『人×IP』Force~知財人材それぞれのキャリア~

ホーム > 知財人材インタビュー企画 > 弁理士 桐山大さん

『人×IP』Force ~知財人材それぞれのキャリア~
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士志望から挫折が一転、天職へ
ビジネスの最前線で活躍する商標弁理士

弁理士 桐山 大さん

思い出深いBリーグの仕事

成田 商標ではどんな仕事が多いのですか?

桐山 大手広告代理店の顧問弁理士としての仕事が多いですね。広告代理店が、顧客企業(自社商品やサービスを宣伝するために広告代理店に依頼する企業)に提案するネーミングとか。提案前の段階で話が来る感じです。提案済みだけど、問題があってどうする?という段階で来ることもあります。「何とかならないですか?」「じゃあ、何とかしましょう、いろいろ方法はありますよ」という感じで。 代理店の営業が法務部に相談せずに進めてしまって、ギリギリの段階で持ってくることもあります。結構よくあることなんですけどね。代理店なので大きな案件も多くて。

成田 代理店からの仕事の面白いところはどんなところですか?

桐山 商品やサービスが固定化していないところですね。代理店の顧客企業の案件ですから、様々な企業の案件を扱うことになります。老舗の食品系からネット系の新しいサービスまで、いろいろなジャンルでオーダーが来ます。それぞれ特殊な部分があったり、例えば、米や農作物だと種苗法との関係も問題になります。 種苗法と商標の関係はやたら詳しくなりました。

成田 おもしろかった仕事の思い出はありますか?

桐山 Bリーグ(国内男子プロバスケットボールリーグ)ですかね。いろいろな(名称の)候補がある中でBリーグに決まったんですけど、その段階から関わっているので。

成田 Bリーグの仕事は、やはり代理店経由で来たんですか?

桐山 これは、もともと当事務所がJリーグの仕事をしていた関係で…。

成田 Jリーグですか?

桐山 はい。Jリーグの時は代理店から紹介されて、主に当事務所の会長がいろいろ関わっていたのですが。Jリーグのサッカーミュージアムというビルに、Bリーグの事務局も入っていたんです。その縁もあって声をかけてもらっていました。話があったとき、自分が雑誌「パテント」で書いた「プロスポーツチームと商標」を持って、すぐにBリーグの事務局に乗り込んでプレゼンして、「自分以上にスポーツ分野の商標に精通した者はいない!」ってアピールしました(笑)

成田 リーグ名の決定から関わっていたとのことですが、Bリーグの他に、どんな候補があったのですか?

桐山 いろいろありましたよ。ちょっとここでは言えないですけど。

成田 Bリーグに決定した決め手は何だったのでしょう?

桐山 やっぱりシンプルということでしょうね。誰にでもわかりやすいですよね。

成田 商標的にも問題はなかったのですか?

桐山 Pリーグ(ボウリング)というのがありましたね。語頭音のピーとビーの違いだけで、PとBの類似も、ダメっていうわけじゃないけど、リスクはありそうでした。でもPとBで明確に違うでしょ、って私も当時の事務局長も思いましたし。行きましょう、行けるはずだということになりました。

成田 Pリーグというのもあるのですね。リーグ名が決まって、その他には?

桐山 各チームの商標をどのように取ってもらうかですね。チーム名とかマスコットとか、ロゴなどについて、どの区分で登録してもらうか決めていきます。BリーグにはB1、B2つまり1部2部とあって、1部はここまで、2部はここまでといったガイドラインを作りました。まずはチーム名全部を調べて、ちょっとロゴ的にまずいなとか、微妙なところはこういう風に使ってくださいとか、各チームの社長と話し合ったり。一から作り上げていくのが楽しかったですね。当時のBリーグの事務局長が商標にとても理解のある方で、こちらも思うとおりにできたなと思います。

成田 1部と2部のガイドラインの違いは、どこからくるのでしょうか?

桐山 それは予算の違いですね。本当は、使っているなら、同じように取らないといけないんですけど、予算の優先順位というのがありますから。

成田 今も引き続きBリーグの顧問を?

桐山 はい、今もやっています。

成田 Bリーグが発足して何年か経ちましたよね。そうすると、最初の段階ではガイドラインを作るとかの仕事があったわけですが、安定してくるとどんな仕事があるんですか?

桐山 基本的にメンテナンスですね。普通の会社と同じで、ずれてきていないか、新しくロゴを作ったり、新しいキャラクターを作っていないかとか、何か違うことをやって行きたいという話が出てきていたりとか。

成田 ビジネスの環境の変化に対応していくということですね。

桐山 はい。まぁ、初めにかなりきっちりやったので、今はそんなに出番はないですけどね(笑)。初めにきっちりやっておかないと、しょっちゅう出番が来ちゃうんです。

成田 Bリーグの発足に携われたのは、貴重な経験でしたね。

桐山 本当にそうですね。Bリーグの開幕戦にも呼んでいただいたんですよ。迷彩柄の短パンとTシャツで行ったら、「こちらです」と案内されたのがVIPの席で、他の人達は黒塗りの車で花束を持って来ていて、「おめでとうございます!」って。僕一人短パンで(笑) 結婚式に短パンで来ちゃったみたいな。あれは恥ずかしかったですね。近くの席には森元首相とかいらっしゃいましたから。

成田 開幕戦は特別なのですね。

桐山 そうなんですよね。「もう、ひとこと言ってくれればいいのに…」って思いました(笑)

1 2 3 4 5 6 7