『人×IP』Force~知財人材それぞれのキャリア~

ホーム > 知財人材インタビュー企画 > 元特許庁審査官補 弁理士 安高史朗さん

『人×IP』Force ~知財人材それぞれのキャリア~
この記事をはてなブックマークに追加

特許庁からIT企業へ
元審査官補・公認会計士・弁理士のキャリア

弁理士 安高 史朗さん

審査官補として

成田 さて特許庁に入ってからですが、研修のようなものはあるのですか?

安高 はい、あります。まずはひたすら知財の法律を勉強させられます。それから審査基準。研修は2, 3ヶ月です。その後は、指導審査官とよばれる審査官の下についてのOJTになります。

成田 2, 3ヶ月って、けっこう短いですね。こうした特許庁の中の話って、まったく知らないので、興味があります。後でまた詳しく聞かせてください。(「安高さん番外編」はこちら)

安高 はい。話せる範囲で(笑)

成田 審査官補としての仕事はどうでした?

安高 基本はデスクワークです。審査官の仕事って、向いている人と向いていない人がいると思います。自分は正直、向いていなかったですね(笑)

成田 というと?

安高 審査官の仕事って、、基本的には人の発明にケチを付ける仕事なんですよ。それがしんどくて。

成田 なるほど、人の発明にケチをつける仕事ですか。

安高 人と一緒に何かを生み出したり作り出しているわけでもなくて、そこがなんというか、性分に合わなかったです。ほとんどが書面だけのやり取りですしね。 拒絶理由通知を出して、意見書をもらって、見ると『審査官殿の見解には承服致しかねる』とか書いてあって、「そんな言い方しないでよ~」って、精神的にしんどくて(苦笑)

成田 『審査官殿の判断には 到 底 承 服 で き な い』とか(笑)

安高 そうなんですよ(笑)

成田 いやー審査官がそんなふうに感じているとは思ってもみませんでした。

安高 感じない人もいると思いますけど、自分はきつかったですよ(苦笑)

成田 この話、面白いですね。審査官の心境や仕事の実情については、後でまた詳しく聞かせてください。(安高さん番外編

安高 はい(笑)

成田 結局は審査官の仕事が性分に合わなかったということですか。

安高 そうですね。なんというか、やっぱり、人に喜んでもらえる仕事がしたいと思いました。それで辞めることにしました。 もちろん、審査は重要で責任ある仕事だということは間違いないですし、審査業務を何年かした後は出向先や併任先で行政の仕事もできるので、魅力的な仕事の一つだとは思います。私の我慢が足りなかったんですね。

成田 特許庁にはどのくらいの期間、勤めたのですか?

安高 入庁して、丸4年勤めました。4年経つと、審査官補から審査官になるのですが、3月31日に退職したので、1日足りなくて、審査官になる前日の退職です(笑)

成田 4月1日退職ならよかったですね。

安高 はい(笑) だから、元審査官とは名乗れない。元審査官補です(笑)

1 2 3 4 5

今週の知財セミナー (10月14日~10月20日)

来週の知財セミナー (10月21日~10月27日)

10月24日(木) - 神奈川 横浜市

<神奈川会場>営業秘密・知財戦略セミナー

10月25日(金) - 東京 千代田区

意匠調査・類否判断

特許事務所紹介 IP Force 特許事務所紹介

溝上法律特許事務所

大阪府大阪市西区靱本町1丁目10番4号 本町井出ビル2F 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

日本知財サービス 特許出願・商標登録事務所

〒106-6111 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー 11階 横浜駅前オフィス:  〒220-0004  神奈川県横浜市西区北幸1丁目11ー1 水信ビル 7階 特許・実用新案 意匠 商標 外国特許 外国意匠 外国商標 訴訟 鑑定 コンサルティング 

金原商標登録事務所

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘一丁目16番7号 意匠 商標 外国商標 訴訟 コンサルティング