特許事務所への転職~知財未経験者向けコラム~

ホーム > 特許事務所など知財の求人 > 特許事務所への転職 > そもそも特許事務所はどのような仕事をするの?

特許事務所への転職
この記事をはてなブックマークに追加

未経験者新卒者向け知財転職・就職お役立ち情報

そもそも特許事務所はどのような仕事をするの?

知財の仕事が未経験の人にとっては、特許事務所といっても、実際にどのような仕事をしているのかイメージがつかみにくいのではないでしょうか?

「特許庁への手続きなどの代理業務をしている」ことは知っていても、具体的な仕事のイメージや職場のイメージは未経験者にはわきにくいのではないかと思います。まずは特許事務所の仕事について簡単に説明していきます。

このコラムでは特許事務所の業務として一般的にもっとも多い特許出願の業務について説明します。特許事務所は特許出願の他にも商標登録出願や意匠登録出願などの業務も行っていますが、それらの業務についてはまた別の機会に取り上げたいと思います。

特許出願の代理業務(多くの特許事務所でのメイン業務)

特許事務所の顧客(依頼者)の多くは企業です(もちろん個人発明家の依頼もあります)。企業は研究開発活動の中で発明が生まれると、特許事務所に特許出願を依頼するのが一般的です。

特許事務所は企業からの依頼を受けて、特許出願に必要な書類を作成します。この出願代理業務が特許事務所の大きな仕事の一つです。仕事の流れとしては、企業からの依頼を受けて、実際にその発明をした発明者と会って話を聞きます。特許事務所や企業の知財部ではこのことを「面談」や「インタビュー」という呼び方をすることが多いです。

次に、その面談、インタビューを踏まえて、特許出願に必要な書類を作成します。この特許出願の書類のことを、知財の業界や特許事務所では「特許明細書」とか、単に「明細書」と呼ぶことが多いです。

転職者はどんな仕事をするの?

一般的には、特許明細書作成の補助業務をすることになります。特許事務所の弁理士の指揮監督に従って仕事をします。弁理士資格を持っている場合には、より主体的にその出願業務に関わる場合もあります。

特許明細書作成の仕事の流れとしては、発明者の説明を理解し、その技術分野の一般的な技術を理解し、その上で発明者が考え出した発明を把握し、特許出願書類を作成していきます。技術を理解する能力や、その技術を言葉で的確に表現する能力、発明を整理して文章で分かり易く説明する能力などが必要になります。

一般的には、未経験者は弁理士の指導の下で、発明を把握するスキルや文章のスキルをトレーニングしていくことになります。特に未経験者は多くの場合、文章を書くトレーニングを積んだ経験がないため、文章を書くのに苦労することが多いです(特許事務所に転職してみたら「自分が文章を書けないことに愕然とした」という経験は、特許事務所への転職者「あるある」です。)

IP Force 求む知財人材 弁理士試験合格者、新卒者、未経験者におススメ! 未経験OKの特許事務所の求人を多数掲載しています。
当サイトの「未経験者を応援しよう」「人材を育成しよう」という趣旨に賛同してくださった特許事務所の求人です。ぜひお役立てください!

来週の知財セミナー (12月16日~12月22日)

12月18日(水) - 東京 港区

A06 商標保護強化実務

12月18日(水) - 愛知 名古屋市

A06 商標保護強化実務[TV聴講/名古屋]

12月18日(水) - 大阪 大阪市

A06 商標保護強化実務[TV聴講/大阪]

12月18日(水) - 福岡 福岡市

A06 商標保護強化実務[TV聴講/福岡]

12月19日(木) - 東京 港区

A21 企業活動における著作権対応実務

12月20日(金) - 愛知 名古屋市

<愛知会場>知財活用支援セミナー

12月20日(金) - 山口 山口市

知的財産判例セミナー2019

特許事務所の求人知財の求人一覧

三井金属鉱業株式会社

埼玉県上尾市、または福岡県大牟田市

LINE株式会社

東京都新宿区

IPTech特許業務法人

東京都渋谷