『人×IP』Force~知財人材それぞれのキャリア~

ホーム > 知財人材インタビュー企画 > 元ホンダF1エンジニア 弁理士 上田和弘さん

『人×IP』Force ~知財人材それぞれのキャリア~
この記事をはてなブックマークに追加

アイルトン・セナ、アラン・プロストと共に世界で戦った男
元ホンダ F1エンジニア

弁理士 上田 和弘さん

弁理士に転身した理由

弁理士 上田和弘 元ホンダF1エンジニア

成田 さて、F1参戦が終わって通常の研究開発に戻られたとのことですが、弁理士になろうと考えたのはいつ頃ですか?

上田 30歳を過ぎた頃からでしょうかね。

成田 何かキッカケとかあったのですか?

上田 はっきりとしたキッカケがあったわけではないのですが、そうですねえ、何というか、もう少し自分の意思でまとめられる仕事がしたいと思い始めたのがキッカケでしょうか。

成田 と言いますと?

上田 車の仕事は楽しかったですし、大きな組織ですから、大きな仕事もできますし、仕事自体には不満はなかったですし、好きでした。 でも、大きな組織ですから当然ですが、どうしても自分の意思を入れることができる仕事は全体の一部分になってしまうのですね。 あと、根回しとかも必要になってきますよね(笑) そういう意味で、もう少し小さくてもいいので、ある程度すべて自分でやれる仕事がしてみたいなあと思うようになっていました。わがままなんですね(笑)

成田 なるほど。そうすると、小さなベンチャー企業に転職するといったことも考えていたのでしょうか?

上田 考えたこともありましたね。例えば本田宗一郎さんが創業したころのホンダのような会社がないかなあと思っていたときもありました。

成田 他にも選択肢があったなかで、弁理士を選んだ理由は?

上田 そうですね、今までの技術を活かせる専門職ということと、独立できる可能性もあったからですね。 それから弁理士試験の勉強を初めて、2001年に合格しました。

成田 会社に勤めながらの勉強は大変だったのではないですか?

上田 そうですね、けっこう苦労しました。

成田 当時も和光にお勤めだったのですか?

上田 最初は和光に研究所があったのですが、それが栃木に移転になりました。私は家が和光の近くにあったので、半年間ぐらいですが、栃木まで新幹線通勤していた時期もありました。

成田 それは通勤も大変でしたね。

1 2 3 4 5 6