知財判決速報/裁判例集知的財産に関する判決速報,判決データベース

ホーム > 知財判決速報/裁判例集 > 昭和45(行ツ)8 行政訴訟 商標権

この記事をはてなブックマークに追加

昭和45(行ツ)8行政訴訟 商標権

判決文PDF

▶ 最新の判決一覧に戻る

裁判所 最高裁判所第三小法廷
裁判年月日 昭和48年4月24日
事件種別 民事
法令 商標権
キーワード
主文 本件上告を棄却する。 上告費用は上告人の負担とする。
事件の概要

▶ 前の判決 ▶ 次の判決 ▶ 商標権に関する裁判例

本サービスは判決文を自動処理して掲載しており、完全な正確性を保証するものではありません。正式な情報は裁判所公表の判決文(本ページ右上の[判決文PDF])を必ずご確認ください。

判決文

主 文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理 由
上告代理人宍道進、同丹生藤吉の上告理由第一点その一、その二について。
原審は、被上告人の商標(原判決別紙第二記載のもの)と本件登録商標(同第一記載のも
の)とは、両者の構成に徴し称呼および観念において互に類似するものであることは明らか
であるとしたうえ、本件登録商標の登録当時において、商品時計に付された被上告人の商標
が広く取引者および需要者間に周知著名であつて、本件登録商標の指定商品中のライターと
被上告人の商標を用いた時計とがしばしば同一店舗で取り扱われるものであるという程度に
おいて関連性を有していたものであるとの事実を認定し、以上を前提として、本件登録商標
を指定商品中のライターに使用するときは、本件登録商標の登録当時において、取引者およ
び需要者がこれを被上告人の製造販売にかかる商品であるかのように誤信し、商品の出所に
つき混同を生ずる虞があるものと認められる旨判断しているのであつて、原審の右認定判断
は、正当としてこれを是認することができる(最高裁昭和三八年(オ)第九一四号同四一年
二月二二日第 三小法廷判 決・民集二〇 巻二号二三 四頁参照 ) 所論は、 大審院の判例 を引用し

て原審の右判示を非難するが、右引用の判例も原審の右判示と牴触するものとは認め難い。
また 、所論は 、原審の被上告人の商標を用いた時計が「 世界の高級時計として 、有名であり 、」
との判示は日本国内において右時計が周知著名であることの根拠とならないともいうが、原
審の右判示が日本国内における事実の認定であることは、判文上明瞭であるから、右所論は
採用することができない。
論旨は、すべて理由がない。
同その三について。
所論の点に関する原審の認定判断は正当であつて、その過程にも所論の違法はない。
論旨は、ひつきよう、原審の専権に属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するにすぎ
ず、すべて理由がない。
よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一
致で、主文のとおり判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官 江 里 口 清 雄
裁判官 関 根 小 郷
裁判官 天 野 武 一
裁判官 坂 本 吉 勝

最新の判決一覧に戻る

法域

特許裁判例 実用新案裁判例
意匠裁判例 商標裁判例
不正競争裁判例 著作権裁判例

最高裁判例

特許判例 実用新案判例
意匠判例 商標判例
不正競争判例 著作権判例

特許事務所の求人知財の求人一覧

千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

千葉市 千葉大学 医療系知財担当特任教員募集

特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所

岐阜県 岐阜市 求人 特許業務法人 広江アソシエイツ特許事務所 弁理士・特許技術者・意匠商標補助者・事務担当者 募集中

今週の知財セミナー (11月20日~11月26日)

来週の知財セミナー (11月27日~12月3日)

11月28日(火) - 東京 港区

特許情報活用のためのEXCEL講座

11月29日(水) - 東京 港区

損害賠償請求

11月30日(木) - 東京 港区

新興国の特許調査

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

牛木国際特許事務所

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目14番1号 郵政福祉琴平ビル 3階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

あみ知的財産事務所

大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル7階 特許・実用新案 意匠 商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

リード国際特許事務所

〒102-0072  東京都千代田区飯田橋4-1-1 飯田橋ISビル8階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング