知財ニュース~IP Force 取材記事~

ホーム > 知財ニュース> 知財ニューストピックス

この記事をはてなブックマークに追加

日行連・山口大・ACCS、著作権教育の活動ロードマップを発表

3月31日(火)配信

 国内で著作権教育の普及啓発に取り組む日本行政書士会連合会(日行連)、山口大学、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の3者は30日、今年度も含めた3カ年度分の活動内容を発表した。3者の取り組みは「著作権教育Eネットワーク」を事業名とし、教育機関を対象に著作権教育を行うというもの。
 初年度となる2019年度は、著作権教育に精通した行政書士の育成に加え、啓発内容の検討、教材の開発に着手した。
 2020年度は、教員向けの著作権法実践講座や、児童・生徒向けの講座を開く予定だ。さらに2021年度以降は、講座・授業のパッケージ化を進めるほか、より多くの教員研修に著作権を取り上げた内容を組み込むことを計画しているという。

【参照ソース・ニュース】

こんな記事も読まれています

知財ニュースまとめ
4月25日

5月15日

先週の知財ニューストピックス(4月25日〜5月15日)

知財ニューストピックス

知財ニュースまとめ
4月18日

4月24日

先週の知財ニューストピックス(4月18日〜4月24日)

知財ニューストピックス

知財ニュースまとめ
4月11日

4月17日

先週の知財ニューストピックス(4月11日〜4月17日)

知財ニューストピックス