弁理士試験の勉強をする場合、特許事務所での仕事を身に着ける努力と、弁理士試験の勉強とを両立させなければならないので、その点は大変かもしれません。

その一方で、特許事務所での実際の仕事と、弁理士試験のための勉強の内容とが結びつくので、勉強のモチベーションを維持しやすいというメリットがあります。勉強によって知識を身に着けていく過程が仕事の能力向上につながっているように感じられるので、勉強のし甲斐があるかもしれません。

もちろん、特許事務所には実際に弁理士試験に合格した弁理士がいますから、そうした人から経験談を聞いたり、弁理士試験に対するアドバイスや心構えを聞くこともできるというメリットがあります。

まとめ

「弁理士の資格がないと特許事務所への転職は無理だ」ということではありませんので、「弁理士じゃないから特許事務所への転職は無理かな?」と考える必要はないと言えるでしょう。その後の弁理士資格の取得については、自分の仕事の環境や生活の環境と照らし合わせながら、「勉強にどれだけ時間を使えるか」「勉強のモチベーションを維持できるか」「将来のキャリアプランをどうすべきか」「いま自分が一番力を入れるべきは何なのか」などを見極めながら、判断するのがよいと思います。

IP Force 求む知財人材 弁理士試験合格者、新卒者、未経験者におススメ! 未経験OKの特許事務所の求人を多数掲載しています。
当サイトの「未経験者を応援しよう」「人材を育成しよう」という趣旨に賛同してくださった特許事務所の求人です。ぜひお役立てください!

特許事務所の求人知財の求人一覧

創英国際特許法律事務所

東京・京都・福岡 ・創英は、品質の三原則を意識して日常業務を遂行することを 仕事上のポリシーとして大切にしています。 ・弁理士間、弁理士・弁護士間の協働により技術分野及び法域 を超えたワンストップサービスを心がけています。 ・ITを駆使して、弁理士・弁護士の業務効率を高めています。 ・若手・中堅の有資格者のグローバル化を積極推進しています。

株式会社DAWN Inspiration

東京、大阪、シンガポール 株式会社DAWN Inspiration事業拡大中! ゲーム、翻訳、通訳、飲食、ホテルでの知財担当募集中!

東北大学研究推進部産学連携課

宮城県 東北大学産学連携機構「特任教員(知的財産担当)」 公募のお知らせ

クレオ国際法律特許事務所

東京駅 日本橋駅そば  【急募】商標弁理士  【急募】特許弁理士 募集中

株式会社マイクロ・シー・エー・デー

東京都内 ◆フューチャー(一部上場)グループです。 ◆知財×IT 課題解決型のコンサルティングファームです。 ◆お客様に「刺さる」提案で成長を続けています。 ◆今回はコンサル力>技術力を重視した大幅増員です。 ◆知財管理のプロフェッショナル育成強化中。 ◆資格保有者歓迎